「子ども」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年4月2日カラダノート★フィードバック数:0ライフスタイル

ママに聞いた『子育てのアンコンシャスバイアス(無意識の偏見)』を調査

2020. 03. 30 ママに聞いた『子育てのアンコンシャスバイアス(無意識の偏見)』を調査約2人に1人は、無意識に「家事をするのはママ」と感じている〜子育て世代最新のトレンド〜「家族の健康を支え笑顔をふやす」をミッションとし、家族のライフステージごとの意思決定支援サービスを行なう株式会社カラダノート(東京都港区/代表:佐藤竜也/以下当社)は、当社が運営するWebメディア『ママびより(https://mamab.jp/)』メルマガ登録者およびママびよりシリーズアプリのユーザーを対象に、「ママを

2020年3月31日日本財団フィードバック数:0社会/政治

4月1日「特別養子縁組」法改正施行に伴い全国アンケート調査を実施

4月1日「特別養子縁組」法改正施行に伴い全国アンケート調査を実施40代の4人に1人「養親考えた」/法改正の認知度は17%/「制度必要」は85% 日本財団は、2020年4月1日に施行される特別養子縁組制度の民法改正1)に合わせて「特別養子縁組」に関するアンケート調査を実施しました。 法改正の認知度は17%と低い数字であった一方、特別養子縁組制度が必要と回答した人は85%に上りました。必要な理由として、「思いがけない妊娠・虐待・経済的困窮」など生みの親の事情から必要性を感じたり、「子育てをしたい夫

2020年3月30日キッズラインフィードバック数:0キャリアとスキル

「子どもがいると集中できない」75.5%。在宅勤務ワーママの調査結果

「子どもがいると集中できない」75.5%。在宅勤務ワーママの調査結果全国で24時間スマホで呼べるベビーシッター・家事代行サービス「キッズライン」を運営する株式会社キッズライン(本社:港区六本木/代表取締役社長:経沢香保子)は、キッズライン会員で未就学児のお子様がいるワーママ224名に「在宅勤務」に関する調査を実施。その結果をお知らせいたします。■在宅ワーク、子どもがいると集中できない”75%”新型コロナウイルスの影響で「在宅勤務」を実施したワーママに、「お子様を見ながら在宅勤務を行った際、お仕事

2020年3月16日フローレンス★フィードバック数:0社会/政治

一斉休校に関する緊急全国アンケート

1分でわかるフローレンス私たちは「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」を目指す、社会問題解決集団フローレンスです。「病児保育」「障害児保育」「小規模保育」「赤ちゃん縁組」など、これまでの常識や固定概念にとらわれない、新たな価値を創造するイノベーター集団として、これからも走り続けます。 私たちの理念「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」このビジョンが、いつしかあたりまえの世の中に

2020年3月10日C Channel★フィードバック数:0ライフスタイル

臨時休校1週間、自宅で待機が74%?最も利用量が増えたのは教育教材・サービス?

臨時休校1週間、自宅で待機が74%〜最も利用量が増えたのは教育教材・サービス〜 mama+(ママタス )、新型コロナウイルス防止に伴う休校措置についてのアンケート第2弾を実施 C Channel株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森川亮)が運営するママ向け動画メディア「mama+(ママタス)」(https://www.mamatas.net/ )の、ママの動向を調査する「mamatas labo(ママタス ラボ)」では、新型コロナウイルス防止のための休校措置に伴う生活への影響に関して、ア

2020年2月14日?本田技研工業フィードバック数:0大型消費/投資

Honda STEP WGN(ステップワゴン) 家族のドライブ事情を調査

「おでかけ途中に子どものテンションが下がることが多い」家族は65.2%! 主な原因は出発時間の”早さ”、乗車時間の”長さ”、車内の”狭さ” ドライブ中に子どものテンションを下げないコツは、「動画を流す」「音楽をかける」「運転の真似をさせる」など工夫次第!~Honda STEP WGN(ステップワゴン) 家族のドライブ事情を調査~​本田技研工業株式会社(以下Honda)は、ミニバン「STEP WGN(ステップワゴン)」をはじめとする車を通じ、家族がドライブや車の中で一緒に楽しめる時間を提供すること

