「報告書」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年4月9日厚生労働省★フィードバック数:0社会/政治

不妊治療と仕事の両立に関しての調査

平成30年3月16日【照会先】雇用環境・均等局雇用機会均等課課長 堀井 奈津子(代表) 03(5253)1111 (内線7835) 報道関係者各位不妊治療と仕事の両立に関して厚生労働省として初めての調査を実施しました ~「不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的調査事業」の調査結果報告書を公表します~ 厚生労働省では、平成年度に「不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的調査研究事業」の中で、企業および労働者に対しアンケート調査を行い、その結果を報告書にまとめました。 【 

2018年1月18日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年度情報セキュリティに対する意識調査

「2017年度情報セキュリティに対する意識調査」報告書について 掲載日 2017年12月14日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター インターネット(以後、ネット)を介した便利なサービスやコミュニティなどの存在は、我々の生活に密着し、不可欠なものとなっています。しかし、ネットは便利である一方で、匿名性が高いなどの特徴があります。これにより様々な脅威を生み、容易に繋がれることを悪用した手口など、身近なところに危険が潜んでいることを意識する必要があります。本調査はパソコン(以後、

2018年1月5日IPA★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

悪意ある投稿経験者 投稿後の心理の最多は「気がすんだ、すっとした」の35.6%~「2017年度情報セキュリティに対する意識調査」

「2017年度情報セキュリティに対する意識調査」報告書について 掲載日 2017年12月14日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター インターネット(以後、ネット)を介した便利なサービスやコミュニティなどの存在は、我々の生活に密着し、不可欠なものとなっています。しかし、ネットは便利である一方で、匿名性が高いなどの特徴があります。これにより様々な脅威を生み、容易に繋がれることを悪用した手口など、身近なところに危険が潜んでいることを意識する必要があります。本調査はパソコン(以後、

2017年12月22日自由学園フィードバック数:0社会/政治

「U6ファミリー 1,400人アンケート」報告書

「U6ファミリー 1,400人アンケート」報告書

2017年12月18日東京都フィードバック数:0ライフスタイル

磁石の安全な使用に関する調査

ここから本文です。小さな子供が磁石を誤飲する事故が発生しています!磁石の安全な使用に関する調査を実施しました近年、安価で小さく、強力な磁石(マグネット)の普及により、子供が磁石を目にしたり、触れる機会も増え、誤飲等の事故の要因にもなっています。また、複数の磁石や、磁石と金属とを一緒に飲み込んでしまうと、それらが腸を挟んでくっついて、炎症を起こすことで腸に穴を開けてしまう等、重症事故をひき起こすおそれがあります。そこで、東京都では、磁石やその製品(以下、あわせて「磁石製品」といいます。)の誤飲等の

2017年12月13日JPCERT/CCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インシデント調査のための攻撃ツール等の実行痕跡調査に関する報告書(第2版)

インシデント調査のための攻撃ツール等の実行痕跡調査に関する報告書(第2版)

2017年11月13日厚生労働省フィードバック数:0ライフスタイル

肝がんと放射線被ばくに関する医学的知見

平成29年10月27日【照会先】労働基準局補償課補償課長 荻原 俊輔職業病認定対策室長 河西 直人職業病認定対策室長補佐 小島 悟司(代表電話) 03(5253)1111(内線5573、5588)(直通電話) 03(3502)6750 報道関係者各位肝がんと放射線被ばくに関する医学的知見を公表します ~労災請求を受け、国際的な報告や疫学調査報告などを分析・検討して報告書を取りまとめ~  厚生労働省の「電離放射線障害の業務上外に関する検討会」(座長:国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機

2017年10月24日厚生労働省★★フィードバック数:0社会/政治

平成29年版過労死等防止対策白書

このホームページを、英語・中国語・韓国語へ機械的に自動翻訳します。以下の内容をご理解のうえ、ご利用いただきますようお願いします。翻訳対象はページ内に記載されている文字情報となります。画像等で表現する内容は翻訳されません。 機械による自動翻訳のため、必ずしも正確な翻訳であるとは限りません。 翻訳前の日本語ページに比べ、画面の表示に若干時間がかかる場合があります。 過労死等防止対策推進法(平成26年法律第100号)第6条に基づき、国会に毎年報告を行う年次報告書で、過労死等の概要や政府が過

