「団塊世代」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

テレビ・動画配信(OTT)視聴に関する調査2019

J:COM調べ “番組を見逃した!” それでも見たいとき 平... J:COM調べ“番組を見逃した!” それでも見たいとき平成世代は「テレビ局の見逃し配信」、 バブル・団塊世代は「再放送を待つ」~テレビ・動画配信(OTT)視聴に関する調査2019~株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井村 公彦)は、テレビ放送と動画配信サービスが1台で楽しめるJ:COM TVの新STB「J:COM LINK」の提供開始にあわせて、テレビを見ることがある“平成世代”(

消費増税に関する「団塊世代」VS「ミレニアル世代」の意識調査

News Release メディア掲載、取材依頼など広報部への問合せは こちら当校のニュースリリースを掲載しております。ニュースリリース一覧 <新型コロナウイルス感染症に関する対応について>2021年6月22日追記当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。 取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。日本ファイナンシャルアカデミー株式会社

2017年2月12日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国社長分析(2017年)

2017/1/31全国社長分析(2017年)平均年齢59.3歳、過去最高を更新〜 団塊世代の社長、全体の1割 〜はじめに定年のない社長業。企業における経営者の平均年齢は高齢化の一途を辿り、後継者不在などで休廃業・解散を余儀なくされるケースが散見される。『平成28年版高齢社会白書』(内閣府発表)によると、65歳以上の高齢者人口は3392万人に達し、総人口の26.7%を占める。今後一層の高齢者増加・人口減少が見込まれるなか、企業の繁栄と存続に向け、トップの高齢化について考慮すべき問題は山積している。

2016年10月28日総務省★★フィードバック数:0社会/政治

「人口ピラミッド」から日本の未来が見えてくる!? ~高齢化と「団塊世代」、少子化と「団塊ジュニア」~

ここから本文です。統計Today No.114「人口ピラミッド」から日本の未来が見えてくる!?〜高齢化と「団塊世代」、少子化と「団塊ジュニア」〜 総務省統計局統計調査部長 千野 雅人はじめに 日本の社会は、人口の高齢化が世界に類を見ない速度で進行し、「超高齢社会」と言われるようになりました。このような中で、総務省統計局では、毎年9月の「敬老の日」に際し、高齢者の人口や就業状況、家計収支などについて、「統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)」(統計トピックス)として取りまとめ、公表しています。こ

2016年6月30日博報堂★★フィードバック数:0社会/政治

「シルバー30年変化」 調査

博報堂生活総合研究所 「シルバー30年変化」 調査結果を発表 ~ 1986年 → 1996年 → 2006年 → 2016年 ~ 博報堂生活総合研究所は、1986年から30年間にわたり60歳~74歳を対象にほぼ同じ質問内容の調査を続けてきました(1986年、1996年、2006年、2016年の4時点で実査)。この30年間で日本は急速に高齢化が進み、特にこの10年では、団塊世代が高齢期を迎え、平均寿命が男女ともに80歳を超えるなど「高齢社会」を取り巻く環境は激変。こうした中で、高齢者自身はどう変わ

2015年10月27日博報堂★フィードバック数:0大型消費/投資

新型50・60代は「新しい大人のライフスタイル」創りへ

新大人研レポート No.19 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その③ 新型50・60代は「新しい大人のライフスタイル」創りへ「自分なりのライフスタイル」創造に意欲的。 全体に女性がリード。健康は予防、趣味はパソコン。 「自分なりのライフスタイルを創っていきたい」が9割近く。誰と創りたいかは「配偶者とも創りたいが、自分一人のスタイルも創りたい」が全体の42.9%と最も高い。「配偶者と一緒に」は男性が41.8%、女性は29.2%と“夫の片思い”。博報堂新しい大人文化研究所では、40~60代を

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

高齢期の社会的孤立の予防策-ニッセイ基礎研究所「長寿時代の孤立予防に関する総合研究」より

高齢期の社会的孤立の予防策-ニッセイ基礎研究所「長寿時代の孤立予防に関する総合研究」より | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 高齢期の社会的孤立の予防策-ニッセイ基礎研究所「長寿時代の孤立予防に関する総合研究」より高齢期の社会的孤立の予防策-ニッセイ基礎研究所「長寿時代の孤立予防に関する総合研究」より 生活研究部 主任研究員・ジェロントロジー推進室兼任 前田 展弘生活研究部 主任研究員 井上 智紀生活研究部 上席研究員 久我 尚子社会研究部 都市政策調査室長・ジェロ

