調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 土地開発公社

「土地開発公社」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年12月28日新潟県フィードバック数:0社会/政治

平成25年度市町村出資法人(第三セクター・土地開発公社)の状況に関する調査

平成29年度市町村出資法人(第三セクター・土地開発公社)の状況に関する調査の結果概要 平成29年度末現在の県内市町村における第三セクター・土地開発公社の状況に関する調査結果を取りまとめましたので、その概要をお知らせします。【第三セクターについて】○ 調査基準日平成30年3月31日現在○ 調査対象法人 145法人(対前年度+1法人)○ 経営状況の調査対象120法人のうち赤字法人は、前年度38法人から15法人増の53法人【土地開発公社について】○ 調査基準日平成30年3月31日現在○ 調査対象法人 

土地開発公社を巡る40年間―静かに進む「抜本的改革」

土地開発公社を巡る40年間―静かに進む「抜本的改革」 | ニッセイ基礎研究所 土地開発公社を巡る40年間―静かに進む「抜本的改革」 石川 達哉基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 地方公共団体に代わって公用地を先行的に取得する目的で設立された土地開発公社には、1990年代以降の地価下落が長期化したことが現在も重石となっており、10年以上売却されずに保有している土地の

2013年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

横浜市の三セク債について

トップレポート・コラムコンサルティングレポート地方創生横浜市の三セク債について ここから本文です横浜市の三セク債について地方財政健全化の動きが広がるサマリー◆地方財政健全化へ向けて、三セク債発行(今年度が特例期間の最終年度)の動きが広がっている。◆横浜市は今下半期に1380億円の三セク債発行を計画し、土地開発公社を解散する方針。昨年度の試算によれば120~160億円の金利負担減の見通し。◆表面上の市債残高は増加するが、外郭団体などに対する負担分も考慮した「市全体の借入金」でみると、中期計画通りに

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