「報告書」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月12日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

地方のポテンシャルを引き出すテレワークやWi-Fi等の活用に関する研究会 報告書

報道資料「地方のポテンシャルを引き出すテレワークやWi-Fi等の活用に関する研究会 報告書」の公表 総務省では、「地方のポテンシャルを引き出すテレワークやWi-Fi等の活用に関する研究会」(座長:須藤修東京大学大学院情報学環教授)を開催してきました。今般、本研究会の報告書が取りまとめられましたので、これを公表します。1 経緯総務省では、平成26年10月28日より「地方のポテンシャルを引き出すテレワークやWi-Fi等の活用に関する研究会」(以下「研究会」といいます。)を開催し、「地方への人の流れを

キャリア教育についての調査データが含まれます。

「キャリア教育」資料集 研究・報告書・手引編 〔平成26年度版〕

「キャリア教育」資料集 研究・報告書・手引編 〔平成26年度版〕 これまで国立教育政策研究所、文部科学省等において出された「キャリア教育」に関連する主な研究の報告書及び手引などをまとめた資料集です。 Ⅰ キャリア教育の新たな方向性Ⅱ これまでのキャリア教育推進関係資料【 文部科学省・国立教育政策研究所 報告書等 】【 新学習指導要領関係 】【 中央教育審議会・教育振興基本計画 】

2015年5月8日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度地球環境国際連携事業(エネルギー・環境技術の世界的なイノベーション促進・普及に向けた動向等調査)報告書

平成26年度地球環境国際連携事業(エネルギー・環境技術の世界的なイノベーション促進・普及に向けた動向等調査)報告書

2015年5月1日連合総研フィードバック数:0キャリアとスキル

これからの「介護労働者の働き方と処遇」を提言する―介護労働者の働き方・処遇に関する調査研究報告書―

詳細 - 報告・研究アーカイブ報告書在庫/貸出し 頒価:1,500円書籍在庫:○ 貸出:可 分類:研究報告書(本研究)2015年4月発行これからの「介護労働者の働き方と処遇」を提言する介護労働者の働き方・処遇に関する調査研究委員会(2015年4月)(構成)主 査今野 浩一郎 学習院大学経済学部教授(執筆)委 員大槻 奈巳聖心女子大学文学部教授北浦 正行公益財団法人日本生産性本部参事堀田 聰子独立行政法人労働政策研究・研修機構(JILPT)雇用戦略部門研究員島卓全国繊維化学食品流通サービス一般労働

2015年5月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26度グリーン貢献量認証制度等基盤整備事業(環境負荷可視化に係る国際動向への対応事業)報告書

平成26度グリーン貢献量認証制度等基盤整備事業(環境負荷可視化に係る国際動向への対応事業)報告書

2015年5月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度グリーン貢献量認証制度等基盤整備事業(持続可能なLCAデータベース運営に向けた調査・検討事業)報告書

平成26年度グリーン貢献量認証制度等基盤整備事業(持続可能なLCAデータベース運営に向けた調査・検討事業)報告書

2015年5月1日経済産業省★フィードバック数:0キャリアとスキル

経産省のレポートです。

平成26年度産業経済研究委託事業(企業における女性の活用及び活躍促進の状況に関する調査)報告書

平成26年度産業経済研究委託事業(企業における女性の活用及び活躍促進の状況に関する調査)報告書

2015年5月1日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度女性の活躍推進のための家事支援サービスに関する調査 報告書

平成26年度女性の活躍推進のための家事支援サービスに関する調査 報告書

2015年5月1日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度 企業におけるダイバーシティ経営の促進に関する実態調査 報告書

平成26年度 企業におけるダイバーシティ経営の促進に関する実態調査 報告書

2015年5月1日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

高齢化についてのレポートです。

「都市における高齢化」報告書

「都市における高齢化」報告書

2015年4月30日福岡市★フィードバック数:0社会/政治

福岡市の調査です。

平成26年度市政アンケート調査

平成26年度市政アンケート調査 結果報告書について  福岡市では,本市の施策や事業の推進の参考とするとともに,市民の市政への関心や理解を深めていただくことを目的に,市政アンケート調査を実施しています。平成26年度も約600人の市民の方に市政アンケート調査員にご就任いただき,計6回の調査を実施しました。今回,調査結果を「平成26年度市政アンケート調査結果報告書」としてまとめましたのでご覧ください。また,各調査結果の活用状況についてもまとめておりますのでご覧ください。なお,詳しいデータ等のお問い合わ

