「売り上げ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年12月12日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

外食関連業者の倒産動向調査(2017年度上半期)

2017/11/9外食関連業者の倒産動向調査(2017年度上半期)外食産業の倒産、2000年度以降で最多〜 小規模事業者の倒産8割 〜はじめに帝国データバンクが11月6日発表した2017年10月の景気DI は、5カ月連続で改善するなど国内景気は回復傾向にある。また、一般社団法人日本フードサービス協会が2017年7月に発表した推計によると、2016年の外食産業市場規模は、約25兆4169億円と前年比0.1%増加。背景には、大手飲食チェーンの堅調な売り上げ推移や訪日外国人の増加(前年比21.8%増、

2017年10月15日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

連続減収「ワースト276社」ランキング

最新!連続減収「ワースト276社」ランキング10年以上、売上高を減らし続けるのは12社 売り上げ減に歯止めをかけられずにいる企業も少なくない(写真:Taka / PIXTA) 東洋経済オンラインは9月26日配信記事で、売り上げを長年にわたって伸ばし続けている「最新!『連続増収トップ195社』ランキング」を掲載した。売り上げをいかに増やしていくかは、企業の成長にとって欠かせない。一方で、思うように売り上げを伸ばせず、逆に減らしてしまうこともある。需要の減退、競争激化、外部環境の変化など、さまざ

2017年10月13日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「連続増収トップ195社」ランキング

最新!「連続増収トップ195社」ランキング1位は31年の加藤産業、2位は30年のニトリ 47都道府県すべてに進出しているニトリ。それでも都心部など、開拓の余地が大きいエリアをまだ残している(撮影:尾形文繁) 企業の業績で基本となるのは、言うまでもなく売り上げ(売上高)だ。商品やサービスの販売など、企業の主たる営業活動によって得た収益である。定款によって定められた事業からの収入であり、ここを継続的に伸ばしていくことが企業経営の基本であり王道だ。だが、いくら優れたビジネスモデルや商材、サービスを

日本長者番付2017

無料会員登録記事の保存・著者のフォロー機能は、 無料会員に登録するとご利用いただけます。 2017/04/06 07:01日本長者番付2017、孫正義が首位奪回 1年で資産6千億円増やす世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版 1位. 孫 正義 (Photo by Koki Nagahama/Getty Images) フォーブスがまとめた今年の日本長者番付では、株式市場の活況が追い風となり、上位50位の4分の3近くが昨年から資産を増加させた。中でも好調だったのが、通信、テクノロジー

2017年3月1日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

過去10年で売上高が減った500社ランキング

過去10年で売上高が減った500社ランキング1位パナソニック1.3兆円減、東芝が2位に 減少を避けられない企業・業種も少なくありません(写真:ワトソン / PIXTA) 東洋経済オンラインは10年前から売り上げを増やした企業を「過去10年で『売上高』が増えたトップ500社」として2月8日配信記事で紹介した。企業の業績で基本となるのは、いうまでもなく売り上げ(売上高)だ。損益計算書のいちばん上に記載される数字であることから、「トップライン」とも呼ばれる。商品やサービスの販売など、企業の主たる営

2017年2月19日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

過去10年で「売上高」が増えたトップ500社

過去10年で「売上高」が増えたトップ500社1位トヨタ7.3兆円増、重厚長大企業目立つ 日本最大の企業でありながら売上高増加額も1位(撮影:梅谷 秀司) 3月期決算企業の第3四半期累計(4~12月)業績の発表が相次いでいる。多くの企業で残り3カ月を経たうえでの着地が見えてくるタイミングだ。企業の業績で基本となるのは、言うまでもなく売り上げ(売上高)だ。損益計算書の一番上に記載される数字であることから、「トップライン」とも呼ばれる。商品やサービスの販売など、企業の主たる営業活動によって得られた

2017年2月19日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

売上高がバツグンに伸びた500社ランキング

売上高がバツグンに伸びた500社ランキング10年前からの増加率、1位グリーは600倍超 1位のグリーはピークから半減しても10年前とは比べものにならない規模に成長(撮影:谷川 真紀子) 上場企業の7割を占める3月期決算企業にとって、この時期は書き入れ時だ。期末に向けて少しでも収益を確保すべく、多くの企業が奔走している。そんな企業の成長を語るうえで、最もわかりやすい数字が売り上げ(売上高)だ。商品やサービスの販売など、企業の主たる営業活動によって得られた収益である。業種・業態によって稼ぎ方はさ

