「大学院生」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2012年5月10日リクルートフィードバック数:21キャリアとスキル

面接の最後に質問した?

掲載日:2012年5月10日面接の最後に「言っておきたいこと」「質問したいこと」を聞かれましたか? 就職活動を経験した先輩たちに、面接の最後に面接担当者から「言っておきたいこと」や「聞いておきたいこと」を聞かれたかどうかを尋ねたところ、「はい」と答えた人が約8割にのぼり、昨年同時期の調査結果と一致した。 実際に質問したり、言い足りないことを補足したりしましたか?(複数回答) 面接担当者からの問いかけに対して、質問を返したり、言い足りないことを補足したかどうかを尋ねたところ、「質問した

2012年3月1日リクルートフィードバック数:14キャリアとスキル

エントリーシート、どのくらい通過するもの?

掲載日:2012年3月1日 就職活動を経験した大学4年生・大学院2年生に、エントリーシートを提出した会社の数を尋ねたところ、平均は27.1社という結果になった。昨年同時期の調査では27.3社だったのでほぼ同水準といえる。内訳を見ると、半数以上が20社以下である一方、約1割は51社以上にエントリーシートを送ったこともわかった。属性別に見ると、女子学生・学部生・文系学生の方が、男子学生・大学院生・理系学生よりも多くエントリーシートを提出している傾向が見られた。特に、文系学生の平均31.4社に対して、

2012年2月16日リクルートフィードバック数:11キャリアとスキル

エントリーシート、何社分書き終えた?

掲載日:2012年2月16日現時点(1月28日)で何社分のエントリーシートを書き終えましたか? 就活をスタートした大学3年生・大学院1年生に、現時点(2012年1月28日)で何社分のエントリーシートを書き終えたかを尋ねたところ、全体の約4割は「0社」、つまりまだ書き終えていないと回答。昨年同時期の調査では、まだ書き終えていない学生は47.3%だったので、今年の方がスタートダッシュが早いと言えそうだ。また、すでに書き終えた中で一番多かった答えは「1社」で、全体の1割強となった。ただし、「51社〜

2012年2月9日リクルートフィードバック数:10キャリアとスキル

今年の就活、どうなりそう?

掲載日:2012年2月9日 就活をスタートした大学3年生・大学院1年生に、今年の就活がどうなりそうか、その見通しを尋ねたところ、約6割は「景況感から厳しくなると思う」と回答。次いで、約2割が「自分の就職活動には影響はないと思う(なんとかなると思う)」と回答した。昨年同時期の調査では、「景況感から厳しくなると思う」が59.6%、「自分の就職活動には影響はないと思う(なんとかなると思う)」が27.6%、「よくわからない」が9.7%であったことから考えると、先輩たちと比べて悲観派・楽観派がともに減り、

2012年2月2日リクルートフィードバック数:21キャリアとスキル

エントリー、何社した?

掲載日:2012年2月2日 現時点(1月21日)でエントリーしているのは何社ですか? 就活中の大学3年生・大学院1年生に、2012年1月21日の時点で何社にエントリーしているかを尋ねたところ、約4割は10社以下である一方で、51社以上にエントリーしている就活生も1割以上に上ることがわかった。平均エントリー社数は27.1社と、昨年同時期の調査のときの25.4社よりも多くなった。しかも、昨年同時期の調査では本格的なエントリー開始が10月1日だったのに対して、今回は12月1日開始と、今回の方が実質的

2012年1月12日ダイヤモンド社★フィードバック数:32キャリアとスキル

ワークス研究所による新卒採用についての調査です。

最新版「ワークス採用見通し調査」どうなる!? 2013年新卒採用見通し

景気動向は依然として不透明なまま2012年を迎えた。 2011年12月15日に発表された日銀短観の業況判断を見ると、製造業の大企業、中堅企業、中小企業すべてにおいて、足元や先行きの「良い−悪い」がマイナスとなった。一方、非製造業では、中堅企業および中小企業はマイナスであるが、大企業はプラスとなっている。 このような景況感のなか、就職活動をする2013年卒業予定者の採用見通しは、どのようになるか。2011年12月20日ワークス研究所が発表した「ワークス採用見通し調査」を中心に、新卒採用の見通しを見

2011年12月14日日経HR★フィードバック数:3キャリアとスキル

志望業界など就活についての調査です。

「都内の大学・大学院生の就職活動」に関する調査結果

お探しのページは削除されたか、一時的にご利用できない可能性があります。お探しのページのURLが正しいかどうかご確認ください。

2011年10月27日リクルートフィードバック数:21キャリアとスキル

学校の授業以外で週に何時間勉強してる?

掲載日:2011年10月27日 学校の授業以外で週に何時間勉強していますか? 大学生・大学院生に、学校での授業以外に週何時間勉強しているかを尋ねたところ、約半数は5時間に満たず、しかも1割はまったく勉強していないことがわかった。全体の平均勉強時間は7.2時間となった。属性別の平均勉強時間では、男子学生と大学院生・理系学生の方が、勉強時間が長い傾向が見られた。 どんなことを勉強していますか?(複数回答) 次に、どんなことを勉強しているかを尋ねたところ、約4人のうち3人は、「大学・

2011年9月15日リクルートフィードバック数:6キャリアとスキル

どんなふうにスケジュール管理してる?

