「女子学生」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年1月10日リクルートフィードバック数:16キャリアとスキル

個社説明会、どう活用した?

掲載日:2013年1月10日 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、個社説明会に参加したかどうかを尋ねたところ、全体の8割以上が「参加した」と回答。大多数の学生が、個社説明会に参加したことがわかった。属性別に見ると、女子学生と学部生、文系学生に「参加した」と答える学生が多い傾向が見られた。 次に、何社の説明会に参加したかを尋ねたところ、「1〜5社」「11〜20社」「21〜30社」の順に、2割前後で続く結果になった。平均は22.5社となった。属性別に見ると、女子学生と学部生、文系学生

2012年12月27日リクルートフィードバック数:19キャリアとスキル

自己分析、何回やった?

掲載日:2012年12月27日 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、就活中に自己分析したかどうかを尋ねたところ、全体の約7割が「はい」と回答。大多数の学生が、自己分析をしたことがわかった。属性別に見ると、女子学生と文系学生に「自己分析した」と答える学生が多い傾向が見られた。 次に、就活中に何回ぐらい自己分析したかと尋ねたところ、「3回」「2回」「1回」の順に、2割前後で続く結果になった。平均は5.3回となった。属性別に見ると、女子学生と学部生、文系学生に、分析回数の平均値が高い傾

2012年12月20日リクルートフィードバック数:21キャリアとスキル

年末年始、どう過ごすべき?

掲載日:2012年12月20日就職活動をした年(大学3年/大学院1年次)の年末年始はどのように過ごしましたか?(複数回答) 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、大学3年/大学院1年生のときの年末年始の過ごし方について尋ねたところ、一番多かったのが「アルバイト」という答えで、約半数。次いで「企業研究・業界研究」「就職関連イベントへの参加」「自己分析」「学校の試験勉強など勉強全般」が3〜4割前後で続いた。「その他」では、「帰省」などの声が寄せられた。 忘年会・新年会など、人が集ま

2012年12月13日リクルート★フィードバック数:13キャリアとスキル

PC77.5%、スマートフォン56.7%とのことです。

就活のお役立ちアイテムは?

掲載日:2012年12月13日就活で活躍したお役立ちアイテムは何でしたか? (複数回答) 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、就活に役立ったアイテムを尋ねたところ、「パソコン」が8割弱に上り、ダントツ。次いで、「スマートフォン」も半数を超えた。「SuicaやPASMO、PiTaPaなどのIC乗車券」も約3人に1人が挙げ、「自己分析などが書き込めるノート・手帳」「資料整理用ファイル」も2割前後で続いた。「その他」では、「歯ブラシ」「防寒肌着」という声も複数聞かれた。 面接のため

2012年12月6日リクルートフィードバック数:10キャリアとスキル

エントリー先、どうやって決めた?

掲載日:2012年12月6日リクナビでエントリーの決め手になったのは何でしたか? 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、リクナビでエントリーする企業を選んだときの決め手を尋ねたところ、事業内容・業務内容が約8割に上り、ダントツ。次いで、「知名度」も約4割に達した。「リクナビに掲載されていた写真」「人事ブログ」も1割近くに上った。「その他」では、「勤務地」という声も複数聞かれた。 最初は何かと知名度の高い企業に目がいったが、次第に小さくても福利厚生の充実した企業があることがわかり

2012年11月22日リクルートフィードバック数:13キャリアとスキル

就職関連イベントのおすすめ活用法は?

掲載日:2012年11月22日 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、就職関連イベントに参加したかどうかを尋ねたところ、約7割が「はい」と回答。属性別に見ると、女子学生・学部生・文系学生の参加率が高い傾向が見られた。 1回のイベントで何社くらいのブースやセミナーを回りましたか? 次に、就職関連イベントに参加した学生たちに、1回のイベントで何社くらいのブースやセミナーを回ったかを尋ねたところ、「4〜6社」が一番多く、全体の5割強に上った。次に「1〜3社」が約2割、次いで「10〜15

2012年11月15日リクルートフィードバック数:12キャリアとスキル

就活、いつが一番忙しかった?

