「売上高」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

2021年AI予測(日本)

2021年AI予測(日本)Be Bold:今こそAI活用を加速せよ AI Predictions 2021はじめに2020年12月にPwC Japanグループは企業のAIの取り組み内容や活用状況に関して、日本では第2回目となるAI予測調査を行いました。本レポートでは本年度結果を前回(2020年AI予測調査、2020年3月調査実施)との比較や米国における2021年のAI予測調査との比較を行い、紹介しながら、AI推進のために企業が取り組むべき課題と対応について考察を行っています。今回、調査を行う中で

2021年3月4日ミック経済研究所フィードバック数:0ビジネス

スマートロジスティクス・ソリューション市場の実態と将来展望2020年度版

スマートロジスティクス・ソリューション市場の実態と将来展望 2020年度版スマートロジスティクス・ソリューション市場の実態と将来展望2020年度版~荷物量の急増と人手不足により効率化・自動化が進む物流業界とベンダの動向~【発 刊】2021年2月25日 【資料体裁・価格】● 特別価格は2021年2月25日の17時で終了しています。 ※ リモートワーク対応でPDF版強化。経過措置としてコピー製本版現状のまま。また、複数ユーザー(U)利用価格を追加。注1)いずれの提供形態も購入法人様の社内用途向け利

2020年6月29日freeeフィードバック数:0ビジネス

新型コロナウイルスがスモールビジネスの経営に与えている影響の調査について

新型コロナウイルスがスモールビジネスの経営に与えている影響の調査について freee株式会社(以下、freee)は、新型コロナウイルスがスモールビジネスの経営に与えている影響の調査を行い、公表することをお知らせします。 本調査結果は、スモールビジネスの支援に携わる公的機関の政策立案をはじめ、支援に携わる皆様が有効な支援策を実行できるよう、定量的な調査を実施し、公表することとしました。今回の公表に当たっては、freeeの利用規約に基づき、個社、個人が特定、類推されないよう細心の注意を払い、統計情報

2019年12月23日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「玩具業界」業績動向調査

公開日付:2019.12.23 「玩具業界」は一年で一番のかき入れ時、クリスマスとお年玉シーズンがやってくる。良い子にしていた子どもたちは、サンタさんからおもちゃが届くのを心待ちにしている。玩具業界の最新期の売上高は3兆361億円(前年同期比0.9%増)と、微増ながら2期連続の増収を維持した。近年、現代版のベーゴマ「ベイブレード」やトレーディングカード、「Nintendo Switch」などが玩具市場を沸かせ、「サプライズトイ」と呼ばれる開封する瞬間も楽しめる玩具がトレンドだ。さらに、子どもだけ

2019年10月4日Finatext★フィードバック数:0社会/政治

増税の“前”と“後”で物価・消費は、どう動いたか?~物価・消費への影響を把握する最新データ公開(日経CPINowの推移)~

増税の“前”と“後”で物価・消費は、どう動いたか?~物価・消費への影響を把握する最新データ公開(日経CPINowの推移)~ 株式会社 Finatextホールディングス(代表取締役:林 良太)の子会社で、ビッグデータの中でも、世界で注目が高まるオルタナティブデータの解析・分析に強みを持つ株式会社ナウキャスト(代表取締役CEO:辻中仁士、以下、「ナウキャスト」)は、金融機関や政府、ヘッジファンドなどに「経済の“今”を伝えるデータ」を提供し、資産運用や経済調査業務の支援を行っています。消費税率が8%

東南アジアの化粧品市場について調査結果を発表

トップページ > ビューティー > 2019年 東南アジアの化粧品市場―紫外線ケア意識の向上により拡大する美白ケア・日焼け止め市場― 2019年 東南アジアの化粧品市場―紫外線ケア意識の向上により拡大する美白ケア・日焼け止め市場―商品番号 mr210190453 概要【調査趣旨】◆2018年度の東南アジア6ヶ国(タイ・インドネシア・マレーシア・ベトナム・シンガポール・ミャンマー)の化粧品市場は、前年度比5.4%増の8,820億円と好調推移を維持しており、この10年で1.9倍以上にまで拡大して

