「執筆者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年10月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国の成長鈍化はなぜか?

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国の成長鈍化はなぜか? ここから本文です新興国の成長鈍化はなぜか?中国の趨勢成長率鈍化のインパクトサマリー◆最近の新興国悲観論には行き過ぎの面もあるが、中期的な成長率に対する慎重な見方が増えていることには相応の根拠がある。実際、2000年代の「新興国ブーム」は出来過ぎであり、その再現の可能性は低い。◆「ブーム」期の特徴は、新興国全体の経常収支の黒字拡大と投資主導型高成長が並存したことである。それを可能にしたのが、資源・一次産品価格の上昇、そして中国の高成長

2013年10月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 動き出した主役たち

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 動き出した主役たち ここから本文です欧州経済見通し 動き出した主役たちユーロ圏の自動車産業、英国の住宅建設に回復の動きサマリー◆ユーロ圏経済は4-6月期に7四半期ぶりの前期比プラス成長となったが、その後も企業と消費者の景況感改善が継続しており、7-9月期もプラス成長となったと推測される。ただ、7月と8月の輸出、鉱工業生産、小売売上高の持ち直しは遅々としており、年後半の景気回復ペースはかなり緩やかなものとなろう。◆8月のユーロ圏の鉱工業生産の内訳で

2013年10月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

個人消費を動かす消費者マインド アメリカ経済を知る! 第3回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!個人消費を動かす消費者マインド ここから本文です個人消費を動かす消費者マインドアメリカ経済を知る! 第3回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー第1回では、個人消費に影響を与える労働市場の状況を捉えるために、雇用統計の見方について説明しました。今回は、個人消費に影響を与えるもう一つの重要な要因として消費者マインドについて見てみます。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案

2013年10月16日大和総研★フィードバック数:0大型消費/投資

金融資産についての調査データです。

日本人一人当たり1,250万円の資産?!

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方日本人一人当たり1,250万円の資産?! ここから本文です日本人一人当たり1,250万円の資産?!おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第1回サマリーこのシリーズでは、日本のお金の流れをわかりやすく解き明かしていきたいと思います。この際、手掛かりとして資金循環統計という統計を用いていきます。資金循環統計とは何なのかは次回説明しますが、一言でいえば、お金の流れを包括的に表した地

2013年10月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治

これで社会保障制度改革は十分か

トップレポート・コラム政策分析社会保障これで社会保障制度改革は十分か ここから本文ですこれで社会保障制度改革は十分か「木を見て森を見ず」とならないよう財政健全化と整合的な改革をサマリー◆社会保障制度改革国民会議が提出した報告書の内容に沿って、政策の実施時期や法案提出のタイミングなどを記述したプログラム法案の骨子が2013年8月21日に閣議決定された。同骨子を概観すると、医療・介護分野について重点的に取り上げられており、関連法案が2014~15年度の通常国会に提出され、2014~17年度の間に多く

2013年10月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

小売売上から個人消費を見よう

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!小売売上から個人消費を見よう ここから本文です小売売上から個人消費を見ようアメリカ経済を知る! 第2回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリーアメリカのGDPの約7割を占め、経済全体の動向を左右する個人消費の動向は、小売売上高を通じて、ある程度把握することができます。当月の速報値は翌月中旬に発表され、データ公表のタイミングが早いため、特に注目されます。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作

2013年10月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

9月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達9月日銀短観から読み解く企業の資金繰り ここから本文です9月日銀短観から読み解く企業の資金繰り企業金融関連DIは引き続き改善サマリー◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2013年9月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIが前回調査から1%ptプラス、金融機関の貸出態度判断DIが1%ptプラスとなった。業種や企業規模にかかわらず、全般的に改善がみられる。◆背景としては、業況判断の改善に伴い、企業の資金繰りも

2013年10月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済を知る! 第 1 回 カギ握る雇用統計

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!カギ握る雇用統計 ここから本文ですカギ握る雇用統計アメリカ経済を知る! 第1回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー本連載では、アメリカ経済を見る上で重要な経済指標、政策、社会制度をご紹介することで、アメリカを身近に感じて頂けたら幸いです。グラフなどを用いてわかりやすくお伝えできるよう心がけます。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必

