「執筆者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

次のテーマは道州制?大改革の契機の可能性

トップレポート・コラム政策分析地方創生・地方経済次のテーマは道州制?大改革の契機の可能性 ここから本文です次のテーマは道州制?大改革の契機の可能性道州制導入の今後の論点と影響サマリー◆第二次安倍政権は、経済政策を優先課題として取り組んでいるが、国土強靱化等にある程度目途がついたこともあり、道州制導入推進が次の内政上の大きな課題としてクローズアップされてくる可能性がある。◆道州制に関して、自民党は基本法案の骨子案を提示し、日本維新の会及びみんなの党は基本法案を国会に提出しているが、いずれの案も道州

2014年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第6回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門見て、聞いて、ちょっと未来を考える見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第6回 ここから本文です見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第6回オープンが主体性を育む~千葉市・市民協働型実証実験「ちばレポ」~サマリー最近、オープンデータという言葉をよく見聞きするようになりました。オープンデータとは、民間などで自由に二次利用できるようにコンピュータなどの機械が判読可能な形式で一般公開されたデータを指し、特に政府や自治体などの公的機関の持つ情報をオープンデータにする

2014年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

基礎自治体への期待と不安 第2回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門基礎自治体への期待と不安基礎自治体への期待と不安 第2回 ここから本文です基礎自治体への期待と不安 第2回市町村合併:広くなった基礎自治体サマリー江戸時代までに自然発生的に形成されてきた村や町の数は、全国で7万を超えていたという。明治維新後、近代的な地方自治行政の実施に向け、行政基盤を整備すべく行われた、いわゆる「明治の大合併」は、戸数300~500を標準として進められ、市町村はおよそ1万6千に集約された。また、戦後、地方自治制度の強化を目的として実施さ

2014年2月19日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

中期予測です。

アベノミクスの2年目の評価と課題

トップレポート・コラム経済分析日本アベノミクスの2年目の評価と課題 ここから本文ですアベノミクスの2年目の評価と課題日本経済中期予測(2014年2月)第2章サマリー◆消費者物価上昇率が2%に届かない中、日銀による金融緩和は基本的に継続されると見込んでいる。金利の抑制効果を通じて国内景気を押し上げるとみられるが、その効果は限定的であろう。金融政策だけでインフレ目標を実現することは難しく、合わせて成長戦略の実行が必要である。◆安倍政権の成長戦略の評価はB(良)の下くらいである。成長率を高めるために必

2014年2月19日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

中期予測です。

今後10年の世界経済と日本経済

トップレポート・コラム経済分析経済予測今後10年の世界経済と日本経済 ここから本文です今後10年の世界経済と日本経済日本経済中期予測(2014年2月)第1章サマリー◆米国の底堅い成長が見込まれるなか、メインとなるリスク要因は、予測期間中盤に想定される先進国の金融政策の変更であり、新興国経済は大きな影響を受ける可能性がある。一方で、米国・欧州ともに個別の構造問題を抱えており、注視する必要があるだろう。◆今後10年間の日本の実質経済成長率は年平均1.5%の見込みだが、前半・後半でややパターンが異なる

2014年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2014年2月)解説資料

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済中期予測(2014年2月)解説資料 ここから本文です日本経済中期予測(2014年2月)解説資料牽引役不在の世界経済で試される日本の改革への本気度サマリーこのコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩

2014年2月6日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

今後10年間の予測です。

今後10年間の為替レートの見通し

トップレポート・コラム経済分析日本今後10年間の為替レートの見通し ここから本文です今後10年間の為替レートの見通し5年程度の円安期間を経て再び円高へ。3つの円高リスクに注意。サマリー◆2014年2月5日、大和総研では「日本経済中期予測(2014年2月)—牽引役不在の世界経済で試される日本の改革への本気度」を発表した。本稿では、同予測における為替レートの見通しについて、要因分解を用いながら整理しつつ、代替的なリスクシナリオについても考察し、リスクシミュレーションを行った。◆日米のインフレ格差が継

