「喫煙者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年6月17日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

たばこに関するアンケート調査(第6回)

■現在喫煙者は2割弱、喫煙経験者は5割弱。現在喫煙者は男性2割強、男性50代で3割弱。女性は約9%。喫煙者のうち「紙巻たばこ」を吸う人は8割強、「加熱式たばこ」は3割強、「電子たばこ」は約5%。■改正健康増進法について「どのようなものか、内容を知っている」は全体の3割弱、喫煙者の5割弱。認知者のうち「原則屋内禁煙、喫煙室では喫煙可」を知っている人は8割弱。■飲食時に店内禁煙かどうか気にする人は7割弱。屋内全面禁煙について賛成の人は全体の8割、喫煙者では約35%と低い。■喫煙者のうち改正健康増進法

2020年6月1日パイルアップフィードバック数:0ライフスタイル

自宅での過ごし方に関する意識調査

「自宅での過ごし方に関する意識調査」自宅で過ごす時間が増えストレスと86.0%が回答。男性のストレス発散方法No.1は「喫煙」 意外にも67.5%の非喫煙者が自宅での喫煙を許容。ただし、そのポイントは「におい」や「健康懸念」にあり マーケティング支援事業、SOLPANEL(ソルパネ)の企画・運営・販売を行なうパイルアップ株式会社(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2020年4月27日(月)~2020年4月28日(火)の2日間、全国

2020年2月26日リクルートフィードバック数:0ビジネス

飲食店での喫煙・禁煙に関する意識調査

調査・研究データ2020.02.21改正健康増進法施行の4月以降も喫煙者の約4割は飲食店での喫煙にこだわり。喫煙環境の変化で会社宴会への参加に前向きになる人も。■調査時期:2020年1月6日(月)~2020年1月15日(水)■調査対象:首都圏・関西圏・東海圏在住の20~69歳の男女(株式会社マクロミルの登録モニター)■有効回答数:10,422人<主な内容>■喫煙者の割合は17.0%。男性で高い割合。■飲食店を選ぶ際「禁煙にこだわる」人が56.9%と過半数。4月以降も飲食店で「喫煙にこだわる」人が

2019年11月22日エン・ジャパンフィードバック数:0社会/政治

「オフィスでの禁煙」実態調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース「オフィスでの禁煙」実態調査68%の企業が禁煙を推進。経営層が喫煙者の場合、禁煙が進まない傾向。―『人事のミカタ』アンケート― 「オフィスでの禁煙」実態調査―『人事のミカタ』アンケート― 68%の企業が禁煙を推進。経営層が喫煙者の場合、禁煙が進まない傾向。 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人事向け総合情報サイ

2019年2月4日クックビズフィードバック数:0社会/政治

飲食店の全面禁煙化に関するアンケート

飲食人材のプロによる”食”の総合メディア 都内飲食店の全面禁煙化に賛成派5割!飲食店の意識調査レポート都内飲食店の全面禁煙化に賛成派5割!飲食店の意識調査レポート東京都が独自の受動喫煙防止条例案を可決し、都内の飲食店85%が全面禁煙の対象となりました。今回、禁煙化の取り組みについて日本全国の飲食店にアンケートを実施し、飲食店にとっての全面禁煙化のメリットとデメリットを探りました。2020年開催の東京オリンピックを間近に控え、国は飲食店の全面禁煙化(受動喫煙防止)を加速させています。東京都も2

たばこに関する調査

くろめがね くろめがねは調査結果から見えた生活者のリアルをお届けするリサーチメディアです。 世の中のトレンドや季節のイベント、気になるものごとについて定期的に調査し、その結果を記事にして公開しています。 記事内で紹介した調査結果のデータは無料でダウンロードが可能です。 たばこ税増税間近!実施後も喫煙習慣は変えるつもりなし 2018 / 09 / 18 10月1日よりたばこ税増税とそれに伴う値上がりが実施。禁煙意向や賛否について調査しました。 1.42 MB (自動取得)喫煙習慣が一度もない非喫煙