掲載日:2012年11月15日就活の各イベントで忙しい時期はありましたか? 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、就活の各イベントについて忙しい時期があったかどうかを尋ねたところ、「はい」と答えた割合が一番高かったのが「エントリーシートの記入・送付」で、全体の6割近くに上り、次いで「個社説明会への参加」「エントリー」「面接」が半数を超えるほぼ同水準で並んだ。 就活の各イベントが忙しかったのはいつでしたか? 続いて、いつが一番忙しかったかを各イベント別に尋ねたところ、2011年

2012年11月8日リクルートフィードバック数:20キャリアとスキル

就活スタートの1カ月前、何を済ませておく?

掲載日:2012年11月8日就活をスタートする1カ月前(2011年11月)までに済ませていたのは何ですか?(複数回答) 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、就活スタート1カ月前に済ませておいたことについて尋ねたところ、一番多かったのが「リクナビ2013の登録」で6割を超え、半数以上が11月の時点で登録を済ませていたことがわかった。次いで、「スーツやバッグなどの用意」「卒業単位の確認」も4割前後で続き、「興味のある業界・会社のピックアップ」「自己分析」も2割を超えた。「その他」では、「学内

2012年10月25日リクルートフィードバック数:34キャリアとスキル

就活にかかったお金はいくら?

掲載日:2012年10月25日 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、2011年12月以降、就活にかかった交通費について尋ねたところ、その平均値は5万3448円。ただし、内訳を見ると、全体の約3割は1万円以下で収まっている。その一方で、10万円を超えた就活生も約1割。どうやら、交通費が多くかかった学生によって平均額が押し上げられているようだ。学生の居住地域別に見ると、首都圏は平均3万8291円、関西圏は平均5万6120円、東海圏が平均4万1071円で、これら三大都市圏の平均は4万3497円な

2012年10月18日リクルートフィードバック数:22キャリアとスキル

筆記試験対策、いつから始めた?

掲載日:2012年10月18日 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、筆記試験対策を始めた時期について尋ねたところ、2011年10月から2012年2月ごろまでがピークとなり、大学3年生・大学院1年生の秋から冬にかけて筆記試験対策をスタートする学生が多いことがわかった。 SPI2と一般常識の問題集をそれぞれ購入し、1日あたりのノルマを決めて毎日解くようにした。(外国語学部・女子学生) SPI2の模擬試験を受験し、苦手分野を把握して、その対策を中心に勉強した。(生物資源科学部・女子

2012年9月27日リクルートフィードバック数:16キャリアとスキル

インターンシップで得たものは?

掲載日:2012年9月27日インターンシップに参加したことがありますか? 就活を予定している大学3年生・大学院1年生に、インターンシップに参加したことがあるかどうかを尋ねたところ、全体の約5分の1が「はい」と回答し、残りの約5分の4 は参加していないことがわかった。属性別では、男子学生・大学院生・理系学生の方が、インターンシップに参加している割合が高い傾向が見られた。 インターンシップでは、得るものがありましたか? インターンシップに参加したことがある大学3年生・大学院1年生に、得る

2012年9月20日リクルートフィードバック数:12キャリアとスキル

『やるな・・・』と感じたのはどんな人?

掲載日:2012年9月20日就活スタート時、自分以外の学生で「やるな…」と感じたのはどんな人?(複数回答) 2011年の12月、就活のスタート時点で、自分以外の学生で「やるな」と感じた人の具体的なエピソードを先輩たちに尋ねたところ、一番多かったのが「自己分析・業界研究・企業研究のやり方が上手だった」人で、全体の約3分の1に上った。次いで多かったのが、「OB・OG訪問をやっていた」で、全体の約3割に。「企業の説明会にたくさん参加していた」「筆記試験対策に早く着手していた」「エントリーが早かった」

2012年9月13日リクルートフィードバック数:19キャリアとスキル

就活を振り返って、失敗したな・・・と思っていることは?

掲載日:2012年9月13日就活を振り返って、失敗したな…と思っていることはありますか? 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、就活を振り返って、失敗したな…と思っていることがあるかどうかを尋ねたところ、8割を超える学生が「はい」と回答。属性別では、女子学生・学部生・文系学生の方が、「はい」と答える学生が多い傾向が見られた。 失敗したのはどんな点でしたか?(複数回答) 「はい」と答えた学生たちに、失敗した点について尋ねたところ、一番多かった答えが、「面接の内容」で、約4割。「自己

2012年9月6日リクルートフィードバック数:17キャリアとスキル

就活対象として知ってる会社ってどのくらいある?