2015年4月29日東京都フィードバック数:0社会/政治

「新たな多摩のビジョン行動戦略」年次報告書2014

「新たな多摩のビジョン行動戦略」年次報告書2014の作成について平成27年4月28日総務局 目指すべき多摩の姿の実現に向け、「新たな多摩のビジョン行動戦略」(平成26年3月策定)に掲げた都事業の着実な推進と、市町村、民間企業など地域で活動する様々な主体間の一層の連携強化を図っていくため、「新たな多摩のビジョン行動戦略」年次報告書2014を作成いたしましたので、お知らせいたします。概要本文「新たな多摩のビジョン行動戦略 年次報告書2014」 ―総論―(PDF形式:2.03MB)「目指すべき多摩の姿

2015年4月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度商取引適正化・製品安全に係る事業(消費生活用製品安全法の技術基準等策定調査等)報告書

平成26年度商取引適正化・製品安全に係る事業(消費生活用製品安全法の技術基準等策定調査等)報告書

2015年4月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度電気施設技術基準国際化調査(電気設備)報告書

平成26年度電気施設技術基準国際化調査(電気設備)報告書

2015年4月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度石油精製業保安対策事業(高圧ガス取扱施設における地震・津波時の対応に関する調査)(1)今後の高圧ガス設備等の耐震対策等の検討(1)高圧ガス設備等耐震設計基準のあり方報告書

平成26年度石油精製業保安対策事業(高圧ガス取扱施設における地震・津波時の対応に関する調査)(1)今後の高圧ガス設備等の耐震対策等の検討(1)高圧ガス設備等耐震設計基準のあり方報告書

2015年4月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策(化学物質の評価手法に関する調査・検討)報告書

平成26年度化学物質安全対策(化学物質の評価手法に関する調査・検討)報告書

2015年4月21日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成26年度総合調査研究 成長戦略の次なる一手に関する調査分析 報告書

平成26年度総合調査研究 成長戦略の次なる一手に関する調査分析 報告書

2015年4月21日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力システム改革がもたらす電力会社の会計への影響に関するディスカッション 最終報告書

電力システム改革がもたらす電力会社の会計への影響に関するディスカッション 最終報告書

2015年4月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度石油精製業保安対策事業(高圧ガスの危険性評価のための調査研究)報告書

平成26年度石油精製業保安対策事業(高圧ガスの危険性評価のための調査研究)報告書

2015年4月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度 未利用エネルギー活用等調査事業(発電用風力設備の落雷対策等に係る安全性確認調査)成果報告書

平成26年度 未利用エネルギー活用等調査事業(発電用風力設備の落雷対策等に係る安全性確認調査)成果報告書

2015年4月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度地球温暖化対策技術普及等推進事業(高効率発電技術の導入によるJCMプロジェクト実現可能性調査)報告書

平成26年度地球温暖化対策技術普及等推進事業(高効率発電技術の導入によるJCMプロジェクト実現可能性調査)報告書

経団連の提言です。

人口減少への対応は待ったなし

トップPolicy(提言・報告書)経済政策、財政・金融、社会保障人口減少への対応は待ったなし Policy(提言・報告書) 経済政策、財政・金融、社会保障 2015年4月14日一般社団法人 日本経済団体連合会(PDF形式)(PDF形式/本文の目次は以下のとおり)Ⅰ.はじめにⅡ.人口問題に関する諸分析1.なぜ日本で人口が減少しているか (1)主因は未婚率の上昇 (2)なぜ未婚化が進んだか (3)晩婚化・晩産化により有配偶出生率も低下のおそれ (4)出産・子育て支援に対する不十分な資源配分 2.

ASEAN中国FTA(ACFTA)及びASEAN日本FTA(AJCEP)の品目別の関税削減効果 調査事業結果 報告書

ASEAN中国FTA(ACFTA)及びASEAN日本FTA(AJCEP)の品目別の関税削減効果 調査事業結果 報告書

2015年4月14日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

営業秘密管理の実態に関する調査研究 報告書

営業秘密管理の実態に関する調査研究 報告書

2015年4月14日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成26年度我が国経済構造に関する競争政策的観点からの調査研究(国際カルテルに関する調査)報告書

平成26年度我が国経済構造に関する競争政策的観点からの調査研究(国際カルテルに関する調査)報告書

2015年4月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度現場保安力維持向上基盤強化事業(現場保安力維持・向上に向けた調査・分析)報告書

