「失業者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月20日北海道フィードバック数:0社会/政治

労働力調査結果(平成29年第3四半期[7~9月期]平均)(北海道)

最終更新日:2017年11月06日(月)(平成29年第3四半期[7~9月期]平均)1 労働力人口北海道の労働力人口(就業者と完全失業者の合計)は269万人で、前年同期に比べ3万人減少した。 男女別にみると、男性は149万人、女性は120万人で、前年同期に比べ男性・女性ともに1万人減少した。 また、非労働力人口は204万人で、前年同期に比べ1万人増加した。2 就業者就業者数は260万人で、前年同期に比べ2万人減少した。 男女別にみると、男性は144万人、女性は116万人で、前年同期に比べ男性は同数

【10月米雇用統計】雇用者数は前月比26.1万人増、前月から大幅増加も市場予想は下回る

【10月米雇用統計】雇用者数は前月比26.1万人増、前月から大幅増加も市場予想は下回る | ニッセイ基礎研究所 【10月米雇用統計】雇用者数は前月比26.1万人増、前月から大幅増加も市場予想は下回る 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数は市場予想を下回る一方、失業率は00年12月以来の水準に低下 11月3日、

2015年5月28日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

「東京の労働力」平成27年1~3月期平均結果

「東京の労働力」(平成27年1〜3月期平均結果)平成27年5月27日総務局 「労働力調査」(総務省統計局所管)の東京都分について、平成27年1〜3月期平均の集計結果を公表します。結果の概要は、次のとおりです。東京都の完全失業率 3.8%前年同期に比べ0.2ポイント上昇した。 主な動き労働力人口 東京都の労働力人口は756万人で、前年同期に比べ4万2千人(0.6%)増加した。男女別にみると、男性は前年同期に比べ2万人(0.5%)、女性は2万3千人(0.7%)、いずれも増加した。就業者数 東京都の就

2015年5月11日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

悪天候要因から回復してきた米国の雇用

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 悪天候要因から回復してきた米国の雇用2015年4月の米雇用統計:製造業の回復は緩慢なまま 2015年5月11日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆4月の非農業部門雇用者数は前月から22.3万人増加した。雇用者数の増加ペースは回復したが、過去分は大幅に下方修正された。業種別では、企業向けサービス、教育・医療、建設などで雇用が増え、鉱業・林業などの雇用者数は引き続き減少した。◆失

2015年3月13日埼玉県フィードバック数:0キャリアとスキル

埼玉県の労働力調査結果(平成26年平均)

ここから本文です。埼玉県の労働力調査結果(平成26年平均)について 部局名:総務部課所名:統計課担当名:人口統計担当担当者名:木村、佐藤、田島 - 労働力人口が4年ぶりに増加 - 結果の概要は次のとおりです。1 本県の労働力人口は、4年ぶりに増加し、376万8千人 完全失業者は減少傾向2 完全失業率は3.5%で全国平均を下回る 労働力人口=就業者+完全失業者 就業者=仕事があった者(休業者含む) 完全失業者=仕事がなく、仕事を探していた者 完全失業率=(完全失業者/労働力人口)×100※ 詳

2015年3月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

市場変動の影響を受けた時給と労働時間

トップレポート・コラム経済分析米国市場変動の影響を受けた時給と労働時間 ここから本文です市場変動の影響を受けた時給と労働時間2015年2月の米雇用統計:雇用者数の増勢回復サマリー◆2月の非農業部門雇用者数は前月から29.5万人増加した。雇用者数の増勢は回復し、1月の鈍化は一時的であったとみられる。業種別では、娯楽・レジャー、教育・医療、企業向けサービスなどで雇用が増え、鉱業・林業などの雇用者数は減少した。◆失業率は5.5%と前月から0.2%ポイント低下した。職探しを諦めた人が増えたことが主要因だ

2015年2月27日北海道フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査結果(平成26年平均)

最終更新日:2015年2月27日(金)▲労働力調査のトップページ労働力調査結果(平成26年平均)1 労働力人口北海道の労働力人口(就業者と完全失業者の合計)は265万人で、前年に比べ2万人減少した。 男女別にみると、男性は151万人、女性は114万人で、前年に比べ男女とも1万人減少した。 また、非労働力人口は213万人で、前年に比べ増減なしとなった。2 就業者就業者数は254万人で、前年に比べ1万人減少した。 男女別にみると、男性は146万人、女性は109万人で、前年に比べ男性は増減なし、女性は

