「季節調整」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2013年4月1日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月雇用統計 ここから本文です2月雇用統計失業率は悪化も、改善基調は継続サマリー◆2月の完全失業率(季節調整値)は4.3%となり、前月から0.1%pt 悪化した。失業者数は前月から5万人増加したものの、就業者数は9万人の増加となった。2月の有効求人倍率(季節調整値)は0.85 倍となり前月と同水準であった。今月の失業者数の増加は、労働市場の改善を写し、非労働力人口の労働力化が進んだことが一部寄与したと考えられる。そのため、雇用関連統計を総じて見ると、改善基調が引

2013年3月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月貿易統計 ここから本文です2月貿易統計金額ベースでは持ち直し傾向続くも、輸出数量は依然低迷サマリー◆2013年2月の貿易統計では、輸出金額は前年比▲2.9%と、2ヶ月ぶりの前年割れとなり、市場コンセンサス(同▲1.7%)を下回った。輸出金額を価格と数量に分けると、円安の効果もあり輸出価格が前年比+15.0%と大幅に上昇する一方で、輸出数量が同▲15.5%と大幅に落ち込んだことが下押し要因となった。◆ただし、①前年の2012年がうるう年だったこと、②中国の春節

2013年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2/19~3/15発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(2/19~3/15発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(2/19~3/15発表統計分)サマリー◆1月の企業関連の指標は、これまでの減速傾向からの転換を期待させる内容であった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比+0.3%と2ヶ月連続の上昇となった。先行きに関しても増産を見込んでいることから、生産は持ち直しつつあるといえる。輸出金額は前年比+6.3%と、8ヶ月ぶりの増加に転じた。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比▲1

2013年3月4日厚生労働省フィードバック数:12キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成25年1月分)について

平成25年3月1日(金)【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 古 屋(内線5740)(代表電話)03(5253)1111(直通電話)03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成25年1月分)について【ポイント】○平成25年1月の有効求人倍率は0.85倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇。○平成25年1月の新規求人倍率は1.33倍で、前月に比べて0.02ポイント低下。厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標

2013年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

1月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本1月貿易統計 ここから本文です1月貿易統計輸出は下げ止まるも、やや物足りない印象サマリー◆2013年1月の貿易統計では、輸出金額は前年比+6.4%と、8ヶ月ぶりの増加に転じ、市場コンセンサス(同+5.6%)を上回った。輸出金額を季節調整値で見ても前月比+3.6%と3ヶ月連続の増加となっており、輸出は下げ止まりつつあると言える。ただし、輸出数量は同▲6.0%と前年割れが続いている。鉱工業生産等の国内景気は輸出数量との連動性が高いことに鑑みると、国内景気を牽引する程

2013年2月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

12月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月消費統計 ここから本文です12月消費統計底堅い推移が続くサマリー◆2012年12月の家計調査によると、実質消費支出は前年比▲0.7%と2ヶ月ぶりのマイナスとなった。季節調整値は前月比▲0.7%と2ヶ月連続の減少、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同+0.3%と2ヶ月ぶりの増加となった。個人消費は底堅い推移を続けていると判断できる。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業販売統計の結果を見ると、2012年12月の小売業名目販

2013年2月4日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

12月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月雇用統計 ここから本文です12月雇用統計底堅い動きを継続サマリー◆2012年12月の完全失業率(季節調整値)は4.2%となり、前月から0.1%pt悪化した。就業者数の減少に加え、失業者数が増加していることを考慮すると内容は良くない。12月の有効求人倍率(季節調整値)は0.82倍となり前月から0.02pt改善した。雇用関連統計を単月でみると、就業者数の減少と失業者数の増加から、内容は良くなかったと考える。しかし、均してみると、失業率は横ばいで推移しており、底

2013年2月4日厚生労働省フィードバック数:14キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成24年12月分及び平成24年分)について

平成25年2月1日(金)【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 古 屋(内線5740)(代表電話)03(5253)1111(直通電話)03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成24年12月分及び平成24年分)について【ポイント】○平成24年12月の有効求人倍率は0.82倍で、前月と比べて0.02ポイント上昇。○平成24年12月の新規求人倍率は1.31倍で、前月と同水準。○平成24年平均の有効求人倍率は0.80倍で、前年に比べて0.15ポイント上昇。 1 厚生労働省では、公共

2013年1月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

12月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月貿易統計 ここから本文です12月貿易統計輸出に下げ止まりの兆しサマリー◆2012年12月の貿易統計では、輸出金額は前年比▲5.8%となり、市場コンセンサス(同▲4.2%)を下回った。ただし、輸出金額の季節調整値は前月比+2.4%と2ヶ月連続の増加となっており、これまで減少傾向が続いてきた輸出に下げ止まりの兆しがみられている。◆12月の輸入金額は、前年比+1.9%と2ヶ月連続で前年を上回った。輸入数量は前年比0.0%であったが、円安によって輸入価格が同+1.

