「学生就職」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年7月26日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

『2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 6月の活動状況』を発表

『2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 6月の活動状況』を発表 入社予定先企業のインターンシップ参加割合は42.9%に達し、3年連続で増加株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2020年卒の学生を対象にした『2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 6月の活動状況』を発表しました。調査結果の概要(一部抜粋)は以下の通りです。【調査概要】2020年卒学生の選考において、WEB面接を経験したことがある割合は5人に1人となり、前年の2倍に迫る数字となった。WEB

精神・発達障がいのある学生の就職支援に関するアンケート調査

障がい者雇用に関する調査・研究・レポート 精神・発達障がいのある学生の就職支援に関するアンケート調査2016.4.19 実施の背景日本学生支援機構の直近の調査によれば、2014年3月に卒業した障がいのある学生の就職率は約50%に留まっています。また、障がいのある学生の中でも、精神・発達障がいのある学生の数は、その疑いがある学生も含めて大きく伸びており、多くの大学が就職支援について課題を感じているようです。そこで、精神・発達障がいのある学生(および精神・発達障がいの疑いがある学生)の就職支援に

2014年7月10日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

6月の状況です。

2015年卒マイナビ学生就職モニター調査 6月の活動状況

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「2015年卒マイナビ学生就職モニター調査 6月の活動状況」を発表~ 内々定保有者の活動量は文系が理系を上回る。理系学生は「早く、少なく、短く」活動が進行。”コース別採用”で一般職を志望する理由は「転居を伴う異動がないから」が過半数 ~株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2015年卒業予定の学生を対象とした「2015年卒マイナビ学生就職モニター調査

2014年3月12日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

2月下旬の調査です。

2015年卒マイナビ学生就職モニター調査 2月の活動状況

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「2015年卒マイナビ学生就職モニター調査 2月の活動状況」を発表~ 1次面接を経験した学生が6割以上、前年よりも速いペースで初期選考進む。就活生が企業セミナーで聞きたかったのは「社風・社内の雰囲気」「具体的な仕事内容」「入社後の待遇」 ~株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2015年卒業予定の学生を対象とした「2015年卒マイナビ学生就職モニター

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