2013年9月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

異次元緩和で資金フローは変化したか

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達異次元緩和で資金フローは変化したか ここから本文です異次元緩和で資金フローは変化したか資金循環統計(2013年4-6月期) 島津 洋隆 菅谷 幸一ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐 サマリー◆日本銀行より2013年4-6月期の資金循環統計が公表された。2013年4月に決定された「量的・質的金融緩和」(いわゆる異次元緩和政策)がいかなる影響を及ぼしたかが注目された。想定通り、中央銀行の国債残高の大幅増加と、対照

2013年9月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

来春の消費税増税後の焦点

トップレポート・コラム経済分析日本来春の消費税増税後の焦点 ここから本文です来春の消費税増税後の焦点逆進性の問題にどう対処すべきかサマリー◆政府は2014年4月の消費税増税を予定通りに実施する方向で最終調整に入った模様である。安倍首相は10月上旬に増税実施の最終判断を行う見込みであるが、法律通りの増税スケジュールが変更される可能性は低い。社会保障制度の持続性を高め、財政健全化を進めるための消費税増税ではあるが、増税である以上は景気の悪化は避けられない。問題は景気がどの程度悪化するかである。201

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 景況感改善が道しるべ

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 景況感改善が道しるべ ここから本文です欧州経済見通し 景況感改善が道しるべユーロ圏では「ドイツとその仲間たち」が先行回復へサマリー◆4-6月期のユーロ圏経済は7四半期ぶりに前期比プラス成長となった。個人消費、政府消費、固定資本形成、輸出が揃ってプラス成長となったことが成長に貢献した。企業と消費者の景況感改善が9月まで続いており、今後も景気回復が継続すると見込むが、7月の鉱工業生産は前月比-1.5%と落ち込み、輸出や小売売上高の持ち直しも遅々として

2013年9月20日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

増税の影響を検討しています。

消費税増税と消費者マインド・物価予想

トップレポート・コラム経済分析日本消費税増税と消費者マインド・物価予想 ここから本文です消費税増税と消費者マインド・物価予想過去も駆け込みと反動減の反面、増税前にマインドが低迷し増税後に改善、物価上昇予想にも増税は影響サマリー◆最近消費者マインドの低下を示す指標が表れているが、1989年の消費税導入時や1997年の税率引上げ時の状況を見ると、消費税導入・税率引上げ前には景気動向とは逆に消費者マインドが悪化した一方、駆け込み需要が発生した。導入・引上げ後は、直後に消費自体は反動減が生じたものの、消

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2013.9)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2013.9) ここから本文です欧州経済アップデート(2013.9)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2013年9月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「貯蓄から投資へ」は投信から進む

トップレポート・コラム金融資本市場分析資産運用・投資主体「貯蓄から投資へ」は投信から進む ここから本文です「貯蓄から投資へ」は投信から進む「軽減税率」終了の影響は限定的、NISA導入の効果に期待ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐 サマリー◆家計の「貯蓄から投資へ」は進展しているのであろうか。本稿では家計金融資産の動向に関して資金流入の進む投資信託を中心に分析するとともに、今後「貯蓄から投資へ」が進展する可能性について論じる。◆家計の金融資産売買動向を見ると、2013年以

2013年9月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

QE3縮小後の金利・為替・世界経済(前編)

トップレポート・コラム経済分析日本QE3縮小後の金利・為替・世界経済(前編) ここから本文ですQE3縮小後の金利・為替・世界経済(前編)シミュレーションに基づく定量的分析サマリー◆米国連邦準備理事会(FRB)はゼロ金利制約に直面して以来、資産買取り等の非伝統的政策手段とフォワードガイダンスを通じた時間軸効果により、金融緩和を継続してきた。しかしバーナンキ議長が13年内に資産買入れ規模の縮小を開始し、14年中頃に買入れを終了する可能性に言及して以来、この効果は剥落に向かっている。結果、市場予想の変

2013年9月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税が経済に与える影響

トップレポート・コラム経済分析日本消費税増税が経済に与える影響 ここから本文です消費税増税が経済に与える影響現行法通りの増税実施が最適。小刻みな引き上げは非現実的。サマリー◆2013年4-6月期のGDP一次速報は堅調な景気拡大を裏付けるものであった。この結果を受けて、大和総研では予定通り2014年4月に消費税率が5%から8%に、2015年10月に8%から10%に引き上げられると考えている。本レポートでは、2回の消費税増税が日本経済に与える影響をどのように想定しているか、そして、消費税率引き上げの