2020年2月10日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

親と子どものスマートフォン利用ルールに関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 初めてスマートフォンを子どもに持たせた親の約8割は子どもとスマートフォンの利用ルールを決めている 初めてスマートフォンを子どもに持たせた親の約8割は子どもとスマートフォンの利用ルールを決めている MMD研究所は、2020年1月24日に発表した「今年初めてスマートフォンを持つ子どもの親に関する意識調査」に続き、2019年12月20日~202

2020年1月28日イノビオットフィードバック数:0社会/政治

SDGsの認知度合いに関する意識調査

【SDGs調査レポート】70%の母親が「子どもに将来、ビジネスで活躍してほしい」と回答する一方で、これからのビジネスで重要となるSDGsの認知度は25%と低い結果に 親子に対するSDGsの認知向上とSDGs活動への参加機会の提供が必要 プログラミングやSDGsなどの新たな学びに関するメディア「みらいい」を運営する株式会社イノビオット(本社:千葉県千葉市中央区、代表取締役:福田紘也、以下、イノビオット)は、小学生の子どもを持つ母親389名に子どもの将来とSDGsの認知度合いに関する意識調査を行いま

家ソト育児調査

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 【調査】「家ソト育児調査」ママ・パパの8割が外出先での育児環境向上を求めている!プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社 0歳〜3歳児のママ・パパ1,000人に聞く、「家ソト育児調査」ママ・パパの8割が外出先での育児環境向上を求めている!子育て中ママ・パパの9割が賛同家ソト育児環境が整えば育児はもっと楽しくなるママ・パパの6割が子どもとの外出に不安を感じ、4割以上がおむつ台がなくて困った経験ありママ・パパの4割以上

2020年1月21日MMDLabo★フィードバック数:0キャリアとスキル

小中学生のプログラミング教育に関する意識調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 小学生80.5%、中学生72.8%が「プログラミング教育は必要」と認識 約8割の小中学生が「プログラミング教育を学んでみたい」 小学生80.5%、中学生72.8%が「プログラミング教育は必要」と認識 約8割の小中学生が「プログラミング教育を学んでみたい」 MMD研究所は株式会社テスティー(https://www.testee.co/)が提

2020年1月16日本田技研工業フィードバック数:0マーケティング

家族でのおでかけとSNS投稿について

子育てパパママに人気のおでかけハッシュタグは「幼稚園ママ」「親バカ部」「男の子ママ/女の子ママ」 「家族全員で毎週おでかけ」41.8% おでかけ時の悩み1位「荷物を“減らそうとがんばる“荷作り」70.1% 本田技研工業株式会社は、ミニバン型乗用車「STEP WGN(ステップワゴン)」をはじめとする車を通じ、家族がドライブや車の中で一緒に楽しめる時間を提供することを目指しています。今回、家族全員でのおでかけ事情を明らかにするために、2人以上のお子さんがおり、一番上のお子さんの年齢が3~9歳である3

子どものためにしたいけれど経済的理由でできないこと【ひとり親家庭調査結果】

子どものためにしたいけれど経済的理由でできないこと【ひとり親家庭調査結果】 ひとり親家庭のフードバンク利用者アンケートの調査結果 認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンは、 2017年9月からひとり親家庭に食品を配付する「グッドごはん」の事業を通して、子どもの貧困問題に取り組んできました。今回、「グッドごはん」利用者472名を対象に実施したアンケート調査の結果から、利用者にどのような効果・変化があったかを検証しました。 ​「グッドごはん」とは?「日本の子どもの7人に1人が貧困」。この問題は、ひ

