「失業率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

【10月米雇用統計】雇用者数は前月比26.1万人増、前月から大幅増加も市場予想は下回る

【10月米雇用統計】雇用者数は前月比26.1万人増、前月から大幅増加も市場予想は下回る | ニッセイ基礎研究所 【10月米雇用統計】雇用者数は前月比26.1万人増、前月から大幅増加も市場予想は下回る 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数は市場予想を下回る一方、失業率は00年12月以来の水準に低下 11月3日、

雇用関連統計15年5月~改善が続く雇用情勢

雇用関連統計15年5月~改善が続く雇用情勢 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計15年5月~改善が続く雇用情勢 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は前月から横ばいの3.3%・改善を続ける雇用情勢総務省が6月26日に公表した労働力調査によると、15年5月の完全失業率は前月から横ばいの3.3%となった。労働力人口が前月から

2015年6月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年内利上げ開始の可能性が高まる

トップレポート・コラム経済分析米国年内利上げ開始の可能性が高まる ここから本文です年内利上げ開始の可能性が高まる2015年5月の米雇用統計:雇用者数の増加ペースが加速サマリー◆5月の非農業部門雇用者数は前月から28.0万人増加した。過去分についても上方修正され、減速していた雇用者数の増加ペースが加速する結果となった。業種別では、天候要因による下押しからの揺り戻しで、企業向けサービス、娯楽・レジャーなどのサービス業で雇用が大幅に増加した。一方、鉱業・林業などでは雇用者数は引き続き減少した。◆失業率

2015年5月11日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

悪天候要因から回復してきた米国の雇用

トップレポート・コラム経済分析米国悪天候要因から回復してきた米国の雇用 ここから本文です悪天候要因から回復してきた米国の雇用2015年4月の米雇用統計:製造業の回復は緩慢なままサマリー◆4月の非農業部門雇用者数は前月から22.3万人増加した。雇用者数の増加ペースは回復したが、過去分は大幅に下方修正された。業種別では、企業向けサービス、教育・医療、建設などで雇用が増え、鉱業・林業などの雇用者数は引き続き減少した。◆失業率は5.4%と前月から低下した。雇用者数が増えたことで失業率は低下した。会社都合

【4月米雇用統計】予想は僅かに下回ったものの、雇用増ペースは再び20万人超に回復

【4月米雇用統計】予想は僅かに下回ったものの、雇用増ペースは再び20万人超に回復。 | ニッセイ基礎研究所 【4月米雇用統計】予想は僅かに下回ったものの、雇用増ペースは再び20万人超に回復。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸びは前月から大幅に加速5月8日、米国労働省(BLS)は4月の雇用統計を公表した

2015年4月17日総務省★フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用についてのレポートです。

労働力調査の1年間のフローデータを用いた最近の雇用情勢に関する分析

ここから本文です。統計研究彙報 第72号 No.1概要タイトル 労働力調査の1年間のフローデータを用いた最近の雇用情勢に関する分析著者 長尾 伸一、高野 正博刊行年月 2015年3月要旨 本稿の目的は、労働力調査の継続標本による1年間のフローデータを利用して、2009年のリーマンショック後の我が国の雇用情勢と最近の雇用情勢の変化を分析することである。リーマンショック後の我が国では、非正規労働者のいわゆる雇止めが顕在化し、失業率が上昇するとともに、就業者数も減少するなど、雇用環境に著しい厳しさがみ

2015年4月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

【3月米雇用統計】雇用増加ペースは予想外に大幅鈍化。鈍化が一時的か、今後も継続するか見極めが必要

【3月米雇用統計】雇用増加ペースは予想外に大幅鈍化。鈍化が一時的か、今後も継続するか見極めが必要。 | ニッセイ基礎研究所 【3月米雇用統計】雇用増加ペースは予想外に大幅鈍化。鈍化が一時的か、今後も継続するか見極めが必要。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸びは前月から大幅に鈍化4月3日、米国労働省(B

