調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 実質GDP成長率

「実質GDP成長率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国GDP成長率は予想を上回る反動増

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国GDP成長率は予想を上回る反動増2014年4-6月の実質GDP成長率は悪天候での落ち込みから4.0%増へ 2014年7月31日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2014年4-6月の米国の実質GDPは、季節調整済み年率換算で4.0%増と、1-3月期のマイナス成長から、予想を上回るプラス成長に転換した。1-3月期のマイナス成長は悪天候や在庫調整などの一時的要因による落ち込み

日本経済(週次)予測(2014年7月21日)<4-6月期公的固定資本形成かろうじて成長にプラス寄与、7-9月期は押し上げ期待高まる>

日本経済(週次)予測(2014年7月21日)<4-6月期公的固定資本形成かろうじて成長にプラス寄与、7-9月期は押し上げ期待高まる>2014-07-22 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.71 – 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか – [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords - 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか - ・1月の生産は3カ月連続の前月比マイナス。10-12月平均比でも低下し、1-

関西経済月次分析(2014年6-7月)

関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.42 <先行きの減速リスク高まる関西経済> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,先行きの減速リスク高まる関西経済-個人消費は弱含み、「2つの輸出」も減速懸念- 1.2018年10-12月期実質GDP成長率は前期比+0.3%(年率換算+1.4%)と2四半期ぶりのプラス成長となった。実質GDP成長率に対する寄与度を見ると、国内需要は2四

日本経済(週次)予測(2014年7月14日)<4-6月期、民間需要、公的需要ともに前期比減少だが、純輸出はGDPを幾分押し上げ>

日本経済(週次)予測(2014年7月14日)<4-6月期、民間需要、公的需要ともに前期比減少だが、純輸出はGDPを幾分押し上げ>2014-07-14 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.42 <先行きの減速リスク高まる関西経済> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,先行きの減速リスク高まる関西経済-個人消費は弱含み、「2つの輸出」も減速懸念- 1.2018年10-1

日本経済(週次)予測(2014年6月23日)<純輸出の改善は緩やか、公共投資拡大は期待薄となり、4-6 月期の成長率予測は先週から下方修正>

日本経済(週次)予測(2014年6月23日)<純輸出の改善は緩やか、公共投資拡大は期待薄となり、4-6 月期の成長率予測は先週から下方修正>2014-06-23 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不

日本経済(週次)予測(2014年6月16日)<公共投資の拡大や貿易収支改善で、今後4-6月期のマイナス成長率幅の縮小が期待できる>

日本経済(週次)予測(2014年6月16日)<公共投資の拡大や貿易収支改善で、今後4-6月期のマイナス成長率幅の縮小が期待できる>2014-06-16 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が

第100回景気分析と予測<1-3月期GDP2次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.7%、15年度を+1.2%、16年度を新たに+1.3%と予測>

第100回景気分析と予測<1-3月期GDP2次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.7%、15年度を+1.2%、16年度を新たに+1.3%と予測>2014-06-13 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方

日本経済(週次)予測(2014年6月10日)<4 月の消費総合指数の大幅低下で、4-6 月期のマイナス成長は更に下方修正>

日本経済(週次)予測(2014年6月10日)<4 月の消費総合指数の大幅低下で、4-6 月期のマイナス成長は更に下方修正>2014-06-10 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷-

2014年6月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第181回日本経済予測(改訂版)

トップレポート・コラム経済分析経済予測第181回日本経済予測(改訂版) ここから本文です第181回日本経済予測(改訂版)消費税増税後の日本経済の行方~①増税、②賃上げ、③設備投資、④米国の出口戦略等を検証~調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 齋藤 勉 久後 翔太郎 サマリー:2014年1-3月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+1.1%(前回:同+1.0%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2014年5月26日)<4 月貿易赤字の縮小で、4-6 月期のマイナス成長は幾分緩和>

日本経済(週次)予測(2014年5月26日)<4 月貿易赤字の縮小で、4-6 月期のマイナス成長は幾分緩和>2014-05-26 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第99回景気分析と予測<1-3月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.7%、15年度を+1.2%と予測>

第99回景気分析と予測<1-3月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.7%、15年度を+1.2%と予測>2014-05-28 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素

2014年5月30日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(5月24日〆週)、実質GDP成長率(第1四半期、改定値)

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(5月24日〆週)、実質GDP成長率(第1四半期、改定値)

日本経済(週次)予測(2014年5月19日)<4-6 月期は-5%近くのマイナス成長を予測>

日本経済(週次)予測(2014年5月19日)<4-6 月期は-5%近くのマイナス成長を予測>2014-05-19 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年1-3月期実質G