2014年2月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

円安・海外回復で輸出が伸びない5つの理由

トップレポート・コラム経済分析日本円安・海外回復で輸出が伸びない5つの理由 ここから本文です円安・海外回復で輸出が伸びない5つの理由過度の悲観は禁物。しかし短期と長期は慎重に。サマリー◆円安と海外経済の拡大が同時並行する中にありながら、輸出数量の伸びは振るわない。本稿ではその背景を探り、輸出数量増加のための条件を検証するとともに、日本経済への影響を整理する。◆円安と海外経済の回復が並行する中で輸出数量が伸びない理由としては、①輸出先の設備稼働率の水準が低いこと、②日本企業のPricing to

2014年2月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

設備投資循環から探る世界の景気循環

トップレポート・コラム経済分析日本設備投資循環から探る世界の景気循環 ここから本文です設備投資循環から探る世界の景気循環期待利潤回復、不確実性低下、低金利の下で拡大局面へサマリー◆本稿では、世界全体および主要各国・地域の景気循環を見通す上で重要な決定要因となる設備投資に焦点を当て、現時点での循環局面を判断するとともに、今後10年間の景気循環の姿を探る。◆これまでの設備投資の抑制要因となってきた米国発の金融危機や欧州の債務問題、日本の震災などに伴う期待利潤の低下や不確実性の高まりといった要因が、政

2014年2月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済成長は貧困削減に役立つか?(1)

トップレポート・コラム経済分析新興国経済成長は貧困削減に役立つか?(1) ここから本文です経済成長は貧困削減に役立つか?(1)-理論と実際-サマリー◆本レポートでは、長らく開発援助の現場およびアカデミクスで議論されてきた、経済成長は貧困削減に役立つのか、成長が所得分配に与える影響をどう考えるのか、そもそも所得格差の是正や貧困削減に資する経済成長とはどのように考えるべきなのかといった問題について、これまでの議論をサーベイ・整理するとともに、特に中国のケースに焦点を充てつつ、実際に経済成長の過程で貧

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国の家計金融資産の現状と経験

トップレポート・コラム金融資本市場分析資産運用・投資主体米国の家計金融資産の現状と経験 ここから本文です米国の家計金融資産の現状と経験投資信託が米国家計に普及・浸透している要因サマリー◆2013年7-9月期の米国の資金循環統計(“Flow of Funds”<FRB>)によると、同年9月末における米国家計の金融資産残高は63.9兆ドルである。◆米国家計の金融資産残高の構成を長期的にみると、4つの特徴点があげられる。第一に、総金融資産に占める現金・預金の残高ウェイトの低下。第二に、保険・年金準備金

2014年1月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する

トップレポート・コラム法律・制度税制年収1,000万円前後の層に負担増が集中する ここから本文です年収1,000万円前後の層に負担増が集中する平成26年度税制改正大綱(所得税)と家計関連の予算の解説サマリー◆本稿は「平成26年度税制改正大綱」(以下、大綱)のうち所得税に関連する事項と平成25年度補正予算案・平成26年度予算案の家計に関連する事項について解説する。◆大綱では、現在245万円である所得税の給与所得控除の上限を、平成28(2016)年分の所得税から230万円に、平成29(2017)年分

2014年1月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

先進国向け与信は回復、新興国向け与信は選別へ

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達先進国向け与信は回復、新興国向け与信は選別へ ここから本文です先進国向け与信は回復、新興国向け与信は選別へBIS報告銀行による国際与信残高統計サマリー◆2013年9月末の国際与信残高は25兆4,308億ドルと前期差+4,089億ドル(前期比+1.6%)で4四半期ぶりの増加となった。◆与信側(銀行側)からみると、前期と比べて欧州の銀行、邦銀、米銀共に与信残高を増加させた。最も大きく増加したのは欧州の銀行である。◆与信受入側では、前期に比

2014年1月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

今春から本格化する社会保障制度改革

トップレポート・コラム政策分析社会保障今春から本格化する社会保障制度改革 ここから本文です今春から本格化する社会保障制度改革真の意味での社会保障・税一体改革の姿を示すべきサマリー◆2013年12月に社会保障改革プログラム法が成立し、施行された。今後は2014~15年の通常国会で個別の法案が審議されることになる。また同法は、内閣に社会保障制度改革推進本部と社会保障制度改革推進会議を設置することを定めている。国民会議では定量的な議論が乏しかったため、推進会議の発足後は定量的な把握や、制度の持続可能性

