「季節調整」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年4月2日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

一般職業紹介状況(平成30年1月分)について

平成30年3月2日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 森 川 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成30年1月分)について 【ポイント】○平成30年1月の有効求人倍率は1.59倍で、前月と同じ水準。○平成30年1月の新規求人倍率は2.34倍で、前月に比べて0.04ポイント低下。 厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し

2018年3月30日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都工業指数(平成29年12月分・第4四半期分)

ここから本文です。「東京都工業指数」(平成29年12月分・第4四半期分)都内工業生産活動の毎月の動きを示す「東京都工業指数」を取りまとめましたので、お知らせします。12月の工業指数(平成22年平均=100.0)12月の生産指数は前月比で2.1%の上昇12月の生産指数は、前月比で2.1%上昇し、指数水準は97.9(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。 1 生産指数12月の生産指数は、前月比で2.1%上昇し、指数水準は97.9(季節調整済)となった。22

マンパワー雇用予測調査:2016年第3四半期(7-9月期)

人材派遣・人材紹介のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2016年マンパワー雇用予測調査:2016年第3四半期(7-9月期)結果発表 マンパワー雇用予測調査:2016年第3四半期(7-9月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は、引き続き堅調に推移2016年6月14日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2016年第3四半期(7-9月期)における企業の雇用計画を尋ねた「マンパワー雇用予測調査」の結果を6

2016年5月31日MasterCardフィードバック数:0大型消費/投資

2016年4月の消費動向レポート「SpendingPulse」

Press ReleasesPress ReleasesMasterCard 2016年4月の消費動向レポート「SpendingPulse」を発表 小売販売額は前月比4.0%減少 MasterCard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー)の事業部門であるMasterCard Advisorsは本日、日本の小売販売額を調査するマクロ経済レポート、SpendingPulse™の4月のレポートを発表しました。日本の小売販売額は前月比で4.0%減少しましたが、前年同月比では1

マンパワー雇用予測調査:2016年第1四半期(1-3月期)

人材派遣・人材紹介のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2015年マンパワー雇用予測調査:2016年第1四半期(1-3月期)結果発表 マンパワー雇用予測調査:2016年第1四半期(1-3月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は、引き続き堅調に推移2015年12月8日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2016年第1四半期(1-3月期)における企業の雇用計画を尋ねた「マンパワー雇用予測調査」の結果を1

マンパワー雇用予測調査:2015年第4四半期(10-12月期)

人材派遣・人材紹介のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2015年マンパワー雇用予測調査:2015年第4四半期(10-12月期)結果 発表 マンパワー雇用予測調査:2015年第4四半期(10-12月期)結果 発表 今後3カ月の雇用意欲は、2008年第1四半期以来の最高値2015年9月8日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2015年第4四半期(10-12月期)における企業の雇用計画を尋ねた「マンパ

2015年6月26日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年5月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本5月雇用統計 ここから本文です5月雇用統計就業者の増加により、着実な改善が続くサマリー◆労働力調査によると、2015年5月の完全失業率(季節調整値)は、前月から横ばいの3.3%となった。失業者数は、前月差▲1万人と4ヶ月連続で減少し、就業者数は+19万人と3ヶ月ぶりに増加した。また、非労働力人口は同▲22万人と4ヶ月ぶりに減少した。◆一般職業紹介状況によると、2015年5月の有効求人倍率(季節調整値)は前月から+0.02pt上昇の1.19倍となった。また、新規求

家計調査15年5月~前年比では高い伸びも、個人消費の基調は弱い

家計調査15年5月~前年比では高い伸びも、個人消費の基調は弱い | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年5月~前年比では高い伸びも、個人消費の基調は弱い 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は14ヵ月ぶりの増加・個人消費の基調は弱い総務省が6月26日に公表した家計調査によると、15年5月の実質消費支出は前年比4.8%

2015年6月26日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成27年5月分)

平成27年6月26日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成27年5月分)について 【ポイント】○平成27年5月の有効求人倍率は1.19倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇。○平成27年5月の新規求人倍率は1.78倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。 1 厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求