2019年8月7日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

10年間で売上高最大も利益面のピークアウト鮮明 2019年3月期決算上場ゼネコン57社 業績動向調査

10年間で売上高最大も利益面のピークアウト鮮明 2019年3月期決算上場ゼネコン57社 業績動向調査 公開日付:2019.08.02 上場ゼネコン57社の単体決算の2019年3月期の売上高合計は12兆8,148億円(前年比6.0%増)で、2009年以降の10年間で最高を記録した。伸び率も2014年(同7.4%増)に次ぐ、2番目の高水準だった。公共事業に加え、都市部の大型再開発や商業施設など民需も活発で、佳境を迎えている東京五輪・パラリンピック関連の工事も寄与した。一方、利益面は高水準を維持したも

2019年2月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

国内菓子メーカー522社の経営実態調査

2019/2/12国内菓子メーカー522社の経営実態調査増収企業比率は九州がトップ〜 インバウンド需要と安定した販路で好調 〜はじめに2月14日のバレンタインデーを控え、チョコレートを扱う菓子メーカー各社は一大商戦を迎えている。菓子の需要は近年増加基調にあり、なかでもチョコレート、アイスクリームの市場は拡大している(全日本菓子協会、日本アイスクリーム協会)。一方で、ネット通販への対応、職人などの人材不足や技術継承、安定した販路の確保、運送費や原材料価格の高騰など様々な課題を抱えている。帝国データ

2019年1月9日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

玩具関連企業2515社の経営実態調査

2018/12/7玩具関連企業2515社の経営実態調査任天堂好調、ヒット商品が牽引〜 製造・卸・小売ともに売上高合計増加 〜はじめに12月に入りクリスマスに向けて、子供たちへのプレゼント用をはじめ、各種おもちゃの購買意欲が高まる。また、近年では大人でも楽しめるハイテク玩具なども増えるなか、消費者の年齢の枠も広がっており、購買層にも変化がみられている。そうしたなか、2017年9月には米・トイザらスが経営破綻、今年6月までにアメリカ国内の全店舗を閉鎖し、大きな話題となった。帝国データバンクでは、企業

2018年12月26日帝国データバンクフィードバック数:0エンタテインメント

パチンコホール経営業者の経営実態調査

2018/11/26パチンコホール経営業者の経営実態調査増収企業は1割未満で、売上高合計も減少〜 倒産件数は2年連続で増加の見込み 〜はじめに「依存症問題」に端を発し、規制強化が進むパチンコ・パチスロ業界。今年8月には6段階設定搭載パチンコ機が発売されたほか、2019年2月以降は6号機と呼ばれるパチスロ機の検定基準変更が控えるなどルールの厳格化が進んでいる。こうした規制強化による射幸性の低下は、依存症問題の解決策と目される一方、“遊技者離れ”を引き起こす可能性が指摘されており、パチンコホール経営

2018年9月11日矢野経済研究所フィードバック数:0社会/政治

外食市場に関する調査

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 2017年度の外食市場規模は前年度比3.0%増の30兆5,749億円~各業態とも好調に推移するものの、店舗数を増やして売上高を伸ばすビジネスモデルは限界に~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年度の外食産業の調査を行い、市場規模、参入企業の動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度の国内外食市場規模は、末端売上高ベースで前年度比3.0%増の30兆5,749億円と、2013年度以降5期連続のプラス成長

2018年8月14日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ディープラーニングAIを活用した画像認識ソリューション市場の中期予測

AI(ディープラーニング)活用の画像認識ソリューション市場の現状と展望【2018年度版】AI(ディープラーニング)活用の画像認識ソリューション市場の現状と展望【2018年度版】~検品・検査、マーケティング、測定・観察・探索、物品管理・セキュリティの市場展望~【発 刊】2018年7月20日 【資料体裁・価格】[1]A4版400頁(ハードコピー版)価格158,000円[2]PDF版+ハードコピー版価格191,000円[3]CD-ROM版価格316,000円[4]セット版(CD-ROM+製本