掲載日:2012年9月6日主な事業内容を知っている会社はどのくらいありますか? 就活を予定している大学3年生・大学院1年生に、主な事業内容を知っている会社の数を尋ねたところ、約半数は「0社」と回答。「1〜5社」「6〜10社」と合わせると、全体の9割以上が10社以内、平均社数は6.0社となった。属性別では、男子学生・大学院生・文系学生の方が、知っている会社の数が多い傾向が見られた。 なお、知っている会社の数が思いのほか少ないのは、「主な事業内容を知っている」を、「企業研究がしっかり済んでいる会社

2012年8月30日リクルートフィードバック数:11キャリアとスキル

OB・OG訪問、もう始めてる?

掲載日:2012年8月30日 大学3年生・大学院1年生に、OB・OG訪問を始めたかどうかを尋ねたところ、「すでに訪問した」と答えたのはわずか3.0%で、ほとんどの学生がまだ始めていないことがわかった。ただし、その半数近くは「まだ訪問していないが、これから訪問する予定/これから訪問したい」と答えて、訪問の意欲を示していた。属性別に見ると、男子学生・大学院生に「すでに訪問した」と答える学生が、学部生と文系学生に「まだ訪問していないが、これから訪問する予定/これから訪問したい」と答える学生が、理系学生

2012年8月23日リクルートフィードバック数:22キャリアとスキル

就活に有利な資格はあった?

掲載日:2012年8月23日就活時、履歴書に書けるような資格を持っていましたか? 就活を経験した先輩たちに、就活時に履歴書に書けるような資格を持っていたかどうかを尋ねたところ、約7割の先輩が「はい」と答え、一昨年同時期の調査の69.7%とほぼ同水準となった。また、資格を持っていた人の平均資格数は2.4となった。属性別に見ると、女子学生、文系学生の方が、資格を持つ学生の割合が若干多い傾向が見られた。 どんな資格を持っていましたか?(複数回答) 「はい」と答えた人に、どんな資格を持ってい

2012年8月16日リクルートフィードバック数:13キャリアとスキル

自己分析、企業・業界研究…どんな方法がお勧め?

掲載日:2012年8月16日自己分析は、どんな方法がお勧めですか?(複数回答) 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、お勧めの自己分析の方法を尋ねたところ、一番多かったのが「自分の過去を振り返ってみる」で6割強、次いで「家族や友人に自分の長所・短所について尋ねてみる」が約半数、「自分自身について考えぬいてみる」と「やりたいことや好きなこと・やりたくないことを挙げてみる」が約4割で続いた。「面接・エントリーシートの練習を通じて分析する 」「とにかく自分に関する事柄をすべて書き出してみる」も3

2012年8月9日リクルートフィードバック数:19キャリアとスキル

就活、手始めに何をする?

掲載日:2012年8月9日もう一度、就活を始めたころに戻れるとしたら、就活のため何に注力しますか?(複数回答) 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、もう一度、就活を始めたころに戻れるとしたら、就活のため何に注力するかと尋ねたところ、全体の約6割が「企業研究」と回答。「自己分析」も、半数を超え、「業界研究」も約4割となった。「その他」では、「(SPI2など)筆記試験対策」「インターンシップ参加」「エントリーシート対策」「面接対策」といった声が寄せられた。 企業研究から始めるべきだ

2012年8月2日リクルートフィードバック数:13キャリアとスキル

自己分析、もう始めてる?

掲載日:2012年8月2日 大学3年生・大学院1年生に、自己分析を始めたかどうかを尋ねたところ、半数近くが「はい」と回答。属性別に見てみると、女子学生と文系学生に「はい」と答えた学生の割合が多い傾向が見られた。 自己分析を始めている人にうかがいます。どんなことをしましたか?(複数回答) すでに自己分析を始めている学生に、その方法について尋ねたところ、一番多かった答えが「自己診断テストを利用する」で、全体の約4分の3を占めた。次いで、「自己分析サイトを利用する」と「就職情報サイトの自己分

2012年7月26日リクルートフィードバック数:26キャリアとスキル

業界・企業研究、もう始めてる?

