「外貨準備」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年1月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシアの格付が10年ぶりに『ジャンク(投機的)』に転落 ~民間部門を中心に資金調達環境の急速な悪化は避けられず~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポートロシアの格付が10年ぶりに『ジャンク(投機的)』に転落~民間部門を中心に資金調達環境の急速な悪化は避けられず~発表日:2015年1月27日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 26日、S&P社がロシアの長期信用格付を格下げして『投機的』水準に転落した。同社は理由に金融政策の対応余地の乏しさや景気の弱さ、原油安に伴う対外・財政収支の悪化を挙げている。事実、通貨ルーブル安や欧米の経

2014年12月4日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:多様化が進展する世界の外貨準備の運用通貨

経済情報:多様化が進展する世界の外貨準備の運用通貨

2013年9月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

BRICSの新興国への存在感は高まるか ~「開発銀行」設立に先立ち、「外貨準備融通基金」の設立で合意~

BRICSの新興国への存在感は高まるか ~「開発銀行」設立に先立ち、「外貨準備融通基金」の設立で合意~

2013年8月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

資産構成から見るアジア新興国の外貨準備

トップレポート・コラム経済分析新興国資産構成から見るアジア新興国の外貨準備 ここから本文です資産構成から見るアジア新興国の外貨準備外貨準備の伸びの停滞・減少も、資産構成への影響は限定的ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐 サマリー◆アジア新興国は5月後半以降の自国通貨安に対してドル売り介入を行ったとみられ、外貨準備が減少している。また、リーマン・ショック以降、経常収支の黒字幅が縮小した結果、アジア新興国の外貨準備は増加しにくい構造になっていると言える。さらには、米国の量的

2013年4月25日大和総研フィードバック数:8社会/政治

金価格下落が暗示する世界経済環境

トップレポート・コラムコラム金価格下落が暗示する世界経済環境 ここから本文です金価格下落が暗示する世界経済環境世界的金融緩和はまだまだ続く金価格が足元で大きく下落している。ドルベースの金価格は長期的な波動でみると、1980年9月の高値から下落し、1999年7月に底値を形成後、2005年頃から明確な上昇に転じていた。近年の高値は1,791ドル/トロイオンス(2012年10月4日、ロンドン市場)であったが、最近では1,380ドル(4月16日、同)と高値から23%の下落を示した。長期的にみた金価格の水

2012年6月1日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2011年末の本邦対外資産負債残高

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2011年末の本邦対外資産負債残高2012年5月31日日本銀行国際局要旨1. 11年末の本邦対外資産負債残高対外資産は、円高進行に伴い円建評価額が低下したが、外貨準備および貸付の残高が増加したため、全体では増加した。一方、対外負債は、本邦株価下落による対内株式投資残高の減少にもかかわらず、対内短期債投資および借入の残高が増加したため、全体では増加した。対外純資産は、対外資産の増加幅が対外負債の増加幅を上回ったことから、

2012年4月23日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(論文)2011年の国際収支動向

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2011年の国際収支動向2012年4月20日日本銀行国際局概要経常収支は、貿易収支の赤字転化を主因に、黒字が縮小した(10年 17.9兆円→11年9.6兆円)。資本収支は、対外証券投資の取得(流出)超幅が縮小し、対内証券投資の取得(流入)超幅が拡大したことから、7年振りに流入超に転化した(10年 △12.0兆円→11年 6.3兆円)。外貨準備は、外国為替平衡操作及び運用益により引続き増加した(10年 △3.8兆円→11

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