2013年9月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税の可否を検証する

トップレポート・コラム経済分析日本消費税増税の可否を検証する ここから本文です消費税増税の可否を検証する1997年とは大きく異なる経済環境が消費税増税の下地にサマリー◆8月12日に公表された2013年4-6月期GDP一次速報は前期比+2.6%と3四半期連続のプラス成長となった。国内経済が極めて堅調に推移していると判断できる結果であったと言えよう。◆消費税増税1年前の経済が強いことだけで消費税増税の環境が整ったと判断すると、1997年4月の消費税増税も正当化されることになる。しかし、1997年には

2013年9月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシアは苦境を脱するのか

トップレポート・コラム経済分析新興国インドネシアは苦境を脱するのか ここから本文ですインドネシアは苦境を脱するのか利上げは金融市場の安定にポジティブ。危機への耐性は高いサマリー◆株・債券および通貨のトリプル安が続く中、8月29日、インドネシア中銀は緊急金融政策決定会合を開き、政策金利を50bps引上げ、7.0%とした。◆今回のトリプル安は、経済成長率の低下、経常赤字に米国の量的緩和縮小観測が重なり、市場が過剰に反応し、資金流出につながったことが要因である。◆新興国の中ではインドネシアの資金流出規

2013年8月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費者教育におけるネットリテラシー

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs消費者教育におけるネットリテラシー ここから本文です消費者教育におけるネットリテラシー—消費者市民社会の形成に求められるもの—サマリー◆消費者市民社会とは、消費生活が経済社会に大きな影響を与えることを消費者が自覚して、公正かつ持続可能な社会の形成に積極的に参画する社会である。◆高度情報化の進展でネットを利用した取引が大きく増加しており、以前にも増してネットリテラシー・ネットモラルの向上が求められている。◆マルチステークホルダーで構成される

2013年8月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

設備投資の停滞を打開したい

トップレポート・コラムコラム設備投資の停滞を打開したい ここから本文です設備投資の停滞を打開したい4-6月期のGDP成長率は、日本経済が消費税率引き上げに耐え得る状態に近づいているかどうかを推し量る意味で注目された。結果は、前期比年率+2.6%と、3四半期連続のプラス成長となったが、予想外に低かったという印象は否めない。それでも新興国の減速など外部環境が必ずしも万全ではない中で、円安にサポートされた輸出が健闘したと評価できる。問題はやはり内需にあって、個人消費は堅調に推移したが、民間設備投資は6

2013年8月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2013.8)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2013.8) ここから本文です欧州経済アップデート(2013.8)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2013年8月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

混乱が続くエジプト情勢

トップレポート・コラム経済分析新興国混乱が続くエジプト情勢 ここから本文です混乱が続くエジプト情勢高騰する原油価格、冷静な株式市場ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー◆エジプト情勢の混乱に収束の糸口が見えない。8月14日、軍事クーデターを起こした暫定政権は、首都カイロで抗議活動を行っていたモルシ前大統領支持者を中心としたムスリム同胞団(イスラム主義勢力)に対し、武力による強制排除を行った。この衝突により、カイロのみならずアレキサンドリアなど地中海沿岸都

2013年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 動き始めた景気回復

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 動き始めた景気回復 ここから本文です欧州経済見通し 動き始めた景気回復個人消費が牽引して4-6月期成長率はユーロ圏、英国ともに上振れサマリー◆ユーロ圏の4-6月期GDP成長率は前期比+0.3%(年率換算+1.1%)と予想を上振れした。内訳は未発表だが、7四半期ぶりのプラス成長には個人消費と政府消費が貢献したと推測される。背景には、失業懸念後退と景気・所得見通し改善を理由とする消費者マインドの持ち直しが存在する。7月の新車登録台数が前年比プラスの伸

2013年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税の環境は整ったか?

トップレポート・コラム経済分析経済予測消費税増税の環境は整ったか? ここから本文です消費税増税の環境は整ったか?1997年当時と比べ内需は堅調。中国などの海外経済に一抹の不安調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 齋藤 勉 サマリー◆経済見通しを改訂:2013年4-6月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+3.0%(前回:同+3.1%)、2014年度が同+1.2%(同:同+0.7%)である。今回から前提条件と

2013年8月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN銀行セクターの自由化・統合の取組み

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達ASEAN銀行セクターの自由化・統合の取組み ここから本文ですASEAN銀行セクターの自由化・統合の取組み道のりは長いが、後発ASEAN の銀行セクター発展には必要な取組みサマリー◆ASEAN は経済共同体構築の一つの取組みとして、銀行セクターの自由化・統合の取組み(各国の規制の緩和・調和化等)を計画・実施している。◆周知のように、ASEAN は経済発展度合い、産業構造が多様であるため、金融セクターの発展度合いも一様ではない。共通の特

