調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 増加ペース

「増加ペース」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

貸出・マネタリー統計(17年10月)~投資信託の前年割れが継続

貸出・マネタリー統計(17年10月)~投資信託の前年割れが継続 | ニッセイ基礎研究所 貸出・マネタリー統計(17年10月)~投資信託の前年割れが継続 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 11月9日に発表された貸出・預金動向(速報)によると、10月の銀行貸出(平均残高)の伸び率は前年比2.79%と前月(同2.97%)から低

2015年6月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年内利上げ開始の可能性が高まる

トップレポート・コラム経済分析米国年内利上げ開始の可能性が高まる ここから本文です年内利上げ開始の可能性が高まる2015年5月の米雇用統計:雇用者数の増加ペースが加速サマリー◆5月の非農業部門雇用者数は前月から28.0万人増加した。過去分についても上方修正され、減速していた雇用者数の増加ペースが加速する結果となった。業種別では、天候要因による下押しからの揺り戻しで、企業向けサービス、娯楽・レジャーなどのサービス業で雇用が大幅に増加した。一方、鉱業・林業などでは雇用者数は引き続き減少した。◆失業率

2015年6月4日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

日銀の論文です。

(論文)2014年度の金融市場調節

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2014年度の金融市場調節2015年6月3日日本銀行金融市場局概観2014年度において、日本銀行は、前年度に続き、「量的・質的金融緩和」のもと、長期国債の多額の買入れなど、広範な資産の買入れを通じてマネタリーベースの残高を大きく拡大させるという、極めて強力な金融緩和を進めた。すなわち、日本銀行は2014年10月までの間、2013年4月に導入した「量的・質的金融緩和」のもとでの金融市場調節方針に従って、長期国債や国庫短期

【4月米雇用統計】予想は僅かに下回ったものの、雇用増ペースは再び20万人超に回復

【4月米雇用統計】予想は僅かに下回ったものの、雇用増ペースは再び20万人超に回復。 | ニッセイ基礎研究所 【4月米雇用統計】予想は僅かに下回ったものの、雇用増ペースは再び20万人超に回復。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸びは前月から大幅に加速5月8日、米国労働省(BLS)は4月の雇用統計を公表した

2015年4月6日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:3月雇用統計~雇用増加ペースは減速、賃金上昇ペースは幾分加速

BTMU Focus USA Weekly:3月雇用統計~雇用増加ペースは減速、賃金上昇ペースは幾分加速

2015年4月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

【3月米雇用統計】雇用増加ペースは予想外に大幅鈍化。鈍化が一時的か、今後も継続するか見極めが必要

【3月米雇用統計】雇用増加ペースは予想外に大幅鈍化。鈍化が一時的か、今後も継続するか見極めが必要。 | ニッセイ基礎研究所 【3月米雇用統計】雇用増加ペースは予想外に大幅鈍化。鈍化が一時的か、今後も継続するか見極めが必要。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸びは前月から大幅に鈍化4月3日、米国労働省(B

2015年1月13日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は着実に増加し失業率は低下

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用者数は着実に増加し失業率は低下 ここから本文です米雇用者数は着実に増加し失業率は低下2014年12月の米雇用統計:賃金は低下したが一部の業種では上昇サマリー◆12月の非農業部門雇用者数は前月から25.2万人増加し、過去分も上方修正されて、雇用者数の増加ペースは加速している様子である。失業率は5.6%と前月から0.2%ポイント低下したが、主に労働市場から退出した人が増えたことに因る。◆業種別の雇用動向は、サービス業で主に企業向けサービスと教育・医療で雇用が増

米国の天然ガス生産を牽引する輸出の拡大

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月5日米エネルギー省の予想によると、同国の天然ガスの生産量は、2013、14年はほぼ横ばいながら、15年以降、伸びが高まり、堅調に増加するとみられています。15年以降の生産増加を支える主な要因は輸出で、まずはパイプライン経由でのメキシコ向けが伸びるほか、17年には日本など向けのLNG(液化天然ガス)が加わることから、19年までの5年間は毎年、前年比二桁の高い伸びが予想されています。メキシコは、天然ガスの産出国ながら、国内需要を

