調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 学校基本調査

「学校基本調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年12月22日インテージフィードバック数:0社会/政治

クラス人数は少ない方がいい?~地方・学年によって違う意識~全国1万人の意識調査

市場調査、マーケティングリサーチならインテージリサーチ クラス人数は少ない方がいい? ~地方・学年によって違う意識~ 全国1万人の意識調査 株式会社インテージリサーチ(本社:東京都東久留米市、代表取締役:小田切俊夫)は、自主企画「少人数学級に関する意識調査」を実施しました。全国の16~79歳の男女1万802人を対象にしたインターネット調査で、適正と考えるクラス人数を尋ねたものです。 調査結果のポイント小学校では「21人以上30人以下」、中学校・高等学校では「31人以上40人以下」を適正なクラス

2014年7月3日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

高校生調査です。

高校生の社会観・世代観・グローバル化と地元志向「高校生価値意識調査2014」

将来の社会が明るいと思う高校生は49%、景気回復の期待などから2012年の1.6倍に増加、76%の高校生が「現在幸せ」ー高校生の社会観・世代観・グローバル化と地元志向「高校生価値意識調査2014」ー 将来の社会が明るいと思う高校生は49%、景気回復の期待などから2012年の1.6倍に増加、76%の高校生が「現在幸せ」ー高校生の社会観・世代観・グローバル化と地元志向「高校生価値意識調査2014」ー 2014年7月 3日 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ株式会社リクルートマーケティ

2013年10月4日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

少しずつ増えている、工学系の女子学生

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs少しずつ増えている、工学系の女子学生 ここから本文です少しずつ増えている、工学系の女子学生平成25年度学校基本調査からサマリー「男女共同参画白書 平成25年版」で、「人口減少と少子高齢化の下にある我が国が,国,地域,企業,世帯等あらゆるレベルで再び力強い成長の歩みを取り戻すためには,女性の活躍こそ原動力であり,成長戦略の中核となる。」と述べているように、産官学のさまざまな分野で女性の活躍が期待されている。科学技術の分野でも、女性研究者の活

2013年3月15日大和総研フィードバック数:16ライフスタイル

大学、大学院における男女別学生数の状況

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs大学、大学院における男女別学生数の状況 ここから本文です大学、大学院における男女別学生数の状況-平成24年度学校基本調査から-サマリー多様な人材を活用することで経済社会の活性化を図ることや、少子高齢化による労働力人口の減少懸念に向けて労働供給の量的拡大を図ることなどから、産官学のさまざまな分野で女性の活躍が推進されている。科学技術の分野でも、多様な視点や発想を取り入れた研究活動を活性化するために、女性研究者の活躍が期待されている。そのため

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