2016年6月16日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

リオおよび東京五輪に対する企業の意識調査

2016/6/14リオおよび東京五輪に対する企業の意識調査東京五輪、企業の34.9%が「プラスの影響」〜 7社に1社が東京五輪で自社商品に期待〜はじめに2016年8月〜9月にかけてブラジルのリオ五輪、2020年には東京五輪が開催される。五輪などのメガスポーツイベントでは、思いもかけないヒット商品が生まれたり、関連する企業・業界に対して業績への影響が表れる。そこで、帝国データバンクは、リオおよび東京五輪による企業への影響について調査を実施した。本調査は、TDB景気動向調査2016年5月調査とともに

2016年2月11日ビートラックスフィードバック数:0マーケティング

400万いいね【統計】1分間にインターネット上で起っている15の事

【統計】1分間にインターネット上で起っている15の事 【統計】1分間にインターネット上で起っている15の事 (Last Updated: Dec 29, 2016) 世界的にインターネットの普及率が上昇するに合わせて、ユーザーによるソーシャルメディアやメッセージ系サービスに対する利用頻度も飛躍的に上がっている。米国のデータ分析サービスのDOMOによると、2013年から2015年の2年間だけでも、世界のネットユーザーの数が18.5%アップしている。また、2015年11月にWorld Intern

2015年9月9日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

10年で躍進!売上高が急増したトップ500社

10年で躍進!売上高が急増したトップ500社1位トヨタは8.6兆円増、2位はソフトバンク この10年で売り上げをいちばん増やしたのは、日本最大の企業であるトヨタだった(撮影:尾形 文繁) 上場企業の約7割を占める3月期決算の中間期末が近づいてきている。2~3月の決算商戦期ほどではないものの、9月中間決算を控えて少しでも業績を高めようと奔走している時期でもある。企業の業績で基本となるのは、言うまでもなく売り上げ(売上高)だ。損益計算書の一番上に記載される数字であることから、「トップライン」とも

2015年5月21日ウテナフィードバック数:0ライフスタイル

「あほ毛」効果で過去最高の売り上げ  気になりだしたら止まらない、新たな髪の悩み「あほ毛」がSNSで顕在化 ~「あほ毛対策」サイトが5月20日に公開~

「あほ毛」効果で過去最高の売り上げ 気になりだしたら止まらな...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 「あほ毛」効果で過去最高の売り上げ気になりだしたら止まらない、新たな髪の悩み「あほ毛」がSNSで顕在化 ~「あほ毛対策」サイトが5月20日に公開~頭頂部や髪の表面からピョンピョン立つ短い毛:「あほ毛」がSNSをきっかけに、新たな髪の悩みとして顕在化しています。それを受けて、株式会社 ウ テ ナ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:岩倉具房、設立:1927年)から発売中の

2015年3月25日東洋経済新報社★フィードバック数:0ビジネス

東洋経済のランキングです。

「1人当たり売上高」トップ500社はここだ!

「1人当たり売上高」トップ500社はここだ!1位は15億円超、1億円以上稼ぐ会社は多数 上場企業3500社超の約7割を占める3月期決算。つまり、今の時期は多くの企業で期末を控えた書き入れ時だ。営業や販売の現場では、この月末にかけて少しでも売り上げを伸ばそうと、あの手この手の努力に奔走しているだろう。企業が持続的に発展していくためには、安定して利益を出していくことが必要だが、いくら原価や費用を抑えても肝心の売り上げ(営業収益)がさっぱり稼げなければ意味がない。なんだかんだで利益の源泉はまず売り上

2012年4月28日アイティメディア★フィードバック数:24マーケティング

企業のマーケ部門を対象としたアンケートです。

マーケティング部門が抱える課題とツールの利用環境に関するアンケート調査

「マーケティング」に関する読者アンケート調査リポート:新たなテクノロジーを売り上げに結び付けられるか?――マーケティング部門へのアンケート調査 アイティメディアは2012年2月8日から3月25日の期間で読者を対象に「マーケティング部門が抱える課題とツールの利用環境に関するアンケート調査」を実施した。本調査からは、マーケティング部門が抱えている現状の課題や、マーケティング活動のために導入を予定しているツールなどが明らかとなった。マーケティング部門を取り巻く環境の変化  米Facebookは3月に開

2008年3月24日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

企業へのITの浸透度合いに関する調査結果です。

企業の情報化実態調査 前編

本誌は企業を対象に、パソコンの導入やセキュリティ対策など、情報化に関するアンケート調査を実施した。その集計結果から、企業の情報化投資に対する意欲が旺盛なことが明らかになった。 2007年度(2007年4月~2008年3月)の情報化投資の予算額は、前年度と比べて「10%未満の増加」とした企業が12.1%、「10%以上の増加」とした企業が28.8%で、投資意欲は上向きだ(下表)。全体で4割強の企業が、情報投資を前年度よりも増やすとしている。一方、「10%未満の減少」とした企業は4.9%、「10%以上

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