2013年8月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

入門 欧州経済 第7回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門入門 欧州経済入門 欧州経済 第7回 ここから本文です入門 欧州経済 第7回欧州委員会 経済予測サマリーEUの行政執行機関である欧州委員会は、定期的に“European Economic Forecast”という経済予測を発表しています。これは、欧州委員会の経済・金融総局(Economic and Financial Affairs; ECFIN)が主にEU、ユーロ圏、EU加盟各国について、実質GDP成長率、インフレ率、失業率などの見通しを示したもので、

2013年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

入門 欧州経済 第6回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門入門 欧州経済入門 欧州経済 第6回 ここから本文です入門 欧州経済 第6回Ifo景況感指数とZEW景況感指数サマリー今回は、ユーロ圏最大の経済規模を持つドイツの景気の先行きをみる上で重要なデータである、Ifo景況感指数(Ifo Business Climate Index)とZEW景況感指数(ZEW Indicator of Economic Sentiment)についてご説明します。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、

2013年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税等の家計への影響試算

トップレポート・コラム法律・制度税制消費税増税等の家計への影響試算 ここから本文です消費税増税等の家計への影響試算2011年から2016年までの家計の実質可処分所得の推移を試算サマリー◆消費税率の引き上げ等の税・社会保障の制度改正を踏まえ、世帯構成ごとに、2011年から2016年までの家計の姿をシミュレーションした。◆消費税率の引き上げはどの世帯も一定率の負担増となるが、世帯構成によって2011年から2013年にかけての負担増の内容は異なる。このため、これまでと比べ、負担増のペースが急になる世帯

2013年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC:QE3早期縮小観測を牽制、次の展開へ

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC:QE3早期縮小観測を牽制、次の展開へ ここから本文ですFOMC:QE3早期縮小観測を牽制、次の展開へQE3終了後のゼロ金利解除時期を見越した市場との対話が始まるサマリー◆7月30日から31日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では現行の金融政策を維持。事実上のゼロ金利政策と、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)の買い入れ規模の継続が決まった。◆声明文では、米国経済の現状評価がやや慎重になった。懸念材料として、これまでの財政問題に加え、住宅ローン

2013年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカGDP:逆風のわりには民需が堅調

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカGDP:逆風のわりには民需が堅調 ここから本文ですアメリカGDP:逆風のわりには民需が堅調2013年4-6月期の実質GDP成長率は1.7%増サマリー◆2013年4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率1.7%増となり、2011年4-6月期から続くプラス成長を維持した。推計方法の変更などにより従来の見え方と異なるが、財政問題など懸念材料があったわりには、民需の拡大により緩やかな改善が続いた印象。◆歳出の強制削減などの影響で鈍化が懸念されていた個人消費は、雇

2013年7月26日大和総研フィードバック数:1社会/政治

成長の期待されるアジア向け国際与信が増加

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達成長の期待されるアジア向け国際与信が増加 ここから本文です成長の期待されるアジア向け国際与信が増加BIS 報告銀行による国際与信残高統計サマリー◆2013年3月末の国際与信残高は25兆2,367億ドルと前期(2012年12月末)に比べ▲1,994億ドル(前期比▲0.8%)となり、僅かな減少となったものの、水準はほぼ横ばい。主要先進国の中銀による金融緩和の姿勢維持等が金融市場の安心感につながったためと思われる。◆与信側(銀行側)からみる

2013年7月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

入門 欧州経済 第5回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門入門 欧州経済入門 欧州経済 第5回 ここから本文です入門 欧州経済 第5回ECBの欧州危機への対応サマリー欧州中央銀行(European Central Bank; ECB)は、現在欧州が陥っている「欧州危機」に対して様々な対策を行っています。欧州危機の起源はパリバ・ショックと呼ばれる出来事です。それ以降、ECBは従来の金融政策に加えて、非伝統的な金融政策を導入しています。非伝統的政策とは、金融危機や財政危機によって健全な銀行ですら資金調達が難しくなっ

2013年7月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2013.7)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2013.7) ここから本文です欧州経済アップデート(2013.7)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2013年7月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