長寿時代の孤立予防に関する総合研究~孤立死3万人時代を迎えて~

長寿時代の孤立予防に関する総合研究~孤立死3万人時代を迎えて~ | ニッセイ基礎研究所 長寿時代の孤立予防に関する総合研究~孤立死3万人時代を迎えて~ 生活研究部 主任研究員・ジェロントロジー推進室兼任 前田 展弘基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○日ごろの質的・量的なコミュニケーションの状況から、社会的孤立リスクについて推定した結果、ゆとり世代、団塊Jr.世代

2014年2月5日博報堂フィードバック数:0マーケティング

新大人研レポートXIII いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化(6) 余生を静かに過ごす高齢者から “ライフスタイルを創る新しい大人”へ

新大人研レポートⅩⅢ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化⑥余生を静かに過ごす高齢者から “ライフスタイルを創る新しい大人”へ・新しい大人世代(40-60代)全体の94.4%が自分らしいライフスタイルを創造したいと回答。・住環境がライフスタイルのために重要と考えるのは、新大人世代女性の7割。・変えたい住環境のトップは、「エコ」で「ユニバーサル」、上位に「夫婦で会話できるリビング」「ゆったりくつろげる浴室」「ゆっくり休める寝室」。いま40-60代生活者が「日本の高齢社会を大きく転換」しよ

2013年9月5日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

シニアの食生活についての調査です。

新大人研レポートⅨ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化2 従来の“粗食高齢者”から“肉好きエルダー”へ

新大人研レポートⅨ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化② 従来の“粗食高齢者”から“肉好きエルダー”へ60代男女の82%が「肉料理好き」、91%が「食べることが楽しみ」。・60代、特に男性は86.0%が「肉料理好き」。野菜料理よりも上、魚料理と同程度の好意度。 ・40~60代ともに90%前後が「食べることに楽しみ」。60代になっても食の楽しみは変わらない。 ・料理や食材にこだわった充実の食生活。食卓の品数は年代が上がるほど増える。 ・朝食の主食はこの10年でパンがご飯を逆転。いま40

2013年7月31日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

お金の使い方についての調査です。

いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化1 従来の“貯蓄高齢者”から“おカネを増やして使う新しい大人”へ

NEWSHOMENEWSニュースリリース新大人研レポートⅧ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化① 従来の“貯蓄高齢者”から“おカネを増やして使う新しい大人”へ新大人研レポートⅧ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化① 従来の“貯蓄高齢者”から“おカネを増やして使う新しい大人”へ 2013年07月31日団塊含む60代男性は退職金の17%を投資運用へ。消費も拡大、今後は退職直後の1.5倍の消費意欲。・アベノミクスで投資に動いたとみられる団塊男性、退職金の17%を投資運用、今後も

団塊世代の終活事情 「戒名は必要ない」が、「それなりの葬儀」はしたい

葬儀・家族葬から納骨、法要までご相談は【小さなお葬式】 ご依頼時にこちらの割引番号もお伝え下さい 小さなお葬式の新しいサービスやメディア情報、最新情報をお知らせしています。 団塊世代の終活事情 「戒名は必要ない」が、「それなりの葬儀」はしたい2013年05月31日インターネットによる葬儀ビジネスの運営を手掛ける、「小さなお葬式」株式会社ユニクエスト・オンライン(所在地:大阪市北区、代表取締役:田中智也)は、株式会社クロス・マーケティングの協力のもと、葬儀に関する意識調査をインターネットで実施

団塊世代の退職による労働市場への影響 ~「2012 年問題」から考える超高齢社会における働き方

団塊世代の退職による労働市場への影響 ~「2012 年問題」から考える超高齢社会における働き方 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 団塊世代の退職による労働市場への影響 ~「2012 年問題」から考える超高齢社会における働き方団塊世代の退職による労働市場への影響 ~「2012 年問題」から考える超高齢社会における働き方 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお

2012年11月5日日本RV協会★フィードバック数:1大型消費/投資

キャンピングカーへのニーズの変化を見ています。

ここ数年の「キャンピングカー白書」から見るユーザーニーズの変化

キャンピングカー・ビルダー、ディーラーが加盟する一般社団法人日本RV協会(JRVA)が提供するキャンピングカー情報 60歳代ユーザーの増加でシニア向け車両が活況を呈するキャンピングカー(ここ数年の「キャンピングカー白書」から見るユーザーニーズの変化)[ 2012年11月5日付け プレスリリース ] 当協会では、ここ数年における『キャンピングカー白書』のデータを分析し、60歳代のユーザー層の間にキャンピングカーが浸透してきたこと、およびそれに伴い、子育てを終えたシニア層がペット同伴の「夫婦の2人

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

特集データ

お知らせ