2015年2月27日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

「東京の労働力」平成26年10~12月期平均結果

「東京の労働力」(平成26年10〜12月期平均結果)平成27年2月26日総務局「労働力調査」(総務省統計局所管)の東京都分について、平成26年10〜12月期平均の集計結果を公表します。結果の概要は、次のとおりです。東京都の完全失業率 3.7%前年同期に比べ0.1ポイント低下した。 主な動き労働力人口 東京都の労働力人口は762万6千人で、前年同期に比べ13万人(1.7%)増加した。男女別にみると、男性は前年同期に比べ8万4千人(2.0%)、女性は4万6千人(1.4%)、いずれも増加した。就業者

2015年2月27日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

東京の労働力(26年平均結果)

「東京の労働力」(平成26年平均結果)平成27年2月26日総務局 「労働力調査」(総務省統計局所管)の東京都分について、平成26年平均の集計結果を公表します。結果の概要は、次のとおりです。東京都の完全失業率 3.8%前年に比べ0.4ポイント低下した。 主な動き労働力人口 東京都の労働力人口は759万9千人で、前年に比べ12万4千人(1.7%)増加した。男女別にみると、男性は435万3千人で3万8千人(0.9%)、女性は324万7千人で8万7千人(2.8%)、いずれも増加した。就業者数 東京都の

2015年2月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数の増加基調強まる

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用者数の増加基調強まる ここから本文です米雇用者数の増加基調強まる2015年1月の米雇用統計:平均時給は大幅に増加サマリー◆1月の非農業部門雇用者数は前月から25.7万人増加した。過去分は上方修正され、雇用者数の増加基調は強まっているとみられる。業種別では、小売、建設、教育・医療、金融などで雇用が増え、鉱業・林業などの雇用者数は減少した。◆失業率は5.7%と前月から0.1%ポイント上昇した。自己都合による失業者、新たに職探しを始めた、あるいは再び職探しを始め

米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか

米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか | ニッセイ基礎研究所 米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国の中央銀行であるFRBは、金融政策における政策目標として、多くの中央銀行が掲げる「物価の安

【2014年11月米雇用統計】雇用者数の増加だけでなく、文句なしに良い結果

【11月米雇用統計】雇用者数の増加だけでなく、文句なしに良い結果 | ニッセイ基礎研究所 【11月米雇用統計】雇用者数の増加だけでなく、文句なしに良い結果 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:予想を大幅に上回り、12年1月以来の30万人超12月5日、米国労働省(BLS)は11月の雇用統計を公表した。11月の非農業部門

2014年11月26日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

「東京の労働力」平成26年7~9月期平均結果

「東京の労働力」(平成26年7〜9月期平均結果)平成26年11月26日総務局 「労働力調査」(総務省統計局所管)の東京都分について、平成26年7〜9月期平均の集計結果を公表します。結果の概要は、次のとおりです。東京都の完全失業率 4.0%前年同期に比べ0.3ポイント低下した。 主な動き労働力人口 東京都の労働力人口は754万人で、前年同期に比べ12万2千人(1.6%)増加した。男女別にみると、男性は前年同期に比べ5万7千人(1.3%)、女性は6万5千人(2.1%)それぞれ増加した。就業者数 東

2014年8月26日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

「東京の労働力」26年4~6月期平均の集計結果

「東京の労働力」(平成26年4〜6月期平均結果)平成26年8月26日総務局 「労働力調査」(総務省統計局所管)の東京都分について、平成26年4〜6月期平均の集計結果を公表します。結果の概要は、次のとおりです。東京都の完全失業率 3.8%前年同期に比べ0.4ポイント低下した。 主な動き (統計表第1表、統計表第2表、参考表)労働力人口 東京都の労働力人口は771万4千人で、前年同期に比べ14万6千人(1.9%)増加した。男女別にみると、男性は前年同期に比べ増減はなく、女性は14万6千人(4.6%

2014年6月27日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年5月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本5月雇用統計 ここから本文です5月雇用統計就業者数の大幅な増加が失業率を押し下げサマリー◆2014年5月の完全失業率(季節調整値)は3.5%となり、前月から0.1%pt低下した。失業者数は前月差▲3万人と減少するなか、就業者数は同+35万人と増加した。非労働力人口は同▲30万人と減少した。労働需給が極めてタイトな状況のなか、失業者数が減少し、就業者数が大幅に増加しており、良好な結果であった。◆2014年5月の有効求人倍率(季節調整値)は1.09倍と前月から0.0