2019年11月27日スカパーJSAT★フィードバック数:0エンタテインメント

「自宅でテレビ」は多数派?少数派? 年末年始の過ごし方を徹底調査

~4人の子持ちフリーライターが解説~「自宅でテレビ」は多数派... ~4人の子持ちフリーライターが解説~ 「自宅でテレビ」は多数派?少数派? 年末年始の過ごし方を徹底調査■年末年始は「自宅で過ごす」が圧倒的多数! ・・・9割以上が「自宅で過ごす」と回答 ・・・6割以上が「テレビを見る」と回答 ■家でのカウントダウンは、「テレビを見ながら過ごす」が8割以上 ・・・見たいテレビ番組は1位「紅白」、僅差で「ガキの使い」2019年も、残すところ約1ヵ月となりました。年賀状を書いたりお歳暮を用意した

2019年9月6日パーソルキャリアフィードバック数:0社会/政治

「幼児教育・保育無償化制度」についての調査

サービス紹介 会社情報 採用情報 プレスルーム ワーパパ・ワーママの約1割しか家庭の時間が十分に取れていないことが判明。 幼保無償化によって期待するものは将来のための“貯金”! 一方で、仕事の時間を減らして“家庭の時間”を増やしたいという声も!総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「doda(デューダ)< https://doda.jp/ >は、20~40代の全国の働きながら子育てをする男女(以下:ワ

子どもの夏休みの過ごし方に関するアンケート 夏休みにさせた習い事は「英語・英会話スクール」「プログラミング」が人気

子どもがいる親世代に聞いた令和初の「子どもの夏休みの過ごし方に関するアンケート」夏休みにさせた習い事は「英語・英会話スクール」「プログラミング」が人気 約半数の親が子どもの自由研究を手伝っている!?夏休み最終日まで宿題をしている子どもが約半数e-ラーニングに関するサービスの様々なコンテンツを提供する株式会社イー・ラーニング研究所(代表取締役:吉田智雄、本社:大阪府吹田市 以下、イー・ラーニング研究所)は、子どもの夏休みの過ごし方についての実態を調査するため、子どもがいる親を対象に令和初の「子ども

2019年9月3日パーソルキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

子どものころなりたかった職業ランキング

転職なら、求人情報・転職サイトdoda(デューダ) 求人を探す求人を紹介してもらう知りたい・聞きたいイベント公開日:2019/9/3(火) みなさんは、子どものころどんな仕事をしたいと考えていましたか? 今、子どものころなりたかった職業に就いているという方は少ないのではないでしょうか。大人になると、「やりたい仕事が分からない」「やりたい仕事を見つけられない」と悩んでしまう方は多いようです。 そこで今回は、20代~30代のビジネスパーソン1,000人を対象に、「子どものころなりたかった職業」につい

2019年8月26日博報堂フィードバック数:0ライフスタイル

ひとりっ子ママ・複数子ママ調査

NEWS博報堂こそだて家族研究所×ママスタジアム ひとりっ子ママ・複数子ママ調査 2019年08月21日理想の子ども人数は2.6 人。対して、ひとりっ子を予定/希望するママの50.7%が、経済的余裕のなさを理由にあげる。兄弟姉妹の子育ては、公平を心掛けるママが過半数の一方で、可愛さや接し方に差があると答えたママは31.9%。5 割以上のママが、子どもの出産や人数、性別のことを他人から言われて、嫌な思いを経験している。 博報堂こそだて家族研究所*1は、インターネット広告・メディア運営事業の株式会社

2019年7月9日スカパーJSAT★フィードバック数:0マーケティング

子どもの夏休みとママの生活に関する調査2019

子どもの夏休みとママの生活に関する調査2019

親子関係と本に関するアンケート調査

ホーム > ニュースリリース > 2019年度 > 『親子関係と本に関するアンケート調査』12~22歳の子どもを持つ親に聞きました!円満な親子関係を築いている人は9割 中学生の子どもに最も贈りたいものは「書籍」ニュースリリース『親子関係と本に関するアンケート調査』12~22歳の子どもを持つ親に聞きました!円満な親子関係を築いている人は9割 中学生の子どもに最も贈りたいものは「書籍」 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2019年06月27日 ~子どもに贈った本の1位は「君たちはどう生きるか