2013年1月23日大和総研★フィードバック数:1社会/政治

一カ月の間に発表された経済指標のレビューです。

経済指標の要点(12/19~1/22 発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(12/19~1/22 発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(12/19~1/22 発表統計分)サマリー◆2012年11月の企業関連の指標は、足下の減速傾向に歯止めがかかりつつあることを期待させる内容であった。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は、前月比▲2.3%となった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比▲1.4%と2ヶ月ぶりの低下となった。しかし、製造工業生産予測調査によると、2012年12月の生産計画は前月比+6.7%と大幅に

2013年1月8日大和総研フィードバック数:2社会/政治

11月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本11月雇用統計 ここから本文です11月雇用統計懸念材料と明るい兆しが混在する内容サマリー◆2012年11月の完全失業率(季節調整値)は4.1%となり、前月から0.1%pt改善した。今回の失業率の低下は非労働力人口の増加が主たる要因である。よって、失業率は低下したものの、その内容は必ずしも良くない。有効求人倍率は0.80倍となり前月と同水準であった。今回の雇用関連統計を総じて見ると、非労働力人口の増加という懸念材料はあるものの、新規求人数は2ヶ月連続の増加、有効求

2013年1月7日厚生労働省フィードバック数:9キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成24年11月分)について

平成24年12月28日(金)【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 古 屋(内線5740)(代表電話)03(5253)1111(直通電話)03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成24年11月分)について【ポイント】○平成24年11月の有効求人倍率は0.80倍で、前月と同水準。○平成24年11月の新規求人倍率は1.31倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇。厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、

2012年12月3日厚生労働省フィードバック数:8キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成24年10月分)について

平成24年11月30日(金)【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 古 屋(内線5740)(代表電話)03(5253)1111(直通電話)03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成24年10月分)について【ポイント】○平成24年10月の有効求人倍率は0.80倍で、前月に比べて0.01ポイント低下。○平成24年10月の新規求人倍率は1.29倍で、前月に比べて0.05ポイント上昇。厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率

2012年10月31日厚生労働省フィードバック数:11キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成24年9月分)について

平成24年10月30日(火)【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 古 屋(内線5740)(代表電話)03(5253)1111(直通電話)03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成24年9月分)について【ポイント】○平成24年9月の有効求人倍率は0.81倍で、前月に比べて0.02ポイント低下。○平成24年9月の新規求人倍率は1.24倍で、前月に比べて0.09ポイント低下。厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの

2012年10月1日厚生労働省フィードバック数:5キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成24年8月分)について

平成24年9月28日(金)【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 古 屋(内線5740)(代表電話)03(5253)1111(直通電話)03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成24年8月分)について【ポイント】○平成24年8月の有効求人倍率は0.83倍で、前月と同水準。○平成24年8月の新規求人倍率は1.33倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇。厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業

2012年8月1日厚生労働省フィードバック数:6キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成24年6月分)について

平成24年7月31日(火)【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 古 屋(内線5740)(代表電話)03(5253)1111(直通電話)03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成24年6月分)について【ポイント】○平成24年6月の有効求人倍率は0.82倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。○平成24年6月の新規求人倍率は1.32倍で、前月に比べて0.03ポイント低下。厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指

2012年7月9日内閣府フィードバック数:13製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成24年5月実績)

統計表一覧:機械受注統計調査報告令和3年(2021年)1月調査において、季節調整値の改訂を行いました。平成23年(2011年)4月調査より、需要者分類等が一部変更となりました。(機械受注統計調査は携帯電話を含まない調査に変わりました。) 機械受注統計調査票における需要者分類等の変更について(平成23年4月調査)(PDF形式:359KB) 機械受注統計調査報告(実績:毎月)(見通し:四半期) 結果主要長期時系列統計表(2005年4月から) 毎年1月調査の時点で季節調整値の改訂を行っており、季調系列