2014年1月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.1)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2014.1) ここから本文です欧州経済アップデート(2014.1)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2014年1月24日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

欧州上場企業役員の4割を女性に~指令案採択が近づく

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州上場企業役員の4割を女性に~指令案採択が近づく ここから本文です欧州上場企業役員の4割を女性に~指令案採択が近づく企業の役員レベルにおける女性の進出促進には法規制は必要悪ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー◆欧州の上場企業を対象に、2020年までに非常勤取締役員の4割を女性が占めることを義務付ける指令案を欧州議会が採択した。欧州委員会による指令案の発表から1年余り、「ガラスの天井」を壊すための法的拘束力を伴う施策が

2014年1月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

基礎自治体への期待と不安 第1回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門基礎自治体への期待と不安基礎自治体への期待と不安 第1回 ここから本文です基礎自治体への期待と不安 第1回地方分権改革:国から地方へサマリー日本の地方自治制度は、明治維新の新政府による廃藩置県、戸籍法制定、市制町村制の実施等に始まり、第二次世界大戦後には、新憲法制定に伴い、それまでの中央集権制度を改め、地方の自主性や自立性を高める方向にあるといえよう。しかし、「三割自治」という言葉に象徴されるように、地方自治体の裁量範囲が限られていることや国の関与が引き

2014年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 強いドイツ、弱いフランス

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 強いドイツ、弱いフランス ここから本文です欧州経済見通し 強いドイツ、弱いフランス金融市場の波乱要因に注意サマリー◆ユーロ圏では企業と消費者の景況感が改善している一方、それが実体経済上の数値の回復になかなか反映されない状態が半年近く続いていたが、11月の鉱工業生産と小売売上高は前月比で大きく伸び、前年比でもプラスの伸びを回復した。続く12月の景況感も総じて改善傾向にあり、2014年のユーロ圏が緩やかな景気持ち直しを続けるとの予想を支持する動きとな

2014年1月17日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第4回 余剰と時間差の有効活用~東京都・葛西給水所~

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門見て、聞いて、ちょっと未来を考える見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第4回 ここから本文です見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第4回余剰と時間差の有効活用~東京都・葛西給水所~サマリー水道水は、ダム-河川-浄水場(飲める水になるように処理)-給水所を通って、ビルや家庭などの利用者に届きます。ただし、浄水場や給水所が利用者のいる場所より低い場合は水が自然に流れないため、ポンプを使って圧力をかけて配水・給水を行っています。水力発電は、水の落ちる勢いという

2014年1月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

世界との繋がりを示す国際収支統計

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!世界との繋がりを示す国際収支統計 ここから本文です世界との繋がりを示す国際収支統計アメリカ経済を知る! 第9回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー国際収支統計とは、一定期間における国の国際取引を記録した統計です。言わば複式簿記のようなものであり、国際収支統計によって、個人や企業、政府機関を含めた、一国と他国との投資や財・サービスの取引が分かります。国際収支統計は、国際通貨基金(IMF:Internation

2014年1月8日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

2014年、「貯蓄から投資へ」の扉は開くか!?

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方2014年、「貯蓄から投資へ」の扉は開くか!? ここから本文です2014年、「貯蓄から投資へ」の扉は開くか!?おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第12回(最終回)調査本部 執行役員 調査本部副本部長 兼 金融調査部長 保志 泰 サマリーこのシリーズでは、資金循環統計を手掛かりに、様々な切り口からおカネの流れの“現実”を見てきました。最終回は、少し理想を交えた“将来”を考え

2013年12月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日米欧で企業へのおカネの流れは異なるのか

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方日米欧で企業へのおカネの流れは異なるのか ここから本文です日米欧で企業へのおカネの流れは異なるのかおカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第11回サマリー前回は日本と海外の間のおカネの流れについて説明しました。今回は日本・米国・欧州(ユーロ圏)を比べることで、日本のおカネの流れの特徴を解説します。とりわけ、企業にまつわるおカネの流れに焦点を当てたいと思います。このコンテンツの著

2013年12月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス効果でマネー積極化の胎動?

