「執筆者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

拡大しつつ変容するアメリカ人

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!拡大しつつ変容するアメリカ人 ここから本文です拡大しつつ変容するアメリカ人アメリカ経済を知る! 第14回(最終回) 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー1950年に約1億5,200万人であったアメリカの人口は増加が続き、2010年の国勢調査によると、約3億900万人となっています。この人口は世界第3位で、世界の5%程度に相当します。PRB(Population Reference Bureau)は、「アメリカ

2014年6月25日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

社会的責任投資(SRI)を学ぶ ―「持続可能な社会」に向けて― 第3回

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門社会的責任投資(SRI)を学ぶ —「持続可能な社会」に向けて— 社会的責任投資(SRI)を学ぶ —「持続可能な社会」に向けて— 第3回 ここから本文です社会的責任投資(SRI)を学ぶ —「持続可能な社会」に向けて— 第3回日本のSRI市場サマリー欧州や米国では、機関投資家を中心にSRIの市場規模が拡大しているが、日本においては機関投資家によるSRIは限定的であると指摘されることが多い。そこで、まず個人投資家向け商品を中心に日本のSRI市場の動向を示し、次

2014年6月25日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

NISAをどのように活用するか-時間分散・銘柄分散で安定的な運用を目指す-

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門なるほどNISANISAをどのように活用するか-時間分散・銘柄分散で安定的な運用を目指す- ここから本文ですNISAをどのように活用するか-時間分散・銘柄分散で安定的な運用を目指す-なるほどNISA 第8回(後編)サマリー安定的なリターンを得るための運用手法としては、時間分散・銘柄分散を行うことが有効です。NISAの商品性は時間分散・銘柄分散による運用に適しています。今回は時間分散・銘柄分散による投資手法を解説します。このコンテンツの著作権は、株式会社大

2014年6月25日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し 第2回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門水素社会の兆し水素社会の兆し 第2回 ここから本文です水素社会の兆し 第2回分散型電源における水素の利活用コンサルティング第一部 主任コンサルタント 平田 裕子 サマリー◆水素の化学反応により発電する「燃料電池」は、小規模でも発電効率が高く、利用時にCO2を排出しないことから、水素社会における分散型電源として期待されている。日本は、小型の家庭用燃料電池の分野ですでに世界をリードしている。一方で、中・大規模の業務・産業用燃料電池の分野では他国に後れを取って

2014年6月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

リスク資産への資金流入は定着したのか?

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達リスク資産への資金流入は定着したのか? ここから本文ですリスク資産への資金流入は定着したのか?資金循環統計(2014年1-3月期)サマリー◆日本銀行(以下、日銀)から2014年1-3月期の資金循環統計(速報)が公表された。株価の低下で金融資産残高を減少させた主体が多い。◆その中においても、家計では資金をリスク資産へと投資する動きが見られる。日銀の異次元緩和政策に加え、NISA開始といった政策による効果が出ていると思われる。預金取扱機関

2014年6月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.6)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2014.6) ここから本文です欧州経済アップデート(2014.6)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2014年6月23日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

NISAをどのように活用するか-資産運用が家計改善の有力な選択肢に-

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門なるほどNISANISAをどのように活用するか-資産運用が家計改善の有力な選択肢に- ここから本文ですNISAをどのように活用するか-資産運用が家計改善の有力な選択肢に-なるほどNISA 第8回(前編)サマリー高齢化に伴う社会保障費の増大や財政赤字の解消の必要性を考えると、今後も社会保障制度を持続していくためには、消費税率のさらなる引き上げや年金支給額の引き下げなどが必要と考えられます。こうした負担を踏まえると、これから社会に出ようとする若者は、親や祖父

2014年6月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 格差広がるユーロ圏と英国

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 格差広がるユーロ圏と英国 ここから本文です欧州経済見通し 格差広がるユーロ圏と英国金融緩和のアクセルを踏んだECB、ブレーキを意識したBOEサマリー◆ECB(欧州中央銀行)は6月5日の金融政策理事会で予想通り複数の追加緩和策を発表した。その目的は2つあり、1つはユーロ高でECBの意図に反した金融引き締め効果が出ることを阻止すること、もう1つはECBによる金融緩和を民間部門に伝達する銀行部門の機能再生である。なお、国債買取を通じた量的緩和策(QE)

2014年6月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:成長戦略策定を受けた「アベノミクス」の課題