2015年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2015/5/23~6/16発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(5/23~6/16発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(5/23~6/16発表統計分)サマリー◆2015年4月の企業関連の指標は、良好な内容であった。鉱工業生産指数は前月比+1.2%と3ヶ月ぶりに増加した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比▲1.0%と2ヶ月ぶりの低下となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)は、前月比+3.8%と増加した。◆2015年4月の家計関連の指標を見ると、個人消費は低調な動きを示し、雇用環境に関して

貿易統計15年5月~輸出が再び弱含み

貿易統計15年5月~輸出が再び弱含み | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年5月~輸出が再び弱含み 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・輸出数量、輸入数量ともに落ち込む・海外経済の減速が輸出を下押し・貿易赤字は今後拡大へ財務省が6月17日に公表した貿易統計によると、15年5月の貿易収支は▲2,160億円と2ヵ月連続の赤字となっ

2015年6月15日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (平成27年4月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) ※2019年3月15日に基準改定を行いました。2015年基準はこちらデータ期間:2008年1月~2018年12月更新:2019年2月12日 * 2007年以前のデータはこちら※ 平成30年3月分公表時に、平成29年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成30年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧

2015年6月9日マンパワーグループフィードバック数:0キャリアとスキル

マンパワー雇用予測調査:2015年第3四半期(7-9月期)

人材派遣・人材紹介のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2015年マンパワー雇用予測調査:2015年第3四半期(7-9月期)結果発表 マンパワー雇用予測調査:2015年第3四半期(7-9月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は、2008年第1四半期以来の最高値 業種別では「製造」前年比14ポイント増、「運輸・公益」が13ポイント増と大幅に増加2015年6月9日2015年6月9日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワー

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年4月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本4月雇用統計 ここから本文です4月雇用統計全体的にはポジティブな内容だが、非労働力化の動向に留意が必要サマリー◆労働力調査によると、2015年4月の完全失業率(季節調整値)は、前月から0.1%pt低下し3.3%となった。失業者数は、前月差▲2万人と3ヶ月連続で減少し、就業者数は▲28万人と2ヶ月連続で減少した。他方、非労働力人口は+35万人と3ヶ月連続で増加した。◆一般職業紹介状況によると、2015年4月の有効求人倍率(季節調整値)は前月から+0.02pt上昇の

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年4月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本4月消費統計 ここから本文です4月消費統計弱さが目立つ内容だが先行きは明るいサマリー◆2015年4月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比▲5.5%と減少した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても同▲3.5%と減少しており、低調な結果であった。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業動態統計を見ると、4月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比+0.4%と2ヶ月ぶりに増加し、緩やかな減少傾向に歯止めがかかりつつある。◆先

2015年5月29日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成27年4月分)について

平成27年5月29日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成27年4月分)について 【ポイント】○平成27年4月の有効求人倍率は1.17倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇。○平成27年4月の新規求人倍率は1.77倍で、前月に比べて0.05ポイント上昇。 1 厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求

貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い

貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易収支は再び赤字に・アジア向け輸出が弱含み・貿易黒字の定着には至らず財務省が5月25日に公表した貿易統計によると、15年4月の貿易収支は▲

2015年5月24日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2015年4月実績、5月見通し)

ニュースリリース2 0 1 5 年 5 月 2 2 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2015年4月実績、5月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が縮小~5 月もマイナス幅が縮小する見通し~」1 売 上2015 年 4 月の売上 DI は、3 月(▲24.2)からマイナス幅が 13.6 ポイント縮小し、▲10.6 となった。5 月は、▲5.5 とマイナス幅がさらに縮小する見通しとなっている。業種別にみると、製造業(▲19.8→▲15.2)、非製造業(▲2

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2015/4/22~5/22発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(4/22~5/22発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(4/22~5/22発表統計分)サマリー◆2015年3月の企業関連の指標は、春節の影響もあった先月から持ち直しの兆しが見られる内容であった。鉱工業生産指数は前月比▲0.8%と2ヶ月連続で低下したものの、前月時点での予測調査(同▲1.4%)に比べれば上振れし、ヘッドラインはおおむねポジティブな内容だった。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+2.5%と2ヶ月ぶりの増加となった