2017年10月14日国税庁フィードバック数:0社会/政治

平成28年度における国税電子申告・納税システム(e-Tax)の利用に関するアンケート

平成28年度における国税電子申告・納税システム(e-Tax)の利用に関するアンケートの実施結果について 国税庁では、国税電子申告・納税システム(e-Tax)を皆様にとって利用しやすいシステムにしていきたいと考えており、 今後のシステム開発や運用等の参考とさせていただくため、e-Taxホームページ及び確定申告書等作成コーナーにおいて、アンケートを実施しております。その結果、平成29年2月から5月にかけて43,674件のご回答をいただきました。アンケートにご協力いただきました皆様には、厚くお礼申し上

2017年8月24日総務省★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ICTが巻き起こす宇宙産業ビッグバン

報道資料ICTが巻き起こす宇宙産業ビッグバン−「宇宙×ICTに関する懇談会」報告書の公表− 総務省は、「宇宙×ICTに関する懇談会」(座長:中須賀 真一 東京大学大学院工学系研究科教授)の報告書を公表します。1 経緯等総務省は、我が国における戦略的な宇宙利用分野のイノベーション創出をめざし、ICTを活用した宇宙利用のイノベーションがもたらす新たな社会像やその実現方策等について、平成28年11月から「宇宙×ICTに関する懇談会」を開催し、検討を行ってきました。「宇宙×ICTに関する懇談会」報告書(

2017年8月4日インプレス★★フィードバック数:0デジタル家電

電子書籍ビジネス調査報告書2017

2016年度の電子書籍市場規模は前年比24.7%増の1,976億円 電子出版市場は5年後に3,500億円市場へと成長 『電子書籍ビジネス調査報告書2017』 7月31日発行 インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、新産業調査レポート『電子書籍ビジネス調査報告書2017』()を2017年7月31日(月)に発売(予約受付中)いたします。本調査は、「通信事業者」「出版社」「電

2017年7月26日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「2016年度 中小企業における情報セキュリティ対策に関する実態調査」報告書

「2016年度 中小企業における情報セキュリティ対策に関する実態調査」報告書について 最終更新日:2017年8月8日 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部セキュリティセンター「2016年度 中小企業における情報セキュリティ対策に関する実態調査」における訪問によるヒアリング調査において収集した情報セキュリティの取り組み等を事例集としてまとめ、ページ下部に掲載します。(なお、内容についてのアンケート募集は終了しました。) 報告書の概要 企業におけるIT化により、業務の効率化、サービスレベルの向上が

2017年7月24日BUSINESS INSIDER JAPANフィードバック数:0マーケティング

どのソーシャルメディアが「信用」できるか

どのソーシャルメディアが「信用」できるか —— BI Intelligence調査データプライバシー保護の観点で、最も信用できると評価されたのはSnapchatだ。BIフェイク・ニュースが蔓延し、自社の広告メッセージと不快なコンテンツが結び付けられるのを嫌った多くの企業が大手パブリッシャーから手を引いている。そんな時代に、「信用」は企業がデジタル広告戦略を見直す上で、極めて重要な要素だ。ユーザーの利益を、そのメディアがどれだけ守り、伸ばすことができるのか。「デジタル時代の信用(digital t

2017年5月15日福岡市フィードバック数:0社会/政治

平成28年度市政アンケート調査

平成28年度市政アンケート調査 結果報告書について  福岡市では、本市の施策や事業の推進の参考とするとともに、市民の市政への関心や理解を深めていただくことを目的に、市政アンケート調査を実施しています。平成28年度も約600人の市民の方に市政アンケート調査員にご就任いただき、計6回の調査を実施しました。今回、調査結果を「平成28年度市政アンケート調査結果報告書」、事業の担当課が調査結果をどのように活用しているのかを「調査結果活用状況」としてまとめています。なお、詳しいデータ等のお問い合わせは、報告

2017年5月12日調布市フィードバック数:0社会/政治

平成28年度調布市民福祉ニーズ調査

平成28年度調布市民福祉ニーズ調査結果市民福祉ニーズ調査は、市民の生活実態や地域福祉に対する意識や意見を把握するために3年に一度実施しています。報告書は、「アンケート調査の結果」、「地域別住民懇談会」での意見などを分析して、市内4地域ごとに地域の課題をまとめるとともに、調査対象者別の課題をまとめています。アンケート調査調査期間平成28年10月11日(火曜日)から平成28年10月27日(木曜日)まで調査対象市民、高齢者、障害のある方(18歳以上、18歳未満)調査の一覧調布市民の福祉意識と地域生活に

