「喪主経験」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年12月9日鎌倉新書フィードバック数:0大型消費/投資

葬儀後の後悔に関する実態調査(2019年)

ニュース【 葬儀後の後悔に関する実態調査(2019年)】一般葬は7割以上、家族葬は6割以上の喪主が葬儀後に後悔を感じた!経験者に学ぶ、喪主がするべき葬儀の備えは、情報収集とプラン内容の把握。当社は、『葬儀後の後悔に関する実態調査(2019年)』を実施し、調査結果をまとめました。近年、消費傾向は「モノ消費」から「コト消費」にシフトしつつあるように、個人の価値観の変化に伴って、葬儀形態も多様化してきました。しかし、新しい弔いの形を選択することで、思いもよらない弊害やトラブルや発生する可能性もあります

2018年4月18日アスカネットフィードバック数:0社会/政治

葬儀に関する意識調査 葬儀で困ったことの1位は「関係者への訃報連絡」

葬儀で困ったことの1位は 「関係者への訃報連絡」 約2割の人は訃報連絡に時間がかかると回答遺影写真作成・加工サービス国内トップシェアを誇る株式会社アスカネット(本社:広島県広島市、代表取締役社長兼CEO 福田幸雄、以下 アスカネット)は、「葬儀」に関するアンケート調査を全国の40代~70代の喪主の経験がある、または近い親族を亡くされた経験のある男女500名に行いましたので、調査結果を発表いたします。 【調査背景】どんな人にもいつか必ず訪れるのが「お葬式」。特に、年齢を重ねると喪主として親族の葬儀

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