2014年12月8日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は大幅に増加

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用者数は大幅に増加 ここから本文です米雇用者数は大幅に増加2014年11月の米雇用統計:インフレ率を押し上げるほどではないサマリー◆11月の非農業部門雇用者数は前月から32.1万人増加し、失業率は前月と同じ5.8%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を大幅に上回り、過去分も上方修正されて、雇用者数の増加ペースは加速している様子である。◆業種別の雇用動向は、サービス業では、主に企業向けサービスと小売で雇用が増えた。非耐久財製造業など、これまで雇用が伸

2014年11月10日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は着実に増加し一部で賃金増える

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用者数は着実に増加し一部で賃金増える ここから本文です米雇用者数は着実に増加し一部で賃金増える2014年10月の米雇用統計:過去分の上方修正で堅調さ維持サマリー◆10月の非農業部門雇用者数は前月から21.4万人増加し、失業率は前月から0.1%ポイント低下して5.8%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を下回ったが、過去分の上方修正によって、20万人以上の雇用増加は9ヵ月続いていることになった。◆業種別の雇用動向は、サービス業では、主にレジャー・娯楽

2014年10月6日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は増加したが賃金は伸び悩み

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用者数は増加したが賃金は伸び悩み ここから本文です米雇用者数は増加したが賃金は伸び悩み2014年9月の米雇用統計:利上げ開始時期を特定できる判断は困難サマリー◆9月の非農業部門雇用者数は前月から24.8万人増加し、失業率は前月から0.2%ポイント低下して5.9%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を上回り、失業率は市場予想よりも低下した。◆業種別の雇用動向は、8月に減少した小売業の雇用者数が増加に転じ、一時的な雇用の減少であったことが確認された。主

【9月米雇用統計】24.8万人と20万人ペースに回復、失業率は予想外に5.9%へ低下

【9月米雇用統計】24.8万人と20万人ペースに回復、失業率は予想外に5.9%へ低下 | ニッセイ基礎研究所 【9月米雇用統計】24.8万人と20万人ペースに回復、失業率は予想外に5.9%へ低下 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:2ヵ月ぶりに月間20万人増加ペースに回復10月3日、米国労働省(BLS)は9月の雇用統計を

2014年9月26日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足についてのレポートです。

人手不足は解消するか?

トップレポート・コラム経済分析日本人手不足は解消するか? ここから本文です人手不足は解消するか?当面、人手不足が成長のボトルネックとなる可能性は低いサマリー◆有効求人倍率が1倍を上回る水準で推移していることにも表れているように、企業では人材確保が困難となり、機会損失の発生や人件費の増加など、人手不足による悪影響が問題となりつつある。本稿では、今回の景気拡大局面(2012年12月~)の動向を中心に、雇用を取り巻く環境を確認し、労働需給の先行きを展望する。また、その上で労働供給不足が経済成長のボトル

2014年9月8日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数の増加幅の鈍化は一時的だろう

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米雇用者数の増加幅の鈍化は一時的だろう2014年8月の米雇用統計:質的には限定的な改善 2014年9月8日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆8月の非農業部門雇用者数は前月から14.2万人増加し、失業率は前月から0.1%ポイント低下して6.1%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を下回り、失業率は市場予想と一致した。◆雇用は、業種別では主に企業向けサービスと教育・医

2014年4月7日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用者数の増加ペースは再び加速

トップレポート・コラム経済分析米国雇用者数の増加ペースは再び加速 ここから本文です雇用者数の増加ペースは再び加速2014年3月の米雇用統計:雇用環境はまだら模様サマリー◆2014年3月の非農業雇用者数は前月差19.2万人増であり、悪天候の影響が和らいで雇用者数の増加ペースは再び加速した。民間部門に限ればリーマン・ショック前の雇用者数を上回ったことから、雇用の量的改善は進んでいる。◆業種別に見ると、製造業の自動車関連など一部に雇用者数の増加幅の縮小が見られたが、前月に減少していた小売業などが増加に