2012年7月2日厚生労働省フィードバック数:4キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成24年5月分)について

平成24年6月29日(金)【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 古 屋(内線5740)(代表電話)03(5253)1111(直通電話)03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成24年5月分)について【ポイント】○平成24年5月の有効求人倍率は0.81倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇。○平成24年5月の新規求人倍率は1.35倍で、前月に比べて0.07ポイント上昇。厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指

2012年5月2日厚生労働省フィードバック数:4キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成24年3月分及び平成23年度分)について

平成24年4月27日(金)【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 古 屋(内線5740)(代表電話)03(5253)1111(直通電話)03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成24年3月分及び平成23年度分)について【ポイント】○平成24年3月の有効求人倍率は0.76倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。○平成24年3月の新規求人倍率は1.19倍で、前月に比べて0.08ポイント低下。○平成23年度平均の有効求人倍率は0.68倍で、前年度に比べて0.12ポイント上昇。 1

2012年4月2日国土交通省フィードバック数:8製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成24年2月分)

平成24年3月30日2月の住宅着工は, 持家, 貸家, 分譲住宅がともに増加したため, 全体で増加となった。(参考)(民間非居住建築物)店舗は減少したが, 事務所, 工場, 倉庫が増加したため,全体で増加となった。 結果表を政府統計の総合窓口(e-stat)に掲載しています。詳しくは、下記リンクよりご確認下さい。 また、掲載内容につきましては『【月次】集計事項/集計範囲一覧表』をご参照下さい。 (Excel ファイル 38KB)以前まで掲載しておりました時系列表については新たにページを設けまし

2012年2月1日国土交通省フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成23年12月分)

平成24年1月31日12月の住宅着工は, 持家、貸家、分譲住宅ともに減少したため、全体で減少となった。(参考)(民間非居住建築物)事務所,店舗,工場,倉庫ともに増加したため,全体で増加となった。 「建築着工統計報告」の平成21年4月分(平成21年5月29日公表)~平成23年11月分(平成23年12月27日公表)のデータに誤りがございましたので、修正させて頂きます。修正箇所につきましては、以下の「修正版」(下線部が修正箇所(対前年同月比等を含む))にてご確認下さいますようよろしくお願い致します。【

2012年1月31日総務省フィードバック数:96社会/政治

家計調査報告(二人以上の世帯)平成23年12月分速報

ここから本文です。家計調査報告 ―月・四半期・年―目次(このページ内の該当する箇所へジャンプします)月次結果四半期結果年結果 家計調査(二人以上の世帯)2021年(令和3年)11月分 (2022年1月7日公表)月次(前年同月比,【 】内は前月比(季節調整値) %) 【勤労者世帯】実収入(名目,< >内は実質) 注 調査方法の変更の影響による変動を調整した推計値 消費支出(二人以上の世帯)は, 1世帯当たり 277,029円前年同月比 実質 1.3%の減少 名目 0.6%の減少前月比(季節調整

2011年12月28日総務省フィードバック数:96社会/政治

家計調査報告(二人以上の世帯)平成23年11月分速報

ここから本文です。家計調査報告 ―月・四半期・年―目次(このページ内の該当する箇所へジャンプします)月次結果四半期結果年結果 家計調査(二人以上の世帯)2021年(令和3年)11月分 (2022年1月7日公表)月次(前年同月比,【 】内は前月比(季節調整値) %) 【勤労者世帯】実収入(名目,< >内は実質) 注 調査方法の変更の影響による変動を調整した推計値 消費支出(二人以上の世帯)は, 1世帯当たり 277,029円前年同月比 実質 1.3%の減少 名目 0.6%の減少前月比(季節調整

2011年12月28日総務省フィードバック数:393社会/政治

平成22年基準 消費者物価指数 全国 平成23年11月分

ここから本文です。2020年基準 消費者物価指数 全国 2021年(令和3年)12月分 (2022年1月21日公表) (1)総合指数は2020年を100として100.1前年同月比は0.8%の上昇前月比(季節調整値)は0.1%の上昇(2)生鮮食品を除く総合指数は100.0前年同月比は0.5%の上昇前月比(季節調整値)は0.1%の上昇(3)生鮮食品及びエネルギーを除く総合指数は99.1前年同月比は0.7%の下落前月と同水準(季節調整値) 次回の公表は、2022年2月18日 午前8時30分です。今月の

