調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 実質実効為替レート

「実質実効為替レート」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年1月16日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

日本・中国・韓国の産業別名目・実質実効為替レートのデータベース構築

世界25カ国の産業別名目・実質実効為替レート概要経済産業研究所(RIETI)の「為替レートと国際通貨」プロジェクトでは、アジアにおける望ましい為替制度の構築を目指して、為替レート変動が貿易に及ぼす影響に関する研究を進めている。この研究の一環として、横浜国立大学経済学部附属アジア経済社会研究センターと共同で、2011年6月より産業別の名目実効為替レートおよび実質実効為替レートを構築・公開してきた。一般に輸出価格競争力を測る指標として実質実効為替レートが広く用いられるが、輸出価格競争力を産業別に測る

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

現れ始めた円安の輸出押し上げ効果 ~円安効果主導で輸出は持ち直しが続く見込み~

経済トレンド現れ始めた円安の輸出押し上げ効果~円安効果主導で輸出は持ち直しが続く見込み~経済調査部大塚 崇広(要旨)○輸出に持ち直しの兆しが出てきた。米国景気の底堅さや日中関係悪化の緩和に加え、昨年末から急速に進んだ円安が輸出増加を後押しした可能性が高い。○円安が輸出数量を押し上げるプロセスを整理すると、①円建て輸出の場合は、円安の進展=価格競争力の向上→輸出増、②外貨建て輸出の場合は、円安の進展=輸出採算の改善→値下げ(価格競争力の向上)→輸出増、といったプロセスで輸出を押し上げる。円建て輸出

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

現れ始めた円安の輸出押し上げ効果 ~円安効果主導で輸出は持ち直しが続く見込み~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート現れ始めた円安の輸出押し上げ効果発表日:2013年6月27日(木)~円安効果主導で輸出は持ち直しが続く見込み~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(要旨)○輸出に持ち直しの兆しが出てきた。米国景気の底堅さや日中関係悪化の緩和に加え、昨年末から急速に進んだ円安が輸出増加を後押しした可能性が高い。○円安が輸出数量を押し上げるプロセスを整理すると、①円建て輸出の場合は、円安の進展=価格競争力の向

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