2017年4月18日浦安市フィードバック数:0社会/政治

浦安市障がい福祉に関するアンケート調査結果報告書

浦安市障がい福祉に関するアンケート調査結果報告書市では、障がいのある方が自らの能力を最大限に発揮し、自己実現できるために、市が取り組むべき障がい者施策の基本的な方向を定める「浦安市障がい者福祉計画(令和3年度から令和5年度)」を策定する基礎資料とするため、障がいのある方の生活の状況やご意見、お考えを伺うアンケート調査と、障がい福祉サービスを提供する事業者の方の状況やご意見、お考えを伺うアンケート調査を実施しました。アンケート調査にご協力いただき、ありがとうございました。このページが参考になったか

2017年3月14日東京商工会議所フィードバック数:0ビジネス

中小企業の経営課題に関するアンケート

「中小企業の経営課題に関するアンケート結果」について 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、中小企業委員会(大久保秀夫副会頭、フォーバル会長)において、標記調査結果を取りまとめましたのでお知らせします。本調査は、中小企業が抱える経営課題を、「売上」「事業コスト」「経営資源」の視点から検証したものです。また、中小企業経営者の高齢化に伴い「事業承継」が喫緊の課題となっていることから、事業承継の現状と課題について併せて調査しました。 【収益状況】 (報告書P8)・「黒字」「収支トントン」で併せて9割弱が

2016年12月29日IPA★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年度情報セキュリティに対する意識調査

「2016年度情報セキュリティに対する意識調査」報告書について 掲載日 2016年12月20日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター インターネットサービスの拡充、普及に伴い、一般利用者はネットで容易に繋がり、交流することが可能になり、ネットは日常生活に不可欠な存在となっています。その一方で、現実社会のトラブルはネットに潜行し、被害者の低年齢化や脅威、トラブルが可視化されにくい状況を生み出しています。本調査は2005年から毎年、パソコンおよびスマートデバイス(SD)利用者を対

2016年12月10日ディーバフィードバック数:0ビジネス

BEPS対応状況調査レポート

HOMEニュースディーバ、上場企業 100社超のBEPS対応状況を独自に集計した「BEPS対応状況調査レポート」を公開ディーバ、上場企業 100社超のBEPS対応状況を独自に集計した「BEPS対応状況調査レポート」を公開企業マネジメントの生産性を革新するアバントグループにおいて、グループ経営管理高度化のための連結会計システム及び、経営管理・資金管理ソリューション、アウトソーシングサービスを提供する株式会社ディーバ(本社:東京都港区、社長:森川 徹治、以下ディーバ)は、上場企業100社超のBEPS

2016年10月17日日本レコード協会★フィードバック数:0エンタテインメント

2016年度CDレンタル店調査

2016年度CDレンタル店調査 まとまる2016.10.11当協会は、2016年度CDレンタル店実態調査を実施し、報告書としてとりまとめました。()この『CDレンタル店調査報告書』は、2016年4月1日から6月30日の期間に当協会調査員が全国のCDレンタル店901店を対象に訪店調査(店舗規模・業態を勘案したサンプル調査方式)した結果をまとめたものです。その結果によると、1店舗あたりの平均在庫枚数は、対前年比3.2%増の20,484枚となっています。また、1店舗あたりの在庫枚数が15,000枚以上

2016年10月3日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成28年度埼玉県政世論調査(中間報告・速報)

ここから本文です。平成28年度県政世論調査平成28年度埼玉県政世論調査の結果について県では、平成28年7月8日(金曜日)から31日(日曜日)までの間、県内にお住まいの満18歳以上の男女3,000人を対象に、県政世論調査を実施しました。調査項目は、毎年度行っている「生活意識」「日常生活」「県政への要望」のほか、課題調査として「スポーツ振興」「認知症」「水道の利用」の3つのテーマを取り上げました。なお、報告書については、本ホームページのほか、県各地域振興センター・事務所や各県立図書館でも閲覧できます

2016年8月18日東京都★★フィードバック数:0モバイル

スマートフォンの安全性に関する調査

ここから本文です。スマートフォンの安全性に関する調査を実施しました東京都では、都内在住の10代以上の男女1,005人を対象としたアンケート調査等により、スマートフォンの安全性に関する調査を実施しました。その結果をお知らせします。1 調査結果使用中や充電中に発熱!中にはやけどをした人も! 充電中には発煙発火も!(報告書P.5~10) こんな使い方で発熱しています充電しながら寝たら端末が腕の下にあり、発熱しやけどした。充電しながら携帯を使っていたら高熱になり、指をやけどし皮がむけた。充電中のスマート