2013年12月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

雇用環境は大幅改善

トップレポート・コラム経済分析米国雇用環境は大幅改善 ここから本文です雇用環境は大幅改善2013年11月の米雇用統計:質的改善の始まりかサマリー◆2013年11月の非農業雇用者数は10月から増加幅が拡大し、2ヵ月連続で前月差20万人台の増加となった。増加ペースの前月差の6ヵ月平均は18万人程度と増加ペースの加速が示された。◆業種別に見ると、民間・サービス部門が引き続き全体の雇用者数増加をけん引。民間・生産部門で増加幅の拡大が続いており、雇用増加の裾野の広がりが示唆される内容であった。また、連邦政

2013年12月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 雇用市場は緩やかに改善(13年11月雇用統計) ~QE3縮小決定には現在の雇用の増加ペースの維持が必要~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年11月7日日本総研フィードバック数:0マーケティング海外

拡大する中国の消費市場

2012年の中国の家計消費支出は2.5兆ドルと日本の1.3倍に拡大した。2015年の支出規模は8兆ドルに達する可能性もある。消費構造の変化も見込まれるなか、サービス消費が特に拡大する見通しである。■拡大する消費市場 近年、中国では人件費が急ピッチで上昇している。これにより、中国の生産拠点としての魅力は低下しつつある(詳しくは、アジア・マンスリー2012年3月号「厳しさを増す中国の加工貿易」を参照)。 もっとも、視点を変えてみると、所得水準の上昇により、消費者の購買力が向上し、消費市場としての魅力

2013年11月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

再び水面下に沈んだ米住宅需要のこれから

トップレポート・コラム経済分析米国再び水面下に沈んだ米住宅需要のこれから ここから本文です再び水面下に沈んだ米住宅需要のこれから供給増により住宅市場は緩やかな回復軌道に復する見込みサマリー◆FRBの融資担当者調査によれば、足下の住宅ローン需要の低下が見られた。新築・中古住宅販売の増勢にも陰りが見られ、住宅市場の腰折れが懸念する見方もある。◆住宅取得可能指数は住宅ローン金利や住宅価格の上昇によって低下している。特に、家計所得の増加ペースが伸び悩む中、住宅価格の上昇ペースが速すぎることが、住宅需要を

2013年10月23日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の量的改善がトーンダウン

トップレポート・コラム経済分析米国雇用の量的改善がトーンダウン ここから本文です雇用の量的改善がトーンダウン2013年9月の米雇用統計: QE3縮小開始の重石サマリー◆2013年9月の非農業雇用者数は8月から増加幅が縮小した。増加ペースの前月差の6ヵ月平均は16万人程度と、雇用の改善ペース鈍化を示す内容であった。◆業種別に見ると、これまで雇用者数の増加を牽引してきた民間・サービス部門で増加ペースの鈍化が見られた。民間・生産部門は自動車を除く耐久財が増加したが、政策不透明感が、雇用増加を抑制してい

2013年9月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の量的改善は鈍化傾向か

トップレポート・コラム経済分析米国雇用の量的改善は鈍化傾向か ここから本文です雇用の量的改善は鈍化傾向か2013年8月の米雇用統計: 金融政策に慎重な判断を求める内容サマリー◆2013年8月の非農業雇用者数は7月から増加幅が拡大した。しかし、過去2ヵ月分のデータが大幅に下方修正されたため、前月差の6ヵ月平均は16万人程度と、雇用の改善ペースが鈍化した可能性がある。◆業種別に見ると、これまで雇用者数の増加を牽引してきた民間サービス部門で増加ペースの鈍化が見られた。また、販売が好調な自動車関連を除く

2013年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 雇用の増加ペース加速も金融政策の変更には不十分(13年4月雇用統計) ~雇用者数は前月差+16.5万人と小幅加速~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