「大手銀行」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年8月10日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

銀行114行「2016年3月期 預証率調査」(単独決算ベース)

銀行114行「2016年3月期 預証率調査」(単独決算ベース) 公開日付:2016.08.04 銀行114行の2016年3月期の預証率は31.0%で、4年連続で前年同期を下回った。要因としては、大手銀行を中心に国債残高を減らしていることが挙げられる。「国債」残高は2009年3月期以来の100兆円割れで、約8割の銀行で預証率が低下した。ただし、「貸出金」の増加より「現金預け金」の増加が目立つなど、預証率の低下が必ずしも貸出金の拡大につながっていない。本調査は、国内銀行114行を対象に2016年3月

2015年11月30日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

銀行の役員に求められるテクノロジー分野の知見

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――銀行の役員に求められるテクノロジー分野の知見 アクセンチュア最新調査――銀行の役員に求められるテクノロジー分野の知見2015/11/26邦銀でテクノロジー分野に造詣の深い役員比率は7.

2015年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

国内外の大手銀行は、バーゼルⅢをどれだけ遵守できている?

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門バーゼルⅢの初歩国内外の大手銀行は、バーゼルⅢをどれだけ遵守できている? ここから本文です国内外の大手銀行は、バーゼルⅢをどれだけ遵守できている?バーゼルⅢの初歩 第19回サマリーこのシリーズでは、バーゼルⅢの仕組みを、可能な限りわかりやすく説明します。第19回は、バーゼルⅢの遵守状況を解説します。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳

2014年8月19日大和総研フィードバック数:0ビジネス

大手銀行に新たな試練?:"PERDARR"(「実効的なリスクデータ集計とリスク報告に関する諸原則」)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 大手銀行に新たな試練?:"PERDARR"(「実効的なリスクデータ集計とリスク報告に関する諸原則」) 銀行をとりまく規制やその議論においては、しばしば、イニシャリズムやアクロニムによる略語が一般化することがある。最近の例として挙げられるのは、バーゼル規制における新たなカウンターパーティ・リスク計測の標準的手法を表す“SA-CCR”(「サッカー」)、銀行勘定の金利リスクを表す“IRRBB”(「アイアール

2014年3月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

欧米大手銀行の業績動向~堅調な米銀、低調な欧銀というトレンドが継続~

欧米大手銀行の業績動向~堅調な米銀、低調な欧銀というトレンドが継続~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