雇用関連統計14年5月~雇用情勢は改善傾向が継続

雇用関連統計14年5月~雇用情勢は改善傾向が継続 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計14年5月~雇用情勢は改善傾向が継続 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は前月から0.1ポイント低下の3.5%・雇用情勢は改善傾向が継続総務省が6月27日に公表した労働力調査によると、14年5月の完全失業率は前月か

2014年6月10日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

景気後退前の水準に戻った米国の雇用者数

トップレポート・コラム経済分析米国景気後退前の水準に戻った米国の雇用者数 ここから本文です景気後退前の水準に戻った米国の雇用者数2014年5月の米雇用統計:しかし賃金上昇圧力は限定的サマリー◆2014年5月の非農業部門雇用者数は前月差21.7万人増と、前月(同28.2万人増)から増加幅が縮小したが、4ヵ月連続で20万人台の増加となった。悪天候の下押しやその反動増を経て、なおも雇用の量的改善が続いていることが示された。◆失業率は6.3%と前月から横ばいで、失業者数は僅かに増加したが、平均失業期間の

2014年5月27日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

「東京の労働力」(平成26年1~3月期平均結果)

「東京の労働力」(平成26年1〜3月期平均結果)平成26年5月26日総務局 「労働力調査」(総務省統計局所管)の東京都分について、平成26年1〜3月期平均の集計結果を公表します。結果の概要は、次のとおりです。東京都の完全失業率 3.6%前年同期に比べ0.8ポイント低下した。 主な動き労働力人口 東京都の労働力人口は751万8千人で、前年同期に比べ9万9千人(1.3%)増加した。男女別にみると、男性は前年同期に比べ8千人(0.2%)、女性は9万人(2.9%)それぞれ増加した。就業者数 東京都の就

2014年5月23日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足は良いことです

トップレポート・コラムコラム人手不足は良いことです ここから本文です人手不足は良いことです労働需給が次第にタイトになり、人手不足に悩む企業が増えているようだ。3月の完全失業率は3.6%に低下。性別では男性が3.7%、女性が3.4%と、前回の景気回復期でもっとも失業率が改善した水準に男女とも並んだ。失業者数は雇用情勢が大きく悪化した2009年7-9月期から2014年1-3月期までに122万人減少し、237万人となった。このまま労働市場が引き締まっていけば、やがて広範囲で賃金は上がり始めるはずだが、

2014年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用関連統計14年3月~雇用情勢の改善続くが、4月以降は足踏みの可能性も

雇用関連統計14年3月~雇用情勢の改善続くが、4月以降は足踏みの可能性も | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計14年3月~雇用情勢の改善続くが、4月以降は足踏みの可能性も 経済研究部 主席研究員・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は前月から横ばいの3.6%・4月以降は雇用情勢の改善が足踏みとなる可能性も総務省が5月2日に公表

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

悪天候に負けない雇用改善

トップレポート・コラム経済分析米国悪天候に負けない雇用改善 ここから本文です悪天候に負けない雇用改善2014年2月の米雇用統計:失業率は8ヵ月ぶりに上昇サマリー◆2014年2月の非農業雇用者数は前月差17.5万人増であった。前月差の6ヵ月平均は17.7万人であり、2月の伸びはここ6ヵ月の雇用の増加トレンドと同程度であった。◆業種別に見ると、製造業の自動車関連や小売業などに悪天候の下押しが見られた。しかし、サービス部門全体の雇用者数は増加幅が拡大するなど、全体としては前向きに捉えられる結果であった

2014年2月28日東京都★フィードバック数:0キャリアとスキル

東京の統計です。

東京の労働力(25年平均結果)

「東京の労働力」(平成25年平均結果)平成26年2月27日総務局 「労働力調査」(総務省統計局所管)の東京都分について、平成25年平均の集計結果を公表します。結果の概要は、次のとおりです。東京都の完全失業率 4.2%前年に比べ0.3ポイント低下した。 主な動き労働力人口 東京都の労働力人口は747万5千人で、前年に比べ6万9千人(0.9%)増加した。男女別にみると、男性は431万5千人で1万3千人(0.3%)減少し、女性は316万人で8万2千人(2.7%)増加した。就業者数 東京都の就業者数は

2014年2月28日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

「東京の労働力」25年10~12月期平均の集計結果

「東京の労働力」(平成25年10〜12月期平均結果)平成26年2月27日総務局 「労働力調査」(総務省統計局所管)の東京都分について、平成25年10〜12月期平均の集計結果を公表します。結果の概要は、次のとおりです。東京都の完全失業率 3.8%前年同期に比べ0.4ポイント低下した。 主な動き労働力人口 東京都の労働力人口は749万6千人で、前年同期に比べ16万2千人(2.2%)増加した。男女別にみると、男性は1万人(0.2%)減少し、女性は17万2千人(5.6%)増加した。就業者数 東京都の就