平成26年度現場保安力維持向上基盤強化事業(現場保安力維持・向上に向けた調査・分析)報告書

2015年4月12日経済産業省★フィードバック数:0ビジネス

大学発ベンチャーについてのレポートです。

大学発ベンチャーの成長要因を分析するための調査

大学発ベンチャーの成長要因を分析するための調査を取りまとめました 【7月3日発表資料再差し替え】以下の2資料を差し替えました。大学発ベンチャーの成長要因を分析するための調査結果概要(15ページ・本文とグラフの数値、18ページ・表とグラフの数値)平成26年度産業技術調査事業「大学発ベンチャーの成長要因を分析するための調査」報告書(5ページ・本文の数値、40ページ・グラフ(図表23,24)の数値、43ページ・グラフ(図表29)の数値、44~45ページ・表(図表30,31)の数値)経済産業省は、これ

2015年4月12日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

震災以降の節電についての調査です。

家庭における2011~14年夏の節電の実態-東日本大震災以降の定点調査-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注

2015年4月10日大阪府フィードバック数:0ビジネス

競争力強化を目的とした中小企業のM&A ―実践企業のケーススタディ―

国内繊維産地の活性化戦略に関する調査報告書 (資料2015‐1) 昨今、繊維・ファッション市場においては、国内製造業者の高度な加工・製造技術を活かした「Made in Japan」のテキスタイルや製品が、国内外で改めて評価を得ており、さらに「J∞QUALITY認証事業」などのブランド認定制度も展開されるなど、改めて注目を集めています。 一方で、国内繊維産業は、長らく続く海外からの安価な素材や製品の輸入の増加によって、市場シェアは縮小を続けています。国内の繊維産地では事業所の減少などから、地域内で

2015年4月10日大阪府★フィードバック数:0ビジネス

企業分析です。

ベンチャー転換の変容プロセス―大阪の直近20年間上場企業の企業沿革分析―

大阪経済・産業の70年間–輸移出型産業に注目して–(資料No.161) 戦後70年が経過し、人口減少社会に移行しました。こうした状況の下で、大阪経済の大きな転換点を迎えており、今後のあり方を検討していくには、どのように歩んできたかを振り返ることが前提となります。 本報告書では、戦後の大阪経済の動向について、域外需要を獲得できる輸移出型産業に注目して、戦後復興期、高度成長期、安定成長期、バブルとその崩壊、縮小均衡期に分けて分析しています。報道提供資料 報告書 ここまで本文です。

2015年4月10日大阪府★フィードバック数:0ビジネス

海外進出についての調査です。

海外市場で現地化に取組む中小企業 ―中間報告書―

商業集積と地域の連携事例 (資料2015‐4)  近年、商店街などの商業集積において、地域の事業者や住民、学校などと連携して、地域や商店街を盛り上げる動きが見られます。こうしたもののなかから、継続的に連携事業が行われているものを事例として取り上げ、継続している要因等を探ることで、今後の連携事業の展開に際しての一助となることを目的として、『商業集積と地域の連携事例』(資料2015-4)をとりまとめました。 報道提供資料 報告書 ここまで本文です。

競争優位をもたらす組織文化を築く

組織文化およびこれを支えるビヘイビアの変革は、あまりに大きな課題であるように見えることから、他の喫緊の課題が片付くまでは後回しにしておこうという気持ちになってしまいがちです。しかし、焦点を絞ったビヘイビアの変革は、市場での認知度向上や顧客の理解度向上に取り組む際の触媒として機能し、また、目まぐるしく変わる市場環境へ適用する機敏さの源にもなります。本報告書の構成は以下のとおりです。 組織文化の変革へ向けた新たな取り組み未来の金融機関で組織文化が果たす役割組織文化はどうすれば変わるのか競争に勝てる組

2015年4月9日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度グリーン貢献量認証制度等基盤整備事業(J-クレジット制度運営事業) 報告書

平成26年度グリーン貢献量認証制度等基盤整備事業(J-クレジット制度運営事業) 報告書

2015年4月9日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度産業技術調査事業(研究開発事業終了後の実用化状況等に関する追跡調査・追跡評価)報告書

平成26年度産業技術調査事業(研究開発事業終了後の実用化状況等に関する追跡調査・追跡評価)報告書

2015年4月9日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度グリーン貢献量認証制度等基盤整備事業(J-クレジット等活用推進事業)報告書