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:成長戦略策定を受けた「アベノミクス」の課題 ここから本文です日本経済見通し:成長戦略策定を受けた「アベノミクス」の課題①「貯蓄から投資へ」、②少子化対策、について検証する調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 齋藤 勉 久後 翔太郎 永井 寛之 サマリー◆:2014年1-3月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+1.1%(前回:同+1.0%)、2015年度

2014年6月19日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し 第1回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門水素社会の兆し水素社会の兆し 第1回 ここから本文です水素社会の兆し 第1回水素社会への期待サマリー◆化石燃料の消費には限界が懸念され、地球環境への影響がさらに深刻になることも危惧されている。エネルギーのS+3E実現に向けた取り組みの一つに水素の有効活用がある。4月に公表されたエネルギー基本計画には、安定供給と地球温暖化対策に資する水素の有効活用が盛り込まれ、水素社会実現に向けた動きが活発になっている。◆欧米でも、水素社会実現に向けた産官学連携の組織が立

2014年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

法人税減税と企業の立地選択

トップレポート・コラム経済分析日本法人税減税と企業の立地選択 ここから本文です法人税減税と企業の立地選択法人税率引下げが対外・対内直接投資にもたらす影響の大きさサマリー◆注目されている安倍内閣の成長戦略において、法人税改革は目玉政策の一つである。もっとも、法人税改革には様々な論点があり、具体的・詳細な議論は当面続くとみられる。そこで、数回にわたり、法人税改革に関するシリーズレポートを公表したい。◆日本の法人実効税率は2014年度から34.62%に下がったが、主要な輸出競争相手国であるドイツや韓国

2014年6月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

政府が期待する活用方法と各社の対応-「金融資産ゼロ世帯」と先取り貯蓄-

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門なるほどNISA政府が期待する活用方法と各社の対応-「金融資産ゼロ世帯」と先取り貯蓄- ここから本文です政府が期待する活用方法と各社の対応-「金融資産ゼロ世帯」と先取り貯蓄-なるほどNISA 第7回(前編)サマリー近年、「金融資産ゼロ世帯」の割合の上昇に歯止めがかかっていません。2013年には、2人以上の世帯のうち31.0%が「金融資産ゼロ世帯」となっています。平均以上の収入がある世帯でも20%前後が「金融資産ゼロ世帯」となっており、問題視されています。

2014年6月10日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第9回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門見て、聞いて、ちょっと未来を考える見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第9回 ここから本文です見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第9回まちがあってこその道路~江東区・コミュニティサイクル~サマリーコミュニティサイクルは、決まった定義があるわけではありませんが、一番大きな機能を挙げるとすると自転車を共有(シェアリング)することです。レンタサイクルとの違いは、会員制であることや複数の貸出・返却ステーションが利用できることなどが挙げられます。コミュニティサイ

2014年6月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

連邦政府の財政の概要

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!連邦政府の財政の概要 ここから本文です連邦政府の財政の概要アメリカ経済を知る! 第13回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー第11回では大統領制と連邦議会について、第12回では三大教書について説明をしてきました。今回は、連邦政府の財政の概要を見ていきます。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、

2014年6月3日参議院★フィードバック数:0社会/政治

震災復興特集です。

立法と調査 353号(平成26年6月2日)

立法と調査 353号(平成26年6月2日)特集:震災復興の加速化に向けて 現状と今後の課題※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点特集 震災復興の加速化に向けて 現状と今後の課題自由論文等国会キーワード<おことわり> 論文等において、意見にわたる部分はであり、執筆者の所属する室・組織の公式的な見解を示すものではありません。なお、執筆者の肩書は、執筆当時のものです。PDFファイルには一部機種依存文字が含まれております。

2014年6月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

基礎的財政収支の黒字化を目指せ

トップレポート・コラム政策分析財政基礎的財政収支の黒字化を目指せ ここから本文です基礎的財政収支の黒字化を目指せ~財政健全化シナリオ再構築の正念場~『大和総研調査季報』 2014年春季号(Vol.14)掲載サマリー財政問題の背景には2度のベビーブームによる人口動態や、死亡率の予想以上の低下がある。また、政府債務と家計金融資産の関係の予測も踏まえると、2020年代に難局を迎える可能性がある。2020年度の基礎的財政収支の黒字化目標を先送りしてはならない。DIR中期予測では、2020年度の基礎的財政