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達アベノミクス効果でマネー積極化の胎動? ここから本文ですアベノミクス効果でマネー積極化の胎動?資金循環統計(2013年7-9月期)調査本部 執行役員 調査本部副本部長 兼 金融調査部長 保志 泰 島津 洋隆 菅谷 幸一 サマリー◆日本銀行より2013年7-9月期の資金循環統計(速報)が公表された。アベノミクスを受けた株価上昇や長期金利の低下による債券の時価上昇を背景に、各主体の金融資産残高は軒並み増加した。◆2013年4月決定の「量的

2013年12月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2013.12)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2013.12) ここから本文です欧州経済アップデート(2013.12)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および

2013年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年の日本経済見通し

トップレポート・コラム経済分析経済予測2014年の日本経済見通し ここから本文です2014年の日本経済見通し「経済の好循環」は本当に起きるのか?調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 齋藤 勉 久後 翔太郎 サマリー◆経済見通しを改訂:2013年7-9月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+2.5%(前回:同+2.6%)、2014年度が同+1.0%(同:同+1.0%)である。2013年7-9月期の経済成長率が

2013年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2014年の欧州経済見通し

トップレポート・コラム経済分析欧州2014年の欧州経済見通し ここから本文です2014年の欧州経済見通し低成長&低インフレで金融政策は緩和継続サマリー◆2014年のユーロ圏経済は2013年半ばに始まった緩やかな景気の持ち直しが継続するとみている。GDP成長率は2013年の-0.4%(推定値)から2014年は+0.9%へ転じると予想する。景気回復を牽引するのは内外需の回復が見込まれるドイツで、これに中東欧諸国や、オランダ、ベルギー、オーストリアなどドイツの近隣諸国が追随しよう。一方、スペイン、イタ

2013年12月18日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

対外資産、負債のレポートです。

世界一の純資産国、日本。その実態は!?

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方世界一の純資産国、日本。その実態は!? ここから本文です世界一の純資産国、日本。その実態は!?おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第10回サマリー前回、株式を中心としたお金の流れについて紹介しました。今回は、日本と海外の間のお金の流れを資金循環統計などから明らかにしたいと思います。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は

2013年12月16日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

EUの雇用保護規制と労働市場政策

トップレポート・コラム経済分析欧州EUの雇用保護規制と労働市場政策 ここから本文ですEUの雇用保護規制と労働市場政策「解雇を防ぐ」のではなく、「平等待遇の原則」の達成を目指すサマリー◆日本では雇用のあり方を見直す気運が高まっている。そして、比較対象として、また日本が今後進むべき方向にある国として、欧州諸国が注目されている。このレポートでは、特にEUの雇用保護規制や労働市場政策の特徴についてまとめてみたい。◆EU加盟国で労働市場の状況が大きく異なるため、加盟国すべてに一律に課せられるEUの雇用保護

2013年12月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

株式は誰のもの?

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方株式は誰のもの? ここから本文です株式は誰のもの?おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第9回サマリー前回、中央銀行(日本銀行)を巡るお金の流れについて説明しました。今回のテーマは「株式」です。普段、日経平均など株価の推移に関する報道を目にすることも多いかと思います。資金循環統計からは、誰がどれだけの株式を保有し、売買しているのか、について知ることができます。なお、資金循環統

2013年12月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

物価は経済の体温計

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!物価は経済の体温計 ここから本文です物価は経済の体温計アメリカ経済を知る! 第8回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー消費者が購入する商品やサービスの価格は常に変動しており、日常生活と密接な関係があります。たとえば、ガソリンの値段が下がれば、値段が下がったことで余ったお金を他の消費に回すこともできます。企業にとっても、原材料の価格が下がれば生産コストが低下するため収益環境の改善につながります。このように、物

2013年12月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

国債保有が膨らむ中央銀行

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方国債保有が膨らむ中央銀行 ここから本文です国債保有が膨らむ中央銀行おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第8回サマリー前回、日本の政府が抱える借金、主に国債を中心としたお金の流れについてについて説明しました。今回は、資金循環統計でも特殊な位置づけにある中央銀行(すなわち日本銀行、以下、日銀)を取り巻くお金の流れについて注目します。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