子どもがいる親世代に聞いた「子どものお小遣いに関するアンケート」

子どもがいる親世代に聞いた「子どものお小遣いに関するアンケート」 お小遣いのキャッシュレス化に興味がある人は約6割いるも、現金派が9割超え! 興味がない理由は、「使い過ぎ」や「お金の使い方が学べるかどうか」への不安e-ラーニングに関するサービスの様々なコンテンツを提供する株式会社イー・ラーニング研究所(代表取締役:吉田智雄、本社:大阪府吹田市 以下、イー・ラーニング研究所)は、放課後の過ごし方や、学童・アフタースクールに対する意識を調査するため、子どもを持つ親を対象に「子どものお小遣いに関するア

2019年6月5日楽天インサイトフィードバック数:0ライフスタイル

終活に関する調査

『「終活」をする意向が最も高いのは30代。実際に始めたい年齢は「60代」がトップ』終活に関する調査 2019年5月27日楽天インサイト株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司、以下「楽天インサイト」)は、「終活に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2019年4月10日(水)と4月11日(木)の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約220万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。 「終活」という言葉を知っている人は

2019年4月24日NTTレゾナントフィードバック数:0社会/政治

小学生の子どもを持つ保護者1200人に聞いた「子どもの登下校」に関する調査

小学生の子どもを持つ保護者1200人に聞いた「子どもの登下校」に関する調査 登下校について防犯上不安に感じる保護者は55.5% ~不安の理由は「不審者や変質者に遭遇しているかもしれない」が86.8%~ お知らせ2019年4月4日NTTレゾナント株式会社小学生の子どもを持つ保護者1200人に聞いた「子どもの登下校」に関する調査登下校について防犯上不安に感じる保護者は55.5%~不安の理由は「不審者や変質者に遭遇しているかもしれない」が86.8%~ NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取

2019年4月11日アデコ★フィードバック数:0キャリアとスキル

「将来就きたい仕事」に関する調査

全国の小中学生1000人を対象にした「将来就きたい仕事」に関する調査 男子の1位は「サッカー選手」、女子の1位は「パティシエ」 - 「好きな教科」と「嫌いな教科」は、「算数・数学」が両方で1位に -小中学生が将来就きたい仕事の1位は、男子が「サッカー選手」、女子が「パティシエ」「パティシエ」は4年連続で女子の小中学生が将来就きたい仕事の1位に小中学生女子では、「警察官・刑事」と「俳優・女優」が初めてトップ10入り小中学生男子では、昨年初めてトップ10入りした「ゲームクリエイター」が今年も8位に

学童・アフタースクールに関するアンケート

子どもがいる親世代に聞いた「学童・アフタースクールに関するアンケート」いよいよ新学期!子どもは放課後どのように過ごしている?約7割が共働き家庭!放課後の「安全性」や「学習の取り組み」に不安 学童保育に求めることは「行き帰りの安全性」「指導力」「プログラムの充実度」e-ラーニングに関するサービスの様々なコンテンツを提供する株式会社イー・ラーニング研究所(代表取締役:吉田智雄、本社:大阪府吹田市 以下、イー・ラーニング研究所)は、放課後の過ごし方や、学童・アフタースクールに対する意識を調査するため、

2019年3月18日カゴメフィードバック数:0社会/政治

子どもの野菜に対する意識調査

子どもの野菜に対する意識調査

2019年3月13日大谷大学フィードバック数:0社会/政治

幼児教育・小学校教育に関する保護者の意識調査2019

Home > 2018年度新着一覧 > 教育学部が幼稚園・保育園児、小学生の子どもがいる方を対象に幼児教育・小学校教育に関する保護者の意識調査を実施2018年度新着一覧教育学部が幼稚園・保育園児、小学生の子どもがいる方を対象に 幼児教育・小学校教育に関する保護者の意識調査を実施大谷大学教育学部では、幼児や小学生の親が、子どもの教育や先生に対してどのような意識を持っているのかを明らかにするため、幼稚園児・保育園児または小学校の子どもがいる20歳~59歳の男女を対象に「幼児教育・小学校教育に関する保