入門 欧州経済 第4回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門入門 欧州経済入門 欧州経済 第4回 ここから本文です入門 欧州経済 第4回欧州中央銀行(ECB)とはサマリー欧州中央銀行(European Central Bank; ECB)とは、単一通貨ユーロを採用しているユーロ圏の金融政策を担う中央銀行のことで、EUの主要機関の一つです。本稿ではECBの概要をご紹介します。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない

2013年7月16日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

中国短期金融市場の混乱収束。第二幕に備えよ

トップレポート・コラム経済分析中国中国短期金融市場の混乱収束。第二幕に備えよ ここから本文です中国短期金融市場の混乱収束。第二幕に備えよサマリー◆6月中旬の上海銀行間取引金利(SHIBOR)の急騰は、リスクが高いと目される資金調達の急増や金融秩序の乱れに対する金融当局の不快感を表明し、金融秩序の回復を促すためであったと考えられる。しかし、6月24日には上海総合株価指数が前日比5.3%の急落を演じた。金融秩序の回復に向けた措置が、金融・資本市場の混乱を招いたのである。これを受けて、中国人民銀行が短

2013年7月10日大和総研フィードバック数:2社会/政治海外

「新興国危機」は本当か?

トップレポート・コラム経済分析新興国「新興国危機」は本当か? ここから本文です「新興国危機」は本当か?通貨戦争はなかった。従って逆流もないサマリー◆リスク・オフが沈静化し、新興国通貨の下落も止まっているが、米国をはじめとした先進国の超金融緩和からの転換がどのような副作用を及ぼし、世界経済がそれをどう乗り切っていくかは、今後、数年にわたって重要なテーマであり続けよう。◆ただし、それが新興国危機を引き起こすというのは行き過ぎた懸念である。一つには、リーマン・ショック後の激動の時期を、連鎖的な資金繰り

2013年7月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

入門 欧州経済 第2回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門入門 欧州経済入門 欧州経済 第2回 ここから本文です入門 欧州経済 第2回EUとユーロ圏サマリー皆さんは欧州へ旅行に行った経験があるでしょうか? 日本の旅行者に人気の高い欧州の国々(フランス、イタリア、スペイン、ドイツなど)では、国が異なっても「ユーロ」という通貨が使用でき、驚いたことはないでしょうか。しかし、例えばユーロスターでパリからロンドンへ移動してみて、「英国ではユーロが使えない!?」と慌てて為替の両替をした経験はないでしょうか?同じ欧州の国々

2013年7月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

6月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達6月日銀短観から読み解く企業の資金繰り ここから本文です6月日銀短観から読み解く企業の資金繰り企業金融関連のDIは総じて改善、金利先高感が強まるサマリー◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2013年6月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIは前回調査から2%ptプラス、金融機関の貸出態度判断DIは1%ptプラス、借入金利水準判断DIは7%ptプラスとなった。業種や企業規模にかかわらず、全般的に改善している

2013年7月2日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

みんなの年金について考えよう 第2回

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門みんなの年金について考えようみんなの年金について考えよう 第2回 ここから本文ですみんなの年金について考えよう 第2回年金制度の保険料の仕組みサマリー前回は、年金制度の全体イメージを確認する中で、公的年金制度は、賦課方式の仕組みであるため、保険料は年金給付のための大切なお金であるということを説明しました。今回は、その保険料の仕組みについて、もう少し具体的に解説しましょう。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳

2013年6月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

入門 欧州経済 第1回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門入門 欧州経済入門 欧州経済 第1回 ここから本文です入門 欧州経済 第1回EU成立の経緯サマリー欧州連合(European Union;EU)とは、欧州連合条約により設立された地域統合体で、2013年6月現在加盟国は27か国に及んでいます。2012年の名目GDPは米国と同程度で日本の2.8倍、人口は米国の1.6倍で日本の3.9倍の規模を誇ります。これほどまでに多くの国が参加する地域統合は他に類を見ません。欧州の歴史を振り返ってみると、二度の世界大戦をは

2013年6月26日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

中国:目的は金融秩序回復、結果は市場が混乱

トップレポート・コラム経済分析中国中国:目的は金融秩序回復、結果は市場が混乱 ここから本文です中国:目的は金融秩序回復、結果は市場が混乱上海銀行間取引金利(SHIBOR)急騰の背景サマリー◆6月20日にかけて上海銀行間取引金利(SHIBOR)が急騰した。金融当局は、銀行システム以外で調達された資金が、貸出リスクの高い中小企業や期待収益率の低いプロジェクト、不動産に向かっていることに懸念を持っていた。中国人民銀行がオペレーションによって資金を供給し、金利低下を促すことは可能であり、それを敢えてしな