掲載日:2012年7月26日 大学3年生・大学院1年生に、業界研究を始めたかどうかを尋ねたところ、約6割が「はい」と回答。属性別に見てみると、大学院生と文系学生に「はい」と答えた学生の割合が多い傾向が見られた。 業界研究を始めている人にうかがいます。どんなことをしましたか?(複数回答) 次に、すでに業界研究を始めている学生に、その方法について尋ねたところ、一番多かった答えが「インターネットで調べる」で、全体の約9割を占めた。次いで、「本・新聞から情報を仕入れる」と「就活仲間と情報交換す

2012年7月12日リクルートフィードバック数:23キャリアとスキル

もう一度昨年の夏休みを過ごせるとしたら、何に力を入れたい?

掲載日:2012年7月12日大学3年/大学院1年の夏休みは、どのように過ごした? また、もう一度、過ごせるなら、何に力を入れたい?(ともに複数回答) 就職活動中、あるいは就職活動を終えた大学4年生と大学院2年生に、「大学3年/大学院1年の夏休みは、どのように過ごしましたか?」「もう一度、過ごせるなら、何に力を入れたいですか?」と尋ねたところ、「大学3年/大学院1年の夏休みは、どのように過ごしましたか?」という問いに対する答えでは、「アルバイト」が最も多く、全体の6割に上った。次いで「勉強」も約

2012年7月6日リクルートフィードバック数:11キャリアとスキル

インターンシップ参加時の服装は?

掲載日:2012年7月6日インターンシップ面接時の服装は?(複数回答) インターンシップの面接では、全体の5割強がリクルートスーツを着て臨んでいる。属性別では、男子学生と文系学生の「スーツ率」が高かった。次いで多かったのが、私服。属性別では、女子学生と文系学生の「私服率」が高く、総合すると、男子学生の方が女子学生よりも服装には慎重な傾向が見られた。また、ビジネスカジュアルは、男子学生の方が選んだ学生の比率が高かった。なお、「その他」という回答はごくわずかで、「電話による面接だったので、服装は自

2012年6月28日リクルートフィードバック数:19キャリアとスキル

インターンシップにかかったお金はいくら?

掲載日:2012年6月28日インターンシップでかかった交通費の金額は? インターンシップに参加したことのある大学生・大学院生に、インターンシップでかかった交通費について尋ねたところ、その平均値は1万162円。ただし、内訳を見ると、半数強は5000円未満で収まっている。交通費が多くかかった学生によって平均額が押し上げられているようだ。学生の居住地域別に見ると、首都圏は平均7010円、関西圏は平均1万1746円、東海圏が平均6888円で、これら三大都市圏の平均は8035円なのに対して、ほかの地域の

2012年6月21日リクルートフィードバック数:18キャリアとスキル

インターンシップの満足度は?

掲載日:2012年6月21日インターンシップにエントリーしたきっかけは?(複数回答) インターンシップにエントリーしたことのある大学生・大学院生に、エントリーのきっかけについて尋ねたところ、8割強が「職業体験をするため」でダントツ。次いで、「就活を有利に進めるため」が約4割、「社風を知るため」が約3割で続いた。「その他」では、「インターンシップの内容が、大学のプロジェクトでやっていることの参考になるから」「インターンシップが大学院の修了要件だから」といった声も寄せられた。 次に、イン

2012年6月14日リクルートフィードバック数:20キャリアとスキル

インターンシップ、選考はあった?

掲載日:2012年6月14日 大学生・大学院生に、大学に入学してからインターンシップにエントリーしたことがあるかどうかを尋ねたところ、約2割が「はい」と回答し、約5人に1人がインターンシップにエントリーしたことがあることがわかった。属性別では、大学4年生と大学院2年生の方が、ほかの学年よりもインターンシップにエントリーしている割合が倍近い傾向が見られた。 次に、インターンシップにエントリーし、参加した経験がある学生524人に、エントリーした社数について尋ねたところ、約半数が「1社」と回

2012年6月7日リクルートフィードバック数:18キャリアとスキル

インターンシップで得たものは?