関西経済月次分析(2014年4月-5月)

関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年1-3月期実質GDP成長率は前期比+0.5%(年率換算+2.1%)と2四半期連続のプラス成長となった。内需で成長率を押し上げたのは民

2014年5月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第181回日本経済予測

トップレポート・コラム経済分析経済予測第181回日本経済予測 ここから本文です第181回日本経済予測消費税増税後の日本経済の行方~①増税、②賃上げ、③設備投資、④米国の出口戦略等を検証~調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 齋藤 勉 久後 翔太郎 田中 豪 サマリー:2014年1-3月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+1.0%(前回:同+1.0%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%)である。

日本経済(週次)予測(2014年5月13日)<大幅な駆け込み消費が純輸出の落ち込みを相殺し、1-3 月期の実質成長率(最終予測)は+4.5%>

日本経済(週次)予測(2014年5月13日)<大幅な駆け込み消費が純輸出の落ち込みを相殺し、1-3 月期の実質成長率(最終予測)は+4.5%>2014-05-13 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など

2014年5月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2014年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+5.9%~消費増税前の駆け込み需要の顕現もあり、景気は大幅に加速~

経済情報:2014年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+5.9%~消費増税前の駆け込み需要の顕現もあり、景気は大幅に加速~

2014年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

成長率鈍化は一時的

トップレポート・コラム経済分析米国成長率鈍化は一時的 ここから本文です成長率鈍化は一時的2014年1-3月期実質GDP成長率は前期比年率0.1%増サマリー◆2014年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率0.1%増と辛うじてプラス成長を維持した。悪天候などによるかく乱が生じたが、中には明るい動きも見られる。今後の米国経済は緩やかな成長軌道に復するだろう。◆個人消費は意外にも高成長を維持した。オバマケアや暖房需要など特殊要因による押し上げとみられる部分もあるため割り引いてみる必要があるが、雇用・

関西経済月次分析(2014年3月-4月)

関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年1-3月期実質GDP成長率は前期比+0.5%(年率換算+2.1%)と2四半期連続のプラス成長となった。内需で成長率を押し上げたのは民

日本経済(週次)予測(2014 年4月21日)<1-3 月期は公的需要、純輸出の貢献は期待薄で、民間需要のみが成長を牽引する>

日本経済(週次)予測(2014 年4月21日)<1-3 月期は公的需要、純輸出の貢献は期待薄で、民間需要のみが成長を牽引する>2014-04-21 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷

日本経済(週次)予測(2014年4月14日)<大雪の影響で2月の民間消費は一時的に減速するも、1-3月期経済は高成長が期待できる>

日本経済(週次)予測(2014年4月14日)<大雪の影響で2月の民間消費は一時的に減速するも、1-3月期経済は高成長が期待できる>2014-04-14 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が

消費税増税における「認知ラグ」の影響

消費税増税における「認知ラグ」の影響 | ニッセイ基礎研究所 消費税増税における「認知ラグ」の影響 日本大学経済学部教授 小巻 泰之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 17年ぶりに消費税増税が実施された。消費税増税を巡っては,駆け込み需要の反動減を懸念する見方が多く示されている。この背景には,「駆け込み需要の反動減に,アジア通貨危機,北海道拓殖銀行や山一証券などの

2014年4月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

綱渡りの中国経済、14年1Qは7.4%成長

トップレポート・コラム経済分析中国綱渡りの中国経済、14年1Qは7.4%成長 ここから本文です綱渡りの中国経済、14年1Qは7.4%成長当面の頼みの綱は輸出増加サマリー◆2014年1月~3月の実質GDP成長率は前年同期比7.4%と、2012年7月~9月の7.4%以来の低成長となった。主要経済指標は軒並み減速している。3月の輸入は前年同月比11.3%減となったが、特定品目ではなく多くの品目の輸入が減少していることは、内需減速で企業在庫が積み上がっている可能性や、中小企業の資金繰り悪化が輸入にまで影

2014年4月15日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU ASEAN TOPICS:シンガポール経済:2014年1-3月期の実質GDP成長率~外需に牽引され前年比+5.1%と底堅い成長が持続

BTMU ASEAN TOPICS:シンガポール経済:2014年1-3月期の実質GDP成長率~外需に牽引され前年比+5.1%と底堅い成長が持続

日本経済(週次)予測(2014年4月7日)<大雪が操業に影響し2月の鉱工業生産指数は低下するも、資本財出荷指数は好調を維持>

日本経済(週次)予測(2014年4月7日)<大雪が操業に影響し2月の鉱工業生産指数は低下するも、資本財出荷指数は好調を維持>20104-04-07 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷

2014年4月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年3月)<2 月の企業向けサービス価格指数、労働市場の逼 迫を反映し、脱デフレ色強まる>

日本経済(月次)予測(2014年3月)<2 月の企業向けサービス価格指数、労働市場の逼 迫を反映し、脱デフレ色強まる>2014-03-31 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.

