「国籍企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年3月22日マーサー ジャパンフィードバック数:0ライフスタイル

2017年世界生活環境調査(Quality of Living Survey) ‐ 都市ランキング

マーサー「2017年世界生活環境調査(QUALITY OF LIVING SURVEY) ‐都市ランキング」を発表 2017年3月14日英国・日本, ロンドン・東京ウィーンが8年連続「世界生活環境ランキング」の首位、最下位は昨年同様バクダッドヨーロッパの都市がランキングの上位で優勢日本の主要都市の順位は、東京 (47位)、神戸 (50位)、横浜 (51位)、大阪(60位)、名古屋 (63位)従来の総合ランキングに加え、本年は「都市インフラ・ランキング」を発表(シンガポールが首位、ハイチ ポルトー

2014年1月8日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

投資協定が多国籍企業の活動及びホスト国の経済厚生に与える影響についての経済分析

ノンテクニカルサマリー 投資協定が多国籍企業の活動及びホスト国の経済厚生に与える影響についての経済分析このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 貿易投資プログラム (第三期:2011~2015年度)「国際投資法の現代

PwCのレポートです。

中国開発フォーラム2013 調査報告書

中国という選択‐多国籍企業から見た投資環境‐中国開発フォーラム2013 調査報告書 多国籍企業は中国における投資機会をどう見据え、さらなる機会拡大に向けて中国政府にいかなる変更を求めているのでしょうか。PwCでは多国籍企業227社の最高経営責任者(CEO)から得た回答に基づく分析に加えて、11人のCEOとの詳細なインタビューを行いました。この数十年間における中国経済の発展は目覚ましく、今後4年のうちに購買力平価ベースで見た市場規模で米国を追い抜き、世界最大の市場になると見込まれています。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お知らせ