2013年6月26日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

静かに広がる水のリスク 第7回(最終回)

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門静かに広がる水のリスク静かに広がる水のリスク 第7回(最終回) ここから本文です静かに広がる水のリスク 第7回(最終回)水のこれからサマリー水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また、地球温暖化などが降

2013年6月25日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

アベノミクスの鍵を握る賃金の行方

トップレポート・コラム経済分析日本アベノミクスの鍵を握る賃金の行方 ここから本文ですアベノミクスの鍵を握る賃金の行方所定内給与の増加に向けた構造改革が不可欠サマリー◆デフレからの脱却を目指して、「3本の矢」による経済政策を進める安倍政権は、同時に賃金の上昇を目指している。安倍首相は経済団体に対して賃上げを要求し、一部の企業がそれに呼応するように給与の引き上げを検討したこともあり、賃金動向が注目されている。◆日本では1990年代後半以降賃金が減少傾向にある。賃金の内訳をみると、特別給与と所定内給与

2013年6月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

資金循環統計 2013年1-3月期

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達資金循環統計 2013年1-3月期 ここから本文です資金循環統計 2013年1-3月期株高・円安により金融資産残高が大幅増加調査本部 執行役員 調査本部副本部長 兼 金融調査部長 保志 泰 島津 洋隆ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐 サマリー◆日本銀行より2013年1-3月期の資金循環統計が公表された。◆前期(2012年10-12月期)と比べ、株式や対外証券投資などの資産価格が大きく上昇しており、大半の部門

2013年6月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2013.6)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2013.6) ここから本文です欧州経済アップデート(2013.6)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 外需頼みが続くユーロ圏

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 外需頼みが続くユーロ圏 ここから本文です欧州経済見通し 外需頼みが続くユーロ圏英国では住宅販売業者の景況判断が一段と改善サマリー◆ユーロ圏経済は2013年1-3月期まで6四半期連続で前期比マイナス成長となり、特に最近2四半期は輸出と投資の落ち込みが目立った。ただ、月次統計では2月以降、輸出と生産に持ち直しの動きが出てきている。中国などエマージング諸国の景気回復の足取りは鈍いが、米国経済は堅調で、世界経済も徐々に回復してくると見込まれる。ユーロ圏経

2013年6月13日大和総研フィードバック数:3社会/政治海外

英国のエンジェル税制導入の効果

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達英国のエンジェル税制導入の効果 ここから本文です英国のエンジェル税制導入の効果日本においてもエンジェル投資促進の議論をサマリー◆エクイティ型クラウド・ファンディングの活用が進む英国であるが、個人投資家が起業段階のベンチャー企業への投資を支える仕組みとして、エンジェル税制が整備されている。◆英国はエンジェル税制の導入によって、投資家の裾野が広げられた可能性がある。◆日本においても投資額にほぼ相当する金額が所得控除できるなどのエンジェル税

2013年6月4日大和総研フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギーの地産他消に求められる合意形成 最終回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門再生可能エネルギーの地産他消に求められる合意形成再生可能エネルギーの地産他消に求められる合意形成 最終回 ここから本文です再生可能エネルギーの地産他消に求められる合意形成 最終回地域貢献という合意形成に向けてサマリー地域で消費するエネルギーを地域で創る「再生可能エネルギーの地産地消」を目標に掲げる自治体が増えているが、再生可能エネルギー導入には、「コスト」、「規制」、「系統連系」、「合意形成」等の課題がある。中でも、他地域へのエネルギー供給が可能な大規模

2013年6月3日大和総研フィードバック数:1社会/政治

国土強靭化の焦点

トップレポート・コラム政策分析地方創生・地方経済国土強靭化の焦点 ここから本文です国土強靭化の焦点~大規模な更新投資が必要なインフラ群~『大和総研調査季報』 2013年春季号(Vol.10)掲載サマリー自公政権による予算編成では公共投資の増額が注目されている。その基礎理念ともいえる自民党の「国土強靭化」、公明党の「防災・減災ニューディール」は、共に公共投資を志向したものと捉えられるが、単なる新規投資ではなく、維持補修や更新投資を視野に入れた考え方である。足元の予算においては、維持補修や更新投資が

2013年5月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2013.5)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2013.5) ここから本文です欧州経済アップデート(2013.5)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