2014年5月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4月全国消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本4月全国消費者物価 ここから本文です4月全国消費者物価消費税率引き上げ分以上に物価が上昇サマリー◆2014年4月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+3.2%と、消費税率引き上げを受けて大幅な上昇となり、市場コンセンサス(同+3.1%)を上回った。4月全国コアCPIの消費税を除くベースの数値を試算すると、前年比+1.4%と前月(同+1.3%)から上昇幅が拡大しており、消費税率引き上げ分以上に、4月のコアCPIは上昇した計算になる。◆5月東京コアC

2014年5月28日大和総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

郊外・環境配慮型データセンターの取組み

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs郊外・環境配慮型データセンターの取組み ここから本文です郊外・環境配慮型データセンターの取組みサマリー◆情報通信産業は我が国の大きな産業であり、ICTを活用した情報システムは社会にとって必要不可欠なものとなっている。情報システムの中心を成す基盤となるデータセンターに、近年、取り巻く環境の変化が見られている。◆これまでデータセンターは東京圏に一極集中して設置されていたが、東日本大震災以降、データセンターは重要な社会インフラであることが再認識

2014年5月27日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

社会的責任投資(SRI)を学ぶ ―「持続可能な社会」に向けて― 第2回

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門社会的責任投資(SRI)を学ぶ —「持続可能な社会」に向けて— 社会的責任投資(SRI)を学ぶ —「持続可能な社会」に向けて— 第2回 ここから本文です社会的責任投資(SRI)を学ぶ —「持続可能な社会」に向けて— 第2回海外のSRI市場サマリー欧米では、機関投資家を中心にSRI市場が拡大しているのに対し、日本におけるSRIは個人向けの商品が中心であり、機関投資家によるSRIは限定的であると指摘されることが多い。そこで、まず世界のSRI市場の規模を概観し

2014年5月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.5)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2014.5) ここから本文です欧州経済アップデート(2014.5)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2014年5月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本4月貿易統計 ここから本文です4月貿易統計輸出数量は2ヶ月ぶりの増加、駆け込みの影響剥落で輸入は急減サマリー◆2014年4月の貿易統計によると、輸出金額が前年比+5.1%と14ヶ月連続の増加となり、市場コンセンサス(同+4.8%)をわずかながら上回った。輸出価格は前年比+3.0%と、上昇幅が前月(同+4.4%)から縮小するなかで、輸出数量が同+2.0%と2ヶ月ぶりに前年を上回った点はポジティブに評価できる。輸出金額を季節調整値で見ても、前月比+0.6%と2ヶ月ぶ

2014年5月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

成長資金獲得に向けたアジアの金融協力

トップレポート・コラム経済分析新興国成長資金獲得に向けたアジアの金融協力 ここから本文です成長資金獲得に向けたアジアの金融協力「守り」から「攻め」の姿勢へサマリー◆アジア通貨危機の反省から生まれたアジア金融協力は、従来、危機の再来を防ぐという「守り」の姿勢が重視されてきた。しかし、最近ではアジア各国の経済成長を念頭に置いた「攻め」に主眼を置いた取組みが徐々に増えてきたようにみえる。◆背景にはアジア各国が外貨準備の積み上げ等で危機への耐性を強化させてきたことや域内への外国投資の促進という意図がある

2014年5月16日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第8回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門見て、聞いて、ちょっと未来を考える見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第8回 ここから本文です見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第8回規制改革は意識改革とともに~つくば市・つくばモビリティロボット実験特区~サマリーつくば市は、2011年3月に「つくばモビリティロボット実験特区」として構造改革特区の認定を受け、搭乗型移動支援ロボットの公道での実験を開始しました。搭乗型移動支援ロボットとは、歩行速度に近いスピードで走行する超小型の乗り物です。工場などで使わ

2014年4月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

配偶者控除の改正で女性の働き方は変わるか

トップレポート・コラム法律・制度税制配偶者控除の改正で女性の働き方は変わるか ここから本文です配偶者控除の改正で女性の働き方は変わるか「103万円の壁」を取り除くために必要なこととはサマリー◆年間の給与収入が「103万円」または「130万円」の範囲に収まるよう就労調整を行っている女性は多く、これが女性の活躍推進を妨げているとされ、「103万円の壁」、「130万円の壁」と言われている。安倍首相は税・社会保障上のこうした問題について見直すよう指示し、2014年4月14日の政府税制調査会において検討が

2014年4月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

SNA中心で見た社会保障(その1)

