「国民所得」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月25日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(6)~2015年の国民所得は回復へ

シリーズ:個人消費の論点⑥~2015年の国民所得は回復へ ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 個人消費を見通す上で、日本経済全体の所得を考えることが重要になっている。購買力の源泉である所得は、ここ数年、輸出入の相対物価の動きや、海外所得の還流などからの影響を強く受けてきたからだ。15年には、日本経済全体の購買力が回復して、次第に個人消費が回復する姿がみえるようになるだろう。 EY新日本有限責任監査法人は、EYの日本におけ

2014年1月17日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

様々な労働分配率:結局パイの拡大こそが重要

トップレポート・コラムコラム様々な労働分配率:結局パイの拡大こそが重要 ここから本文です様々な労働分配率:結局パイの拡大こそが重要春闘も佳境となり、労働分配率の上昇や低下が議論になることがある。しかし、論者によって、様々な労働分配率が使われているのが実情である。マクロで標準的とされるのは下図の①であり、雇用者報酬を国民所得で割ったものである。個別企業レベルでは、人件費を付加価値で割ったものが使われる。財務省「法人企業統計」では、業種、規模ごとの統計データを得ることができるが、付加価値額=営業純益

2013年7月2日JETRO★フィードバック数:2マーケティング海外

中南米諸国についてのレポートです。

中南米の消費市場(2013年6月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 中南米地域の市場規模はASEAN、中国、インドなどと比較しても大きく、欧州債務危

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