2014年1月14日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用環境は悪天候により改善ペースが鈍化

トップレポート・コラム経済分析米国雇用環境は悪天候により改善ペースが鈍化 ここから本文です雇用環境は悪天候により改善ペースが鈍化2013年12月の米雇用統計:労働参加率の低下トレンドが続くサマリー◆2013年12月の非農業雇用者数は11月から増加幅が縮小し、前月差7.4万人増であった。前月差の6ヵ月平均は17万人と増加ペースの鈍化が示された。◆業種別に見ると、悪天候により建設業を筆頭に幅広い業種で雇用者数の増加幅縮小が見られた。年末商戦によって小売業など一部に雇用の増加幅が拡大した業種もあったが

2013年10月23日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の量的改善がトーンダウン

トップレポート・コラム経済分析米国雇用の量的改善がトーンダウン ここから本文です雇用の量的改善がトーンダウン2013年9月の米雇用統計: QE3縮小開始の重石サマリー◆2013年9月の非農業雇用者数は8月から増加幅が縮小した。増加ペースの前月差の6ヵ月平均は16万人程度と、雇用の改善ペース鈍化を示す内容であった。◆業種別に見ると、これまで雇用者数の増加を牽引してきた民間・サービス部門で増加ペースの鈍化が見られた。民間・生産部門は自動車を除く耐久財が増加したが、政策不透明感が、雇用増加を抑制してい

2013年8月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:6月ユーロ圏、7月ドイツ失業率 ~2年2ヶ月振りに失業者が減少、雇用情勢にも薄明かり~

欧州経済指標コメント:6月ユーロ圏、7月ドイツ失業率 ~2年2ヶ月振りに失業者が減少、雇用情勢にも薄明かり~

2013年7月19日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

欧州:若年失業者の憂慮すべき増加

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州:若年失業者の憂慮すべき増加 ここから本文です欧州:若年失業者の憂慮すべき増加「学校は出たけれど」サマリー◆EUにおける若年失業率は憂慮すべき高さとなっている。2013年6月のEU首脳会議でも若年失業者問題が主要議題として取り上げられ、対策案への合意もみられた。しかし、次世代を担う若者が現実に直面している危機の大きさに比べ、あまりにも小さな対策予算の規模を憂う声もある。◆若年失業率が高い原因として経済の低迷、教育と労働市場のミスマッチ、労働市場の硬直性などが

2013年7月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

雇用者数の改善ペースは速かった

トップレポート・コラム経済分析米国雇用者数の改善ペースは速かった ここから本文です雇用者数の改善ペースは速かった2013年6月の雇用統計:ただし質的改善は始まったばかりサマリー◆2013年6月の非農業雇用者数は5月と同じ前月差19.5万人増であった。業種分類別に見ると、政府部門は歳出の強制削減などによって引き続き減少、民間・生産部門では製造業に先行きの不透明感が高まる内容であった。一方で、民間・サービス部門はレジャー・娯楽などの業種が雇用の増加を牽引し、引き続き堅調な伸びであった。◆失業率は7.

2013年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1キャリアとスキル

雇用関連統計13年4月 ~改善する雇用情勢

雇用関連統計13年4月 ~改善する雇用情勢 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年4月 ~改善する雇用情勢 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・改善する雇用情勢・3%台の失業率が視野に入る総務省が5月31日に公表した労働力調査によると、13年4月の完全失業率は前月から横ばいの4.1%となった。労働力人口

2013年4月18日大和総研フィードバック数:1社会/政治

経済指標の要点(2013/3/16~4/16発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(3/16~4/16発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(3/16~4/16発表統計分)サマリー◆2013年2月の企業関連の指標は、これまでの減速傾向からの転換を期待させる内容であった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比+0.6%と3ヶ月連続の上昇となった。先行きに関しても増産を見込んでいることから、生産は持ち直しつつあるといえる。輸出金額は前年比▲2.9%と、2ヶ月ぶりの前年割れとなった。ただし、前年のうるう年や、中国の春節という特殊

2013年4月1日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月雇用統計 ここから本文です2月雇用統計失業率は悪化も、改善基調は継続サマリー◆2月の完全失業率(季節調整値)は4.3%となり、前月から0.1%pt 悪化した。失業者数は前月から5万人増加したものの、就業者数は9万人の増加となった。2月の有効求人倍率(季節調整値)は0.85 倍となり前月と同水準であった。今月の失業者数の増加は、労働市場の改善を写し、非労働力人口の労働力化が進んだことが一部寄与したと考えられる。そのため、雇用関連統計を総じて見ると、改善基調が引

