「妊産婦」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年1月25日ベビーカレンダーフィードバック数:0社会/政治

「災害・防災」に関する意識調査

ベビーカレンダーは、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災を踏まえ、ママ・パパ798名を対象に、「災害・防災」に関する意識調査を行いました。子育て世代がどのくらい災害を意識して生活しているのか、どういった対策をしているのか、以下の調査結果から明らかになりました。続きを読む普段から自然災害の発生を意識しているママ・パパは約7割日々の生活の中で、自然災害が起こることを意識しているか質問したところ、61.6%は「ある程度は意識している」、10.7%は「とても意識している」と回答。約7割の方が、

「妊娠中の助産師とのコミュニケーション」について

リサーチ健診妊娠・出産リサーチ妊娠中の助産師とのコミュニケーションについてVOL.214 2016年12月21日(水)~12月27日(火) 有効サンプル数 234助産師は医師より話しやすく身近な存在。一方、機会を上手に活用できていないケースも助産師とは、妊婦さんの体調管理、お産のサポートや新生児の保健指導などを行い、女性の妊娠・出産・産後にかけて、寄り添ってくれる存在です。助産師の資格が取れるのは女性のみなので、男性が多い医師に比べると、妊婦さんがデリケートな質問をするハードルはかなり低くなるよ

2016年9月12日エコンテ★フィードバック数:0社会/政治

マタニティマークに関する意識調査

Works 実績紹介株式会社エコンテの実績を一部ご紹介します。 「マタニティマークは危険」は本当?マタニティマークに関する意識調査2006年にマタニティマークが誕生してから既に10年が経過しています。マタニティマークに関する情報は厚生労働省から発表されており、下記のように説明されています。“マタニティマークとは、妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。””さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとし

ごはん推しです。

妊産婦のごはん摂取の現状―平成26年度アンケート調査

妊産婦のごはん摂取の現状―平成26年度アンケート調査

妊産婦のごはん摂取の現状

妊産婦のごはん摂取の現状

「母親指標 (Mother’s Index)」によるランキングです。

お母さんにやさしい国ランキング2014

アドボカシー「お母さんにやさしい国ランキング2014」発表、1位はフィンランド、最下位はソマリア〜日本のお母さんは32位〜(2014.5.6)セーブ・ザ・チルドレンは5月6日、「母の日レポート2014 (State of the World’s Mothers 2014)」を発表しました。1)妊産婦死亡の生涯リスク、2)5歳未満児の死亡率、3)公教育の在籍年数、4)国民1人当たりの所得、5)女性議員の割合を総合的に勘案し、178か国を対象にお母さんにやさしい国をランク付けした「母親指標 (Mot

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