トップレポート・コラム経済分析日本SNA中心で見た社会保障(その①) ここから本文ですSNA中心で見た社会保障(その①)給付増は高齢化の影響だけではないサマリー◆本稿は、SNA統計を中心にして社会保障を分析したものである。SNAを使うメリットは、今や社会保障が財政悪化の最大の要因となっている中、社会保障と財政・経済との関係を整合的に捉えることができることなどである。しかし、現時点では年齢層別のデータが存在しないなどの制約があるため、他の統計データで補う必要がある。◆具体的な内容としては、財政健全

2014年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

高速道路の大規模更新・修繕とその資金

トップレポート・コラム政策分析地方創生・地方経済高速道路の大規模更新・修繕とその資金 ここから本文です高速道路の大規模更新・修繕とその資金料金徴収は、高速道路の持続性維持に重要サマリー◆高速道路の大規模更新と大規模修繕合計で、全国高速道路網は約3兆200億円、首都高速道路は約6,300億円、阪神高速道路は約3,700億円、本四高速道路は約250億円の概算事業費がかかると見込んでいる。それらを単純合計すると、高速道路網の大規模更新・大規模修繕に約4兆450億円の費用がかかることとなる。◆国交省では

2014年4月21日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

日本経済の見通しです。

日本経済見通し:日銀は物価目標を達成できるか?

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:日銀は物価目標を達成できるか? ここから本文です日本経済見通し:日銀は物価目標を達成できるか?日本経済は緩やかな景気拡大を続ける見通し調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆:今後の日本経済は、①米国経済回復による輸出の持ち直し、②日銀の金融緩和を受けた円安・株高の進行、③消費税増税に伴う経済対策の効果などから、引き続き拡大する見通しである。当社は、実質GDP成長率に関して、2013年度が前年度比+2

2014年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年3月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本3月貿易統計 ここから本文です3月貿易統計輸出数量は一進一退の動きが続くサマリー◆2014年3月の貿易統計によると、輸出金額は前年比+1.8%と13ヶ月連続の増加となった。市場コンセンサス(同+6.5%)を下回り、輸出の低調な推移を表す結果であった。輸出価格は前年比+4.4%と、上昇が続く一方で、輸出数量が同▲2.5%と2ヶ月ぶりに前年を下回ったことが、輸出の押し下げ要因となっている。輸出金額を季節調整値で見ても、前月比▲2.7%と2ヶ月ぶりの減少となった。◆輸

2014年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.4)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2014.4) ここから本文です欧州経済アップデート(2014.4)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2014年4月17日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第739号

第1部 国際収支統計第2部 地域別国際収支統計第3部 対外の貸借第4部 その他第5部 主要国の国際収支統計表中に使用した符号:0=単位未満 −=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字本特集号における計数は,特に説明のない限り,原則として四捨五入による。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2014年4月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(4)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題④ ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題④波及経路Ⅲ:ポートフォリオ・リバランス効果の検証サマリー◆2014年4月4日に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎えた。本稿は、量的・質的金融緩和の成果と課題についてまとめたレポートの第四弾である。本稿では、量的・質的金融緩和の波及経路として企図されている、ポートフォリオ・リバランス効果について分析する。◆現時点では超過準備への付利と政府による国債発行の長期化という要因が、ポートフォリオ・

2014年4月10日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンド拡大に向けたもう一つのC

トップレポート・コラムコラムインバウンド拡大に向けたもう一つのC ここから本文ですインバウンド拡大に向けたもう一つのC2020年の五輪開催に向け、海外からの訪日旅行(インバウンド)拡大が期待されている。日本政府観光局(JNTO)の推計によれば、2013年の訪日旅行者数は、前年比約2百万人(+24.0%)増加し、1964年に統計を開始して以来、初めて1千万人を超えたという(約1千36万人)。訪日旅行者数を国・地域別にみると、韓国、台湾、中国、米国、および香港からの旅行者が多く、これら上位5つの国・

2014年4月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(3)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題③ ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題③波及経路Ⅱ:イールドカーブの押し下げ効果の検証サマリー◆2014年4月4日に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎えた。本稿は、量的・質的金融緩和の成果と課題についてまとめたレポートの第三弾である。本稿では、量的・質的金融緩和の波及経路として企図されている、イールドカーブの押し下げ効果について分析する。◆イールドカーブの押し下げには、量的・質的金融緩和による大規模な国債購入が影響し、大きな成

