調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 図書館日本海

「図書館日本海」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年7月13日日本海事センター★フィードバック数:0社会/政治

海についての意識調査です。

海に関する国民意識調査2014

「海に関する国民意識調査2014」を実施しました。 ≪概要≫(公財)日本海事センターは、本年5月20日~6月5日の間、海に関する国民の意識の現状を把握し、今後の海事思想の普及に向けた方途を探るため、全国の男女1,000名を対象に、郵送による「海に関する国民意識調査2014」を実施しました。この調査は今回で7回目の調査となります(2008年から2011年まではインターネット調査、2012年からは郵送調査)。≪調査結果のポイント≫【海との関わり】・「海が好き」と回答した人は昨年から0.6ポイント上が

2014年6月20日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要ドライ貨物荷動き報告(2014年6月17日現在)

主要ドライ貨物荷動き報告(6月17日現在)を作成しました。 主要ドライ貨物荷動き報告(6月17日現在)を作成しました。 北米や欧州といった主要コンテナ航路の荷動き実績と運賃動向を掲載しています。不定期船の動向もご覧いただけます。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 海事図書館所蔵の40,000冊以上の図書・定期刊行物を検索できます。 日本海事センターでは、海事関係団体等が行う公益事業に対し、補助金を交付して

2014年5月20日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2014年3月「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年3月の荷動きのポイント 【往航】3月の往航荷動き量は105.1万TEUで対前年比20.5%増。3月の往航荷動き量は、前年比2ヶ月ぶりの増加となる20.5%増の105.1万TEU。春節の時期のずれの影響により、2013年3月が前年比13.0%減であったことによる反動増もあるとみられるが、1-3月累計では3月が前年比大幅増となったことにより、2月までの前年同期比0.8%減から一転して同4.8%増の332.2万TEUとなった。国・地域別でみると

2014年5月20日日本海事センター★フィードバック数:0ビジネス

以前に発表された見通しの検証です。

年末年初市況見通しと現状

「年末年初市況見通しと現状」を作成しました。 (公財)日本海事センターは、このたび2013年の年末から2014年の初頭にかけて業界紙などで示された今年の市況見通しを整理した「年末年初市況見通しと現状」を取りまとめましたのでお知らせいたします。 北米や欧州といった主要コンテナ航路の荷動き実績と運賃動向を掲載しています。不定期船の動向もご覧いただけます。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 海事図書館所蔵の40,

2014年4月22日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要ドライ貨物荷動き報告(2014年4月17日現在)

主要ドライ貨物荷動き報告(4月17日現在)を作成しました。 主要ドライ貨物荷動き報告(4月17日現在)を作成しました。 北米や欧州といった主要コンテナ航路の荷動き実績と運賃動向を掲載しています。不定期船の動向もご覧いただけます。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 海事図書館所蔵の40,000冊以上の図書・定期刊行物を検索できます。 日本海事センターでは、海事関係団体等が行う公益事業に対し、補助金を交付して

2013年10月18日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要ドライ貨物荷動き報告(2013年10月17日現在)

主要ドライ貨物荷動き報告(10月17日現在)を作成しました。 主要ドライ貨物荷動き報告(10月17日現在)を作成しました。 北米や欧州といった主要コンテナ航路の荷動き実績と運賃動向を掲載しています。不定期船の動向もご覧いただけます。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 海事図書館所蔵の40,000冊以上の図書・定期刊行物を検索できます。 日本海事センターでは、海事関係団体等が行う公益事業に対し、補助金を交付

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