2019年3月11日カラダノートフィードバック数:0社会/政治

習い事に関する意識調査

昨年に続き習い事の王道はスイミング 英語や学習塾の人気が増加 親の幼少期の習い事経験が子どもの習い事検討に影響する -子育て世代、最新のトレンド- 「家族の健康を支え笑顔をふやす」をミッションとし、妊娠・育児層向けツールアプリやメディアを展開する株式会社カラダノート(東京都港区/代表:佐藤竜也/以下当社)は、当社が運営するメディア『カラダノートママびより』(https://mamab.jp/)のユーザーを対象に、習い事に関する意識調査(調査期間:2019年2月11日~2月18日)を実施しました。

2019年2月19日ロッテフィードバック数:0ライフスタイル

受験期の健康に関する調査

受験生の親に聞いた「受験期の健康に関する意識調査」約8割の親が「腸内環境の改善が健康につながる」と回答するも、自分自身の腸内環境改善のために具体的な行動を日常的に実施しているのは2割強8割弱の親が「子どもが受験生になってから悩むことが増えた」と回答 お悩み1位は「子どもの成績の伸び悩み」母親は「子どもの健康」が1位に 株式会社ロッテのチョコレートブランド「乳酸菌ショコラ」は、大学受験シーズンに向け、受験生の親400名を対象に、インターネットによる『受験期の健康に関する意識調査』を実施いたしました

2019年2月18日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

親が知らない、子どもたちの「スマホ」の世界

~親が知らない、子どもたちの「スマホ」の世界~ 親との「スマホルール」、6割以上が守らなかった経験アリ!? 「親に内緒で課金」は5人に1人、「スマホアプリでお金稼ぎ」をする中学生も詐欺サイトへのアクセス経験者も3割以上に・・・そのうち約8割の学生が「親には相談なし」 家庭教育のプロが指南! スマホデビュー前に知っておきたい「お金」と「安全」の話 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)では、学割やファミリー割引をはじめとした多様な料金プランや、未成年者の安全を守るさまざまなアフターサービスを提供して

2019年2月12日actindiフィードバック数:0マーケティング

インターネット視聴に関するアンケート

2019年 親子のインターネット視聴調査アクトインディ株式会社(本社:東京都品川区 代表:下元敬道)が企画運営する、国内最大級の子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」( https://iko-yo.net )は、12歳以下の子どもを持つ全国の保護者586名を対象に「インターネット視聴に関するアンケート」を実施しました。【総括】出先や家の中のちょっとした時間に、子どもにインターネットを見せている保護者は多いのではないだろうか。そこで「いこーよ」では、保護者と子どものそれぞれのネット視聴時間や、子

2019年2月8日カゴメフィードバック数:0社会/政治

子どもの野菜に対する全国意識調査

<1月31日は「愛菜の日」子どもの野菜に対する全国意識調査>野菜嫌いの子どもが最も多い県は「神奈川県」野菜好きの子どもが最も多い県は「山形県」と判明 3歳~12歳までの子どもを持つ全国の女性4382名に大調査 厚生労働省が平成29年「国民健康・栄養調査」にて発表した成人1日の野菜摂取量の平均は288.2gで、目標の350gを下回っており、野菜不足は深刻な問題となっております。この度カゴメ株式会社(代表取締役社長 寺田直行 本社:愛知県名古屋市)では、野菜の摂取量が少なくなりがちな時期の1月から2

2019年1月31日ドリームエリアフィードバック数:0社会/政治

「ITを利用した子どもの見守り」に関するアンケート調査

ドリームエリア、「ITを利用した子どもの見守り」に関するアンケート調査結果公開。88%の保護者が「GPSを利用した現在地確認などITを利用した見守りの必要を感じる」と回答 〜 「学校や塾の到着・帰宅情報をスマホ等で受信したい」と回答した保護者は71% 〜 登録会員数が176万人を超える地域コミュニティーサービス「マチコミ」()及び、GPSなどの位置情報によって危険を未然に防ぐ児童見守りサービス「みもり」()を運営するドリームエリア株式会社(本社:東京都 渋谷区、代表取締役:寺下 武秀、以下 ドリ

