「実質GDP」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.0%)~内需の堅調を外需の悪化が打ち消し、2四半期連続で年率1%成長にとどまる

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.0%)~内需の堅調を外需の悪化が打ち消し、2四半期連続で年率1%成長にとどまる | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 経済 > 日本経済 > QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.0%)~内需の堅調を外需の悪化が打ち消し、2四半期連続で年率1%成長にとどまるQE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.0%)~内需の堅調を外需の悪化が打ち消し、2四半期連続で年率1%成

2014年2月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年2月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年2月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年2月号)2014年2月7日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2014年2月11日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

政権運営の安定と経済の関連を見ています。

政治の安定性の回復は実体経済にどう影響するか?

政治の安定性の回復は実体経済にどう影響するか?一昨年末の政権交代により政権運営の安定性は格段に増した。つまり、政治状況は「決められない政治」から「決められる政治」へと好転した。当時の全国紙は、安定した政治基盤が築かれたことで政府・与党は懸案の政策に取り組むことができるようになったとして、政治の安定性の回復を高く評価した。ところで、経済産業研究所が2011年末から2012年2月にかけておこなった約3400社の企業へのアンケート調査では、それらのうち33%の企業が経営に重大な影響を及ぼす要素として政

2014年2月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2013年10-12月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測

2013年10-12月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2013年10-12月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2/17に内閣府から公表される2013年10-12月期の実質GDPは、前期比0.4%(前期比年率1.8%)と推計される

2014年2月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

2014年の展望―日本の経済 ―4月の消費増税焦点に―

■「中央調査報(No.675)」より ■ 2014年の展望―日本の経済 ―4月の消費増税焦点に―時事通信社 経済部次長 犬飼 優2014年の日本経済のビッグイベントは4月の消費税増税だ。税率の5%から8%への引き上げが経済にどの程度のインパクトを与えるのか。昨年、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の「第1の矢」(金融政策)で円安・株高が実現し、経済は回復軌道に乗り始めたが、消費税率アップは景気を大きく落ち込ませる要因になりかねない。政府は回避策として5.5兆円の景気対策を用意しているが、どこまで

2014年1月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

これからは純輸出もGDPの押し上げ要因に

トップレポート・コラム経済分析米国これからは純輸出もGDPの押し上げ要因に ここから本文ですこれからは純輸出もGDPの押し上げ要因に現れ始めたシェール革命の好影響サマリー◆2013年10-12月期の実質GDP成長率は、コンセンサス予想よりも上振れする可能性がある。理由として、貿易赤字の縮小が挙げられる。◆輸出は海外経済の回復によって拡大し、輸入も国内の成長により拡大したものの、石油輸入の減少が輸入全体の増加を抑え、貿易収支の赤字幅は縮小した。シェール革命の恩恵が現れ始めたと言えるだろう。◆エネル

2014年1月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年1月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年1月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年1月号)2014年1月10日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻

2013~2015年度経済見通し-2013年度中は高成長も、消費増税後に試練

2013~2015年度経済見通し-2013年度中は高成長も、消費増税後に試練 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2013~2015年度経済見通し-2013年度中は高成長も、消費増税後に試練2013~2015年度経済見通し-2013年度中は高成長も、消費増税後に試練 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら

デフレ脱却宣言はいつ出るのか

デフレ脱却宣言はいつ出るのか | ニッセイ基礎研究所 デフレ脱却宣言はいつ出るのか 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 政府は12/24に発表した12月の月例経済報告で、物価の判断を「底堅く推移している」とし、4年2ヵ月ぶりに「デフレ」の文言を削除した。ただし、日本経済がデフレに再び逆戻りするリスクを完全には排除できないことから

2013年12月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年12月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年12月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年12月号)2013年12月6日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載

2013年12月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

7-9月期法人企業統計と二次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本7-9月期法人企業統計と二次QE予測 ここから本文です7-9月期法人企業統計と二次QE予測経常利益は5四半期ぶりの前期比減少。GDP二次速報は下方修正を予想サマリー◆2013年7-9月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+24.1%と、7四半期連続の増益となった。また、売上高は同+0.8%と6四半期ぶりの増収となった。売上高が増収に転じたことに加え、人件費を中心とする固定費の削減が経常利益を押し上げた。◆2013年7-9月期の全産業の設備投資(ソフ

第97回 景気分析と予測<7-9月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.7%、14年度+0.3%、15年度を+0.9%と予測>

第97回 景気分析と予測<7-9月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.7%、14年度+0.3%、15年度を+0.9%と予測> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人