2014年4月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(2)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題② ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題②波及経路Ⅰ:期待インフレ率の押し上げ効果の検証サマリー◆2014年4月4日に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎えた。本稿は、量的・質的金融緩和の成果と課題についてまとめたレポートの第二弾である。本稿では、量的・質的金融緩和の波及経路として企図されている、期待インフレ率の押し上げ効果について分析する。◆期待インフレ率の動きを見ると、短期的な期待インフレ率には明確な上昇が確認できる一方、中長

2014年4月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(1)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題① ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題①2012年衆議院選挙から量的・質的金融緩和導入までの期待形成の変化サマリー◆2014年4月に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎える。本稿は、量的・質的金融緩和の効果と課題についてまとめたレポートの第一弾である。本稿では、2012年衆議院選挙から量的・質的金融緩和導入までの期待形成の変化について分析する。◆マーケットの短期金利のパスの予想からは、2012年の衆議院選挙の前後で、「時間軸の長

2014年4月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

3月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達3月日銀短観から読み解く企業の資金繰り ここから本文です3月日銀短観から読み解く企業の資金繰り企業金融関連DIは堅調だが、先行きに不透明感サマリー◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2014年3月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIが前回調査と同じ8%pt、金融機関の貸出態度判断DIは前回調査から2%ptプラスの15%ptとなった。業種や企業規模にかかわらず、全般的に改善がみられる。業況判断の改善に伴い

2014年3月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

異次元緩和政策で供給された資金に変化の兆し

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達異次元緩和政策で供給された資金に変化の兆し ここから本文です異次元緩和政策で供給された資金に変化の兆し資金循環統計(2013年10-12月期)サマリー◆日本銀行(以下、日銀)より2013年10-12月期の資金循環統計(速報)が公表された。株価上昇などにより、各主体の金融資産残高は概ね増加した。◆日銀の国債購入は3四半期連続で10兆円台後半の高水準となった。主な売り手は預金取扱機関である。国債売却代金はこれまで日銀当座預金に積み上がって

2014年3月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

欧州経済アップデート(2014.3)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2014.3) ここから本文です欧州経済アップデート(2014.3)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

上場株式の相続税評価額に関する試算

トップレポート・コラム法律・制度税制上場株式の相続税評価額に関する試算 ここから本文です上場株式の相続税評価額に関する試算納税者不利としないためには、時価の70%を評価額とすべきサマリー◆上場株式や株式投資信託の相続時の評価額は、原則として時価により評価される。しかしながら、実際には相続時から相続税の納付期限までの10ヵ月間で株価は大きく変動するケースもある。本稿では、過去30年間の日次の株価指数を用いて検証した。◆相続発生日の株価と相続税納付期限日の株価を比較すると、46%程度の確率で相続発生

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:消費税増税の影響をどう捉えるか?

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:消費税増税の影響をどう捉えるか? ここから本文です日本経済見通し:消費税増税の影響をどう捉えるか?日本経済は緩やかな景気拡大を続ける見通し調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆経済見通しを改訂:2013年10-12月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+2.2%(前回:同+2.3%)、2014年度が同+1.0%(同:同+1.0%)、2015年度

2014年3月17日IPA★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAのまとめです。

2014年版 情報セキュリティ10大脅威

2014年版 情報セキュリティ10大脅威複雑化する情報セキュリティ あなたが直面しているのは? 本資料は、情報セキュリティ分野の研究者、企業などの実務担当者など117名から構成される「10大脅威執筆者会」メンバーの審議・投票によってトップ10を選出し、各脅威についてメンバーの知見や意見を集めて解説したものです。資料は、下記の3章構成となっています。 第1章 セキュリティ脅威の分類と傾向攻撃者の意図・被害者の特性等で脅威を分類し、脅威が高まる社会的背景等を解説しています。第2章 2014年版10大

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貿易収支赤字の要因(2)~空洞化が赤字拡大の主因

トップレポート・コラム経済分析日本貿易収支赤字の要因②~空洞化が赤字拡大の主因 ここから本文です貿易収支赤字の要因②~空洞化が赤字拡大の主因空洞化の影響で貿易収支赤字は7兆円程度拡大サマリー◆2013年の貿易収支は11.5兆円の赤字となり、過去最大の赤字幅を記録した。本レポートは、その要因を分析するレポートの第2弾である。◆貿易収支赤字幅の拡大には様々な要因があるが、筆者は空洞化が赤字幅拡大のもっとも大きな要因であると考えている。リーマン・ショック以降、日本の輸出金額と海外現地法人の売上高の動き