年末年始の習い事アンケート

子どもがいる親世代に聞いた「年末年始の習い事アンケート」2018年に話題になった子どもの習い事、2019年にさせたい習い事の第1位は、どちらも「プログラミング教室」に 将来子どもに期待する職業は「経営者」と「プログラマー」が人気!e-ラーニングに関するサービスの様々なコンテンツを提供する株式会社イー・ラーニング研究所(代表取締役:吉田智雄、本社:大阪府吹田市 以下、イー・ラーニング研究所)は、一昨年より、年末年始に、習い事に対する意識を調査するため、子どもを持つ親を対象に「年末年始の子どもの習い

2019年1月23日アクトインディ★フィードバック数:0エンタテインメント

テレビ視聴に関するアンケート

【2018年 親子のテレビ視聴調査】年末年始、「紅白歌合戦」を見る家族は3割~子育て中の保護者は録画をしても見る時間ナシ!?~ アクトインディ株式会社(本社:東京都品川区 代表:下元敬道)が企画運営する、国内最大級の子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」( https://iko-yo.net )は、12歳以下の子どもを持つ全国の保護者755名を対象に「テレビ視聴に関するアンケート」を実施しました。 【総括】年末年始には普段よりテレビを見るという家庭は多いのではないだろうか。そこで「いこーよ

2019年1月17日コズレフィードバック数:0社会/政治

「絵本の読み聞かせ」について調査

マーケティング調査レポート「『絵本の読み聞かせ』を始める時期は?1日の間でいつ・何冊・どのくらいの時間をかけている?」を公表絵本の読み聞かせは、子どもの言語や情緒の発達に欠かせません。さらに、いま注目の非認知能力(誠実さや忍耐力、社交性などこれからの社会で活躍するために必要な能力)を伸ばすためにも絵本の読み聞かせが役立つと言われています。子どもを持つ親としては、他の家庭では子どもが何歳の時から絵本の読み聞かせを始めているのか、1日の間でいつ・何冊・どのくらい時間をかけて読み聞かせをしているのかが

B型ベビーカー人気ランキング

B型ベビーカー人気ランキング軽くて片手で開閉でき、持ち運びしやすいベビーカーが人気2018年8月20日~8月27日実施、有効回答数243総合ランキング「購入経験があるものの中で一番良いと思う商品」が多かったのは?第1位コンビ 26%赤ちゃんを抱っこしながら片手でワンタッチ開閉できる「F2」みんなの口コミ【F2】子どもが歩きたがってベビーカーを降りても、持ち運びしやすいです。(30代 京都府 りんさん)【F2】軽くて見た目がスマート。お値段も手ごろです。(30代 東京都 るなやさん)【F2】軽くて

2019年1月10日MMDLaboフィードバック数:0マーケティング

「モノ・コト」インターネットがもたらすライフスタイルの変化日本におけるIoT意識調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 家電のIoT操作の利用経験は2%に満たない。生活に取り入れたいIoTは「荷物の到着日の変更」、「エアコンのon/offや消し忘れの通知」、「鍵関連」。「エアコンのon/offや消し忘れの通知」、「鍵関連」は外出先で行いたい 家電のIoT操作の利用経験は2%に満たない。生活に取り入れたいIoTは「荷物の到着日の変更」、「エアコンのon/of

2019年1月9日インタースペースフィードバック数:0社会/政治

「子どもの睡眠・寝かしつけ」調査

いまどきのママに実態を調査:ママリサ~いまどきママリサーチ~「子どもの睡眠・寝かしつけ」調査 インターネット広告・メディア運営事業の株式会社インタースペース(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:河端伸一郎、証券コード:2122、以下インタースペース)は、運営する日本最大級のママ向け情報サイト『ママスタジアム』(URL: )にて、『ママリサ~いまどきママリサーチ~』※の第27弾として、「子どもの睡眠・寝かしつけ」調査を行いました。※『ママリサ~いまどきママリサーチ~』は、インタースペースと博報

