「変容効果」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年10月6日シネブリッジ★★フィードバック数:0マーケティング

シネアドCrossMedia調査レポート

国内初のシネアド(映画館上映CM)を加えたクロスメディア調査において、シネアドは1回の接触でTVCMやデジタル動画広告を超えるブランドリフトがあることが立証されました。 1回の接触で「ミドルファネル」に大きな効果がある動画メディア=シネアド 株式会社シネブリッジ(代表取締役社長:長谷川学)と一般社団法人デジタルシネアド・コンソーシアム(代表理事:田中洋)は、合同会社カンター・ジャパン(CEO:ヴァルマ・シシール)が提供する調査手法 “CrossMedia Research ™ ※1” を用いて、

高いターゲティング精度だけではない!Facebook広告による態度変容効果を検証

WHAT'S NEW最近、Facebookで大手メーカーの広告を目にすることが増えているのはなぜか。それは、Facebook広告には、クリックやコンバージョンといったいわゆるレスポンス効果(エンゲージメント)だけでなく、ブランド効果(態度変容効果)があるということを理解している広告主が増えてきているからである。Kantar JapanはFacebook上で実施された大型のブランドキャンペーンのブランド効果測定を、世界的なブランド&コミュニケーション調査の専門機関であるMillwardBrown社

2011年2月21日D2C★フィードバック数:4マーケティング

iPhoneの動画広告効果に関する調査結果です。

iPhone向け動画広告効果調査

 プレスリリース 2011.02.21 iPhone向け動画広告効果調査 株式会社電通と株式会社ディーツー コミュニケーションズは、日本市場で普及が進むスマートフォン「iPhone」向けの広告に関する調査を、2010年9月23日から30日の間に実施した。調査は、グーグルが提供するiPhoneアプリのアドネットワーク※「AdMob」上に掲出したバナー広告、およびそのバナー広告をクリック(タップ)すると起動する動画広告に関して行った。バナー広告の配信は、2010年8月23日から9月22日の1ヶ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ

お知らせ