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貿易収支赤字の要因(1)~原発停止で4兆円赤字拡大

トップレポート・コラム経済分析日本貿易収支赤字の要因①~原発停止で4兆円赤字拡大 ここから本文です貿易収支赤字の要因①~原発停止で4兆円赤字拡大原発停止は2013年のエネルギー輸入金額を4兆円程度押し上げサマリー◆2013年の貿易収支は11.5兆円の赤字となり、比較可能な中で過去最大の赤字幅を記録した。本レポートは、その要因を分析するレポートの第1弾である。◆原発が停止してから、火力発電への依存度は急速に高まり、液化天然ガス(LNG)の輸入量が急増した。さらに、LNG調達の急増は、スポット取引の

2014年3月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済成長は貧困削減に役立つか?(2)

トップレポート・コラム経済分析新興国経済成長は貧困削減に役立つか?(2) ここから本文です経済成長は貧困削減に役立つか?(2)-理論と実際-サマリー◆本レポートでは、長らく開発援助の現場およびアカデミクスで議論されてきた、経済成長は貧困削減に役立つのか、成長が所得分配に与える影響をどう考えるのか、そもそも所得格差の是正や貧困削減に資する経済成長とはどのように考えるべきなのかといった問題について、これまでの議論をサーベイ・整理するとともに、特に中国のケースに焦点を充てつつ、実際に経済成長の過程で貧

2014年3月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

安倍政権の成長戦略の要点とその評価

トップレポート・コラム経済分析日本安倍政権の成長戦略の要点とその評価 ここから本文です安倍政権の成長戦略の要点とその評価~三本目の矢は本当に効くのか?~『大和総研調査季報』 2014年新春号(Vol.13)掲載サマリー安倍政権の成長戦略は、全体的に民間活力を活かすような経済構造への転換がうたわれているが、よりその効果を高めるには、企業の参入・退出を促す「競争政策」と異質な知識を融合する「多様な人材の活用」が欠かせず、そのために政府は市場規制・制度をより質の高いものへと改革することが必要だ。例えば

2014年3月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税と低所得者対策

トップレポート・コラム政策分析財政消費税増税と低所得者対策 ここから本文です消費税増税と低所得者対策~求められる消費税の枠内にとどまらない制度設計~『大和総研調査季報』 2014年新春号(Vol.13)掲載サマリー税制抜本改革法で検討が求められている消費税増税時の3つの低所得者対策の選択肢と、それが実現するまでの暫定的な措置について考察する。総合合算制度は再分配政策として理念的には優れているが、議論が進められている気配がほとんどなく、番号法もその実施を想定していないようだ。給付付き税額控除は、そ

2014年2月26日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

企業活動の分析です。

拡大する企業の「投資」

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達拡大する企業の「投資」 ここから本文です拡大する企業の「投資」企業の投資有価証券に対する支出が堅調、ネットで設備投資を上回るサマリー◆大企業のバランスシートに占める投資有価証券の割合が上昇している。上場企業のキャッシュ・フロー計算書を集計したところ、近年、投資有価証券の取得に伴う支出が高水準で推移していることが確認された。◆投資有価証券は企業が政策的に保有する有価証券を指すが、これが増加している主因は、海外子会社・関連会社の設立(取得

2014年2月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.2)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2014.2) ここから本文です欧州経済アップデート(2014.2)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2014年2月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:「賃上げ」と「経常赤字」について検証する

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:「賃上げ」と「経常赤字」について検証する ここから本文です日本経済見通し:「賃上げ」と「経常赤字」について検証する日本経済は緩やかな景気拡大を続ける見通し調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 齋藤 勉 久後 翔太郎 サマリー◆経済見通しを改訂:2013年10-12月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+2.3%(前回:同+2.5%)、2014年度が同+1

2014年2月24日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第7回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門見て、聞いて、ちょっと未来を考える見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第7回 ここから本文です見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第7回複数の視点で評価する~渋谷区立渋谷本町学園・地中熱ヒートポンプ~サマリー井戸水は一年を通して、ほぼ一定の水温を保っていることから、周りの気温と比べると夏は冷たく冬は暖かく感じます。これと同様に、地中の温度も地上と比べると、夏は冷たく冬は暖かいという差が存在します。こうした下水・河川・地中などの温度差エネルギーや工場などか

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