「固定金利」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月16日MFSフィードバック数:0大型消費/投資

2017年1月の住宅ローン金利動向

新しい住宅ローン選びの形、ユーザーに常にベストな選択を 1月の住宅ローン金利動向報道関係者各位2017年1月11日株式会社MFS1月の主要行住宅ローン金利は10年固定と長期固定で5~10bpsの上昇。変動金利は前月と同水準で推移。 フィンテックを活用した住宅ローンファイナンスサービスを提供する株式会社MFS(東京都新宿区、代表取締役CEO:中山田 明、以下MFS)は、1月の主要銀行の住宅ローン金利をまとめましたのでお伝え致します。ハイライト・ 変動金利は前月と同じ水準・ 10年固定と長期固定は

住宅ローン【フラット35】の借り換え経験者を分析! どのくらいの“金利差”で借り換えた?

「住まい」と「お金」のこと、もっとわかりやすく 住宅ローン【フラット35】の借り換え経験者を分析! どのくらいの“金利差”で借り換えた? 住宅ローン【フラット35】の借り換え経験者を分析! どのくらいの“金利差”で借り換えた?日銀のマイナス金利政策の影響を受け、全期間固定金利型の住宅ローン【フラット35】の金利が、過去最低を記録し続けています。その流れを受けて、住宅ローンの借り換えを検討している方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、今までARUHIで【フラット35】を借り入れ、再度【フ

2015年2月18日J.D. Powerフィードバック数:0大型消費/投資

2015年日本住宅ローン顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX 金利の先安観が広がり、変動金利の利用が拡大 部門別の総合満足度ランキングは、大垣共立銀行とソニー銀行が1位 CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木郁、略称:J.D. パワー)は、2015年日本住宅ロ

2014年11月29日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年度住宅市場動向調査(訂正版)

平成26年11月28日 本調査は、住宅の建設、購入、リフォーム等の実態把握・分析を行い、今後の住宅政策の企画立案の基礎資料とすることを目的に、平成13年度より継続して実施しているものです。今般、平成25年度の調査結果をとりまとめましたので、お知らせします 。※調査結果の訂正がありました。訂正内容については、添付資料の平成25年度住宅市場動向調査報告書(訂正版)及び正誤表をご覧ください。(1)平成25年度住宅市場動向調査~調査概要~調査方法や対象地域等を示した「調査の内容」と調査結果をコンパクトに

注文住宅の顧客調査です。

2013年度戸建注文住宅の顧客実態調査

「2013年度戸建注文住宅の顧客実態調査」報告 一般社団法人住宅生産団体連合会(会長 樋口武男 大和ハウス工業株式会社代表取締役会長)では、この程『2013年度戸建注文住宅の顧客実態調査』を報告書として取りまとめましたので公表いたします。この調査は、戸建注文住宅を建築した顧客の実態を明らかにすることにより、今後の戸建注文住宅の顧客ニーズの変化を把握し、これからの社会にふさわしい住宅の供給の有り方を探ることを目的として2000年から開始し、今回で14回目となります。調査の対象エリアは、3大都市圏(

2014年7月15日国土交通省★★★フィードバック数:0大型消費/投資

国交省の調査です。

平成25年度住宅市場動向調査

平成26年11月28日 本調査は、住宅の建設、購入、リフォーム等の実態把握・分析を行い、今後の住宅政策の企画立案の基礎資料とすることを目的に、平成13年度より継続して実施しているものです。今般、平成25年度の調査結果をとりまとめましたので、お知らせします 。※調査結果の訂正がありました。訂正内容については、添付資料の平成25年度住宅市場動向調査報告書(訂正版)及び正誤表をご覧ください。(1)平成25年度住宅市場動向調査~調査概要~調査方法や対象地域等を示した「調査の内容」と調査結果をコンパクトに

2013年5月15日SBIモーゲージフィードバック数:1大型消費/投資

借り換え顧客の属性分析結果

住宅ローン 人気の商品安心の全期間固定金利 新規借り入れ2019年6月実行金利21年~35年/融資比率:9割以下・【フラット35】Sを適用した場合借り換え2019年6月実行金利21年~35年/融資比率:10割以下の場合 ARUHIが選ばれる 6つのポイント!2010年度~2018年度統計、取り扱い全金融機関のうち借り換えを含む【フラット35】実行件数(2019年3月末現在、ARUHI調べ)【フラット35】業界最低水準(ただしスタンダードタイプの場合)。ARUHI調べ。上記の日数は最短の場

2013年4月3日SBIモーゲージフィードバック数:0大型消費/投資

住宅ローン借り換え実施者へのアンケート

住宅ローン 人気の商品安心の全期間固定金利 新規借り入れ2019年12月実行金利21年~35年/融資比率:9割以下・【フラット35】Sを適用した場合借り換え2019年12月実行金利21年~35年/融資比率:10割以下の場合 ARUHIが選ばれる 6つのポイント!2010年度~2018年度統計、取り扱い全金融機関のうち借り換えを含む【フラット35】実行件数(2019年3月末現在、ARUHI調べ)【フラット35】業界最低水準(ただしスタンダードタイプの場合)。ARUHI調べ。上記の日数は最短

住宅購入についての調査です。消費税増税に注目が集まっているようです。

住宅購入に関する意識調査(第4回)

不動産について、「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせ64.0%が「買い時」と回答し、前回調査(2012年7月)から3.6ポイント増加した。 買い時だと思う理由については、「住宅ローンの金利が低水準」が最も多く70.4%、「消費税が引き上げられる可能性がある」54.7%、「物件価格が落ち着いている」38.7%、「税制などのメリットがある」25.5%と続く。「その他」1.6%の意見として、「今後、物件価格が上がりそう」「インフレになりそうだから」というコメントが多かった。

2011年9月21日楽天リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

楽天による住宅ローンについての調査結果です。

住宅ローンに関する調査

2011年9月21日楽天インサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天インサイト)は、住宅ローンに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、8月26日から28日の3日間、楽天インサイト登録モニター(約210万人)の中から住宅購入を検討している全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。 ■住宅購入、「即金で全額」がトップ住宅を購入する際に頭金をどれくらい用意するかを聞いたところ、「即金で全額を支払う」が最も多かった(17.2%)。次いで、「購

2010年12月21日ネットエイジアフィードバック数:0大型消費/投資

住宅ローン選びについての調査

ネットリサーチ(モバイルリサーチ)なら、調査設計から集計・分析まで、インターネットリサーチ「ネットエイジアリサーチ」 ■2010年12月17日 住宅ローン選びについての調査ネットエイジアリサーチ住宅ローン選びについての調査〜友人に勧めたいのは「固定金利」 約3人に1人〜モバイルリサーチを展開するネットエイジア株式会社(本社/東京都中央区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「住宅ローン選びについての調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施し、全

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