2018年7月11日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成29年特定サービス産業実態調査 速報

「平成29年特定サービス産業実態調査」の速報結果をとりまとめました 経済産業省は、サービス産業の実態を明らかにし、サービス産業に関連する施策の基礎資料を得ることを目的に、平成29年7月1日現在で特定サービス産業実態調査を実施しました。この度、速報版としてその結果をとりまとめましたので、お知らせします。 1.調査の対象平成29年特定サービス産業実態調査は、ソフトウェア業など特定の28業種のサービス産業に属する事業所又は企業を対象として、平成28年の年間売上高等について調査しています。2.調査結果

2017年12月27日総務省フィードバック数:0社会/政治

平成29年10月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)

報道資料平成29年10月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報) 総務省は、このたび、平成29年10月に実施した「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)を取りまとめました。今回の調査結果の概要は、以下のとおりであり、詳細は別紙のとおりです。また、事業種別毎の中長期動向については、参考をご覧ください。【調査結果の概要】○ 通信・放送産業全体の平成29年度第3四半期及び第4四半期の見通しは以下のとおり。・ 売上高見通し指数※1は、第3四半期の+10.8から第4四半期の+1.8とプラスで推移。・ 資金

2017年12月25日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

パチンコ・パチスロ関連業者の経営実態調査

2017/11/21パチンコ・パチスロ関連業者の経営実態調査ホール経営業者は2年連続で総売上減少〜 メーカー・卸は総売上1割以上減少 〜はじめにパチンコ・パチスロ業界は、「依存症問題」に端を発し規制強化が進み、2016年末は非適合機種の撤去期限となるなど、経営環境が大きく変化している。2017年9月末にはパチスロ機の5.5号機が販売中止となり、射幸性を調整した5.9号機に移行する動きがあった。また、2018年2月には、1日の遊技時間を4時間と想定したうえで出玉上限を従来の3分の2の水準とする規制

2017年10月17日総務省フィードバック数:0マーケティング

平成29年7月「通信・放送産業動態調査」の結果(確報)

報道資料平成29年7月「通信・放送産業動態調査」の結果(確報) 総務省は、このたび、平成29年7月に実施した「通信・放送産業動態調査」の結果(確報)を取りまとめました。今回の調査結果の概要は、以下のとおりであり、詳細は別紙のとおりです。また、事業種別毎の中長期動向については、参考をご覧ください。【調査結果の概要】○ 通信・放送産業全体の平成29年度第2四半期及び第3四半期の見通しは以下のとおり。・ 売上高見通し指数※1は、第2四半期の+0.7から第3四半期の+14.1へとプラス幅が拡大。主な要因

2017年10月15日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

連続減収「ワースト276社」ランキング

最新!連続減収「ワースト276社」ランキング10年以上、売上高を減らし続けるのは12社 売り上げ減に歯止めをかけられずにいる企業も少なくない(写真:Taka / PIXTA) 東洋経済オンラインは9月26日配信記事で、売り上げを長年にわたって伸ばし続けている「最新!『連続増収トップ195社』ランキング」を掲載した。売り上げをいかに増やしていくかは、企業の成長にとって欠かせない。一方で、思うように売り上げを伸ばせず、逆に減らしてしまうこともある。需要の減退、競争激化、外部環境の変化など、さまざ

2017年9月15日総務省フィードバック数:0マーケティング

平成29年7月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)

報道資料平成29年7月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報) 総務省は、このたび、平成29年7月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計)の結果(速報)を取りまとめました。今回の調査結果の概要は、以下のとおりであり、詳細は別紙のとおりです。また、事業種別毎の中長期動向については、参考をご覧ください。【調査結果の概要】通信・放送産業全体では、 ○ 平成29年度第2四半期は、売上高見通し指数*1は「プラス」、資金繰り見通し指数*2は「横ばい(保合い)」、業況見通し指数*3は「マイナス」となっ