掲載日:2012年6月7日 就活中・就活後の大学4年生・大学院2年生に、インターンシップに参加したかどうかを尋ねたところ、全体の約3分の1が「はい」と回答し、残りの約3分の2は参加していないことがわかった。属性別では、女子学生、学部生、理系学生の方が、インターンシップに参加している割合が高い傾向が見られた。 インターンシップでは、どんな収穫があった?(複数回答) 次に、インターンシップで得た収穫について尋ねたところ、「現場の空気に触れられた」「働くことに対する意欲が高まった」「業務への

2012年5月31日リクルートフィードバック数:14キャリアとスキル

選考で一番苦労したのは?

掲載日:2012年5月31日 就活中・就活後の大学4年生・大学院2年生に、選考で一番苦労した(している)ことについて尋ねたところ、「個人面接」と「エントリーシート」が全体の約3分の1で並び、3位以下を大きく引き離した。次いで、「グループ面接」「筆記試験・Webテスト」が約1割で並んだ。 インパクトのあるエントリーシートを書こうと思っても、なかなか難しかったが、ひとつキーワードを決めると良いことに気がつき、それからは、アピール力のあるエントリーシートが書けるようになった。(経済学部・男子

2012年5月24日リクルートフィードバック数:19キャリアとスキル

就活の相談相手は誰?

掲載日:2012年5月24日就活の相談相手は誰でしたか?(複数回答) 就職活動を経験した先輩たちに、就職活動の相談相手について尋ねたところ、約6割の先輩が「従来からの友人」と答えた。次いで「家族」「大学の先生やキャリアセンター・就職部など」も4割を超え、約4人に1人は「就活を経験した先輩学生」にも相談していた。「その他」では、「ハローワークの職員」「Twitterで知り合った人事担当の方」といった答えが寄せられた。男女別に見ると、女子学生の方が相談する学生の比率が高く、特に「家族」「大学の先生

2012年5月17日リクルートフィードバック数:16キャリアとスキル

OB・OG訪問した? 何を聞いた?

掲載日:2012年5月17日 就職活動を経験した先輩たちに、OB・OG訪問をしたかどうかを尋ねたところ、「はい」と答えた人が3割弱にのぼり、昨年同時期の調査結果27.7%と比べて微増した。属性別に見ると、男性・大学院卒・文系卒の方が「はい」と答えた人の割合が高い傾向が見られた。 訪問した人数の平均は4.2人と、昨年同時期の調査結果3.6人と比べて増加した。属性別では、男性・学部卒・文系卒の方が、それぞれ女性・大学院卒・理系卒の平均人数を上回る結果となった。 訪問時にOB・OG

2012年5月10日リクルートフィードバック数:21キャリアとスキル

面接の最後に質問した?

掲載日:2012年5月10日面接の最後に「言っておきたいこと」「質問したいこと」を聞かれましたか? 就職活動を経験した先輩たちに、面接の最後に面接担当者から「言っておきたいこと」や「聞いておきたいこと」を聞かれたかどうかを尋ねたところ、「はい」と答えた人が約8割にのぼり、昨年同時期の調査結果と一致した。 実際に質問したり、言い足りないことを補足したりしましたか?(複数回答) 面接担当者からの問いかけに対して、質問を返したり、言い足りないことを補足したかどうかを尋ねたところ、「質問した

2012年4月26日リクルートフィードバック数:14キャリアとスキル

グループディスカッション、学生の人数は?テーマは?

掲載日:2012年4月26日何社でグループディスカッションがありましたか? 就職活動を経験した先輩たちに、採用試験を受けた会社のうち、何社でグループディスカッションが行われたかを尋ねたところ、平均値は5.5社に。昨年同時期の調査結果4.8社と比べると、増加傾向が見られる。「なし」を除いた内訳を見ると、約半数は5社未満という結果になった。その一方で、10社以上という答えも約4分の1を占めた。 1グループの学生の人数は平均して何人くらいでしたか? 次に、グループディスカッションを経験した

2012年4月12日リクルートフィードバック数:17キャリアとスキル

面接の長さは?