2017年12月26日帝国データバンクフィードバック数:0ライフスタイル

喫煙に関する近畿企業の意識調査

2017/11/27喫煙に関する近畿企業の意識調査企業の23.6%が「全面禁煙」実施、「完全分煙」も5割超〜 全面禁煙実施、「飲食店」の66.7%が自社業績にマイナスの影響 〜はじめに2005年2月に「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約」が発効して以降、政府や自治体のほか、企業などにおいても受動喫煙防止対策の取り組みが拡大してきた。また、厚生労働省は喫煙に関して一層の規制強化を立案している一方、緩やかな規制にとどめるべきなどの反対意見も出ている。そこで、帝国データバンク大阪支社は、企業にお

2017年12月18日帝国データバンクフィードバック数:0ライフスタイル

栃木県内企業における喫煙に関する意識調査

2017/11/14栃木県内企業における喫煙に関する意識調査県内企業17.6%が「全面禁煙」、「完全分煙」56.5%〜 全面禁煙実施、「プラス影響」8.3%、「マイナス影響」9.3% 〜はじめにたばこの規制に関しては世界的な気運が高まっており、政府や自治体のほか、企業などにおいても受動喫煙防止対策の取り組みが拡大してきた。健康問題や環境美化といった社会的な規範をベースに規制強化を図る意向も見られる一方で、喫煙者の権利も配慮した緩やかな規制にとどめるべきなどの反対意見が出ているのも事実であろう。今

2017年12月12日帝国データバンクフィードバック数:0ライフスタイル

茨城県内企業における喫煙に関する意識調査

2017/11/6茨城県内企業における喫煙に関する意識調査企業の20.1%が「全面禁煙」、「完全分煙」も6割近く〜 全面禁煙実施で「業績に影響なし」と考える企業は7割超 〜はじめに2005年2月に「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約」が発効して以降、政府や自治体のほか、企業などにおいても受動喫煙防止対策の取り組みが拡大してきた。また、厚生労働省は喫煙に関して一層の規制強化を立案している一方、緩やかな規制にとどめるべきなどの反対意見も出ている。そこで、帝国データバンクは、企業における喫煙など

2017年12月12日帝国データバンクフィードバック数:0ライフスタイル

喫煙に関する九州企業の意識調査

2017/11/6喫煙に関する九州企業の意識調査事業所の「全面禁煙」は17.7%、『分煙』は71.9%〜 全面禁煙の実施、5業界で「マイナスの影響」が「プラスの影響」を上回る 〜はじめに国内では2003年5月に「健康増進法」が施行され、施設管理者に受動喫煙防止の努力義務が設けられたことで自主的な取り組みが推進されてきた。2005年2月には「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約」が発効するほか、各地方自治体が定める条例で規制が強化されるなどの動きも見られるものの、WHO(世界保健機関)の調査に

2017年12月12日帝国データバンクフィードバック数:0ライフスタイル

沖縄県企業における喫煙に関する意識調査

2017/11/8沖縄県企業における喫煙に関する意識調査企業の32.6%が「全面禁煙」実施、「完全分煙」も6割近く〜 全面禁煙実施、「飲食店」の100.0%が自社業績にマイナスの影響 〜はじめに2005年2月に「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約」が発効して以降、政府や自治体のほか、企業などにおいても受動喫煙防止対策の取り組みが拡大してきた。また、厚生労働省は喫煙に関して一層の規制強化を立案している一方、緩やかな規制にとどめるべきなどの反対意見も出ている。そこで、帝国データバンクは、企業に

コーヒーとタバコとの相関関係に関する調査

ネットリサーチは、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチ コーヒーとタバコ、さらには所得に応じた受動喫煙の意識の違いが明確に プレス・リリース 2017年10月30日NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社甲南大学 森剛志研究室【NTTコム リサーチ調査結果】コーヒーとタバコとの相関関係に関する調査結果~コーヒーとタバコ、さらには所得に応じた受動喫煙の意識の違いが明確に~ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締

2017年10月29日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

企業における喫煙に関する意識調査

2017/10/16企業における喫煙に関する意識調査企業の22.1%が「全面禁煙」実施、「完全分煙」も5割超〜 全面禁煙実施、「飲食店」の47.6%が自社業績にマイナスの影響 〜はじめに2005年2月に「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約」が発効して以降、政府や自治体のほか、企業などにおいても受動喫煙防止対策の取り組みが拡大してきた。また、厚生労働省は喫煙に関して一層の規制強化を立案している一方、緩やかな規制にとどめるべきなどの反対意見も出ている。そこで、帝国データバンクは、企業における喫

