「失業率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

FOMC:利上げ前倒しの可能性が台頭

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC:利上げ前倒しの可能性が台頭 ここから本文ですFOMC:利上げ前倒しの可能性が台頭危機対応として始まった金融緩和政策の潮目サマリー◆3月18日から19日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)でQE3(量的緩和第3弾)の資産買い入れ規模を、さらに月あたり100億ドル減額することが決定された。2014年は資産買い入れ規模の縮小が続き、QE3は年内に完了するだろう。◆経済の現状判断は下方修正されたが、悪天候による一時的な停滞と評価され、FOMC参加者

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用統計の摩訶不思議 ~消えた緊急失業給付打ち切りの影響~

US Trends雇用統計の摩訶不思議発表日:2014年3月14日(金)~消えた緊急失業給付打ち切りの影響~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 昨年末に全米で135万人の緊急失業給付(EUC)が打ち切られたが、年明け後の雇用統計にその影響は現れていない。全米に先駆けてEUCが打ち切られたノースカロライナ州では、打ち切り後に労働参加率と失業率が低下している。他方、全米レベルでは、労働参加率と失業率が上昇し、想定されるものと間逆の動きが観察される。◇

2014年3月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 逆風弱まる、そして無用な混乱からも解放されるかもしれない

Global Market Outlook逆風弱まる、そして無用な混乱からも解放されるかもしれない2014年3月10日(月)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:27 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金(円)終値15120.1416,452.729,350.756,712.674,366.42前日

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 雇用情勢の緩やかな改善傾向を確認(14年2月雇用統計) ~雇用・景気の先行きに対する市場のモヤモヤ感は後退~

U.S.Indicators & Markets米国 雇用情勢の雇用情勢の緩やかな改善傾向改善傾向を傾向を確認(確認(14年2月雇用統計)雇用統計)発表日:201発表日:2014:2014年3月7日(金日(金)~雇用・雇用・景気の景気の先行き先行きに対する市場の市場のモヤモヤ感モヤモヤ感は後退~後退~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001米国雇用動向(The Employment Situation)失 業率 非農業部門 雇用者数製造 業

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

悪天候に負けない雇用改善

トップレポート・コラム経済分析米国悪天候に負けない雇用改善 ここから本文です悪天候に負けない雇用改善2014年2月の米雇用統計:失業率は8ヵ月ぶりに上昇サマリー◆2014年2月の非農業雇用者数は前月差17.5万人増であった。前月差の6ヵ月平均は17.7万人であり、2月の伸びはここ6ヵ月の雇用の増加トレンドと同程度であった。◆業種別に見ると、製造業の自動車関連や小売業などに悪天候の下押しが見られた。しかし、サービス部門全体の雇用者数は増加幅が拡大するなど、全体としては前向きに捉えられる結果であった

【1月米雇用統計】雇用増は+11.3万人、弱含みが続く

【1月米雇用統計】雇用増は+11.3万人、弱含みが続く | ニッセイ基礎研究所 【1月米雇用統計】雇用増は+11.3万人、弱含みが続く 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:今回も雇用増は低調だが、失業率は改善2月7日、米国労働省(BLS)は1月の雇用統計を公表した。1月の非農業部門雇用者数は前月対比で11.3万人の増加(前月:同+7.

2014年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 インフレが加速し難い経済構造 ~緩和的な金融政策の長期化を支援~

U.S.Trends米国 インフレがインフレが加速し加速し難い経済構造経済構造発表日:20発表日:2012014年1月21日21日(火)~緩和的緩和的なな金融政策金融政策のの長期化長期化をを支援~支援~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001ポイント○米国のCPIコアと失業率の関係をみると、70年代は高い物価上昇率と高い失業率が共存していた。しかし、80年代を通じて失業率が高くてもCPIコアが70年代ほど上昇しなくなった。さらに90年代半ば以