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (平成27年3月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) ※2019年3月15日に基準改定を行いました。2015年基準はこちらデータ期間:2008年1月~2018年12月更新:2019年2月12日 * 2007年以前のデータはこちら※ 平成30年3月分公表時に、平成29年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成30年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧

2015年5月15日MasterCardフィードバック数:0ライフスタイル

2016年3月の消費動向レポート「SpendingPulse」

Press ReleasesPress ReleasesMasterCard 2016年3月の消費動向レポート「SpendingPulse」を発表 小売販売額は前月比10.9%増加 MasterCard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー)の事業部門であるMasterCard Advisorsは本日、日本の小売販売額を調査するマクロ経済レポート、SpendingPulse™の3月のレポートを発表しました。日本の小売販売額は前月比10.9%増加しましたが、前年同月比1.

2015年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年3月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本3月消費統計 ここから本文です3月消費統計1-3月期のGDPベースの個人消費は小幅の増加を予想サマリー◆2015年3月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+2.4%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても同+2.8%と増加し、このところの弱さを払しょくする良好な結果であった。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業動態統計を見ると、3月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比▲1.9%と2ヶ月ぶりに減少した。内

2015年5月1日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

年度のまとめです。

一般職業紹介状況(平成27年3月分及び平成26年度分)

平成27年5月1日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成27年3月分及び平成26年度分)について 【ポイント】○平成27年3月の有効求人倍率は1.15倍で、前月と同水準。○平成27年3月の新規求人倍率は1.72倍で、前月に比べて0.09ポイント上昇。○平成26年度平均の有効求人倍率は1.11倍で、前年度に比べて0.14ポイント上昇。 1 厚生労働省では

2015年4月30日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数―27年2月

「東京都工業指数」(平成27年2月分)平成27年4月30日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す 「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。2月の工業生産指数 (平成22年平均=100.0) 2月の生産指数は4.9%低下2月の生産指数は前月比で4.9%低下し、101.9(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。1 生産2月の生産は、前月比で4.9%低下し、指数水準は101.9(季節調整済)となった。22業種中、化学工業、輸送機械工業等15

貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに

貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易収支(季節調整値)は東日本大震災以降では初の黒字に・輸出入ともに

2015年4月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2015年3月) ~季節調整値では4年1ヶ月ぶりの貿易黒字~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2015/3/17~4/21発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(3/17~4/21発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(3/17~4/21発表統計分)サマリー◆2015年2月の企業関連の指標は、春節の影響もあり持ち直しの動きに足踏みが見られる内容であった。鉱工業生産指数は前月比▲3.1%と3ヶ月ぶりに低下した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比▲7.8%と3ヶ月ぶりの低下となった。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比▲0.4%と2ヶ月連続で減少した。◆2015年2月の家

2015年4月7日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (平成27年2月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) ※2019年3月15日に基準改定を行いました。2015年基準はこちらデータ期間:2008年1月~2018年12月更新:2019年2月12日 * 2007年以前のデータはこちら※ 平成30年3月分公表時に、平成29年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成30年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧

2015年3月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年2月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月雇用統計 ここから本文です2月雇用統計内容は悪くないが、新規求人倍率の悪化が懸念材料サマリー◆労働力調査によると、2015年2月の完全失業率(季節調整値)は、前月から0.1%pt低下し3.5%となった。雇用者数は、前月差▲10万人と2ヶ月連続で減少したものの、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ると、同+2万人と2ヶ月ぶりに増加した。非労働力人口は同+4万人と増加した。非労働力人口は増加したものの、失業者数は減少し、就業者数が増加したため、ポジティブな結

2015年3月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年2月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月消費統計 ここから本文です2月消費統計春物商材、外食の堅調さを確認サマリー◆2015年2月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+0.8%と増加した。ただし振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同▲1.4%と減少した。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業動態統計を見ると、2月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比+0.7%と5ヶ月ぶりに増加した。内訳を見ると、「各種商品小売業」(同+4.0%)、「織物・衣服・身

2015年3月28日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成27年2月分)について

平成27年3月27日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成27年2月分)について 【ポイント】○平成27年2月の有効求人倍率は1.15倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。○平成27年2月の新規求人倍率は1.63倍で、前月に比べて0.14ポイント低下。 1 厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求