2017年8月27日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

「私立大学収入ランキング」トップ200法人

「私立大学収入ランキング」トップ200法人1位日大、2位順天堂、3位慶應で、加計学園は? 企業の売上高に相当する「事業活動収入」が1位だったのは学校法人日本大学。東京のJR市ケ谷駅の近くに法人の拠点がある (記者撮影) 大学はどのくらいの収入があるのか――。オープンキャンパスが盛んに行われ、いくつかの大学に訪れながら、今後の進路や受験先を考える高校生も多いだろう。また将来は大学に就職したいと考える大学生もいるだろう。企業の売上高に相当する「事業活動収入」「週刊東洋経済臨時増刊 本当に強い大学

2017年5月18日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「三菱自動車工業」グループの下請企業実態調査

2017/5/11「三菱自動車工業」グループの下請企業実態調査三菱自動車グループ下請先は約8400社に〜 前回調査から約600社増加 〜はじめに三菱自動車工業は5月9日、2017年3月期決算を発表。それによると、連結売上高は前期比15.9%減の1兆9066億3200万円、経常利益は同93.7%減の89億4400万円、当期純利益は1985億2400万円の赤字に転落した。2016年4月に公表した燃費試験データの不正操作問題に伴い売上高が減少、営業費用や特別損失が増加したことによるものだ。そうしたなか

2017年5月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

大学発ベンチャー企業の実態調査

2017/4/28大学発ベンチャー企業の実態調査大学発ベンチャー、約1割が東大発〜 設立「5年未満」の企業、約6割が赤字 〜はじめに近年、IoT(Internet of Things)やFintech、人工知能(AI)、バイオなど、様々な分野において技術革新が急速に進んでいる。なかでも注目を集めるのは、大学等の革新的な研究成果を基にした「大学発ベンチャー」だ。政府は3月24日の未来投資会議で、2017年度から大学が大学発ベンチャーの株式を一定期間保有できるようにする制度改革を進める方針を決めた。

2017年4月23日日経リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

従業員の働きがいが勤務先の売上高にも影響

従業員の働きがいが勤務先の売上高にも影響「働き方改革」を約7万人のデータで支援する「組織活性化診断プログラム」をリリース 2017.04.12  株式会社日経リサーチは、従業員の「働きがい」をバロメーターとして、組織の今の“健康状態”を診断する従業員調査をリニューアルし、「働き方改革」の取り組みをサポートする「組織活性化診断プログラム~働き方改革をサポート~」の販売を開始しました。リニューアルの最大の目玉は、長時間労働、ワークライフバランス、ダイバーシティ、サービス残業、職場の生産性など働き方改

2017年3月9日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成29年1月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)

報道資料平成29年1月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)総務省は、このたび、平成29年1月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計)の結果(速報)を取りまとめました。今回の調査結果の概要は、以下のとおりであり、詳細は別紙のとおりです。また、事業種別毎の中長期動向については、参考をご覧ください。【調査結果の概要】通信・放送産業全体では、 ○ 平成28年度第4四半期は、売上高見通し指数*1、資金繰り見通し指数*2、業況見通し指数*3はいずれも「プラス」となった。○ 平成29年度第1四半期

2017年3月3日転職×天職フィードバック数:0ビジネス

2016年 製薬会社 世界ランキング

AnswersNews - 製薬業界で話題のニュースがよくわかる Answers>AnswersNews>ニュース解説>【2016年 製薬会社 世界ランキング】ファイザーが首位奪還、ロシュが2位に ノバルティスは3位に後退 【2016年 製薬会社 世界ランキング】ファイザーが首位奪還、ロシュが2位に ノバルティスは3位に後退2017/05/18 国内外の大手製薬会社の2016年の世界売上高ランキングで、米ファイザーが3年ぶりに世界首位に返り咲きました。AnswersNewsが製薬大手の業績を集計