検討進む日本版スチュワードシップコード

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs検討進む日本版スチュワードシップコード ここから本文です検討進む日本版スチュワードシップコード~機関投資家に何を期待するか?~『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載サマリー企業の持続的な成長をサポートするために、機関投資家と投資先企業との対話を深めることを促進する機関投資家向け行動原則の策定が進んでいる。これは、英国のスチュワードシップコードを模範とするものである。英国スチュワードシップコードは、適用対象となる機関投資

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国金融政策の変化が世界経済に与えるもの

トップレポート・コラム経済分析米国米国金融政策の変化が世界経済に与えるもの ここから本文です米国金融政策の変化が世界経済に与えるもの『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載サマリー米国連邦準備理事会(FRB)はゼロ金利制約に直面して以来、量的緩和とフォワードガイダンスにより金融緩和を継続してきた。しかしバーナンキ議長が量的緩和の規模を縮小し、終了する可能性に言及して以来、この効果は剥落に向かっている。米国金融政策の変調は、国際的な流動性供給の縮小や、国際的裁定を通じた要求収益率

2013年11月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

経済に循環を生む設備投資

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!経済に循環を生む設備投資 ここから本文です経済に循環を生む設備投資アメリカ経済を知る! 第7回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー企業の生産活動に関係の深い設備投資は、個人消費と同様にアメリカ経済を見る上で非常に重要なポイントです。2012年の実質GDPにおける設備投資の割合は12%程度と大きくありませんが、老朽化した生産設備を更新するため設備投資は循環的な動きを示し、アメリカ経済の景気循環を形成する一つの

2013年11月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

国の借金1,000兆円。誰が貸している?

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方国の借金1,000兆円。誰が貸している? ここから本文です国の借金1,000兆円。誰が貸している?おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第7回サマリー前回は企業をテーマとして、お金のやりくりを見ました。今回は政府について見てみることにします。日本の政府の借金は1,000兆円規模となっていますが、このお金は一体どこからきているのでしょうか。このコンテンツの著作権は、株式会社大和

2013年11月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2013.11)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2013.11) ここから本文です欧州経済アップデート(2013.11)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および

2013年11月22日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第1回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門見て、聞いて、ちょっと未来を考える見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第1回 ここから本文です見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第1回下水と電力の関係~葛西水再生センター~サマリー下水道は、家庭や工場から排出された汚水を処理することで、快適な生活環境を確保し水質を保全しています。また、雨を速やかに排除して街を浸水させない役割もあります。主な施設は、下水道管、下水道管から汚水を汲み上げるポンプ所、水再生センターの3つです。今回は、東京都江戸川区にある「葛

2013年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し よちよち歩きの景気回復

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し よちよち歩きの景気回復 ここから本文です欧州経済見通し よちよち歩きの景気回復ECB、BOEは揃って緩和的な金融政策の長期化を表明サマリー◆ユーロ圏経済は4-6月期に7四半期ぶりの前期比プラス成長となったあと、7-9月期も同+0.1%とかろうじてプラス成長となった。7-9月期は内需中心の回復で、外需は貢献しなかったと推測されるが、牽引役のドイツで輸出向け受注が改善してきており、今後は輸出の持ち直しが期待される。一方、ユーロ圏の雇用情勢はいまだ改善

2013年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

企業は本当にお金を溜め込んでいるのか

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方企業は本当にお金を溜め込んでいるのか ここから本文です企業は本当にお金を溜め込んでいるのかおカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第6回サマリー前回は銀行がどのような役割を果たしているのか、預金をどのように運用しているのかを説明しました。今回は「企業(民間非金融法人企業)」がテーマです。企業が事業を行う上で、工場を建てたり、従業員を雇ったり、設備を揃えたり、様々な場面でお金が必

2013年11月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

企業の景況感を表すISM指数

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!企業の景況感を表すISM指数 ここから本文です企業の景況感を表すISM指数アメリカ経済を知る! 第6回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー企業の景況感を知るための経済指標はいくつかありますが、代表的なものとして、非営利団体の全米供給管理協会(ISM :Institute for Supply Management)が発表するISM指数が挙げられます。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著

2013年11月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

銀行はキューピッド!?