掲載日:2011年9月15日 大学生・大学院生に、スケジュール管理をしているかどうかを尋ねたところ、全体の約4分の3が「はい」と回答し、大多数の学生がスケジュール管理をしていることがわかった。属性別では、女子学生、大学4年生・大学院2年生の方が、スケジュール管理をしている学生の割合が高い傾向が見られた。 どんな用事のスケジュールを管理していますか?(複数回答) 次に、どんな用事のスケジュールを管理しているかについて尋ねたところ、全体の約9割が「授業・ゼミ」と回答し、「アルバイト」が

2011年9月4日リクルートフィードバック数:16キャリアとスキル

ひと月に何冊、本を読んでる?

掲載日:2011年9月1日 大学生・大学院生に、一カ月に何冊の本を読むのか尋ねたところ、全体の約4割は1〜4冊の本を読んでおり、約3割は1冊も本を読まないことがわかった。平均は3.9冊だった。 どんなジャンルの本を読んでいますか?(複数回答) 次に、どんなジャンルの本を読んでいるのか尋ねたところ、「小説・エッセーなどの文学・評論」が約7割で一番多く、次いで「専攻分野に関連した専門書」が約4割、「資格取得のための参考書・問題集」「趣味やPC関連などの実用書」が20%台で続いた。

2011年8月11日リクルートフィードバック数:5キャリアとスキル

自分の成長のために日課にしていることは?

掲載日:2011年8月11日 自分の将来のために日課にしていることがありますか? 大学生・大学院生に、自分の将来のために日課にしていることがあるかどうかを尋ねたところ、8割強が「はい」と回答。「いいえ」と答えた学生は16.3%にとどまった。学年別の内訳では、大学3年生と大学院1年生に、日課がある学生の割合が多く見られた。 どんなことを日課にしていますか?(複数回答) 次に、どんなことを日課にしているかを尋ねたところ、一番多かったのが「インターネットなどでの情報収集」で、7割弱に

2011年7月28日リクルートフィードバック数:2キャリアとスキル

将来に向けた自己投資、してる?

掲載日:2011年7月28日 大学生・大学院生に、将来に向けた自己投資をしているかどうかを尋ねたところ、実に約8割が「はい」と回答。「いいえ」と答えた学生は約2割にとどまった。学年別の内訳では、大学1年生と大学院1年生に、自己投資をしている学生の割合が多く、属性別では、女子学生と文系学生の方が、自己投資をしている学生の割合が若干多い傾向が見られた。 何にいくら投資していますか?(複数回答) 次に、どんなことに投資しているのか、ひと月にいくらかけているのかを尋ねたところ、「読書」「趣

2011年6月9日リクルートフィードバック数:7キャリアとスキル

『こうなりたい』と思える社会人はいる?

掲載日:2011年6月9日 身近に「こうなりたい」と思う社会人はいますか? 大学生・大学院生に、身近に「こうなりたい」と思う憧れの社会人がいるかどうかを尋ねたところ、「はい」という答えが約4割、残りの約6割が「いいえ」と答えた。属性別では、「男子学生」「大学院生」「理系学生」に「はい」と答えた学生の割合が多かった。 その人にはどこで会いましたか?(複数回答) 「その人にはどこで会いましたか?」という問いに対しては、「大学や卒業した小中高などの学校」という答えが約半数に上り、次い

2011年1月11日日経HR★フィードバック数:42キャリアとスキル

学生の意識調査です。

「都内の大学・大学院生の就職活動」に関する調査結果

お探しのページは削除されたか、一時的にご利用できない可能性があります。お探しのページのURLが正しいかどうかご確認ください。

2010年10月19日リクルートフィードバック数:1キャリアとスキル

どんな就職活動になりそう?

掲載日:2010年10月14日 ひとつ上の先輩たちの就職活動を見ていてどう思いましたか?(複数回答) 就職活動を始めた大学3年生・大学院1年生に、「ひとつ上の先輩たちの就職活動を見ていてどう思いましたか?」と尋ねたところ、「厳しい就職環境が続くから、自分も頑張らなければならないと思った」という答えが約7割でダントツ。次いで「先輩の活動状況をあまりよく知らない」「厳しい就職環境が続くけれど、自分はなんとかなるんじゃないかと思った」が約15%で並んだ。属性別に見てみると、男子学生と女子学生とでは特

2009年1月19日日経HR★フィードバック数:0キャリアとスキル

大学生の就職活動に関する調査です。

「都内の大学・大学院生の企業選び」に関する調査結果

お探しのページは削除されたか、一時的にご利用できない可能性があります。お探しのページのURLが正しいかどうかご確認ください。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お知らせ