2017年2月20日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

国内菓子メーカーの経営実態調査

2017/2/13国内菓子メーカーの経営実態調査菓子市場、インバウンドで売り上げ増加〜 新幹線効果で北陸・九州の増収目立つ 〜はじめに14日に控えたバレンタインデー目前に、小売業界では賑わいを見せている。今年は、バレンタインデーが3年ぶりの平日となることから、下火になりつつあった友達や上司、同僚への「義理チョコ」需要の増加が見込まれる。大手百貨店では、日本未上陸ブランドを含めた世界中の有名チョコレートブランドを特設会場に集め、女性自身が自分用に購入する「自分チョコ」需要や高級チョコレートの販売拡

2016年12月9日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

出版関連業者の経営実態調査

2016/11/29出版関連業者の経営実態調査書店は増収、出版・取次は減収で明暗〜 大手書店は電子書籍、ネット販売が押し上げ 〜はじめに出版不況が続いている。今年は3月に出版取次中堅の太洋社が自己破産したことに始まり、以降は専門誌を扱う中小出版社の倒産が続いた。書店についても11月25日に「岩波ブックセンター」を経営する信山社が東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。雑誌販売はとくに低迷しており、『Anecan』が11月7日発売をもって休刊となるなど苦境が際立つ。一方で、文芸書でヒット作が続くな

2016年11月7日帝国データバンク★★フィードバック数:0ビジネス

第6回 主要百貨店93社の経営実態調査(2015年度)

2016/10/31第6回 主要百貨店93社の経営実態調査(2015年度)消費増税の反動減から2年連続で売上減〜 地方百貨店の回復依然足踏み 〜はじめに10月6日、(株)セブン&アイ・ホールディングス(東証1部)とエイチ・ツー・オーリテイリング(株)(東証1部)が資本業務提携に関する基本合意書を締結し、セブン傘下の百貨店3店舗が譲渡される運びとなった。これは百貨店経営における両社の思惑が重なり実現したものだが、今後も消費者の購買行動が大きく変化するなかで、各社生き残りを懸けた経営施策を打ち出すこ

2016年10月13日東京商工リサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

農薬・肥料メーカー264社の動向調査

公開日付:2016.10.06 9月26日、安倍首相は所信表明演説で「生産から加工・流通まであらゆる面で農業改革を進める」と述べた。環太平洋経済連携協定(TPP)の承認と関連法案の成立、早期発効を見据え「攻めの農林水産業」への姿勢を打ち出した。これに先立ち、9月13日に開催された規制改革推進会議では農業の「生産資材価格形成の仕組みの見直し」を重要課題に掲げている。国内で流通する農薬や肥料、トラクターなどの生産資材は、諸外国と比べ割高で農業の国際競争力を削いでいるとの指摘もある。こうした裏側ではT

2016年8月19日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

「任天堂」グループの取引先実態調査

2016/8/9「任天堂」グループの取引先実態調査任天堂グループ主要取引先、国内に431社 〜 『ポケモンGO』 の経済効果に期待 〜はじめに7月22日、日本で配信が始まったスマートフォン用ゲームアプリ『ポケモンGO』。ポケモン関連の経済効果「ポケノミクス」という言葉も生まれ、同ゲームとのコラボレーションを開始した日本マクドナルドホールディングスでは、早くも一定の集客効果が表れているようだ。今後は任天堂本体だけでなく、同社グループの取引先を中心に、直接、間接を問わず各社業績への好影響の拡大が期待

2016年7月31日東京商工リサーチ★フィードバック数:0エンタテインメント

「全国書店1,128社の業績動向」調査

公開日付:2016.07.20 全国の書籍・雑誌小売業(以下、書店)の売上高は2年連続で減少をたどり「増収」企業数は2割にとどまった。利益は大手書店の店舗撤退損などが膨らみ、2年連続で大幅な減益となった。2割の企業が赤字だった。ネットメディアの台頭による雑誌・書籍の販売不振に加え、オンライン販売や電子書籍の普及など流通形態の多様化で、従来型の書店経営は岐路に立たされている。東京商工リサーチは、書店を運営する全国1,128社を対象に業績の動向調査を行った。最新決算の売上高トップは(株)紀伊國屋書店