2017年7月19日アスマークフィードバック数:0ライフスタイル

電子たばこに関するアンケート調査【喫煙者編】

電子たばこに関するアンケート調査【喫煙者編】電子たばこに関するアンケート調査【喫煙者編】 ■「紙巻きたばこ」のみを吸う喫煙者が85.7%■「電子たばこ/加熱式たばこ」を使っている(紙巻きたばことの併用含む)喫煙者は14.3%■ 現ユーザーの98.0%が今後も使い続けたいと回答、ユーザー以外も33.7%が関心あり■ 受動喫煙対策の禁煙法案は9割が認知、「内容までよく知っている」が37.4%■ 禁煙法案については「賛成」「とちらともいえない」「反対」がほぼ3分の1ずつ ・基本属性(性別、年齢、居住

2017年7月19日アスマークフィードバック数:0ライフスタイル

電子たばこに関するアンケート調査【非喫煙者編】

電子たばこに関するアンケート調査【非喫煙者編】 電子たばこに関するアンケート調査【非喫煙者編】電子たばこに関するアンケート調査【非喫煙者編】非喫煙者の中で、たばこのにおいや煙が「気になる」「やや気になる」は89.0% 調査概要電子たばこに関するアンケート調査【非喫煙者編】 ・全国の20代~60代男女・たばこを吸わない人(元喫煙者を含む) ・基本属性(性別、年齢、居住地、職業、未既婚、喫煙状況)・たばこのにおいや煙に対する意識(SA)・たばこのにおいや煙が気になる場所(MA)・電子たばこ/加熱式

たばこ陳列販売について国民意識アンケート調査

たばこ陳列販売について 国民意識アンケート調査報告書公開2017年5月31日国立研究開発法人国立がん研究センター国立研究開発法人 国立がん研究センター(理事長:中釜斉、所在地:東京都中央区、略称:国がん)がん対策情報センターたばこ政策支援部は、たばこの陳列販売について国民意識アンケート調査を行い、その報告書をまとめ、同センターたばこ政策支援部が運営するウェブサイトで5月31日に公開しました。2016年6月に厚生労働省がん対策推進協議会により取りまとめられた『がん対策推進基本計画中間報告書』にお

2017年4月27日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

全国1万人の飲食店禁煙化に関する意識調査

市場調査、マーケティングリサーチならインテージリサーチ 全国1万人の飲食店禁煙化に関する意識調査株式会社インテージリサーチは、全国の20~69歳の男女1万人を対象にインターネットで「ご自身に関するアンケート」を行いました。この調査は複数のテーマについて回答を求めたもので、以下において、そのうちの「受動喫煙防止のための飲食店における禁煙化に関する意見」を聞いた結果をまとめました。 PICK UP全体の8割(79.1%)が、飲食店等での受動喫煙防止の取り組みに賛成。飲食店での完全禁煙化への反対が最

非喫煙者の「全面禁煙」賛成が7割 20代では賛否分かれる

市場調査・マーケティングリサーチならR&D(リサーチ・アンド・ディベロプメント) 商品サービスの開発・設計段階から市場導入後の検証だけでなく、ブランド育成にかかわるブランドマネジメントまで、マーケティングプロセスごとに豊富なリサーチ経験があります。お客様の課題解決に向け、多様なマーケティング戦略・テーマに対応します。 R&Dの強み 調査レポート 会社情報 お問い合わせ 調査レポート【生活者調査】非喫煙者の「全面禁煙」賛成が7割 20代では賛否分かれる平成 29 年 4 月 1

2016年9月23日ファイザーフィードバック数:0ライフスタイル

喫煙に関する47都道府県調査2016

現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2016年度 > ≪喫煙に関する47都道府県調査2016≫全国47都道府県4,700人の喫煙者を調査 喫煙・禁煙に関する意識の実態を分析 喫煙者が辛いと感じるのは「喫煙所を探さないといけない時」で半数近く 次いで「狭い喫煙ブースでしか喫煙ができない時」が約3割≪喫煙に関する47都道府県調査2016≫全国47都道府県4,700人の喫煙者を調査 喫煙・禁煙に関する意識の実態を分析喫煙者が辛いと感じるのは「喫煙所を探さない

