「子供世代」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2022年1月12日フリューフィードバック数:0社会/政治

迫る成年年齢年齢引き下げ施行。18歳から“大人”になることで危惧されるのは?

迫る成年年齢年齢引き下げ施行。18歳から“大人”になることで危惧されるのは? 民法が改正となり、2022年4月1日から成年(成人)年齢が20歳から18歳に引き下げとなります。ついに来年へと迫ってはいるものの、実際の認知はどの程度進んでいるのでしょうか。昨年の同時期に調査を行いましたが、この1年でどれほど認知が進んだのか、改めて調査を実施しました。 この調査により、法改正で懸念されるトラブルポイントが見えてきました。 法務省のホームページ内の「民法(成年年齢関係)改正 Q&A」の記載によると、

2018年10月19日ハルメクフィードバック数:0社会/政治

「祖母と孫の関係」に関する実態調査

【調査リリース】今年の10月21日(日)は「孫の日」/シニア女性に聞いた「祖母と孫の関係」に関する実態調査/孫がいるシニア女性の約7割が「孫との関わりを増やしたくない」 孫離れを意識する「孫の5歳11歳の壁」にまつわる6つの要因とは? 販売部数16万部を誇るシニア女性誌部数No.1(※)の「ハルメク」を発行する株式会社ハルメク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮澤孝夫)は、読者(55~84歳のシニア女性)311名を対象に、「祖母と孫の関係」に関するwebアンケート調査を実施いたしました。(※

2016年3月7日博報堂フィードバック数:0社会/政治

新大人研レポート No.25 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その(9) 新しい大人世代の孫育ては「近居・孫友」の新スタイル

新大人研レポート No.25 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その⑨ 新しい大人世代の孫育ては「近居・孫友」の新スタイル・孫がいる60代の43.5%が孫育てに参加した経験あり。女性は52.2%、男性も32.7%とかなりの割合に。 ・孫育てをもう一度やりたいは、全体で男性76.2%、女性73.3%。孫育て参加理由は「一緒にいると楽しい、刺激がある」が73.0%と目立つ。 ・同居・近居については、35.4%の人が子ども家族との近居を望んでいる。博報堂新し い大人文化研究所では、40~60代を

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