2016年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0デジタル家電

楽器小売事業者の経営動向調査

2016/5/31楽器小売事業者の経営動向調査少子化影響でソフト戦略重視へ〜 6割超が「音楽教室」併設、生き残り模索〜はじめに6月6日は1970年に全国楽器協会によって制定された「楽器の日」。古くから言われている「芸事の稽古はじめは、6歳の6月6日にする」との習わしに由来しているという。しかし、1970年に193万人だった出生数は、2014年には100万人にまで減少。少子化による業界への影響が懸念されるなか、本業である楽器小売事業とともに子供や高齢者を対象とした習い事やイベントを連動させた展開が

2016年5月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年 ゴルフ場経営業者の経営実態調査

2016/5/202015年 ゴルフ場経営業者の経営実態調査総売上高、減少傾向に歯止め〜 112年ぶりの五輪競技復活でブーム再来に期待〜はじめに今年8月より開催されるリオデジャネイロオリンピックにおいて、ゴルフが112年ぶりに競技種目として復活する。日本でのゴルフの歴史は、1903年に日本初のゴルフ場「神戸ゴルフ倶楽部」がオープン、1927年には「第1回全日本オープンゴルフ選手権大会」が開催されるなど、永く国民に愛されているスポーツだ。また、バブル期の会員権の価格高騰、その後の暴落など経済動向と

2016年4月28日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「平成28年熊本地震」関連調査

公開日付:2016.04.18 4月14日以降の巨大地震は、熊本県内に本社を構えている企業にも大きな影響を及ぼしている。東京商工リサーチでは、熊本県内に本社を構えている企業数や従業員数、業種などを分析した。熊本県内に本社を構える企業数は3万5,173社、従業員数は33万346名(判明分)で、全体の売上高合計は9兆3,662億7,100万円だった。産業別売上高はサービス業他の売上高3兆7,378億9,100万円(構成比39.9%)が最も大きく、次いで製造業の売上高1兆7,893億7,000万円(同

2016年4月1日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

最新!これが「正社員が多い」トップ500社だ

最新!これが「正社員が多い」トップ500社だ1位トヨタは34万人超、大手製造業系目立つ 田中 久貴 : 東洋経済データ事業局データベース営業部 日本一の大企業は正社員数も日本一だ(撮影:鈴木 紳平) 3月も残すところ1週間。4月1日には多くの職場で新入社員を迎える。この春から正社員として企業に雇われ、新たに働き始める若者がどっと増える時期だ。総務省の労働力調査によれば、パートやアルバイト、派遣などで働く非正規労働者の数は昨年12月で2038万人。全雇用者の38%と10年前の30%前後から増

2016年3月28日東京商工リサーチフィードバック数:0デジタル家電

白物家電関連メーカー業績動向調査

公開日付:2016.03.18 数年前まで世界に冠たる白物家電メーカーが国内で切磋琢磨していた。だが、わずか数年で新興国を中心に低価格商品が市場を席巻し、国内の白物家電メーカーは淘汰の波にもまれている。2014年度(2014年4月期-2015年3月期)の白物家電関連メーカー39社の売上合計は3,984億1,300万円で前年度より5.5%増加した。2014年度の増収企業は22社で、構成比56.4%と前年度より15.3ポイントアップし、売上高10億円未満の61.5%が増収を達成した。しかし、売上高1

2016年3月9日東京商工リサーチ★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力小売が全面自由化 「登録小売電気事業者」199社の経営調査