【お年玉】に関する実態調査

ニュースリリース掲載・配信 PRナビ企業の広報・PRを適正価格でサポート! リリースも無料掲載中まるごと広報代行サービス PRナビ > リリース > 学校・教育・資格 > お年玉は経済的負担になる?小・中学生の親500名に聞きました 明光義塾調べ【お年玉に関する実態調査】 7割以上の親がお年玉は経済的負担になると回答 お年玉をきっかけに「お金の教育」を実施している親は63.4%お年玉は経済的負担になる?小・中学生の親500名に聞きました 明光義塾調べ【お年玉に関する実態調査】 7割以上の親がお年

2019年1月8日鎌倉新書フィードバック数:0社会/政治

終活に関する親子の意識比較

<終活に関する親子の意識比較>終活は「より充実した人生を送る... <終活に関する親子の意識比較> 終活は「より充実した人生を送るため」の親 VS 終活は「人生の終わりの準備」の子ども。 年末年始は親子で終活を始めるタイミングに。終活関連サービスを提供する株式会社 鎌倉新書(本社:東京都中央区、代表取締役社長:相木 孝仁、証券コード:6184/以下「鎌倉新書」)は、2017年12月に発表した「自身の終活に関する意識調査」と、2018年11月に発表した「親の終活に関する意識調査」の結果の比較

相続法が約40年ぶりに改定、遺言と相続に関する実態調査

【相続法が約40年ぶりに改定、遺言と相続に関する実態調査】自分の子どもに財産を完全に秘密にしている人がなんと53%も!相続経験者の平均相続金額は2,114万円と判明。 1割以上が「子どもへの相続の割合に差をつける」と回答、決め手は毎日のLINEにあり!? 年末年始は家族が集まって相続に関して話し合うチャンス! 三菱UFJ信託銀行では、遺言書にまつわる実話を基にしたWEBムービー「こころを託す物語」も公開中 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー2018年12月25日(火)20

2018年12月26日江崎グリコフィードバック数:0社会/政治

「親子の会話」に関する調査

共働き家庭も増え、仕事に家事に忙しいという人も多い昨今のママたち。特にお子さまが幼稚園や小学校に通いだすと、子供と面と向かって会話する時間が減ってしまった人も多いのではないでしょうか。また、スマホの普及によって手軽に情報収集・友達とのコミュニケーションを行うことができ、対面でのコミュニケーションが減る今、改めて親子の会話の時間を見直してみてはいかがでしょうか。そこで今回の調査では幼稚園または小学生のお子さまがいる 20 ~ 40 代ママ 500 名を対象に、スマホを持っている今と自分が子どもだっ

2018年12月26日ベビーカレンダーフィードバック数:0社会/政治

パパの子育てに関するアンケート

約8割が子育てに協力的!「パパの子育てに関するアンケート」の結果は? この記事では、ベビーカレンダーがおこなった「パパの子育てに関するアンケート」の調査結果を紹介しています。 11月22日は「いい夫婦の日」です。子どもができると、夫婦の関係も変わるもの。そこで、864名のママに「パパの子育て」について調査を実施しました。夫婦円満でいるためのコツも聞いてみました!「夫は子育てにおいて協力的だと感じますか?」という質問に対して、「協力的だと思う」と答えたママがなんと約8割もいました。その理由

2018年12月26日カラダノートフィードバック数:0社会/政治

子どもの英語習得に関する意識調査

親の苦手意識が子どもの習い事のきっかけになる 子どもの英語習得に関する意識調査 -子育て世代、最新のトレンド- 早ければ0歳から・月額2万円以上かける人も  「家族の健康を支え笑顔をふやす」をミッションとし、妊娠、育児中のママ向けにツールアプリやメディアを展開する株式会社カラダノート(東京都港区/代表:佐藤竜也/以下当社)は、当社が運営するメディア『カラダノートママびより』(https://mamab.jp/)のユーザーを対象に、子どもの英語習得に関する意識調査(調査期間:2018年9月11日~