2015年3月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年2月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月貿易統計 ここから本文です2月貿易統計春節が輸出を押し下げサマリー◆2015年2月の貿易統計では、輸出金額は前年比+2.4%と6ヶ月連続の増加となったものの、増加幅は前月(同+17.0%)から大きく縮小する結果となった。季節調整値で見た輸出金額も前月比▲7.0%と9ヶ月ぶりの減少となり、これまで続いてきた増加基調が足踏みした形である。◆ただし、1月の輸出の急増および、2月の減少は中華圏における春節が影響しているとみられる(中国向け輸出金額は1月:前年比+20

貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続

貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字の縮小が続く・輸出は回復基調を維持・貿易赤字はいったん解消へ財務省が3月18日に公表した貿易統計によると、15年2月の貿易収支は▲4,2

2015年3月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2/19~3/16発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(2/19~3/16発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(2/19~3/16発表統計分)サマリー◆2015年1月の企業関連の指標は、持ち直しの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比+3.7%と2ヶ月連続で上昇した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+6.5%の上昇となった。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比▲1.7%と3ヶ月ぶりに低下した。◆2015年1月の家計関連の指標を見ると、個人消費は増加傾向

マンパワー雇用予測調査:2015年第2四半期(4-6月期)

人材派遣・人材紹介のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2015年マンパワー雇用予測調査:2015年第2四半期(4-6月期)結果発表 マンパワー雇用予測調査:2015年第2四半期(4-6月期)結果発表 今後3ヵ月の雇用意欲は引き続き高水準で推移 業種別では、「鉱工業・建設」が調査開始以来最高値の37%を記録2015年3月10日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2015年第2四半期(4-6月期)に

2015年3月9日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (2015年1月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) ※2019年3月15日に基準改定を行いました。2015年基準はこちらデータ期間:2008年1月~2018年12月更新:2019年2月12日 * 2007年以前のデータはこちら※ 平成30年3月分公表時に、平成29年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成30年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧

2015年2月27日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年1月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本1月雇用統計 ここから本文です1月雇用統計失業率は悪化も、内容は悪くないサマリー◆労働力調査によると、2015年1月の完全失業率(季節調整値)は、前月から0.2%pt上昇し3.6%となった。雇用者数は、前月差▲3万人と2ヶ月ぶりに減少し、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ても、同▲2万人と2ヶ月ぶりの減少であった。単月では悪化した形だが雇用者数・就業者数は前月大幅に増加しており、均してみれば雇用の拡大傾向が続いている。◆一般職業紹介状況によると、2015年

2015年2月27日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成27年1月分)について

平成27年2月27日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成27年1月分)について 【ポイント】○平成27年1月の有効求人倍率は1.14倍で、前月と同水準。○平成27年1月の新規求人倍率は1.77倍で、前月と同水準。 1 厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状

2015年2月24日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

春節による経済への影響です。

春節は2月貿易収支にとって3,000億の赤字圧力 ~春節による季節調整の歪みにご注意~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年2月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(1/21~2/18発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(1/21~2/18発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(1/21~2/18発表統計分)サマリー◆2014年12月の企業関連の指標は、持ち直しの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比+0.8%と2ヶ月ぶりに上昇した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+0.5%の上昇となった。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比+8.3%と2ヶ月連続で増加した。◆2014年12月の家計関連の指標を見ると、個人消費は増加

2015年2月6日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (平成26年12月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) データ期間:2008年1月~2018年12月更新:2019年2月12日 * 2007年以前のデータはこちら※ 平成30年3月分公表時に、平成29年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成30年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧ください。※ 2007年12月以前については、下に掲載している接続指

2015年2月3日(個人)フィードバック数:0社会/政治

統計で嘘をつく方法でアベノミクスを擁護してみる

インターネット上で話題になっている事件を、理論とデータをもとに社会科学的に分析。 PagesSubscribeケータイ端末用ミニゲーム NTT DoCoMo Doja端末、KDDI au オープンアプリ、ソフトバンク・モバイル S!アプリ対応ミニゲームを配布中。 宴会芸程度の話なのだが、統計で嘘をつく方法を駆使してアベノミクスを擁護してみよう。先日のエントリーに対して「擬似科学ニュース」が色々と考察した上で、12ヶ月単純移動平均で見ると2013年1月から就業者が増えていると指摘してきた