2016年7月4日JPCERT/CCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インシデント調査のための攻撃ツール等の実行痕跡調査に関する報告書

インシデント調査のための攻撃ツール等の実行痕跡調査に関する報告書 近年のサイバー攻撃では、マルウエアに感染したマシンを侵入の起点として、他のマシンへの感染拡大や、内部サーバへの侵入など、組織内の至るところを侵害する事例が多く確認されています。こうした事案においては調査対象ポイントが多数になるので、それらを重大な事象を見落とすことなく迅速に調査して、できる限り正確に被害の全体像を掌握し、善後策の立案に必要な事実を収集するための手立てが求められています。一方、攻撃対象であるネットワークの構成は組織

2016年6月15日生命保険協会★フィードバック数:0大型消費/投資

生命保険協会 SR報告書 2016

ウェブサイトをリニューアルいたしました。3秒後に自動的にトップページへ転送されます。転送されない場合は、こちら をクリックしてください。

2016年4月26日三重県フィードバック数:0社会/政治

「犯罪から県民を守るアクションプログラム(仮称)」に係る県民意識調査

「犯罪から県民を守るアクションプログラム(仮称)」に係る県民意識調査結果を公表します県は、「犯罪のない安全で安心な三重のまちづくり条例」の規定により、犯罪のない安全で安心なまちづくりに関する総合的な施策を策定・実施する責務を有していること、また、第10次三重県交通安全計画に基づく諸施策の推進により、交通事故のない安全・安心な社会の実現を図っていくことなどから、平成28年中を目途に、「犯罪から県民を守るアクションプログラム(仮称)」を策定することとしています。今回、その策定にあたり、治安等に関する

2016年3月16日産業能率大学フィードバック数:0ビジネス

第3回上場企業の課長に関する実態調査

最近の調査報告書本学では、企業活動やマネジメントを中心とした調査活動も手がけ、逐次報告書にまとめています。最近の調査報告書をご紹介します。*各調査報告書のページで結果概要と全文のPDFファイルをご覧いただけます。(一部を除く)

2016年3月15日東京商工会議所★フィードバック数:0ビジネス

中小企業の経営課題に関するアンケート

「中小企業の経営課題に関するアンケート結果」について 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、中小企業委員会(石井卓爾委員長、三和電気工業株式会社社長)において、標記調査結果を取りまとめましたのでお知らせします。本調査は、中小企業の経営状況や課題、設備投資の動向などに加え、「TPPへの期待」や「軽減税率導入への課題」などを調査したものです。 【収益状況】 (報告書P8)・「黒字」「収支トントン」で併せて8割が採算を確保しているが、規模や業種によって大きなが差がみられ、[建設業]では7割が「黒字」であ

2016年3月12日IPAフィードバック数:0ビジネス

「ソフトウェア識別管理に向けた分析事業」報告書

「ソフトウェア識別管理に向けた分析事業」報告書を公開 2016年3月9日公開 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部概要 オープンソースソフトウェア等の脆弱性が公表された際、各事業者においては、これらのソフトウェアが自社の製品やシステムで使用されているかどうかをいち早く把握して対処を図るとともに、顧客等への注意喚起を行う必要がありますが、製品内部で使用されているソフトウェアの把握は容易ではなく、ソフトウェアの管理の重要性が課題となっています。この課題に対応するためには、自社で使用しているシステム

2016年3月8日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」報告書

「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」報告書について 掲載日 2016年3月3日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター近年、組織内部から漏えいした情報により引き起こされるインシデントに関する報道が相次いでいます。例えば内部不正(*1)はその被害額が外部からの攻撃によるものよりも高額な傾向があり(*2)、組織は内部不正を未然に防ぐ必要に迫られています。しかしながら、内部不正は、職務上与えられた権限を使い行われるため、その対策は容易ではありません。IPAでは、20

2016年2月22日山梨県フィードバック数:0社会/政治

平成27年度 山梨県常住人口調査結果報告書

ここから本文です。「平成27年度 山梨県常住人口調査結果報告書」を公表しました各種統計情報は「やまなしの統計」からどうぞ。 統計調査課ホームページ「やまなしの統計」において、 「平成27年度山梨県常住人口調査結果報告書」を公表いたしました。詳細については、下記関連資料のリンクからご覧ください。<お問い合わせ先> 人口労働担当(TEL:055-223-1341) 公表内容に関するお問い合わせは、各調査担当までお願いします。 より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