2015年3月28日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

高失業率に対する人口移動の反応:日本の市区町村データを用いた空間計量経済分析

高失業率に対する人口移動の反応:日本の市区町村データを用いた空間計量経済分析概要先行研究において日本の失業率の地域間格差は徐々に減少していることが指摘されている。そこで、本論文では、人口移動が地域労働市場間の調整としてどのように機能しているのかを1980年から2010年までの市区町村データを用いて実証的に明らかにする。本研究の特徴は、空間計量経済モデルを用いることで、人口移動の地域間の相互従属性を同時に考慮している点である。分析結果より、高失業率が人口移動のプッシュ要因として機能していたこと、ま

【3月米FOMC】声明文は変更されたものの、6月利上げの可能性は後退

【3月米FOMC】声明文は変更されたものの、6月利上げの可能性は後退 | ニッセイ基礎研究所 【3月米FOMC】声明文は変更されたものの、6月利上げの可能性は後退 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が3月17-18日(現地時間)に開催された。注目された声明文のフォワードガイダンスでは、市場の予想

2015年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 利上げに向けた環境作りが進む

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC 利上げに向けた環境作りが進む ここから本文ですFOMC 利上げに向けた環境作りが進む政策金利の見通しは下方修正サマリー◆2015年3月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した。声明文のうち、金融正常化に至るまで「忍耐強く」なれるという表現を削除し、6月以降の利上げ開始の環境を整えた。利上げは経済情勢次第ということになる。◆声明文における経済の現状認識は、輸出の減速などを理由として小幅下方修正された。力強い雇用の回復

2015年3月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【2月米雇用統計】大幅な雇用増にも係わらず、賃金上昇率は再び伸びが鈍化

【2月米雇用統計】大幅な雇用増にも係わらず、賃金上昇率は再び伸びが鈍化 | ニッセイ基礎研究所 【2月米雇用統計】大幅な雇用増にも係わらず、賃金上昇率は再び伸びが鈍化 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸び、失業率ともに予想を上回る結果3月6日、米国労働省(BLS)は2月の雇用統計を公表した。2月の非農業

2015年2月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【1月米雇用統計】非常に良いスタートを切った15年の労働市場

【1月米雇用統計】非常に良いスタートを切った15年の労働市場 | ニッセイ基礎研究所 【1月米雇用統計】非常に良いスタートを切った15年の労働市場 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数は力強い伸びが持続2月6日、米国労働省(BLS)は1月の雇用統計を公表した。1月の非農業部門雇用者数は前月対比で+25.7万人

2015年1月13日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は着実に増加し失業率は低下

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用者数は着実に増加し失業率は低下 ここから本文です米雇用者数は着実に増加し失業率は低下2014年12月の米雇用統計:賃金は低下したが一部の業種では上昇サマリー◆12月の非農業部門雇用者数は前月から25.2万人増加し、過去分も上方修正されて、雇用者数の増加ペースは加速している様子である。失業率は5.6%と前月から0.2%ポイント低下したが、主に労働市場から退出した人が増えたことに因る。◆業種別の雇用動向は、サービス業で主に企業向けサービスと教育・医療で雇用が増

【12月米雇用統計】雇用の伸びは15年ぶりの高水準だが、相変わらず鈍い賃金の伸び

【12月米雇用統計】雇用の伸びは15年ぶりの高水準だが、相変わらず鈍い賃金の伸び | ニッセイ基礎研究所 【12月米雇用統計】雇用の伸びは15年ぶりの高水準だが、相変わらず鈍い賃金の伸び 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸び、失業率ともに予想を上回る結果1月9日、米国労働省(BLS)は12月の雇用統計を

米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか

米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか | ニッセイ基礎研究所 米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国の中央銀行であるFRBは、金融政策における政策目標として、多くの中央銀行が掲げる「物価の安

【2014年11月米雇用統計】雇用者数の増加だけでなく、文句なしに良い結果

【11月米雇用統計】雇用者数の増加だけでなく、文句なしに良い結果 | ニッセイ基礎研究所 【11月米雇用統計】雇用者数の増加だけでなく、文句なしに良い結果 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:予想を大幅に上回り、12年1月以来の30万人超12月5日、米国労働省(BLS)は11月の雇用統計を公表した。11月の非農業部門

2014年12月1日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(リサーチラボ)わが国のマクロ的な賃金決定の特徴は何か?

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 わが国のマクロ的な賃金決定の特徴は何か?:賃金版ニューケインジアン・フィリップス曲線の日米比較新谷 幸平、武藤 一郎(日本銀行), 2014年12月1日キーワード:賃金、失業率、ニューケインジアン理論、フィリップス曲線JEL分類番号:E24、E31、E32:kouhei.shintani@boj.or.jp(新谷幸平)要旨当論文では、わが国におけるマクロ的な賃金決定の特徴を把握するため、Gali(2011)が導出した「

2014年11月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年10月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本10月雇用統計 ここから本文です10月雇用統計ヘッドラインほどには内容は良くないサマリー◆労働力調査によると、2014年10月の完全失業率(季節調整値)は、前月から▲0.1%pt低下し、3.5%となった。ヘッドラインだけ見れば前月より失業率が改善しているが、内容はそこまで良くない。雇用者数は、前月差▲20万人と大幅に減少し、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ても、同▲11万人と3ヶ月ぶりの減少となった。これまで増加が続いてきた雇用者数・就業者数は、増勢が鈍

【10月米雇用統計】21.4万人と予想を下回ったものの巡航ペースの改善が持続

【10月米雇用統計】21.4万人と予想を下回ったものの巡航ペースの改善が持続 | ニッセイ基礎研究所 【10月米雇用統計】21.4万人と予想を下回ったものの巡航ペースの改善が持続 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:予想を下回ったものの、9ヵ月連続で月間20万人超の増加。11月7日、米国労働省(BLS)は10月の雇用

2014年10月6日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は増加したが賃金は伸び悩み

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用者数は増加したが賃金は伸び悩み ここから本文です米雇用者数は増加したが賃金は伸び悩み2014年9月の米雇用統計:利上げ開始時期を特定できる判断は困難サマリー◆9月の非農業部門雇用者数は前月から24.8万人増加し、失業率は前月から0.2%ポイント低下して5.9%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を上回り、失業率は市場予想よりも低下した。◆業種別の雇用動向は、8月に減少した小売業の雇用者数が増加に転じ、一時的な雇用の減少であったことが確認された。主

【9月米雇用統計】24.8万人と20万人ペースに回復、失業率は予想外に5.9%へ低下

【9月米雇用統計】24.8万人と20万人ペースに回復、失業率は予想外に5.9%へ低下 | ニッセイ基礎研究所 【9月米雇用統計】24.8万人と20万人ペースに回復、失業率は予想外に5.9%へ低下 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:2ヵ月ぶりに月間20万人増加ペースに回復10月3日、米国労働省(BLS)は9月の雇用統計を

広義の失業率(U6)

広義の失業率(U6)

2014年9月30日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年8月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年9月30日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆労働力調査によると、2014年8月の完全失業率(季節調整値)は、前月から▲0.3%pt低下し、3.5%となった。失業率は6月、7月と上昇が続き雇用環境の改善に足踏みが見られていたが、前2ヶ月の失業率の悪化を取り戻した格好である。雇用者数は前月差▲7万人と4ヶ月ぶりに減少したものの、自営業主・家族従業者の増加により、就

雇用関連統計14年8月~雇用情勢は改善傾向が続くが、企業の求人意欲に陰りも

雇用関連統計14年8月~雇用情勢は改善傾向が続くが、企業の求人意欲に陰りも | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計14年8月~雇用情勢は改善傾向が続くが、企業の求人意欲に陰りも 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は前月から0.3ポイント低下の3.5%・企業の求人意欲に陰りも総務省が9月30日に公表した労働力調査によると、

変わるフランス人の「人権・平等」意識、揺らぐ政府・EUへの信頼感-反移民・反EUポピュリズムに共感する世論-

変わるフランス人の「人権・平等」意識、揺らぐ政府・EUへの信頼感 -反移民・反EUポピュリズムに共感する世論- 去る5月の欧州議会選挙で、反移民、反EUを掲げるマリーヌ・ルペン率いる極右政党・国民戦線(FN)が、25%の支持票を獲得して第1党に躍進、フランスのみならず欧州社会に大きな衝撃を与えたことは広く知られているところだ。極右ポピュリスト政党をフランス人の4人に1人が支持した理由は一体何なのか。最近の世論調査から、フランス人の伝統的な「平等・人権」意識が大きく変わりつつある状況や、好転

2014年9月4日経済協力開発機構★フィードバック数:0キャリアとスキル

OECDの調査です。

OECD Employment Outlook 2014

雇用の回復は、2015年も弱い2014年9月3日ほとんどのOECD諸国で、失業率は2014年後半から2015年にかけて徐々に下がるものの、2015年も金融危機以前の水準を上回る見込みだと、OECD雇用アウトルック2014は述べています。それによると、OECD地域全体の平均失業率は今後18か月で漸減し、2014年半ばの7.4%から2015年末には7.1%になります。これはほぼ4,500万人が失業していることになり、金融危機前よりも1,210万人多い状態です。世界全体で見ると、推定で2億200万人が

2014年8月5日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

金融政策に影響しない米雇用統計の堅調さ

トップレポート・コラム経済分析米国金融政策に影響しない米雇用統計の堅調さ ここから本文です金融政策に影響しない米雇用統計の堅調さ2014年7月の米雇用統計:堅調な量的改善と不十分な質的改善サマリー◆7月の非農業部門雇用者数は前月から20.9万人増加し、失業率は前月から0.1%ポイント上昇して6.2%となった。雇用者数の増加ペースは市場予想を下回り、失業率は市場予想を上回った。◆雇用者数は幅広い業種で増加し、過去分の上方修正を加味すると市場予想に近い増加幅となる。失業率の上昇は、職探しを再開させる

雇用関連統計14年6月~失業率悪化も、雇用情勢は改善傾向が継続

雇用関連統計14年6月~失業率悪化も、雇用情勢は改善傾向が継続 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計14年6月~失業率悪化も、雇用情勢は改善傾向が継続 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は10ヵ月ぶりに悪化も、内容は悪くない・有効求人倍率は22年ぶりの高水準総務省が7月29日に公表した労働力調査によると、14年6月の完

失業率(2)

失業率(2)

雇用関連統計14年5月~雇用情勢は改善傾向が継続

雇用関連統計14年5月~雇用情勢は改善傾向が継続 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計14年5月~雇用情勢は改善傾向が継続 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は前月から0.1ポイント低下の3.5%・雇用情勢は改善傾向が継続総務省が6月27日に公表した労働力調査によると、14年5月の完全失業率は前月から0.1ポイント低下

2014年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【5月米雇用統計】4カ月連続の雇用増20万人超、雇用者は危機前のピークまで回復

【5月米雇用統計】4カ月連続の雇用増20万人超、雇用者は危機前のピークまで回復 | ニッセイ基礎研究所 【5月米雇用統計】4カ月連続の雇用増20万人超、雇用者は危機前のピークまで回復 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月6日、米国労働省(BLS)は5月の雇用統計を公表した。5月の非農業部門雇用者数は前月対比で21.7万人の増

2014年6月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

失業率(1)

失業率(1)

2014年5月12日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

女性の活躍促進が人手不足解消の第一歩

トップレポート・コラムコラム女性の活躍促進が人手不足解消の第一歩 ここから本文です女性の活躍促進が人手不足解消の第一歩現在、グローバル経済を見る上で、重要な視点の一つが労働市場である。FRBのイエレン議長は、米国の労働市場には大きなslack(余剰資源)が残っているため注視が必要であるとしており、米国経済、金融政策の先行きを見通す上で、労働市場のslackの動向を見極めることが重要となっている。EU諸国でも、景気は徐々に回復色を強めているものの、失業率は依然高止まりしている。一方で日本においては

2014年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【4月米雇用統計】雇用増28.8万、失業率6.3%、市場予想より大幅に改善

【4月米雇用統計】雇用増28.8万、失業率6.3%、市場予想より大幅に改善 | ニッセイ基礎研究所 【4月米雇用統計】雇用増28.8万、失業率6.3%、市場予想より大幅に改善 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5月2日、米国労働省(BLS)は4月の雇用統計を公表した。4月の非農業部門雇用者数は前月対比で28.8万人の増加(前月

2014年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用関連統計14年3月~雇用情勢の改善続くが、4月以降は足踏みの可能性も

雇用関連統計14年3月~雇用情勢の改善続くが、4月以降は足踏みの可能性も | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計14年3月~雇用情勢の改善続くが、4月以降は足踏みの可能性も 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は前月から横ばいの3.6%・4月以降は雇用情勢の改善が足踏みとなる可能性も総務省が5月2日に公表した労働力調査によ

2014年4月7日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用者数の増加ペースは再び加速

トップレポート・コラム経済分析米国雇用者数の増加ペースは再び加速 ここから本文です雇用者数の増加ペースは再び加速2014年3月の米雇用統計:雇用環境はまだら模様サマリー◆2014年3月の非農業雇用者数は前月差19.2万人増であり、悪天候の影響が和らいで雇用者数の増加ペースは再び加速した。民間部門に限ればリーマン・ショック前の雇用者数を上回ったことから、雇用の量的改善は進んでいる。◆業種別に見ると、製造業の自動車関連など一部に雇用者数の増加幅の縮小が見られたが、前月に減少していた小売業などが増加に

2014年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

【3月米雇用統計】雇用増19.2万、寒波は乗り越えた

【3月米雇用統計】雇用増19.2万、寒波は乗り越えた | ニッセイ基礎研究所 【3月米雇用統計】雇用増19.2万、寒波は乗り越えた 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4月4日、米国労働省(BLS)は3月の雇用統計を公表した。3月の非農業部門雇用者数は前月対比で19.2万人の増加(前月改定値:+l9.7万人)となった。増加幅は2

2014年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済レビュー:米国の失業率低下をどうみるか

経済レビュー:米国の失業率低下をどうみるか

2014年3月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年2月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月雇用統計 ここから本文です2月雇用統計就業者数の増加が失業率を押し下げており、極めて良い内容。サマリー◆2014年2月の完全失業率(季節調整値)は3.6%となり、前月から0.1%pt改善した。失業者数は前月差▲9万人の減少、就業者数は同+13万人と増加した。非労働力人口は前月差▲4万人と減少した。◆2014年2月の有効求人倍率(季節調整値)は1.05倍と前月から0.01pt上昇した。内訳を見ると、有効求職者数、有効求人数ともに前月から減少した。有効求人倍率に

2014年3月28日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル

労働需給タイト化の下での賃金減少はいつまで続くか-地域別失業率、賃金の動向から検証する

労働需給タイト化の下での賃金減少はいつまで続くか-地域別失業率、賃金の動向から検証する

雇用関連統計14年2月~需要不足失業はほぼ解消

雇用関連統計14年2月~需要不足失業はほぼ解消 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計14年2月~需要不足失業はほぼ解消 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・需要不足失業はほぼ解消・足もとの労働市場は前回の増税前よりもかなり良好総務省が3月28日に公表した労働力調査によると、14年2月の完全失業率は前月から0.1ポイント低下の3

2014年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

FOMC:利上げ前倒しの可能性が台頭

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC:利上げ前倒しの可能性が台頭 ここから本文ですFOMC:利上げ前倒しの可能性が台頭危機対応として始まった金融緩和政策の潮目サマリー◆3月18日から19日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)でQE3(量的緩和第3弾)の資産買い入れ規模を、さらに月あたり100億ドル減額することが決定された。2014年は資産買い入れ規模の縮小が続き、QE3は年内に完了するだろう。◆経済の現状判断は下方修正されたが、悪天候による一時的な停滞と評価され、FOMC参加者

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

悪天候に負けない雇用改善

トップレポート・コラム経済分析米国悪天候に負けない雇用改善 ここから本文です悪天候に負けない雇用改善2014年2月の米雇用統計:失業率は8ヵ月ぶりに上昇サマリー◆2014年2月の非農業雇用者数は前月差17.5万人増であった。前月差の6ヵ月平均は17.7万人であり、2月の伸びはここ6ヵ月の雇用の増加トレンドと同程度であった。◆業種別に見ると、製造業の自動車関連や小売業などに悪天候の下押しが見られた。しかし、サービス部門全体の雇用者数は増加幅が拡大するなど、全体としては前向きに捉えられる結果であった

雇用関連統計14年1月~雇用情勢改善も非正規化は止まらず

雇用関連統計14年1月~雇用情勢改善も非正規化は止まらず | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計14年1月~雇用情勢改善も非正規化は止まらず 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は前月から横ばいの3.7%・新規求人倍率はリーマン・ショック前のピークに並ぶ総務省が2月28日に公表した労働力調査によると、14年1月の完全失業率

【1月米雇用統計】雇用増は+11.3万人、弱含みが続く

【1月米雇用統計】雇用増は+11.3万人、弱含みが続く | ニッセイ基礎研究所 【1月米雇用統計】雇用増は+11.3万人、弱含みが続く 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:今回も雇用増は低調だが、失業率は改善2月7日、米国労働省(BLS)は1月の雇用統計を公表した。1月の非農業部門雇用者数は前月対比で11.3万人の増

米12月雇用増は7.4万人と予想を大幅に下回るも、失業率は6.7%に改善

米12月雇用増は7.4万人と予想を大幅に下回るも、失業率は6.7%に改善 | ニッセイ基礎研究所 米12月雇用増は7.4万人と予想を大幅に下回るも、失業率は6.7%に改善 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米労働省発表の12月非農業事業雇用者は前月比7.4万人増と市場予想(19.7万人)を大きく下回り、2013年年間の月平均は18.2万人増と前年(18

2014年1月14日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用環境は悪天候により改善ペースが鈍化

トップレポート・コラム経済分析米国雇用環境は悪天候により改善ペースが鈍化 ここから本文です雇用環境は悪天候により改善ペースが鈍化2013年12月の米雇用統計:労働参加率の低下トレンドが続くサマリー◆2013年12月の非農業雇用者数は11月から増加幅が縮小し、前月差7.4万人増であった。前月差の6ヵ月平均は17万人と増加ペースの鈍化が示された。◆業種別に見ると、悪天候により建設業を筆頭に幅広い業種で雇用者数の増加幅縮小が見られた。年末商戦によって小売業など一部に雇用の増加幅が拡大した業種もあったが

2013年12月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

雇用環境は大幅改善

トップレポート・コラム経済分析米国雇用環境は大幅改善 ここから本文です雇用環境は大幅改善2013年11月の米雇用統計:質的改善の始まりかサマリー◆2013年11月の非農業雇用者数は10月から増加幅が拡大し、2ヵ月連続で前月差20万人台の増加となった。増加ペースの前月差の6ヵ月平均は18万人程度と増加ペースの加速が示された。◆業種別に見ると、民間・サービス部門が引き続き全体の雇用者数増加をけん引。民間・生産部門で増加幅の拡大が続いており、雇用増加の裾野の広がりが示唆される内容であった。また、連邦政

米9月雇用者は14.8万人と予想を下回るも、失業率は7.2%と5年ぶり低水準

米9月雇用者は14.8万人と予想を下回るも、失業率は7.2%と5年ぶり低水準 | ニッセイ基礎研究所 米9月雇用者は14.8万人と予想を下回るも、失業率は7.2%と5年ぶり低水準 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米労働省発表の9月非農業事業部門の雇用者は前月比14.8万人の増加と市場予想(18万人)を下回った。7-9月期の月平均は14.3万人増に留ま

2013年10月23日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の量的改善がトーンダウン

トップレポート・コラム経済分析米国雇用の量的改善がトーンダウン ここから本文です雇用の量的改善がトーンダウン2013年9月の米雇用統計: QE3縮小開始の重石サマリー◆2013年9月の非農業雇用者数は8月から増加幅が縮小した。増加ペースの前月差の6ヵ月平均は16万人程度と、雇用の改善ペース鈍化を示す内容であった。◆業種別に見ると、これまで雇用者数の増加を牽引してきた民間・サービス部門で増加ペースの鈍化が見られた。民間・生産部門は自動車を除く耐久財が増加したが、政策不透明感が、雇用増加を抑制してい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