2018年12月25日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

2018年注文住宅動向・トレンド調査

ホームプレスリリース2018年 注文住宅動向・トレンド調査 ~【共働き世帯(子どもあり)】は【共働き以外世帯(子どもあり)】と比べ、「子どもの保育園入園」時期入居希望が5.6ポイント高い~ 2018年 注文住宅動向・トレンド調査 ~【共働き世帯(子どもあり)】は【共働き以外世帯(子どもあり)】と比べ、「子どもの保育園入園」時期入居希望が5.6ポイント高い~2018年12月 4日 株式会社リクルート住まいカンパニー の調査結果の一部を抜粋してご報告申し上げます。<調査トピックス> 家づくり全体

2018年12月21日コズレフィードバック数:0ライフスタイル

子どもとの初めてのクリスマスの過ごし方とプレゼント

「子どもとの初めてのクリスマス、どう過ごす?」~過ごす場所、過ごし方、プレゼントに注目して~1.はじめに街が電飾で彩られ、いよいよ年末の慌ただしさやクリスマスの到来を感じる季節になりました。日本でもクリスマスを特別に過ごす文化が定着しており、家族や友人、恋人、あるいは一人で思い思いの時間を過ごすことだと思います。そして子どもにとっては何よりもプレゼントが楽しみなときでしょう。ところで、コズレの主要な読者は小さなお子様を持つママパパです。そのようなママパパは初めて子どもと一緒に過ごすクリスマスに特

2018年12月20日ベビーカレンダーフィードバック数:0デジタル家電

実際に購入し家事・子育てが楽になったとママが感じる家電に関するランキング調査

約3人に1人が子どものために家電を購入! 10万円以上の出費が最多 ベビーカレンダーでは、927名を対象に、「実際に購入し家事・子育てが楽になったとママが感じる家電に関するランキング調査」を実施いたしました。(調査期間:2018年10月19日~10月25日)この記事では、調査の結果と分析の主なポイントをご紹介します。 日々、育児に追われていて、ゆっくりする時間が取れないママも多いのでは? そこで、家事や育児をラクにしてくれる家電を927人のママたちに大調査しちゃいました。約4人に1人が子

2018年12月18日鎌倉新書フィードバック数:0社会/政治

親の終活に関する意識調査

<親の終活に関する意識調査>「子どもに迷惑をかけたくない」親... <親の終活に関する意識調査> 「子どもに迷惑をかけたくない」親の気持ちとは裏腹に、 終活について「親から相談してほしい」と考える子どもが7割超。 終活は元気なうちに親子で一緒に取り組む時代へ。終活関連サービスを提供する株式会社鎌倉新書(本社:東京都中央区、代表取締役社長:相木 孝仁、証券コード:6184/以下「鎌倉新書」)は、2018年10月に「親の終活に関する意識調査」を実施し、調査結果をまとめました。<親の終活に関する

2018年12月17日日本財団★フィードバック数:0社会/政治

「18歳の意識調査」第3回

<意外に高い結婚、子ども願望!晩婚・少子化の中で18歳>結婚願望がある人は74.9%、子どもがほしい人は78.6%。55.5%はお付き合いの経験あり。出会いの場1位は学校、2位SNS、3位部活。 日本財団「18歳意識調査」第3回テーマ 恋愛・結婚観 日本財団(東京都港区、会長笹川陽平)は10月からスタートした「18歳の意識調査」の第3回として恋愛・結婚観を調査しました。この結果、18歳の4人に3人が結婚願望を持ち、3人に2人はほしい子どもの数を2人とするなど、晩婚化、少子化が進む現状とは異なる意

2018年12月17日ハルメクフィードバック数:0社会/政治

「介護」に関する意識と実態調査

【調査リリース】シニア女性に聞いた「介護」に関する意識と実態調査/介護経験者8割が「介護で子どもを頼りにしなかった」と回答 年間で約10万人が介護離職する時代に、4人に1人が「介護する側」を経験。親の介護にかかった費用は平均で約7万3,000円/月 販売部数16万部超で、シニア女性誌部数No.1(※)の「ハルメク」を発行する株式会社ハルメク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮澤孝夫)は、11月11日の「介護の日」に合わせて、50~79歳のシニア女性400名を対象に、「介護」に関するwebアン

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