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方銀行はキューピッド!? ここから本文です銀行はキューピッド!?おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第5回サマリー前回は、保険会社を巡るおカネの流れについて説明しました。今回は、銀行の経済での役割と銀行を巡るおカネの流れに注目します。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転

2013年11月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

デフレ懸念に先手を打ったECB

トップレポート・コラム経済分析欧州デフレ懸念に先手を打ったECB ここから本文ですデフレ懸念に先手を打ったECB0.25%の利下げ実施で過去最低の政策金利水準にサマリー◆ECB(欧州中央銀行)は市場予想に反して11月7日の金融政策理事会で利下げを決めた。主要オペ金利は0.25%引き下げ、過去最低の0.25%となる。また、EONIA(翌日物市場金利)の上限である限界貸出金利も0.25%引き下げて0.75%とした。一方、下限金利の中央銀行預金金利は0%で据え置き、マイナス金利への移行は見送られた。同

2013年11月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

代表的な2つの住宅価格指数

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!代表的な2つの住宅価格指数 ここから本文です代表的な2つの住宅価格指数アメリカ経済を知る! 第5回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー住宅は人々にとって一生で最も高額な買い物であり、最大の財産となり得ます。そのため、住宅価格の変動は、住宅を所有している人にとっても、住宅をこれから購入する人にとっても、常に気になるものです。第4回では住宅市場を住宅建設や販売から見ました。そこで、今回は価格面に注目します。この

2013年11月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

表情が変わる保険会社のお金

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方表情が変わる保険会社のお金 ここから本文です表情が変わる保険会社のお金おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第4回サマリー前回、日本の年金を通じてどのようにおカネが流れているのかということについて説明しました。今回は、保険会社を巡るおカネの流れについて注目します。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年金は金融資産ですか?

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方年金は金融資産ですか? ここから本文です年金は金融資産ですか?おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第3回サマリー前回は「資金循環統計」とはどういうものであり、そこからどのようなことを読みとることができるかについて説明しました。今回は、「年金」という主体に注目します。年金のおカネがどのように流れているのかということと、年金制度と資金循環統計の関係について説明します。このコンテ

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカンドリームを表す住宅市場

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!アメリカンドリームを表す住宅市場 ここから本文ですアメリカンドリームを表す住宅市場アメリカ経済を知る! 第4回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリーアメリカンドリームとは何でしょう?アメリカでは、住宅を所有することもアメリカンドリームの一つと言われてきました。人々にとって住宅は一生で最も高額な買い物であり、最大の財産になり得ます。アメリカ経済においては、2012年の実質GDPに占める住宅投資の割合が3%程度と

2013年10月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

所得拡大税制の恩恵を受けられる企業とは?

トップレポート・コラム法律・制度税制所得拡大税制の恩恵を受けられる企業とは? ここから本文です所得拡大税制の恩恵を受けられる企業とは?「民間投資活性化等のための税制改正大綱」の解説その2サマリー◆平成25年10月1日、自由民主党および公明党は「民間投資活性化等のための税制改正大綱」(以下、大綱)を発表した。本稿では、大綱のうち、所得拡大促進税制について解説する。◆大綱では、所得拡大促進税制の適用期限を2年延長するとしている。また、適用要件のうち基準事業年度(通常の3月決算法人は、平成24年度)比

2013年10月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国の資金流出の影響と銀行の動向

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達新興国の資金流出の影響と銀行の動向 ここから本文です新興国の資金流出の影響と銀行の動向BIS報告銀行による国際与信残高統計サマリー◆2013年6月末の国際与信残高は25兆164億ドルと前期(2013年3月末)に比べ▲2,174億ドル(前期比▲0.9%)と、僅かな減少となった。特徴的なのは新興国向けが前期に比べ▲1,106億ドル(同▲2.2%)と、4四半期ぶりに減少したことである。◆国別では成長率低下、経常赤字、高インフレ率等のいずれか

2013年10月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

お金の流れの地図=資金循環統計とは?

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方お金の流れの地図=資金循環統計とは? ここから本文ですお金の流れの地図=資金循環統計とは?おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第2回サマリー前回、「資金循環統計」を用いて、日本の家計が1,600兆円に近い金融資産を持っていて、どのような中身かを紹介しました。これと同時に、家計の金融資産がどこに流れているのかについても簡単に触れました。資金循環統計とは、日本のお金の流れを表し

2013年10月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2013.10)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2013.10) ここから本文です欧州経済アップデート(2013.10)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