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

来月の雇用統計に向けて ~失業率には一段の低下圧力~

US Trends来月の雇用統計に向けて発表日:2014年1月15日(水)~失業率には一段の低下圧力~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 上院は14日、昨年末に打ち切られた緊急失業給付の延長法案を否決した。給付延長費用の捻出方法や延長の期間などを巡って、民主・共和党間の協議はひとまず物別れに終わった。◇ 失業給付の受給要件を満たすには、前週の求職活動実績が必要となる。緊急失業給付を打ち切られた受給者の一部は、求職活動を休止していることが考えられる。

米12月雇用増は7.4万人と予想を大幅に下回るも、失業率は6.7%に改善

米12月雇用増は7.4万人と予想を大幅に下回るも、失業率は6.7%に改善 | ニッセイ基礎研究所 米12月雇用増は7.4万人と予想を大幅に下回るも、失業率は6.7%に改善 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米労働省発表の12月非農業事業雇用者は前月比7.4万人増と市場予想(19.7万人)を大きく下回り、2013年年間の月平均は18.2万人増と前年(18

2014年1月14日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用環境は悪天候により改善ペースが鈍化

トップレポート・コラム経済分析米国雇用環境は悪天候により改善ペースが鈍化 ここから本文です雇用環境は悪天候により改善ペースが鈍化2013年12月の米雇用統計:労働参加率の低下トレンドが続くサマリー◆2013年12月の非農業雇用者数は11月から増加幅が縮小し、前月差7.4万人増であった。前月差の6ヵ月平均は17万人と増加ペースの鈍化が示された。◆業種別に見ると、悪天候により建設業を筆頭に幅広い業種で雇用者数の増加幅縮小が見られた。年末商戦によって小売業など一部に雇用の増加幅が拡大した業種もあったが

2013年12月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

減額開始後の世界 ~失業率の閾値接近でガイダンスの効き目が弱くなる~

減額開始後の世界 ~失業率の閾値接近でガイダンスの効き目が弱くなる~

2013年12月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 好機逸すべからず ~財政協議と減額開始を巡る連立方程式~

US Trends好機逸すべからず発表日:2013年12月13日(金)~財政協議と減額開始を巡る連立方程式~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 超党派の財政協議が合意に至り、下院で予算案が可決したことで、政府機関の再閉鎖は回避される可能性が高まった。量的緩和の減額開始のタイミングを考えるうえでも、来年2月に期限を迎える債務上限の引き上げの行方や、年末に打ち切られる失業給付の延長措置の行方に注目が集まる。◇ 量的緩和の減額開始の条件は整いつつある。個

2013年12月11日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

失業率6.5%までの近道 ~失業給付の延長措置が打ち切られれば失業率に新たな低下圧力~

失業率6.5%までの近道 ~失業給付の延長措置が打ち切られれば失業率に新たな低下圧力~

2013年12月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

雇用環境は大幅改善

トップレポート・コラム経済分析米国雇用環境は大幅改善 ここから本文です雇用環境は大幅改善2013年11月の米雇用統計:質的改善の始まりかサマリー◆2013年11月の非農業雇用者数は10月から増加幅が拡大し、2ヵ月連続で前月差20万人台の増加となった。増加ペースの前月差の6ヵ月平均は18万人程度と増加ペースの加速が示された。◆業種別に見ると、民間・サービス部門が引き続き全体の雇用者数増加をけん引。民間・生産部門で増加幅の拡大が続いており、雇用増加の裾野の広がりが示唆される内容であった。また、連邦政

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

失業率7%後の世界は謎に包まれたまま ~見通しはタカ派でも、利上げ時期を巡る方針は中立~

EU Trends失業率7%後の世界は謎に包まれたまま発表日:2013年11月14日(木)~見通しはタカ派でも、利上げ時期を巡る方針は中立~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ このところの景気上振れ・物価下振れを受け、BOEは経済成長率の見通しを上方修正した一方、物価見通しを下方修正した。失業率が利上げを判断する閾値である7%に低下する時期も、市場参加者の政策金利の見通しを前提とした場合で2015年7-9月期に、政策金利が据え置かれることを前提とし