掲載日:2012年4月12日 就職活動を経験した先輩たちに、一番長かった面接の長さについて尋ねたところ、平均は43.7分。一方で、回答で一番多かったのは「15〜30分」で、約4割。「15分以内」と合わせると、全体の50.3%は30分以内となった。次いで「45分〜1時間」も全体の約4分の1を占めた。また、ごくわずかながら2時間を超える面接を受けた先輩も。 面接ごとの長さでは、3次面接の平均が47.1分と一番長く、次いで4次面接も45.8分という結果に。5次面接を除けば、1・2次面接よりも

2012年4月5日リクルートフィードバック数:12キャリアとスキル

面接前夜にどんな準備をした?

掲載日:2012年4月5日面接前夜にどんな準備をした?(複数回答) 就職活動を経験した先輩たちに、面接前夜に準備したことについて尋ねたところ、「会場へのアクセス確認・地図の準備」と「志望動機などよくある質問への答えをまとめる」が、全体の約7割でほぼ並んだ。「提出物のチェック」が約半数で続き、「企業研究・業界研究を振り返っておく」も4割弱に。「その他」では、「よく睡眠を取るようにした」などといった回答があった。 前の面接で、何を聞かれ、どう答えたのかをメモしておき、前夜に読み返して頭に入

2012年3月29日リクルートフィードバック数:16キャリアとスキル

どんな選考方法だった?

掲載日:2012年3月29日内定した企業は、どんな選考方法でしたか?(複数回答) 就職活動を経験した先輩たちに、内定した企業の選考方法について尋ねたところ、一番多かった答えは「個人面接」で、全体の9割以上に。次いで「筆記試験またはWebテスト」が8割弱、「エントリーシート」が6割弱でこれに続き、「グループ面接」も4割弱。「その他」とした回答では、「小論文」「実技・実習」などが挙げられた。 内定した企業の選考では、何をアピールした?(複数回答) 次に、選考時にアピールしたポイントについ

2012年3月22日リクルートフィードバック数:11キャリアとスキル

面接、どのくらい通過するもの?

掲載日:2012年3月22日 就職活動を経験した先輩たちに、面接を受けた会社の数を尋ねたところ、一番多かったのが「1〜5社」で約3割。次いで「11〜20社」が全体の約4分の1、「6〜10社」が約2割で続いた。平均の社数は15.5社で、昨年同時期の調査結果「16.0社」よりも減っていることがわかった。属性別には、学部生・文系学生の方が、面接を受けた会社の数が若干多い傾向が見られた。 そのうち、内定をもらったのは何社ですか? 次に、面接を受けた会社のうち、内定をもらった会社の数を尋ねたとこ

2012年3月15日リクルートフィードバック数:16キャリアとスキル

面接で何を聞かれた?

掲載日:2012年3月15日面接ではどのようなことを聞かれましたか?(複数回答) 就職活動を経験した大学4年生・大学院2年生に、面接で聞かれた質問の内容を尋ねたところ、一番多かったのが「志望動機」で9割を超えた。次いで「自己PR」と「学生時代に力を入れたこと」が8割を超える水準で続いた。「その他」では、「入社したら何をしたいか」「将来どうなりたいか」や、「ゼミの活動内容」「アルバイト経験について」など、将来の展望や学生時代の過ごし方・経験を尋ねられたという声が比較的多く寄せられた。

2012年3月8日リクルートフィードバック数:7キャリアとスキル

時事問題、どう対策した?

掲載日:2012年3月8日時事問題対策はどのようなやり方で行った?(複数回答) 就職活動を経験した大学4年生・大学院2年生に、時事問題対策の方法を尋ねたところ、「新聞を読む」と「インターネットでニュースを読む」が半数前後でほぼ並んだ。「TVを見る」も3割強で続き、「新聞」「インターネット」「TV」が時事問題対策の王道であることがわかった。「その他」では、「友人との会話で時事問題を話題にした」などの方法も挙げられていた。 新聞はできるだけ毎日読む習慣をつける。「全部読まなくては!」と気負

2012年3月1日リクルートフィードバック数:14キャリアとスキル

エントリーシート、どのくらい通過するもの?