日本経済(週次)予測(2014年3月24日)<2月の貿易赤字は前月比縮小し、結果、1-3月期実質成長率予測は再び4%台へ>

日本経済(週次)予測(2014 年3 月24 日)<2 月の貿易赤字は前月比縮小し、結果、1-3 月期実質成長率予測は再び4%台へ>2014-03-24 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素

関西経済月次分析(2014年2-3月)

関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年1-3月期実質GDP成長率は前期比+0.5%(年率換算+2.1%)と2四半期連続のプラス成長となった。内需で成長率を押し上げたのは民

日本経済(週次)予測(2014年3月17日)<円安効果が薄まるにつれ、1-3月期純輸出は成長率をさらに押し下げる>

日本経済(週次)予測(2014年3月17日)<円安効果が薄まるにつれ、1-3月期純輸出は成長率をさらに押し下げる>2014-03-17 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.20

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 悪天候要因を越えて

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 悪天候要因を越えて ここから本文です米国経済見通し 悪天候要因を越えて春が来て明るくなってきた次は金融政策ではなく財政政策かサマリー◆イエレン議長をしても悪天候の影響は「よく分からない」とされたが、すでに改善を示す指標が出始めた。金融政策は、既定路線となっている資産買い入れ規模の縮小ペースを維持し、利上げ時期を巡り、労働市場の動向をどう把握するかに焦点は移ってきている。◆世帯数の増加ペースの鈍化は、住宅購入や耐久財消費の拡大ペースを鈍らせることに

日本経済(週次)予測(2014年3月11日)<駆け込み需要の影響により、1-3月期成長率は引き続き上方修正>

日本経済(週次)予測(2014年3月11日)<駆け込み需要の影響により、1-3月期成長率は引き続き上方修正>2014-03-11 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し(2013年10-12月期GDP2次速報後改定)

Economic Trendsマクロ経済分析レポート2013~2015年度日本経済見通し(2013年10-12月期GDP2次速報後改定)発表日:2014年3月10日(月)第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528日本国内総生産(GDP)成長率2013年度予測実質+2.3% (前回 +2.3%)名目+2.0% (前回 +2.0%)2014年度予測実質+0.9% (前回 +0.9%)名目+2.8% (前回 +2.8%)2015年度予測実質+1.1% (

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10-12月期GDP二次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2013年10-12月期GDP二次速報 ここから本文です2013年10-12月期GDP二次速報市場予想からは下振れしたが、サプライズはなしサマリー◆2013年10-12月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率+0.7%(前期比+0.2%)と、一次速報(前期比年率+1.0%、前期比+0.3%)から下方修正された。市場コンセンサス(前期比年率+0.9%、前期比+0.2%)との比較でも、やや下振れした格好だが、内容について大きなサプライズはなく、当社の景気判断に

2014年3月9日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年2月)<駆け込み需要の影響色濃い1月統計、1-3月期成長率は先週から上方修正される>

日本経済(月次)予測(2014年2月)<駆け込み需要の影響色濃い1月統計、1-3月期成長率は先週から上方修正される>2014-03-03 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2

2014年3月3日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:実質GDP成長率(第4四半期、改訂値)

BTMU Focus USA Diary:実質GDP成長率(第4四半期、改訂値)

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

関西経済月次分析(2014年1月-2月)

関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年1-3月期実質GDP成長率は前期比+0.5%(年率換算+2.1%)と2四半期連続のプラス成長となった。内需で成長率を押し上げたのは民

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2014年2月24日)<1月貿易統計により日銀の成長率の見方にダウンサイドリスク高まる>

日本経済(週次)予測(2014年2月24日)<1月貿易統計により日銀の成長率の見方にダウンサイドリスク高まる>2014-02-24 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第98回景気分析と予測<10-12月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.2%、14年度+0.5%、15年度を+1.1%と予測>

第98回景気分析と予測<10-12月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.2%、14年度+0.5%、15年度を+1.1%と予測>2014-02-28 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費