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年12月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月雇用統計 ここから本文です12月雇用統計雇用環境が大幅な改善サマリー◆労働力調査によると、2014年12月の完全失業率(季節調整値)は、前月から▲0.1%pt低下の3.4%となった。雇用者数は、前月差+49万人と3ヶ月ぶりに増加し、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ても、同+43万人と3ヶ月ぶりの増加となった。今後、緩やかに景気拡大が続く中、雇用者数・就業者数は、増加基調が続く見込みだ。◆一般職業紹介状況によると、2014年12月の有効求人倍率(季節

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月消費統計 ここから本文です12月消費統計2014年10-12月期のGDPベースの個人消費は前期比+1%程度の増加へサマリー◆2014年12月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+0.4%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同+0.3%と増加しており、家計調査に見る個人消費は持ち直しの動きを示している。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業販売統計を見ると、12月の名目小売販売額は、季節調整済み前

2015年1月30日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

年間のまとめです。

一般職業紹介状況(平成26年12月分及び平成26年分)について

平成27年1月30日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成26年12月分及び平成26年分)について 【ポイント】○平成26年12月の有効求人倍率は1.15倍で、前月に比べて0.03ポイント上昇。○平成26年12月の新規求人倍率は1.79倍で、前月に比べて0.13ポイント上昇。○平成26年平均の有効求人倍率は1.09倍で、前年に比べて0.16ポイント上昇

2015年1月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月貿易統計 ここから本文です12月貿易統計原油価格下落で貿易赤字は大きく縮小サマリー◆2014年12月の貿易統計では、輸出金額は前年比+12.9%と4ヶ月連続の増加となり、市場コンセンサス(同+11.2%)を上回った。円安が進んだことを主因に輸出価格は同+8.7%と大幅に上昇したことに加えて、輸出数量が同+3.9%と2ヶ月ぶりに前年を上回ったことが輸出金額を押し上げた。季節調整値で見た輸出金額は前月比+2.0%と7ヶ月連続の増加となっており、輸出金額は円安進

2015年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/12/17~2015/1/20発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(12/17~1/20発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(12/17~1/20発表統計分)サマリー◆11月の企業関連の指標は、足踏みの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比▲0.5%と3ヶ月ぶりに低下した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比▲1.4%と低下した。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比1.3%と2ヶ月ぶりに増加した。◆11月の家計関連の指標を見ると、個人消費では反動減から緩やかに回復して

2015年1月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 (平成26年11月分)

鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表 集計結果又は推計結果(データダウンロード) ※2019年3月15日に基準改定を行いました。2015年基準はこちらデータ期間:2008年1月~2018年12月更新:2019年2月12日 * 2007年以前のデータはこちら※ 平成30年3月分公表時に、平成29年1月分~12月分の指数用データを遡って修正する年間補正を行いました。あわせて、季節調整を新たに行ったため、平成30年1~2月の季節調整済指数も変更となりました。※ 利用に際しては、利用上の注意も併せて御覧

2014年12月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年11月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本11月雇用統計 ここから本文です11月雇用統計雇用者数の増加基調に陰りサマリー◆労働力調査によると、2014年11月の完全失業率(季節調整値)は、前月から変化せず、3.5%となった。雇用者数は、前月差▲9万人と2ヶ月連続で減少し、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ても、同▲10万人と2ヶ月連続の減少となった。雇用者数・就業者数は、高水準の推移が続いているものの、増加基調に陰りが見えている。◆一般職業紹介状況によると、2014年11月の有効求人倍率(季節調整

2014年12月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/11/20~12/16発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(11/20~12/16発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(11/20~12/16発表統計分)サマリー◆10月の企業関連の指標は、持ち直しの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比+0.4%と2ヶ月連続で上昇した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+2.3%と上昇した。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比▲6.4%と5ヶ月ぶりに減少した。◆10月の家計関連の指標を見ると、個人消費では反動減から緩やかに

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

特集データ

お知らせ