2016年8月29日マイボイスコム★フィードバック数:0ライフスタイル

たばこに関するアンケート調査(第5回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 たばこ 】に関するアンケート調査(第5回)現在たばこを吸っている人は2割弱。そのうち禁煙経験者は5割強、禁煙意向者は4割強 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、5回目となる『たばこ』に関するインターネット調査を2016年7月1日〜5日に実施し、10,865件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 ■喫煙経験者は4割強で減少傾向。現在喫煙者は2割弱、男性40代以上で3

喫煙に関する調査

2015 年 8 月 20 日毎月 22 日(吸わん吸わんの日)は「禁煙の日」*ネオファースト生命が「喫煙に関する調査」を実施ネオファースト生命保険株式会社(代表取締役社長:徳岡 裕士)は、2015 年 6 月下旬に、「喫煙に関する調査」を実施いたしました。(首都圏・近畿圏在住の 20-70 代の男女 2,472 名が対象。2015 年 6 月 23 日~24 日にインターネットにより実施)*日本循環器学会をはじめとした禁煙推進学術ネットワークが「毎月 22 日は“禁煙の日”。スワンスワン(吸わ

EDについての調査です。

EDの原因に関する調査

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire EDの原因はストレスだけではなかった!? 食生活・睡眠不足・喫煙過度な飲酒によってEDになるという結果にEDの原因はストレスだけではなかった!?食生活・睡眠不足・喫煙過度な飲酒によってEDになるという結果に自分特有のEDの原因を分析して適切な対策を打つ必要性浜松町第一クリニック・竹越氏も生活習慣とEDの関連を指摘彼女や妻と上手くいっていない人の7割近くがEDの自覚アリ ますますED罹患者数が増えており、「ED大国」とも言われるようにな

2014年11月25日ファイザー★フィードバック数:0ライフスタイル

ファイザーの調査です。

在日外国人の喫煙に対する意識調査

現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2014年度 > ≪在日外国人の喫煙に対する意識調査≫2020年に向けて、海外から見た日本の喫煙環境を分析 在日外国人400人調べ「日本は母国よりも喫煙しやすい」在日外国人の約6割が回答≪在日外国人の喫煙に対する意識調査≫2020年に向けて、海外から見た日本の喫煙環境を分析 在日外国人400人調べ「日本は母国よりも喫煙しやすい」 在日外国人の約6割が回答 在日外国人の約8割 「日本は受動喫煙を防止する取り組みを進める

喫煙についての調査です。

受動喫煙防止及び屋内禁煙に関する屋内労働者8,000人の全国意識調査

このサイトは日本国内に向けて制作しております。 このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。 今国会での労働安全衛生法改正案の審議の中、 注目が高まる職場の受動喫煙対策の最新状況について、5月31日の「世界禁煙デー」を前に発表 受動喫煙防止及び屋内禁煙に関する屋内労働者8,000人の全国意識調査 屋内禁煙の職場は全体の52%、「煙が漏れないようにしている」など分煙をしている職場は21% 2020年に、受動喫煙防止条例を制定することに対

2014年2月19日Match.comフィードバック数:0大型消費/投資

新たな調査から、禁煙と交際に関するMatch.com会員の考えが明らかに

新たな調査から、禁煙と交際に関するMatch.com会員の考... 新たな調査から、禁煙と交際に関するMatch.com会員の考えが明らかにNew Survey Reveals What Match.com Members Think About Smoking Cigarettes And Dating <この参考資料について>この資料は、ファイザー社が2014年1月22日(米国現地時間)に発表したプレスリリースを日本語に翻訳再編集し、皆さまのご参考に供するものです。正式言語は英語であり

第34回:企業のCSR活動事例に対するイメージ調査(2)(2009)