公開日付:2016.03.04 2016年4月1日、電力の小売自由化が全面スタートする。これまで地域の電力会社10社が独占供給してきた一般家庭向け電力販売が一般企業にも解禁され、利用者はライフスタイルや価値観、価格に合わせ自由に販売会社や利用プランを選択できるようになる。経済産業省の電力取引監視等委員会の審査を経て、4月以降に一般家庭への電力販売が可能となる「登録小売電気事業者」(以下、登録事業者)は2月23日現在、199社にのぼる。東京商工リサーチでは登録事業者199社の経営調査、分析を行った

2016年2月29日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

東北被災3県 新設法人調査

公開日付:2016.02.24 3月11日で東日本大震災から5年目を迎える。震災で甚大な被害を受けた岩手県、宮城県、福島県の被災3県では、震災から2015年10月までに1万7,367社が新しく設立(以下、「新設法人」)された。この新設法人のうち、売上高が判明した4,860社の売上高合計は7,328億円、従業員数が判明した4,718社の従業員合計は3万8,243人にのぼることがわかった。岩手、宮城、福島の被災3県は、震災後から新設法人が前年を上回るペースで増加し、伸び率は全国平均を大きく上回ってい

2016年1月12日東京商工リサーチフィードバック数:0マーケティング

「玩具卸売業」業績動向調査

公開日付:2015.12.25 2014年の玩具卸業界は「妖怪ウォッチ」や「アナと雪の女王」の爆発的人気で、国内市場規模は過去10年で最高の売上高を記録したが、2015年は2大ヒット商品の人気一巡で、本来の売れ筋商品の目利き力が問われた一年だった。東京商工リサーチの企業データベース、約300万社から抽出した玩具卸売301社の業績は最新期(2014年8月期-2015年7月期)の売上高は8,532億6,600万円(前年同期比4.5%増)だった。ただ、当期純利益は104億4,300万円(同33.4%減

2015年11月6日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

保育所運営企業6,612社 業績動向調査

公開日付:2015.11.06 保育所運営企業の売上高は2年連続で増収を達成し、利益も黒字企業の比率が高まったことがわかった。売上高別では5億円未満(構成比93.8%)が9割以上を占め、小規模事業者が中心だった。法人格別では社会福祉法人(構成比93.3%)が9割以上を占め、市場拡大の担い手として参入が期待された株式会社は216社(同3.3%)にとどまった。厚生労働省によると、今年4月1日時点の全国の待機児童数は2万3,167人に及び、5年ぶりに前年を上回った。少子高齢化のなか女性の社会進出促進な

2015年9月29日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

アパレル関連企業の業績動向調査

2015/9/29アパレル関連企業の業績動向調査2014年度は約半数が業績悪化〜 2割超の企業が赤字に 〜はじめにここ3年ほどで急激に進んだ円安による仕入コストの上昇や、2014年4月の消費増税の影響に伴う消費の低迷などから、アパレル業界の経営環境は非常に厳しい状況が続いている。加えて、2014年度以降はアパレル関連企業の倒産が増加に転じているほか、一部大手アパレル企業でも業績悪化を余儀なくされており、その動向が注目されている。そうした状況を踏まえて、帝国データバンクは、2012年度〜2014年

2015年7月23日帝国データバンクフィードバック数:0エンタテインメント

出版関連業者の経営動向調査

2015/7/23出版関連業者の経営動向調査総売上高は5年間で1兆2500億円消失〜 大手と中小で出版社の収益状況は2極化 〜はじめに電子書籍の台頭や、活字離れが騒がれるなか、出版業界を取り巻く環境は大きく変化している。大手企業は、こうした変化をビジネスチャンスと捉えデジタルコンテンツの充実を図るなど対策を立てている一方、大半の出版業者は厳しい経営環境を強いられており、老舗出版業者の倒産も散見される。また、今年6月には準大手の出版取次業者である栗田出版販売(株)が民事再生法の適用を申請。同社の倒

