調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 固定価格買取制度

「固定価格買取制度」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月27日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度新エネルギー等導入促進基礎調査 (固定価格買取制度の設備認定における場所及び設備の確保に関する調査)調査委託業務成果報告書

平成26年度新エネルギー等導入促進基礎調査 (固定価格買取制度の設備認定における場所及び設備の確保に関する調査)調査委託業務成果報告書

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギー固定価格買取制度の運用状況―14年末以降の制度改正と今後の課題―

再生可能エネルギー固定価格買取制度の運用状況―14年末以降の制度改正と今後の課題―

2014年8月21日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

グリーン電力市場に関する調査結果 2014

グリーン電力市場に関する調査結果 2014 ~2016年度の電力小売全面自由化とともに、グリーン電力の供給事業が急速に拡大~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のグリーン電力市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年5月~7月2.調査対象:PPS(新電力事業者あるいは特定規模電気事業者)、電力供給関連事業者3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<グリーン電力とは>グリーン電力とは、太陽光や風力、地熱、バイオマ

2014年8月14日東京商工リサーチ★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京商工リサーチのまとめです。

2013年「電力事業者」の新設法人 前年比2.2倍増の1,799社

2013年「電力事業者」の新設法人 前年比2.2倍増の1,799社 公開日付:2014.08.13 2013年(1-12月)に全国で新しく設立された法人 (新設法人)のうち電力事業者は1,799社で、前年比2.2倍、2011年と比べると26.4倍と急増した。2011年3月の原発事故以降の電力需給逼迫や、2012年7月に導入された再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)の固定価格買取制度を契機に、発電などを目的にした法人設立が相次いだ。1,799社のうち、事業内容が「太陽光、ソー

2014年8月3日農林中金総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギー固定価格買取制度の運用状況と課題――3年度目の改正点と今後の論点――

再生可能エネルギー固定価格買取制度の運用状況と課題――3年度目の改正点と今後の論点――

2014年度の再生可能エネルギー買取価格と固定価格買取制度をめぐる論点

2014年度の再生可能エネルギー買取価格と固定価格買取制度をめぐる論点

2014年3月30日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年(1~12月)北海道の工場立地動向調査

平成25年(1~12月)北海道の工場立地動向調査結果(速報)~ 電気業(メガソーラー)を除くと、立地件数、面積は微増 ~平成26年3月28日 経済産業省北海道経済産業局平成25年(1~12月)の北海道の工場立地動向は、再生可能エネルギー固定価格買取制度を活用した電気業(メガソーラー、以下同)の立地が多数あったことから、立地件数109件、面積800.5ha(過去最高)と、前年に続き大幅増となったが、電気業を除くと、立地件数28件、立地面積34.6haで、いずれも前年に比べ微増であった。業種別の立地

2013年11月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年上期(1月~6月期)工場立地動向調査結果(速報) 北海道版

平成25年上期(1~6月)北海道の工場立地動向調査結果(速報)~ 電気業(メガソーラー)を除くと、立地件数、面積は横ばい ~平成25年11月15日 経済産業省北海道経済産業局平成25年上期(1~6月)の北海道の工場立地動向は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の導入により、電気業の立地が引き続き多数あったことから、立地件数49件、面積332.7haと、前年同期に比べ大幅増となったが、電気業を除いた立地件数は、前年同期と同数の11件、立地面積もほぼ同数の8.2haであった。業種別の立地件数は、電

2013年4月16日富士通★フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

原発停止と再生可能エネルギーについてのレポートです。

日本における再生可能エネルギーの可能性と課題-エネルギー技術モデル(JMRT)を用いた定量的評価-

日本における再生可能エネルギーの可能性と課題-エネルギー技術モデル(JMRT)を用いた定量的評価-要旨震災によって発生した津波による福島第一原子力発電所の事故により、我が国のエネルギー政策は大きな転換期にある。衆議院選挙でもTPPなどと並び選挙の焦点であると言われた。しかし、実際には大きな焦点とならなかったが、検討を行うのに十分な情報が国民に提供できていないことが一つの原因であった。本報告では、原子力発電所の稼働停止による影響、再生可能エネルギー固定価格買取制度による再生可能エネルギー普及及び電

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