平成26年度グリーン貢献量認証制度等基盤整備事業(J-クレジット等活用推進事業)報告書

2015年4月8日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策(化学物質管理分野におけるアジア諸国との二国間協力に関する調査)報告書

平成26年度化学物質安全対策(化学物質管理分野におけるアジア諸国との二国間協力に関する調査)報告書

2015年4月8日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策(アジアにおける化学物質管理情報基盤調査)報告書

平成26年度化学物質安全対策(アジアにおける化学物質管理情報基盤調査)報告書

2015年4月8日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度商取引適正化・製品安全に係る事業(製品安全に係る消費者教育推進事業)報告書

平成26年度商取引適正化・製品安全に係る事業(製品安全に係る消費者教育推進事業)報告書

2015年4月8日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策(一般化学物質等届出対応関連調査及び化学物質の管理に係る普及・啓発事業)報告書

平成26年度化学物質安全対策(一般化学物質等届出対応関連調査及び化学物質の管理に係る普及・啓発事業)報告書

2015年4月8日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(特定家庭用機器再商品化法の効果分析等に関する調査)報告書

平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(特定家庭用機器再商品化法の効果分析等に関する調査)報告書

沖縄県のIT人材についてのレポートです。

「高度IT人材育成拠点形成連携推進事業」報告書

「高度IT人材育成拠点形成連携推進事業」報告書

2015年4月3日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成26年度 法定計量国際化機関勧告審議調査等報告書

平成26年度 法定計量国際化機関勧告審議調査等報告書

2015年4月3日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

「データ駆動型イノベーション創出に関する調査事業」報告書

「データ駆動型イノベーション創出に関する調査事業」報告書

2015年4月3日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度経済連携促進のための産業高度化事業(日越産業協力に関する調査研究)報告書

平成26年度経済連携促進のための産業高度化事業(日越産業協力に関する調査研究)報告書

2015年4月3日経済産業省★フィードバック数:0ビジネス

ベンチャー支援についてのレポートです。

平成26年度起業・ベンチャー支援に関する調査 最終報告書

平成26年度起業・ベンチャー支援に関する調査 最終報告書

2015年4月3日総務省フィードバック数:0社会/政治

Lアラートの普及状況

報道資料Lアラートの普及状況 総務省では、災害時における迅速かつ効率的な情報伝達のため、Lアラートの一層の普及・発展に取り組んでおります。平成26年8月にLアラートの「普及加速化パッケージ」を公表したところですが、今般、その進捗状況をとりまとめましたので公表します。1 概要総務省は、平成26年3月から「災害時等の情報伝達の共通基盤の在り方に関する研究会」(座長:山下徹 (株)NTTデータ相談役)を開催し、災害情報を多様なメディアに一斉同報する共通基盤である「Lアラート」の一層の発展に向けて、全国

2015年4月2日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度電力系統関連設備形成等調査事業(電気事業者別CO2排出係数の検討に係る基礎調査)報告書

平成26年度電力系統関連設備形成等調査事業(電気事業者別CO2排出係数の検討に係る基礎調査)報告書

働くことと学ぶことについての調査

概要「働くことと学びについての調査」は、プロジェクト研究・サブテーマ「非正規労働者の態様に応じた能力開発施策に関する調査研究」の一環として、日本人就業者の働き方と能力開発の取り組みの実態を把握し、能力開発を十分に行える社会環境の在り方について検討資料とするために実施されました。本調査シリーズは、この調査の留置調査票の結果を2009年度以降に行う予定の分析に先駆けてとりまとめたものです。2009年度に行う分析では、面接調査票の結果とあわせて分析し、当機構から労働政策研究報告書として刊行される予定

2015年4月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度「膜技術を活用した公害防止対策に関する調査」報告書

平成26年度「膜技術を活用した公害防止対策に関する調査」報告書最終更新日:平成27年3月31日「膜技術を活用した公害防止対策に関する調査」について 環境問題の中でも、大気汚染や水質汚染は全世界的な課題であり、この問題に貢献することは重要なことと言えます。近畿地域において、阪神工業地帯の存在により、かつては大気汚染や水質汚染、騒音・振動被害なども発生していましたが、現在は公害防止に向けた様々な努力が継続されています。当地域の特性としては、地域住民の生活や産業を支えてきたびわ湖・淀川水系を保全すると

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