2011年12月28日総務省フィードバック数:45社会/政治

平成22年基準 消費者物価指数 東京都区部 平成23年12月分(中旬速報値)

ここから本文です。2020年基準 消費者物価指数 東京都区部 2022年(令和4年)1月分(中旬速報値)2022年1月28日公表(1)総合指数は2020年を100として100.3前年同月比は0.5%の上昇前月比(季節調整値)は0.3%の上昇(2)生鮮食品を除く総合指数は99.9前年同月比は0.2%の上昇 前月比(季節調整値)は0.1%の上昇(3)生鮮食品及びエネルギーを除く総合指数は99.4前年同月比は0.7%の下落 前月比(季節調整値)は0.2%の上昇 確報値の公表は、2022年2月18日 午

2011年12月28日総務省フィードバック数:495キャリアとスキル

労働力調査(基本集計)平成23年11月分(速報)

ここから本文です。労働力調査(基本集計) 2021年(令和3年)12月分結果2022年2月1日公表<> (1) 就業者数就業者数は6659万人。前年同月に比べ7万人の減少。4か月連続の減少(2) 完全失業者数完全失業者数は171万人。前年同月に比べ23万人の減少。6か月連続の減少(3) 完全失業率完全失業率(季節調整値)は2.7%。前月に比べ0.1ポイント低下  時系列接続用数値について東日本大震災により調査が困難となった2011年3月から8月までは,関連統計等を用いて補完推計を行い

2011年11月29日総務省フィードバック数:96社会/政治

家計調査報告(二人以上の世帯)平成23年10月分速報

ここから本文です。家計調査報告 ―月・四半期・年―目次(このページ内の該当する箇所へジャンプします)月次結果四半期結果年結果 家計調査(二人以上の世帯)2021年(令和3年)11月分 (2022年1月7日公表)月次(前年同月比,【 】内は前月比(季節調整値) %) 【勤労者世帯】実収入(名目,< >内は実質) 注 調査方法の変更の影響による変動を調整した推計値 消費支出(二人以上の世帯)は, 1世帯当たり 277,029円前年同月比 実質 1.3%の減少 名目 0.6%の減少前月比(季節調整

2011年11月29日総務省フィードバック数:495キャリアとスキル

労働力調査(基本集計)平成23年10月分(速報)

ここから本文です。労働力調査(基本集計) 2021年(令和3年)12月分結果2022年2月1日公表<> (1) 就業者数就業者数は6659万人。前年同月に比べ7万人の減少。4か月連続の減少(2) 完全失業者数完全失業者数は171万人。前年同月に比べ23万人の減少。6か月連続の減少(3) 完全失業率完全失業率(季節調整値)は2.7%。前月に比べ0.1ポイント低下  時系列接続用数値について東日本大震災により調査が困難となった2011年3月から8月までは,関連統計等を用いて補完推計を行い

2011年8月1日国土交通省フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成23年6月)

平成23年7月29日6月の住宅着工は, 持家は減少したが, 貸家と分譲住宅が増加したため, 全体で増加となった。(参考)(民間非居住建築物)倉庫は減少したが, 事務所, 店舗, 工場が増加したため,全体で増加となった。 「建築着工統計報告」の平成23年6月分(平成23年7月29日公表)のデータに誤りがございましたので修正させて頂きます。修正箇所につきまして下記リンクよりご確認下さい。正誤情報一覧※ 記者発表資料の季節調整値につきましては、平成23年12月分の集計をもって季節調整値替えを行い、過去

2011年2月3日総務省フィードバック数:96大型消費/投資

家計調査報告(二人以上の世帯)―平成22年12月分速報

ここから本文です。家計調査報告 ―月・四半期・年―目次(このページ内の該当する箇所へジャンプします)月次結果四半期結果年結果 家計調査(二人以上の世帯)2021年(令和3年)11月分 (2022年1月7日公表)月次(前年同月比,【 】内は前月比(季節調整値) %) 【勤労者世帯】実収入(名目,< >内は実質) 注 調査方法の変更の影響による変動を調整した推計値 消費支出(二人以上の世帯)は, 1世帯当たり 277,029円前年同月比 実質 1.3%の減少 名目 0.6%の減少前月比(季節調整

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