2016年2月1日金融庁フィードバック数:0社会/政治

「海外におけるヘルスケアリートに関する調査研究」報告書

平成28年1月26日金融庁「海外におけるヘルスケアリートに関する調査研究」報告書の公表について日本におけるヘルスケアリートの普及促進の参考とするため、近年急成長している米国におけるヘルスケアリートの普及要因などの海外におけるヘルスケアリートを取り巻く環境や日本におけるヘルスケアリートに関する諸課題等について、株式会社三井住友トラスト基礎研究所に調査を委託しました。報告書については、別添をご覧ください。なお、当報告書の内容は、金融庁の公式見解を示すものではありません。お問い合わせ先金融庁 Tel 

2016年1月6日金融庁★★フィードバック数:0企業情報システム

2015年 クラウドファンディングに関する調査結果報告書

平成27年12月28日金融庁IOSCOによる「2015年 クラウドファンディングに関する調査結果報告書」の公表についてIOSCO(証券監督者国際機構)は、12月21日、「2015年 クラウドファンディングに関する調査結果報告書」及び「クラウドファンディングの規制に関するステートメント」を公表しました。内容については、以下をご覧ください。お問い合わせ先金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)監督局証券課(内線3819) サイトマップ金融庁/ (法人番号6000012010023) 金融

2015年9月9日産業能率大学フィードバック数:0キャリアとスキル

第6回新入社員のグローバル意識調査

最近の調査報告書本学では、企業活動やマネジメントを中心とした調査活動も手がけ、逐次報告書にまとめています。最近の調査報告書をご紹介します。*各調査報告書のページで結果概要と全文のPDFファイルをご覧いただけます。(一部を除く)

2015年6月25日山形県フィードバック数:0社会/政治

山形県の人口と世帯数(推計)について

ここから本文です。山形県の人口と世帯数(推計)(令和3年10月1日現在)について最新の県内人口と世帯数本県の人口は1,055,398人です。(前月比 △849人)男女別は、男 510,619人 世帯数は399,935世帯です。(前月比△52世帯)移動人口の月別推移月ごと及び県内市町村ごとの人口・世帯数については、以下の表をご覧ください。月ごと及び県内市町村ごとの人口・世帯数一覧 各月報を取りまとめた「山形県の人口と世帯数~山形県社会的移動人口調査結果報告書~」(各年10月1日現在)を年報として刊

2015年6月23日The World Bank Group★フィードバック数:0社会/政治海外

世界銀行のレポートです。

ヨーロッパ・中央アジアで進む高齢化-制御不能の憂慮すべき事態か、それとも黄金時代の到来か

ヨーロッパ・中央アジアで進む高齢化-制御不能の憂慮すべき事態か、それとも黄金時代の到来か 世界銀行の新報告書が高齢化の課題と機会の両面を検証ウィーン、2015年6月17日 – ヨーロッパ・中央アジア地域では広く社会の高齢化が進んでいるが、個人のレベルで見ると、寿命が伸びているというよりも、出生率の低下が、この人口動態上の傾向の大きな要因となっている、と世界銀行グループの新報告書「ヨーロッパ・中央アジアの高齢化:健康で活発かつ裕福な黄金の老齢期」は指摘している。本日オーストリア財務省

2015年6月12日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

通貨及び金融の調節に関する報告書(2015年6月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町2-1-1(所在地) 電話 03-3279-1111(代表)

2015年6月7日総務省★フィードバック数:0キャリアとスキル

IT人材育成についてのレポートです。

「プログラミング人材育成の在り方に関する調査研究」報告書

報道資料「プログラミング人材育成の在り方に関する調査研究」報告書の公表 総務省は、平成26年度に実施した「プログラミング人材育成の在り方に関する調査研究」の結果をこのほど報告書として取りまとめましたので、公表いたします。1 概要近年、プログラミング教育の重要性に関して国際的な認識が高まる中、我が国では、「世界最先端IT国家創造宣言」(平成26年6月24日閣議決定)において、「初等・中等教育段階におけるプログラミングに関する教育の充実に努め、ITに対する興味を育むとともに、ITを活用して多様化する