2013年3月4日経済産業研究所フィードバック数:8キャリアとスキル

非正規労働者の雇用転換-正社員化と失業化

非正規労働者の雇用転換-正社員化と失業化 久米 功一(名古屋商科大学) /鶴 光太郎(ファカルティフェロー) 概要非正規雇用は、無業者・失業者を雇用につなぎ、さらに正社員へ転換するステップとしての役割が期待されている。本稿では、非正規雇用を主な対象とするWebアンケート調査の結果を用いて、非正規雇用から正社員あるいは失業に転じる場合の決定要因について、雇用形態や留保賃金の違いに注目して実証的に分析した。その結果、前職が契約社員、卒業直後に正社員、前職の労働時間が長い、企業規模が小さい、人的

2013年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1キャリアとスキル

雇用関連統計12年12月~雇用情勢は依然厳しいが、春以降は改善へ

雇用関連統計12年12月~雇用情勢は依然厳しいが、春以降は改善へ | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計12年12月~雇用情勢は依然厳しいが、春以降は改善へ 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は前月から0.1ポイント上昇の4.2%・有効求人倍率は5ヵ月ぶりの改善総務省が2月1日に公表した労働力調査によ

2013年2月4日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

12月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月雇用統計 ここから本文です12月雇用統計底堅い動きを継続サマリー◆2012年12月の完全失業率(季節調整値)は4.2%となり、前月から0.1%pt悪化した。就業者数の減少に加え、失業者数が増加していることを考慮すると内容は良くない。12月の有効求人倍率(季節調整値)は0.82倍となり前月から0.02pt改善した。雇用関連統計を単月でみると、就業者数の減少と失業者数の増加から、内容は良くなかったと考える。しかし、均してみると、失業率は横ばいで推移しており、底

2013年1月8日大和総研フィードバック数:1社会/政治

米国の雇用環境は緩やかに改善

トップレポート・コラム経済分析米国米国の雇用環境は緩やかに改善 ここから本文です米国の雇用環境は緩やかに改善2012年12月の雇用統計:失業率は7.8%で横ばいサマリー◆2012年12月の非農業雇用者数は前月差15.5万人増となり、市場予想とほぼ同じ増加幅であった。2012年は1年間で183.5万人の雇用者数が増加した。2011年とおおむね同じ増加幅であり、雇用の加速を示す1年ではなかったが、雇用環境は緩やかに改善していると言えるだろう。◆失業率は前月から変わらず7.8%となった。ただし、より詳

2011年12月28日総務省フィードバック数:495キャリアとスキル

労働力調査(基本集計)平成23年11月分(速報)

ここから本文です。労働力調査(基本集計) 2019年(令和元年)6月分 (2019年7月30日公表)<> (1) 就業者数,雇用者数就業者数は6747万人。前年同月に比べ60万人の増加。78か月連続の増加雇用者数は6023万人。前年同月に比べ83万人の増加。78か月連続の増加(2) 完全失業者完全失業者数は162万人。前年同月に比べ6万人の減少。2か月ぶりの減少(3) 完全失業率完全失業率(季節調整値)は2.3%。前月に比べ0.1ポイント低下  時系列接続用数値について東日本大震災に

2011年11月29日総務省フィードバック数:495キャリアとスキル

労働力調査(基本集計)平成23年10月分(速報)

ここから本文です。労働力調査(基本集計) 2019年(令和元年)6月分 (2019年7月30日公表)<> (1) 就業者数,雇用者数就業者数は6747万人。前年同月に比べ60万人の増加。78か月連続の増加雇用者数は6023万人。前年同月に比べ83万人の増加。78か月連続の増加(2) 完全失業者完全失業者数は162万人。前年同月に比べ6万人の減少。2か月ぶりの減少(3) 完全失業率完全失業率(季節調整値)は2.3%。前月に比べ0.1ポイント低下  時系列接続用数値について東日本大震災に

製造メーカーの86.1% 製造派遣の禁止に「反対」製造派遣の禁止で「失業者が増加する」と認識 69.2%~日本生産技能労務協会 緊急アンケート調査~

製造メーカーの86.1% 製造派遣の禁止に「反対」製造派遣の禁止で「失業者が増加する」と認識 69.2%~日本生産技能労務協会 緊急アンケート調査~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