2100年までの実質GDPと一人当たりGDPの年次推定データベース

2100年までの実質GDPと一人当たりGDPの年次推定データベースを公開DATE : 2013-11-27 約200の国・地域に関する、2100年までの実質GDPと一人当たりGDPの予測を統計データの新規ページとして公開しました。 研究プロジェクト研究プロジェクト » 2013年度 » アジア太平洋地域軸 AUTHOR目的OECDが発表した2060年までの加盟国の実質GDPに関する予測によれば、中国およびインドは、GDPにおいて21世紀中葉にアメリカを凌駕し一人当たりGDPも順調に上昇すると

2013年7~9月期のGDP(1次速報)結果

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバルビジネスグローバルビジネス本邦企業の海外戦略、進出・提携支援、買収後の事業統合(PMI)や現地経営管理など、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供します。 デ

2013年11月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年11月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年11月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年11月号)2013年11月11日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転

QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比0.5%(年率1.9%)~減速は一時的の公算

QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比0.5%(年率1.9%)~減速は一時的の公算 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比0.5%(年率1.9%)~減速は一時的の公算 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年7-9月期の実質GDP成長率は、前期比0.5%(前期比年率1.9%)となった(当研究所予

2013年7-9月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測

2013年7-9月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2013年7-9月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 11/14に内閣府から公表される2013年7-9月期の実質GDPは、前期比0.4%(前期比年率1.8%)と推計される。4四半期

貿易統計13年9月~7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに

貿易統計13年9月~7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年9月~7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・大幅な貿易赤字が続く・輸出の伸び悩みが続く・7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに 財務省が1

2013年10月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年10月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年10月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年10月号)2013年10月7日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載

2013年9月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年9月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年9月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年9月号)2013年9月6日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2013年4~6月期GDP(2次速報)の結果

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバルビジネスグローバルビジネス本邦企業の海外戦略、進出・提携支援、買収後の事業統合(PMI)や現地経営管理など、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供します。 デ

2013年9月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る

経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アベノミクスの効果を定量的に捉えることは難しいが、エコノミストの経済予測が安倍政権発足前

2013年9月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第96回 景気分析と予測<4-6月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.6%、 14年度0.0%、15年度を+0.8%と予測>

第96回 景気分析と予測<4-6月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.6%、 14年度0.0%、15年度を+0.8%と予測> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.6%)~2四半期続けて内外需揃った高成長

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.6%)~2四半期続けて内外需揃った高成長 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.6%)~2四半期続けて内外需揃った高成長 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年4-6月期の実質GDP成長率は、前期比0.6%(前期比年率2

2013年8月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年8月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年8月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年8月号)2013年8月6日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2013年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2013年4-6月期の実質GDP ~前期比0.9%(年率3.6%)を予測

2013年4-6月期の実質GDP ~前期比0.9%(年率3.6%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2013年4-6月期の実質GDP ~前期比0.9%(年率3.6%)を予測 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 8/12に内閣府から公表される2013年4-6月期の実質GDPは、前期比0.9%(前期比年率3.6%)と3四半期連続のプラ

アベノミクスについてのレポートです。

経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る

経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る | ニッセイ基礎研究所 経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アベノミクスの効果を定量的に捉えることは難しいが、エコノミストの経済予測が安倍政権発足前後でどれだけ変化したかを見ることにより、その効果を探ってみた。ESPフォーキャスト調査

2013年7月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年7月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年7月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年7月号)2013年7月5日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2013年6月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年6月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年6月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年6月号)2013年6月10日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻

2013年6月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第177回日本経済予測(改訂版)

トップレポート・コラム経済分析経済予測第177回日本経済予測(改訂版) ここから本文です第177回日本経済予測(改訂版)「アベノミクス」の中間評価:現状と今後の課題を検証するリサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 齋藤 勉 サマリー:2013年1-3月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+3.1%(前回:同+3.1%)、2014年度が同+0.7%(同:同+0.7%)である。:本予測では、安倍政

2013年6月10日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年1-3月期GDP2次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2013年1-3月期GDP2次速報 ここから本文です2013年1-3月期GDP2次速報在庫が上振れするも、ほぼ想定通りサマリー◆2013年1-3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比年率+4.1%(前期比+1.0%)と、1次速報(前期比年率+3.5%、前期比+0.9%)から上方修正された。市場コンセンサス(前期比年率+3.5%、前期比+0.9%)からわずかに上振れした形だが、これは在庫投資が市場予想を上回ったためであり、特段ポジティブな内容というわけではない

2013年5月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年5月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年5月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年5月号)2013年5月14日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政 このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.9%(年率3.5%)~内外需揃った高成長、景気は明確な回復軌道へ

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.9%(年率3.5%)~内外需揃った高成長、景気は明確な回復軌道へ | ニッセイ基礎研究所 QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.9%(年率3.5%)~内外需揃った高成長、景気は明確な回復軌道へ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年1-3月期の実質GDP成長率は、前期比0