掲載日:2012年3月1日 就職活動を経験した大学4年生・大学院2年生に、エントリーシートを提出した会社の数を尋ねたところ、平均は27.1社という結果になった。昨年同時期の調査では27.3社だったのでほぼ同水準といえる。内訳を見ると、半数以上が20社以下である一方、約1割は51社以上にエントリーシートを送ったこともわかった。属性別に見ると、女子学生・学部生・文系学生の方が、男子学生・大学院生・理系学生よりも多くエントリーシートを提出している傾向が見られた。特に、文系学生の平均31.4社に対して、

2012年2月23日リクルートフィードバック数:12キャリアとスキル

Twitterやfacebookの活用法は?

掲載日:2012年2月23日Twitter、Ustream・ニコニコ生放送などの動画サイトや、facebookを利用してる?(複数回答) 大学3年生・大学院1年生に、Twitter、Ustream・ニコニコ生放送などの動画サイトや、facebookなどのSNSツールを利用しているかどうかを尋ねたところ、一番多かった答えは「Twitterを利用している」で、約6割に上った。次いで多かったのが「Ustreamやニコニコ生放送などの動画サイトを利用している」で、半数近くに上り、「facebookを利

2012年2月16日リクルートフィードバック数:11キャリアとスキル

エントリーシート、何社分書き終えた?

掲載日:2012年2月16日現時点(1月28日)で何社分のエントリーシートを書き終えましたか? 就活をスタートした大学3年生・大学院1年生に、現時点(2012年1月28日)で何社分のエントリーシートを書き終えたかを尋ねたところ、全体の約4割は「0社」、つまりまだ書き終えていないと回答。昨年同時期の調査では、まだ書き終えていない学生は47.3%だったので、今年の方がスタートダッシュが早いと言えそうだ。また、すでに書き終えた中で一番多かった答えは「1社」で、全体の1割強となった。ただし、「51社〜

2012年2月9日リクルートフィードバック数:10キャリアとスキル

今年の就活、どうなりそう?

掲載日:2012年2月9日 就活をスタートした大学3年生・大学院1年生に、今年の就活がどうなりそうか、その見通しを尋ねたところ、約6割は「景況感から厳しくなると思う」と回答。次いで、約2割が「自分の就職活動には影響はないと思う(なんとかなると思う)」と回答した。昨年同時期の調査では、「景況感から厳しくなると思う」が59.6%、「自分の就職活動には影響はないと思う(なんとかなると思う)」が27.6%、「よくわからない」が9.7%であったことから考えると、先輩たちと比べて悲観派・楽観派がともに減り、

2012年2月2日リクルートフィードバック数:21キャリアとスキル

エントリー、何社した?

掲載日:2012年2月2日 現時点(1月21日)でエントリーしているのは何社ですか? 就活中の大学3年生・大学院1年生に、2012年1月21日の時点で何社にエントリーしているかを尋ねたところ、約4割は10社以下である一方で、51社以上にエントリーしている就活生も1割以上に上ることがわかった。平均エントリー社数は27.1社と、昨年同時期の調査のときの25.4社よりも多くなった。しかも、昨年同時期の調査では本格的なエントリー開始が10月1日だったのに対して、今回は12月1日開始と、今回の方が実質的

2012年1月26日リクルートフィードバック数:9キャリアとスキル

イメージが変わった業界はあった?

掲載日:2012年1月26日就職活動を通じてイメージが変わった業界はありましたか? 大学4年生・大学院2年生に、就職活動を通じてイメージが変わった業界があるかどうかを尋ねたところ、半数以上がイメージが変わった業界があると回答した。属性別では、女子学生と文系学生に、イメージが変わった業界があると回答する学生の割合が比較的高い傾向が見られた。 イメージが変わった業界が「ある」と答えた方にうかがいます。具体的にどの業界のイメージが変わりましたか?(複数回答) イメージが変わった業界があると

2012年1月19日リクルートフィードバック数:15キャリアとスキル

個社説明会、参加した?

掲載日:2012年1月19日 企業が個別に行う説明会に参加しましたか? 大学4年生・大学院2年生に、就活中に企業が個別に行う説明会に参加したかどうかを尋ねたところ、全体の9割超が「はい」と回答。大多数の学生が、個社説明会に参加したことがわかった。属性別に見ると、女子学生よりも男子学生の方が参加率が高い傾向が見られた。 個社説明会に参加した方にうかがいます。何社の説明会に参加しましたか? 次に、個社説明会に参加した先輩たちに、参加した会社の数を尋ねたところ、平均は23.2社。ただし

2012年1月5日リクルートフィードバック数:2キャリアとスキル

就活中にグローバル化の影響、感じた?