日本の製薬企業の中国ビジネス動向調査2015

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング新刊調査レポートのお知らせ 日本の製薬企業の中国ビジネス動向調査 2015[本書のポイント]◆ 日系製薬企業57社の中国での医薬品ビジネスを独自調査◆ 武田薬品、エーザイ、アステラス、第一三共など24社で売上2,840億円規模に◆ 売上高、販売中の医薬品、臨床開発中の医薬品、現地拠点、流通、参入経緯、今後の方向性など、中国ビジネスを考えるための情報が満載です 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫

上場印刷会社の業績動向

株式会社ブレイン・リサーチ&マーケティングはビジネスやマーケットのレポートを通して、貴社のパートナーである会社です。 〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目2番14号新槇町ビル別館第一2階 2014年 9月10日上場印刷会社の業績動向過去4〜5年間の売上高・利益高の推移/プラス成長企業は利益も安定―― 印刷産業出荷額をわずかに上回る売上推移 ―― 上場している印刷会社について、いくつかのグループにまとめて業績を分析した結果を以下に示す。集計した会社は32社で、写真サービスやパッケージ製造

広告業の動向と広告売上

株式会社ブレイン・リサーチ&マーケティングはビジネスやマーケットのレポートを通して、貴社のパートナーである会社です。 〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目2番14号新槇町ビル別館第一2階 2014年11 月12日広告業の動向と広告売上広告売上高は比較的安定/インターネットとスマートフォンが鍵――広告売上、比較的安定 ―― 以下の図表は、広告費用の推移と印刷産業出荷額、主要な紙メディアの販売状況を比較している。どの産業も厳しい状況下で推移してきたことがわかるが、広告市場(広告費)について

2015年6月19日浜銀総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

台湾電子関連企業 月次売上高(2015年5月)

台湾電子関連企業 月次売上高(2015年5月)

2015年6月5日総務省フィードバック数:0マーケティング

平成27年4月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)

報道資料平成27年4月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報) 総務省は、このたび、平成27年4月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計)の結果(速報)を取りまとめました。今回の調査結果の概要は、以下のとおりであり、また、詳細は別紙のとおりです。なお、平成27年6月下旬に売上高を含む確定値をインターネット(情報通信統計データベース)(URL:)に掲載予定です。【調査結果の概要】通信・放送産業全体では、○ 平成27年度第1四半期は、売上高見通し指数*1、業況見通し指数*3は「マイナス」、資

2015年5月15日浜銀総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

台湾電子関連企業 月次売上高(2015年4月)

台湾電子関連企業 月次売上高(2015年4月)

2015年5月8日東京都★★フィードバック数:0ビジネス

東京都のレポートです。

26年度東京の中小企業の現状(流通産業編)

『平成26年度 東京の中小企業の現状(流通産業編)』 を発行しました平成27年5月7日産業労働局 東京都は、都内中小企業の現状に関する調査を毎年実施しています。この度、「平成26年度 東京の中小企業の現状(流通産業編)」を発行しました。本調査は、3年サイクルで継続的に「流通産業」「製造業」「サービス産業」を対象として実施しており、流通産業編の発行は平成23年度以来3年ぶりとなります。報告書では、第1編で既存統計から都内流通産業を取り巻く現状を捉え、第2編で都内中小流通業10,000社へのアンケー

2015年5月7日福井県フィードバック数:0大型消費/投資

銀座店の売上が1億2千万円に増加しました

報道発表資料銀座店の売上が1億2千万円に増加しました福井県アンテナショップ「ふくい南青山291」および「食の國福井館」の平成26年度来館者数、売上高等の実績がまとまりましたので、報告します。記1 ふくい南青山291の平成26年度実績来館者数 165,212人 (平成25年度比105.0%)売上高161,481千円(平成25年度比101.4%)2 食の國福井館の平成26年度実績来館者数 179,580人 (平成25年度比125.6%)売上高120,637千円(平成25年度比119.5%)平成26年

2015年4月16日浜銀総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

台湾電子関連企業 月次売上高(2015年3月)

台湾電子関連企業 月次売上高(2015年3月)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