ブランドなんでもランキング第34回:企業のCSR活動事例に対するイメージ調査(2)企業の社会的責任、CSR(Corporate Social Responsibility)という言葉は徐々に定着してきました。最近では「義務」としての側面から「期待に応える」社会的責任に変化しているといわれています。こういった中、自社の利益追求だけを求めるのではなく、社会との調和を通じて企業価値の向上を目指す企業もあります。今回はこうした企業の取り組みが、消費者にどのように受け止められているのかを調査してみました。

2013年11月10日アイブリッジフィードバック数:0ライフスタイル

禁煙に関する調査

業界最大規模のモニター数を誇るリサーチプラスが実施した禁煙に関する調査結果。企業登録をすると、管理画面からのアンケート作成や、回答結果のダウンロードが可能となります。禁煙に関する調査2013年10月25日禁煙に関する調査アイブリッジ株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:荒川 和也)が展開するインターネットリサーチサービス“リサーチプラス”では、約160万人の自社モニター会員を活用し、全国300人を対象に、禁煙に関する調査を実施いたしました。 調査対象:全国の20歳以上の男女300名調査期

2013年8月29日ケアネットフィードバック数:0ライフスタイル

医師1,000人に“タバコと喫煙者の負担”に関する意識を調査

医師1,000人に“タバコと喫煙者の負担”に関する意識を調査

2013年7月24日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム たばこ(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ現在喫煙者は2割、喫煙経験者は5割弱。現在喫煙者は男性3割弱、女性1割強。1日に吸うたばこの本数は「6〜10本」「11〜15本」「16〜20本」がボリュームゾーン。過去調査に比べ本数は減少傾向 喫煙者のうち、禁煙意向がある人は半数弱。禁煙意向がある人は、女性の方が多い 喫煙経験者のうち、禁煙経験者は7割弱、現在喫煙者の中では5割強。禁煙経験者のうち、「禁煙ガム」「禁煙パイプ」利用経験者は各1割強 タバコの弊害と思うものは「喫煙者の健康に悪影

2012年5月25日アイティメディアフィードバック数:5社会/政治

2000年以降の首相であなたが一番評価する人は?

Business Media 誠のトップページ右下で行っているアンケート「誠VOICE」。第16回では日本の首相の評価や、たばこの適正価格についてアンケートを行いました。 「2000年以降の首相であなたが一番評価する人は?」と質問したところ、選択肢の中で在任期間が1980日と最も長い「小泉純一郎」氏が38%でトップ。郵政民営化に代表される構造改革に挑んだ姿勢が評価されたようです。2位は「麻生太郎」氏で25%、3位は「安倍晋三」氏で15%。一方、最も評価が低かったのは「森喜朗」氏でした。 民主党政

2011年1月27日楽天リサーチフィードバック数:4ライフスタイル

タバコ税増税に関する調査(追跡調査3回目)

タバコ税増税に関する調査(追跡調査3回目) タバコ税増税に関する調査(追跡調査3回目) 2011年1月24日楽天インサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天インサイト)は、たばこ税増税に関する継続調査を実施した。昨今の健康志向ブームや喫煙場所の縮小などにより、喫煙者は減少している傾向にある。2010年10月にたばこ税増税が実施され、たばこの価格は大幅な値上げとなった。増税から3ヵ月が経過したが、喫煙者に変化はみられるのか。楽天インサイトでは、2010年9月末時

『タバコ増税と禁煙』に関するアンケート

● 喫煙者の3割が「タバコの値上げをきっかけに、禁煙・減煙を開始」● 禁煙外来・・・通院経験者の85.9%が「効果があった」インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「タバコ増税と値上げ」についてアンケートを行い、値上げによる禁煙、値上げ前のまとめ買いや、禁煙外来への興味などについてまとめました。調査は2010年10月6日(水)〜10月21日(木)にかけて実施し、20代以上のDIMSDRIVEモニター5,170人から回答を得ています。 (うち、禁煙中含む喫煙者は

2008年12月9日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

喫煙者、6割が「がん保険」加入

rTYPEは2017年12月14日を持ちまして閉鎖致しました。

2008年10月7日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

タクシー全面禁煙に9割弱が「賛成」。喫煙者の賛成派は6割

rTYPEは2017年12月14日を持ちまして閉鎖致しました。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