日本経済(週次)予測(2014年2月18日)<1-3月期は駆込み需要を主因として成長率は加速>

日本経済(週次)予測(2014年2月18日)<1-3月期は駆込み需要を主因として成長率は加速>2014-02-18 関連論文G20大阪サミットと関西経済 -その経済効果と意義- [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords関西経済,G20大阪サミット, 産業連関表 2019年6月28・29日、大阪で開催されるG20サミットは、日本で初の開催となり、世界的な課題解決に向けてその存在感を世界に示す重要な機会であるのみならず、開催地大阪・関西にとっては25年の万博開催を見据えたうえで

2014年2月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2013年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+1.0%~国内民需の増加・加速に支えられ、景気は回復基調を持続~

経済情報:2013年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+1.0%~国内民需の増加・加速に支えられ、景気は回復基調を持続~

2014年2月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10-12月期GDP一次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2013年10-12月期GDP一次速報 ここから本文です2013年10-12月期GDP一次速報市場予想からは下振れしたが、内容は悪くないサマリー◆2013年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+1.0%(前期比+0.3%)と4四半期連続のプラス成長となったものの、市場コンセンサス(前期比年率+2.8%、前期比+0.7%)を大きく下回った。個人消費が大きく下振れしたことが市場予想を下回った最大の要因である。ただし、民間在庫を除く全ての需要項目が前期から増加

日本経済(週次)予測(2014年2 月11 日)<10-12月期実質GDP成長率の最終予測は前期比年率+3.6%と前期より加速>

日本経済(週次)予測(2014年2 月11 日)<10-12月期実質GDP成長率の最終予測は前期比年率+3.6%と前期より加速>2014-02-12 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重

2014年2月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2014年1月27日)<10-11月期の産業活動指数は好調な景気の現況判断指標を裏付けている>

日本経済(週次)予測(2014年1月27日)<10-11月期の産業活動指数は好調な景気の現況判断指標を裏付けている>2013-01-27 関連論文G20大阪サミットと関西経済 -その経済効果と意義- [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords関西経済,G20大阪サミット, 産業連関表 2019年6月28・29日、大阪で開催されるG20サミットは、日本で初の開催となり、世界的な課題解決に向けてその存在感を世界に示す重要な機会であるのみならず、開催地大阪・関西にとっては25年の万

2014年1月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(1月25日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(1月18日〆週)、実質GDP成長率(第4四半期、速報値):前期比年率+3.2%

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(1月25日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(1月18日〆週)、実質GDP成長率(第4四半期、速報値):前期比年率+3.2%

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカGDP:安定成長に突入か

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカGDP:安定成長に突入か ここから本文ですアメリカGDP:安定成長に突入か2013年10-12月期の実質GDP成長率は3.2%増サマリー◆2013年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率3.2%増となり、2011年4-6月期から続くプラス成長を維持した。2013年通年では財政の逆風により、2012年から成長率が鈍化した。◆個人消費は、雇用・所得環境の改善や資産価格の上昇により引き続き増加した。また、設備投資は悪天候により下振れ懸念が生じたが、増加ペ

日本経済(週次)予測(2014年1月20日)<10-12月期、民間最終消費支出は加速し、民間企業設備は拡大に>

日本経済(週次)予測(2014年1月20日)<10-12月期、民間最終消費支出は加速し、民間企業設備は拡大に>2014-01-20 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019

日本経済(月次)予測(2013年12月)<10-12月期、消費者物価上昇の裾野広がる>

日本経済(月次)予測(2013年12月)<10-12月期、消費者物価上昇の裾野広がる>2014-01-06 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年1-3月期実質GDP成

関西経済月次分析(2013年11、12月)

関連論文G20大阪サミットと関西経済 -その経済効果と意義- [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords関西経済,G20大阪サミット, 産業連関表 2019年6月28・29日、大阪で開催されるG20サミットは、日本で初の開催となり、世界的な課題解決に向けてその存在感を世界に示す重要な機会であるのみならず、開催地大阪・関西にとっては25年の万博開催を見据えたうえでの大きな意義がある。本稿は、経済的効果に限定してその評価を行ったものであり、分析ツールとしては産業連関表を用いている。

日本経済(週次)予測(2013年12月23日)<10-12月期、景気は内需拡大に支えられているが、純輸出の回復は道遠し>

日本経済(週次)予測(2013年12月23日)<10-12月期、景気は内需拡大に支えられているが、純輸出の回復は道遠し>2013-12-24 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1

2013年12月24日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary(2013年12月20日):実質GDP成長率(第3四半期、確報値)

BTMU Focus USA Diary(2013年12月20日):実質GDP成長率(第3四半期、確報値)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