2015年6月5日白百合女子大学フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年度後期「授業改善のための学生アンケート」結果報告書

2014年度後期「授業改善のための学生アンケート」結果報告書について2015年6月4日 2014年度後期に実施いたしました「授業改善のための学生アンケート」の結果報告書を掲載いたしました。結果報告書には、アンケート結果の全学的な傾向のほか「みなさんの声に応えて」という章で授業担当教員からのコメントやFD推進委員会からのメッセージを掲載しています。ぜひご覧ください。・2014年度後期「授業改善のための学生アンケート」結果報告書・過去の実施分はこちら白百合女子大学FD推進委員会(お問い合わせ先:教務

2015年6月5日総務省フィードバック数:0キャリアとスキル

「地域における高度ICT人材の継続的な育成方策等に係る調査研究」報告書

報道資料「地域における高度ICT人材の継続的な育成方策等に係る調査研究」報告書等の公表総務省は、平成26年度に実施した「地域における高度ICT人材の継続的な育成方策等に係る調査研究」の結果をこのほど報告書として取りまとめましたので、公表いたします。1 概要総務省においては、産業競争力の源泉となるICT人材の育成・確保として、平成24年度から、「実践的ICT人材」を育成する取組を拡大させるための「遠隔地間における実践的ICT人材育成推進事業」を実施してきました。平成26年度の事業では、これまでの高

2015年6月4日厚生労働省フィードバック数:0ライフスタイル

海外における医薬品・医療機器審査制度、審査実態等調査及び分析業務報告書

海外における医薬品・医療機器審査制度、審査実態等調査及び分析業務報告書目的医薬品や医療機器の国際展開を促進するため、海外における医薬品・医療機器審査等を把握し、今後の企画立案等に役立てることを目的としています。概要アジア・中東12カ国(インド、インドネシア、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、アラブ首長国連邦、イラン、カタール、サウジアラビア、トルコ、バーレーン)における医薬品・医療機器審査等の法制度、規制、審査・承認手続き等を取りまとめました。 厚生労働省医政局総務課医療国際

2015年5月31日内閣府★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

内閣府の調査です。

我が国における社会的企業の活動規模に関する調査

我が国における社会的企業の活動規模に関する調査平成27年5月内閣府政策統括官(経済社会システム担当)付参事官(市民活動促進担当)調査の目的平成27年3月に公表された内閣府の「共助社会づくり懇談会」の報告書「共助社会づくりの推進について~新たな『つながり』の構築を目指して~」で示されているように、共助社会の担い手として、ソーシャルビジネスは、新たな需要、雇用、資金循環を生み出すなど、地域の活性化において重要な役割を果たしており、今後一層の成長促進と自立・発展が期待されている。そこで本調査では、調査

2015年5月31日沖縄県フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年度観光土産品トレンド等調査・支援事業報告書

ここから本文です。更新日:2016年7月8日平成26年度観光土産品トレンド等調査・支援事業報告書の掲載について平成26年度に実施しました、観光土産品等トレンド等調査・支援事業の報告書について下記のとおり掲載します。 PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。 より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

2015年5月22日総務省フィードバック数:0社会/政治

「ICT利活用による高齢者の社会参画促進に向けた実証」に関する報告書等

報道資料「ICT利活用による高齢者の社会参画促進に向けた実証」に関する報告書等の公表 総務省は、平成26年度に実施した「ICTシニアコミュニティ形成促進プロジェクト」について、「『ICT利活用による高齢者の社会参画促進に向けた実証』に関する報告書」等としてその結果を取りまとめましたので、公表します。1 概要総務省では、平成26年度に「ICTシニアコミュニティ形成促進プロジェクト」を実施しました。本プロジェクトでは、高齢者がICTの恩恵を享受できるようにするとともに、ICTの積極的な活用による地域

4Kコンテンツについての調査研究です。

4K映像に関する戦略策定報告書

4K映像に関する戦略策定報告書

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度地球温暖化問題等対策調査(地域循環圏形成・高度化等基礎調査事業)報告書

平成26年度地球温暖化問題等対策調査(地域循環圏形成・高度化等基礎調査事業)報告書

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度地球温暖化問題等対策調査(資源循環高度化・効率化事業)報告書

平成26年度地球温暖化問題等対策調査(資源循環高度化・効率化事業)報告書

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度 エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(ポーランド:LED道路灯システム) 成果報告書

平成26年度 エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(ポーランド:LED道路灯システム) 成果報告書

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