「国内市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年7月12日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ビッグデータ・IoT関連ビジネスの国内市場を調査

人工知能(AI)の発展によりデータ利用の効率化などが進むビッグデータ・IoT関連ビジネスの国内市場を調査ビッグデータ・IoT関連ビジネスの国内市場 1兆3,806億円(2.5倍)システムインテグレーション、コネクティビティの伸びが大きいIoTソリューションの国内市場 2,609億円(3.0倍)スマートファクトリーや作業支援など製造分野の伸びが拡大をけん引 マーケティング&コンサルテーションの株式会社富士キメラ総研(本社:東京都中央区日本橋小伝馬町 TEL:03-3664-5839 社長:田中 一

2015年4月2日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度新産業集積創出基盤構築支援事業(二輪車国内市場活性化に関する調査)

平成26年度新産業集積創出基盤構築支援事業(二輪車国内市場活性化に関する調査)

2014年9月17日経済産業研究所フィードバック数:0ライフスタイル

コメのSBS制度からみた輸入の可能性

ノンテクニカルサマリー コメのSBS制度からみた輸入の可能性このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 新しい産業政策プログラム (第三期:2011~2015年度) 「日本経済の課題と経済政策Part3-経済主体間の非

新たな地域でのパワーハウスの構築‐東南アジア地域における成功戦略

新たな地域でのパワーハウスの構築‐東南アジア地域における成功戦略 邦銀がグローバルな大手金融機関と伍して存在感を維持していくためには、日本の国内市場から視点を外に向ける必要があります。今後の成長が見込める大きなビジネスチャンスのいくつかは、東南アジアという日本に近い地域に存在しています。日本が世界第3位の経済大国であることを踏まえると、国内市場が重要な市場であることに変わりはありません。しかし、PwCは、例えば東南アジアにおけるインドネシアやベトナムの国内銀行資産は2030年までに現在の

2014年4月9日矢野経済研究所★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

携帯電話の国内市場に関する調査結果 2014

携帯電話の国内市場に関する調査結果 2014 ~契約数・ハンドセット出荷台数は頭打ち、今後はMVNO拡大に期待~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて携帯電話国内市場に関する調査を実施した。1.調査期間:2013年11月~2014年3月2.調査対象:国内携帯電話メーカー、海外携帯電話メーカー(日本法人)、国内移動体通信サービス事業者、国内半導体メーカー、通信事業者、関連業界団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<MV

ビッグデータ時代の分析ソリューションビジネスの事例研究と市場動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査レポート発刊のお知らせ ビッグデータ時代の分析ソリューションビジネスの事例研究と市場動向[本書のポイント]◆ データ分析企業、SIerのビッグデータ分析ビジネスの事業動向を調査◆ 2017年までのビッグデータ分析ビジネスの国内市場を展望→ 2017年には9,600億円超市場に◆ 分野別アプリケーションのサービス事例を整理して掲載 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニ

海外進出に関する意識調査

海外進出に関する意識調査 結果報告昨今、労働人口の縮小、及びそれに伴う国内市場の縮小を見越して多くの企業が海外進出をしています。これに伴い、世界2000万社の企業データベースOneSourceを国内販売しているワンソース・ジャパン株式会社では、次の調査要綱にて海外進出に関する意識調査を実施いたしました。調査期間 :2013年5月1日~7月25日調査対象 :20代〜60代の男女有効回答数:614名調査方法 :インターネット調査質問内容1、今後、日本の企業はもっと海外進出すると思いますか2、今後、日

映像・音声会議システムの市場動向と将来予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングビデオ会議・Web会議・音声会議のメーカー・ベンダーへの緊急アンケート ◆ 国内映像・音声会議システム市場は、2014年に570億円、2020年には2,000億円に伸張。クラウドやビデオチャット市場を含めると2020年8,000億円市場に。◆ ビデオ会議(専用端末タイプ)はHD化が進み、2010年に80%、2012年には94%がHDに。◆ 国内市場のシェアトップは、ビデオ会議がポリコム社、Web会議がブイキューブ社。市場調査・コンサルティング会社の

ウィジェットの最新市場動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングウィジェットの最新市場動向がまとまりました モバイル向けウィジェットが大きなビジネスになろうとしている2008年の国内市場は、ウィジェット作成市場が50〜100億円コンテンツダウンロード市場が約13,000コンテンツ、126億円2013年のコンテンツダウンロード市場は514億円と予測市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、ウィジェット(*)の市場動向を調査し、この

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