掲載日:2012年1月5日 就活中に、社会や経済のグローバル化の影響を感じましたか? 大学4年生・大学院2年生に、就活中に社会や経済のグローバル化を感じたかどうかについて尋ねたところ、全体の約6割が「はい」と回答。半数を超える学生が、グローバル化の波を感じたことがわかった。属性別に見ると、大学院生と文系学生に「はい」と答える学生が若干多い傾向が見られた。 将来、グローバル(海外)で通用する人材になりたいと思いますか? 次に、将来、グローバル(海外)で通用する人材になりたいと思うか

2011年12月22日リクルートフィードバック数:11キャリアとスキル

エントリー、何社した?

掲載日:2011年12月22日 大学4年生・大学院2年生に、エントリーした企業の数を尋ねたところ、平均は52.0社。昨年同時期の調査の45.0社と比べて、大幅に増えていることがわかった。全体の約7割は50社以下だが、その一方で、「101社以上」も約1割を占めていた。属性別に平均エントリー社数を見ると、男子学生の42.4社に対して女子学生は59.8社と、女子学生の方が多く、学部生の57.7社に対して大学院生が33.1社と、学部生の方が大幅に多い傾向が見られた。文系学生と理系学生では、文系学生65.

2011年12月15日リクルートフィードバック数:7キャリアとスキル

就活中の体調管理法は?

掲載日:2011年12月15日 就活が忙しくなってきた時期に体調を崩しましたか? 大学4年生・大学院2年生に、就活が忙しくなってきた時期に体調を崩したかどうかを尋ねたところ、「はい」と回答したのは2割弱。昨年の調査のときの32.5%から大幅に減少した。属性別では、女子学生と学部生、文系学生に体調を崩した学生の割合が高い傾向が見られた。 どんな方法で体調を管理していましたか?(複数回答) 次に、どんな方法で体調を管理していたかを尋ねたところ、「睡眠をとる」が一番多く、全体の約4分

2011年12月8日リクルートフィードバック数:7キャリアとスキル

就職関連イベントのお勧めの活用法は?

掲載日:2011年12月8日 大学4年生・大学院2年生に、就職関連イベントに参加したかどうかを尋ねたところ、約8割が「はい」と回答し、「いいえ」は約2割。ほとんどの学生が就職関連イベントに参加したことがわかった。またこの結果は、昨年の調査のときの79.4%と同水準だった。属性別では、学部生と文系学生に「はい」と答える学生の割合が高い傾向が見られた 。 1回のイベントで何社くらいのブースやセミナーを回りましたか? 次に、就職関連イベントに参加した学生たちに1回のイベントで何社くらいの

2011年12月1日リクルートフィードバック数:15キャリアとスキル

自己分析、企業・業界研究…どんな方法がお勧め?

掲載日:2011年12月1日 自己分析は、どんな方法がお勧めですか?(複数回答) 大学4年生・大学院2年生に、お勧めの自己分析の方法を尋ねたところ、一番多かったのが「自分の過去を振り返ってみる」で7割強、次いで「家族や友人に自分の長所・短所について尋ねてみる」「自分自身について考えぬいてみる」が約半数で並び、「やりたいことや好きなこと・やりたくないことを挙げてみる」「面接・エントリーシートの練習を通じて分析する 」「とにかく自分に関する事柄をすべて書き出してみる」も4割前後でほぼ並んだ。「そ

2011年11月24日リクルートフィードバック数:11キャリアとスキル

就活スタート時、「やるな…」と感じたのはどんな人?

掲載日:2011年11月24日 去年の就活スタート時、就活に関して自分以外の学生で「やるな…」と感じたのはどんな人ですか?(複数回答) 大学4年生・大学院2年生に、去年の就活スタート時、就活に関して自分以外のどんな学生に「やるな…」と感じたのかを尋ねたところ、一番多かったのが「スキルが高い/やり方が上手」で6割弱、次いで「行動量が多かった」が約半数に上り、「行動が早かった」も約4割に達した。「その他」では、「モチベーションが高い」などの声が寄せられた。 合同企業説明会の際、人事担当者

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