2013年5月16日大和総研フィードバック数:4社会/政治

名目GDPの低下と「デフレ感」

トップレポート・コラムコラム名目GDPの低下と「デフレ感」 ここから本文です名目GDPの低下と「デフレ感」先般、1998年を節目とした日本経済の変貌について論じたところである。そこでは紹介しなかったが、実は、下図のように、名目GDPも1997年度までは基本的に増加を続けていた。しかし、デフレーターやCPI(消費者物価指数)の継続的低下が始まった1998年度に名目GDPも減少し、その後、はかばかしくない状態が続いてきている。一方、実質GDPはデフレーターの低下もあって、リーマン・ショック後を除き、

2013年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治

2013年1-3月期の実質GDP~前期比0.8%(年率3.1%)を予測

2013年1-3月期の実質GDP~前期比0.8%(年率3.1%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2013年1-3月期の実質GDP~前期比0.8%(年率3.1%)を予測 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5/16に内閣府から公表される2013年1-3月期の実質GDPは、前期比0.8%(前期比年率3.1%)と2四半期連続のプラス成

2013年4月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年4月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年4月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年4月号)2013年4月15日発表分までの主要経済指標 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政 このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、

2013年4月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

2013・2014年度経済見通し ~安倍政権下で日本経済は変わるのか

2013・2014年度経済見通し ~安倍政権下で日本経済は変わるのか | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2013・2014年度経済見通し ~安倍政権下で日本経済は変わるのか2013・2014年度経済見通し ~安倍政権下で日本経済は変わるのか 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2012年10-12月

2013年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年3月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年3月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年3月号)2013年3月15日発表分までの主要経済指標 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻

2013年3月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済 「歳出の強制削減」による個人消費への影響

トップレポート・コラム経済分析米国「歳出の強制削減」による個人消費への影響 ここから本文です「歳出の強制削減」による個人消費への影響綱引きの勝者は?サマリー◆3月1日から連邦政府の歳出の強制削減が発動し、2013年度だけで最大850億ドルの歳出削減が行われる。政府系機関などの推計では2013年の実質GDPが0.6%pt程度下振れする可能性が指摘されている。◆また、同様に雇用者数の増加が75万人以上下振れする見込み。筆者の試算によると、雇用環境と連動性の高い個人消費は年0.5%pt程度下振れする可

2013年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2012年10-12月期GDP2次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2012年10-12月期GDP2次速報 ここから本文です2012年10-12月期GDP2次速報予想通りの上方修正リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆2012年10-12月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比年率+0.2%(前期比0.0%)と、1次速報(前期比年率:▲0.4%、前期比:▲0.1%)から上方修正された。今回の結果は、ほぼ市場コンセンサス(前期比年率+0.2%、前期比+0.1%)通りの結

2014年度までの見通しです。

2013・2014年度経済見通し~安倍政権下で日本経済は変わるのか

2013・2014年度経済見通し~安倍政権下で日本経済は変わるのか | ニッセイ基礎研究所 2013・2014年度経済見通し~安倍政権下で日本経済は変わるのか 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2012年度0.9%、2013年度2.4%、2014年度▲0.2%を予想> 2012年10-12月期の実質GDPは前期比

2013年2月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2012年10-12月期の実質GDPは前期比年率▲0.4%~輸出の低迷等で小幅ながらも3四半期連続のマイナス成長に~

経済情報:2012年10-12月期の実質GDPは前期比年率▲0.4%~輸出の低迷等で小幅ながらも3四半期連続のマイナス成長に~

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比▲0.1%(年率▲0.4%)~3四半期連続のマイナス成長も景気は底打ち

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比▲0.1%(年率▲0.4%)~3四半期連続のマイナス成長も景気は底打ち | ニッセイ基礎研究所 QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比▲0.1%(年率▲0.4%)~3四半期連続のマイナス成長も景気は底打ち 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2012年10-12月期の実質GDP成

2013年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

2012年10-12月期の実質GDP~前期比0.0%(年率0.1%)を予測

2012年10-12月期の実質GDP~前期比0.0%(年率0.1%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2012年10-12月期の実質GDP~前期比0.0%(年率0.1%)を予測 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2/14に内閣府から公表される2012年10-12月期の実質GDPは、前期比0.0%(前期比年率0.1%)とほぼゼロ成

2013年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治海外

フィリピン2012年10-12月期GDP:前年同期比+6.8%~またも、予想を上回る高成長を達成

フィリピン2012年10-12月期GDP:前年同期比+6.8%~またも、予想を上回る高成長を達成 | ニッセイ基礎研究所 フィリピン2012年10-12月期GDP:前年同期比+6.8%~またも、予想を上回る高成長を達成 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現状:通年で6.6%の高成長・今後:成長率はやや減速フィリピンの国家統計

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