2013年11月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 雇用上振れも回復の持続性を見極めるには材料不足(13年10月雇用統計) ~失業率は参加率の低下がなければ7.8%に悪化~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 雇用上振れも雇用上振れも回復の持続性を見極めるに上振れも回復の持続性を見極めるには回復の持続性を見極めるには材料不足(材料不足(13年13年10月10月雇用統計)雇用統計)発表日:201発表日:2013:2013年11月8日(金日(金)~失業率は参加率の低下がなければ失業率は参加率の低下がなければ7.8は参加率の低下がなければ7.8%に悪化7.8%に悪化~%に悪化~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-5221

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

贅沢な悩みになってしまった「雇用統計が強すぎると・・・」

Financial Trends贅沢な悩みになってしまった「雇用統計が強すぎると・・・」2013年10月29日(火)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523夏場に米10年金利が3%を目指した局面でしばしば話題になったのが、「米経済指標が強すぎると、Tapering観測が高まり、米金利が急上昇し米株が下落、それが円高・日本株安を招き、同時に新興国はトリプル安に陥る」といった観測だ。しかし、今やこれは贅沢な悩みとなってしまった。雇用統計は7月から市場予想を下振れつつ軟

米9月雇用者は14.8万人と予想を下回るも、失業率は7.2%と5年ぶり低水準

米9月雇用者は14.8万人と予想を下回るも、失業率は7.2%と5年ぶり低水準 | ニッセイ基礎研究所 米9月雇用者は14.8万人と予想を下回るも、失業率は7.2%と5年ぶり低水準 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米労働省発表の9月非農業事業部門の雇用者は前月比14.8万人の増加と市場予想(18万人)を下回った。7-9月期の月平均は14.3万人増に留ま

2013年10月23日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の量的改善がトーンダウン

トップレポート・コラム経済分析米国雇用の量的改善がトーンダウン ここから本文です雇用の量的改善がトーンダウン2013年9月の米雇用統計: QE3縮小開始の重石サマリー◆2013年9月の非農業雇用者数は8月から増加幅が縮小した。増加ペースの前月差の6ヵ月平均は16万人程度と、雇用の改善ペース鈍化を示す内容であった。◆業種別に見ると、これまで雇用者数の増加を牽引してきた民間・サービス部門で増加ペースの鈍化が見られた。民間・生産部門は自動車を除く耐久財が増加したが、政策不透明感が、雇用増加を抑制してい

2013年10月2日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2013年8月) ~失業率は上昇も、雇用環境は緩やかに改善~

労働力調査・一般職業紹介状況(2013年8月) ~失業率は上昇も、雇用環境は緩やかに改善~

雇用関連統計13年8月 ~失業率は急上昇も雇用情勢の改善基調は維持

雇用関連統計13年8月 ~失業率は急上昇も雇用情勢の改善基調は維持 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年8月 ~失業率は急上昇も雇用情勢の改善基調は維持 経済研究部 経済調査部長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は0.3ポイント上昇の4.1%・製造業の求人増が続総務省が10月1日に公表した労働力調査によると、13年8

2013年9月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 雇用の増加基調鈍化等によりQE3減額は先送りへ(13年8月雇用統計) ~失業率は表面的な改善~

米国 雇用の増加基調鈍化等によりQE3減額は先送りへ(13年8月雇用統計) ~失業率は表面的な改善~

2013年9月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の量的改善は鈍化傾向か

トップレポート・コラム経済分析米国雇用の量的改善は鈍化傾向か ここから本文です雇用の量的改善は鈍化傾向か2013年8月の米雇用統計: 金融政策に慎重な判断を求める内容サマリー◆2013年8月の非農業雇用者数は7月から増加幅が拡大した。しかし、過去2ヵ月分のデータが大幅に下方修正されたため、前月差の6ヵ月平均は16万人程度と、雇用の改善ペースが鈍化した可能性がある。◆業種別に見ると、これまで雇用者数の増加を牽引してきた民間サービス部門で増加ペースの鈍化が見られた。また、販売が好調な自動車関連を除く

雇用関連統計13年7月 ~製造業の雇用者数が増加に転じる

雇用関連統計13年7月 ~製造業の雇用者数が増加に転じる | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年7月 ~製造業の雇用者数が増加に転じる 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・製造業の雇用者数が増加に転じる・需要不足失業はほぼ解消総務省が8月30日に公表した労働力調査によると、13年7月の完全失業率は前月か

2013年8月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:英国労働統計・MPC議事録 ~縮まる利上げへの距離感~田中

EU Indicators欧州経済指標コメント:英国労働統計・MPC議事録発表日:2013年8月15日(木)~縮まる利上げへの距離感~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 14日に発表された4~6月平均の英国の失業率(労働力調査基準)は7.8%と前月(3~5月平均)から横ばい。同計数はBOEが新たに導入したフォワード・ガイダンスの閾値。失業率が7%を下回るまでは、政策金利の引き上げや資産購入プログラムの規模縮小を行わない方針。・ BOEが判定に用いる

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪州、内需の弱さが利下げを後押し(Asia Weekly (8/5~8/9)) ~韓国銀行は過去の利下げや経済対策の効果を様子見する姿勢~

1/5ASIA Indicators定例経済指標レポート豪州、内需の弱さが利下げを後押し(Asia Weekly (8/5~8/9))~韓国銀行は過去の利下げや経済対策の効果を様子見する姿勢~発表日:2013 年 8 月 9 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+0.08%+0.60%+0.60%(豪州)6 月小売売上高(前月比/季調済)+0.0%+0.4%+0.2%(マレーシ

イングランド銀行のフォワード・ガイダンス-失業率7%が超低金利政策解除の目処-

イングランド銀行のフォワード・ガイダンス-失業率7%が超低金利政策解除の目処- | ニッセイ基礎研究所 イングランド銀行のフォワード・ガイダンス-失業率7%が超低金利政策解除の目処- 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら イングランド銀行(BOE)が「失業率が7%を下回るまで超低金利政策を継続する」フォワード・ガイダンスを導入した

2013年8月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 雇用の回復ペースは予想を下振れ(13年7月雇用統計) ~失業率は職探しを諦めた人やパート労働者の増加により低下~

米国 雇用の回復ペースは予想を下振れ(13年7月雇用統計) ~失業率は職探しを諦めた人やパート労働者の増加により低下~

2013年8月6日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

失業率の低下を前向きに評価

トップレポート・コラム経済分析米国失業率の低下を前向きに評価 ここから本文です失業率の低下を前向きに評価2013年7月の米雇用統計:ただし質的改善は緒に就いたばかりサマリー◆2013年7月の非農業雇用者数は6月から増加幅が縮小し、前月差16.2万人増となった。6ヵ月平均で見れば、前月差20万人増程度となっている。雇用環境は緩やかに改善しているとの見方に変更はない。◆業種分類別に見ると、政府部門は地方政府の雇用拡大などにより増加に転じ、民間・サービス部門は引き続き全体を押し上げた。一方で、民間・生

雇用関連統計13年6月 ~失業率は4年8カ月ぶりの3%台

雇用関連統計13年6月 ~失業率は4年8カ月ぶりの3%台 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年6月 ~失業率は4年8カ月ぶりの3%台 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は4年8ヵ月ぶりの3%台・製造業の新規求人数が13ヵ月ぶりの増加総務省が7月30日に公表した労働力調査によると、13年6月の完

米国経済(週次)予測(2013年7月19日)

米国経済(週次)予測(2013年7月19日)<失業率の6.5%はthresholds(基準値)かtriggers(起点)か?>2013-07-22 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年7月19日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

欧州:若年失業者の憂慮すべき増加

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州:若年失業者の憂慮すべき増加 ここから本文です欧州:若年失業者の憂慮すべき増加「学校は出たけれど」サマリー◆EUにおける若年失業率は憂慮すべき高さとなっている。2013年6月のEU首脳会議でも若年失業者問題が主要議題として取り上げられ、対策案への合意もみられた。しかし、次世代を担う若者が現実に直面している危機の大きさに比べ、あまりにも小さな対策予算の規模を憂う声もある。◆若年失業率が高い原因として経済の低迷、教育と労働市場のミスマッチ、労働市場の硬直性などが

2013年7月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

雇用者数の改善ペースは速かった

トップレポート・コラム経済分析米国雇用者数の改善ペースは速かった ここから本文です雇用者数の改善ペースは速かった2013年6月の雇用統計:ただし質的改善は始まったばかりサマリー◆2013年6月の非農業雇用者数は5月と同じ前月差19.5万人増であった。業種分類別に見ると、政府部門は歳出の強制削減などによって引き続き減少、民間・生産部門では製造業に先行きの不透明感が高まる内容であった。一方で、民間・サービス部門はレジャー・娯楽などの業種が雇用の増加を牽引し、引き続き堅調な伸びであった。◆失業率は7.

2013年7月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米6月雇用者は19.5万人増と予想を上回る一方、失業率は7.6%と横ばい

米6月雇用者は19.5万人増と予想を上回る一方、失業率は7.6%と横ばい | ニッセイ基礎研究所 米6月雇用者は19.5万人増と予想を上回る一方、失業率は7.6%と横ばい 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米労働省発表の6月非農業事業部門の雇用者は前月比19.5万人の増加と市場予想(16.5万人)を上回った。また、前2ヵ月で計7万人の上方改定が行われ、

2013年6月30日厚生労働省★フィードバック数:4キャリアとスキル

統計分析です。

失業率と他の経済指標の関係

失業率と他の経済指標の関係

2013年6月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済 改善続くも強弱入り混じる内容

トップレポート・コラム経済分析米国改善続くも強弱入り混じる内容 ここから本文です改善続くも強弱入り混じる内容2013年5月の雇用統計:失業率は0.1%ポイント上昇サマリー◆2013年5月の非農業雇用者数は前月差17.5万人増と、4月から増加幅が拡大した。業種分類別にみると、政府部門は歳出の強制削減などによって引き続き減少、民間・生産部門では製造業に先行きの不透明感が高まる内容であった。一方で、民間・サービス部門は引き続き増加した。◆失業率は7.6%と4月から0.1%ポイント上昇したが、要因は労働

タイ経済の現状と今後の展望

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2013年5月8日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

米国経済 改善する雇用統計に力強さはない

トップレポート・コラム経済分析米国改善する雇用統計に力強さはない ここから本文です改善する雇用統計に力強さはない2013年4月の雇用統計:失業率は7.5%へ低下サマリー◆2013年4月の非農業雇用者数は前月差16.5万人増と、3月から増加幅が拡大した。過去2ヵ月分は合計で11.4万人上方修正された。◆分類別に見ると、歳出の強制削減の影響などから政府部門は引き続き減少した。一方で、民間部門は建設業の減少や製造業の足踏みがあったものの、小売業などのサービス業が全体を牽引し増加幅が拡大した。◆失業率は

2013年5月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1キャリアとスキル海外

米4月雇用者は16.5万人増と予想を上回り、失業率は7.5%に低下

米4月雇用者は16.5万人増と予想を上回り、失業率は7.5%に低下 | ニッセイ基礎研究所 米4月雇用者は16.5万人増と予想を上回り、失業率は7.5%に低下 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米労働省発表の4月非農業事業部門の雇用者は前月比16.5万人の増加と市場予想(14万人)を上回った。また、前2ヵ月で計11.4万人の上方改定が行われ、今年1-3

2013年4月17日経済産業研究所フィードバック数:11キャリアとスキル

同期入社の社員数が昇進並びに賃金に与える影響

ノンテクニカルサマリー 同期入社の社員数が昇進並びに賃金に与える影響 荒木 祥太 (一橋大学) 加藤 隆夫 (コルゲート大学) 川口 大司 (ファカルティフェロー) 大湾 秀雄 (ファカルティフェロー) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所と

2013年4月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2キャリアとスキル海外

米3月雇用者は8.8万人増と予想を大きく下回り、9ヵ月ぶりの低水準に

米3月雇用者は8.8万人増と予想を大きく下回り、9ヵ月ぶりの低水準に | ニッセイ基礎研究所 米3月雇用者は8.8万人増と予想を大きく下回り、9ヵ月ぶりの低水準に 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米労働省が発表した3月非農業事業部門の雇用者は前月比8.8万人の増加と市場予想(19万人)を大きく下回った。ただし、前2ヵ月で計6.1万人の上方修正が行われ

2013年4月9日大和総研フィードバック数:1キャリアとスキル海外

米雇用環境の改善ペース鈍化は一時的?

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用環境の改善ペース鈍化は一時的? ここから本文です米雇用環境の改善ペース鈍化は一時的?2013年3月雇用統計:財政問題による影響がじわりサマリー◆2013年3月の非農業雇用者数は前月差8.8万人増、9ヶ月ぶりに10万人台の増加幅を下回り、市場予想も大幅に下回った。過去2ヶ月分は6.1万人の上方修正であったが、3月の増加幅縮小を補うほどではなかった。◆分類別にみると、政府部門は再び減少に転じた。歳出の強制削減が決まったことなどにより今後も雇用削減ペースは加速す

2013年4月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 ヘッドラインは急激に鈍化したが緩やかな回復基調は変わらず(2013年3月雇用統計) ~失業率の低下は職探しを諦めた人の増加による見せかけの改善~

米国 ヘッドラインは急激に鈍化したが緩やかな回復基調は変わらず(2013年3月雇用統計) ~失業率の低下は職探しを諦めた人の増加による見せかけの改善~

2013年4月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1キャリアとスキル

改正高年齢者雇用安定法の施行と若年失業

改正高年齢者雇用安定法の施行と若年失業 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 改正高年齢者雇用安定法の施行と若年失業改正高年齢者雇用安定法の施行と若年失業 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 高年齢者雇用安定法(高年齢者等の雇用の安定等に関する法律)が改正され、4月から施行さ

2013年3月12日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 雇用増も著しい改善には時間が必要(13年2月雇用統計) ~失業率は表面的な改善

米国 雇用増も著しい改善には時間が必要(13年2月雇用統計) ~失業率は表面的な改善

2013年3月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

強いドルは(日本の)国益

Global Market Outlook強いドルは(日本の)国益2013年3月11日(月)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452315:23 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン終値12349.051039.9814,397.077,986.476,483.583,840.152

2013年3月12日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用環境は改善ペースが加速

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用環境は改善ペースが加速 ここから本文です米雇用環境は改善ペースが加速2013年2月雇用統計:今後は労働参加率の変動に注目サマリー◆2013年2月の非農業雇用者数は前月差23.6万人増、2ヶ月ぶりに20万人台の増加幅となり市場予想を上回った。過去2ヶ月分の雇用者数は合計では1.5万人の下方修正であったが、昨年末から雇用者数の増加ペースが加速していることからポジティブな内容と捉えている。◆分類別にみると、政府部門は引き続き減少した。今後も歳出の一律削減が決まっ

2013年2月22日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:39キャリアとスキル

改正高年齢者雇用安定法の施行と若年失業

改正高年齢者雇用安定法の施行と若年失業 | ニッセイ基礎研究所 改正高年齢者雇用安定法の施行と若年失業 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 高年齢者雇用安定法(高年齢者等の雇用の安定等に関する法律)が改正され、4月から施行される。これまでは、事業主が高年齢者雇用確保措置として継続雇用制度を導入する場合

2013年1月8日大和総研フィードバック数:1社会/政治

米国の雇用環境は緩やかに改善

トップレポート・コラム経済分析米国米国の雇用環境は緩やかに改善 ここから本文です米国の雇用環境は緩やかに改善2012年12月の雇用統計:失業率は7.8%で横ばいサマリー◆2012年12月の非農業雇用者数は前月差15.5万人増となり、市場予想とほぼ同じ増加幅であった。2012年は1年間で183.5万人の雇用者数が増加した。2011年とおおむね同じ増加幅であり、雇用の加速を示す1年ではなかったが、雇用環境は緩やかに改善していると言えるだろう。◆失業率は前月から変わらず7.8%となった。ただし、より詳

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