「実質GDP」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年8月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期GDP一次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年4-6月期GDP一次速報個人消費の反動減で大幅マイナス成長 2014年8月13日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率▲6.8%(前期比▲1.7%)と2四半期ぶりのマイナス成長となったものの、概ね市場コンセンサス(前期比年率▲7.0%、前期比▲1.8%)に沿った内容となった。実質GDPが大幅なマイナスとなった主因は

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比▲1.7%(年率▲6.8%)~駆け込み需要の反動を主因に大幅マイナス成長

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比▲1.7%(年率▲6.8%)~駆け込み需要の反動を主因に大幅マイナス成長 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比▲1.7%(年率▲6.8%)~駆け込み需要の反動を主因に大幅マイナス成長 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年4-6月期の実質GDPは、前期比

2014年8月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年8月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年8月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年8月号)2014年8月6日発表分までの主要経済指標サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 悪天候などによる落ち込みの反動で高成長(14年4-6月期実質GDP:速報) ~国内需要の強さを示す実質国内最終需要は緩やかな拡大基調~

米国 悪天候などによる落ち込みの反動で高成長(14年4-6月期実質GDP:速報) ~国内需要の強さを示す実質国内最終需要は緩やかな拡大基調~

2014年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期の実質GDP~前期比▲1.6%(年率▲6.4%)を予測

2014年4-6月期の実質GDP~前期比▲1.6%(年率▲6.4%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2014年4-6月期の実質GDP~前期比▲1.6%(年率▲6.4%)を予測 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 8/13に内閣府から公表される2014年4-6月期の実質GDPは、前期比▲1.6%(前期比年率▲6.4%)と推計される

2014年7月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

先延ばしになった気象リスク ~猛暑後のマイナス成長ジンクスに加え、暖冬・花粉飛散リスクも~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:先延ばしになった気象リスク2014年7月22日(火)~猛暑後のマイナス成長ジンクスに加え、暖冬・花粉飛散リスクも~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 永濱 利廣(03-5221-4531)(要旨)● 気象庁によると、エルニーニョ現象の発生が秋以降にずれ込む可能性が高いと予測を修正し、市場関係者の間では安どの声が広まっている。● 今年6月の東京の平均気温は平年より 1.6 度高く、2010 年以来の暑さとなった。一般的な猛暑効

2014年6月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 個人消費の大幅下方改定によりマイナス幅拡大(14年1-3月期実質GDP:確報 ~国内需要を示す実質国内最終需要は12四半期ぶりの低い伸び~

米国 個人消費の大幅下方改定によりマイナス幅拡大(14年1-3月期実質GDP:確報 ~国内需要を示す実質国内最終需要は12四半期ぶりの低い伸び~

2014年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

法人税減税と日本経済

トップレポート・コラム経済分析日本法人税減税と日本経済 ここから本文です法人税減税と日本経済財政への影響を含めたマクロ・シミュレーションサマリー◆本稿では、法人税改革レポートシリーズNo.1~2で示した試算結果をもとに、マクロモデルにいくつかの想定を盛り込むことで、法人実効税率の引下げが実体経済にもたらす影響を動学的かつ包括的に試算した。◆レポートNo.1で示した対外直接投資の抑制や対内直接投資の増加に加え、レポートNo.2で示した資本収益率の改善による企業設備投資の拡大を想定すると(ケース①)

2014年6月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

法人税減税と国内設備投資

トップレポート・コラム経済分析日本法人税減税と国内設備投資 ここから本文です法人税減税と国内設備投資法人税率引下げが投資に与える効果のシミュレーション調査本部 執行役員 調査本部副本部長 兼 政策調査部長 鈴木 準 サマリー◆シリーズレポート第2弾となる本稿では、法人税率の引下げがどのような波及経路を通じて実体経済に影響をもたらすのかを整理し、法人税減税による国内企業設備投資への影響を定量的に検討した。また、投資税額控除の場合との比較も行った。◆法人税率の引下げが経済にもたらす効果は、①資本収益

2014年6月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年6月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年6月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年6月号)2014年6月9日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2014年5月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 3年ぶりのマイナス成長となったが4-6月期には+4%成長に回復へ(14年1-3月期実質GDP:改定) ~国内需要を示す実質国内最終需要は緩やかな拡大基調~

米国 3年ぶりのマイナス成長となったが4-6月期には+4%成長に回復へ(14年1-3月期実質GDP:改定) ~国内需要を示す実質国内最終需要は緩やかな拡大基調~

2014~2016年度経済見通し(14年5月)

2014~2016年度経済見通し(14年5月) | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し(14年5月) 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度0.5%、2015年度1.1%、2016年度1.3%を予想> 2014年1-3月期の実質GDPは駆け込み需要の本格化を主因として前期比年率5.9%の

2014年5月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期四半期別GDP速報(1次速報値) ~設備投資上振れで、予想以上の高成長。実態としてのGDPは前期比年率+4%台後半?~

Economic Indicators定例経済指標レポート2014年1-3月期四半期別GDP速報(1次速報値)~設備投資上振れで、予想以上の高成長。実態としてのGDPは前期比年率+4%台後半?~発表日:2014年5月15日(木)第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528○ 設備投資の上振れが好材料本日内閣府から公表された 2014 年1-3月期の実質GDP成長率(1次速報)は前期比年率+5.9%(前期比+1.5%)となり、13 年7-9月期(前期比

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比1.5%(年率5.9%)~駆け込み需要を主因に高成長

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比1.5%(年率5.9%)~駆け込み需要を主因に高成長 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比1.5%(年率5.9%)~駆け込み需要を主因に高成長 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年1-3月期の実質GDPは、前期比1.5%(年率5.9%)となり、2013

2014年5月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年5月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年5月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年5月号)2014年5月6日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2014年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支統計の改訂がGDPを大きく撹乱 ~1-3月期のGDP輸出入は実態から乖離の公算大。実質GDPも過大推計になる可能性あり~

国際収支統計の改訂がGDPを大きく撹乱 ~1-3月期のGDP輸出入は実態から乖離の公算大。実質GDPも過大推計になる可能性あり~

2014年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期の実質GDP~前期比1.2%(年率5.0%)を予測

2014年1-3月期の実質GDP~前期比1.2%(年率5.0%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2014年1-3月期の実質GDP~前期比1.2%(年率5.0%)を予測 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5/15に内閣府から公表される2014年1-3月期の実質GDPは、前期比1.2%(前期比年率5.0%)と推計される。駆け込み需

2014年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ヘッドラインの数字が示すほど内容は悪くない(14年1-3月期実質GDP:速報) ~国内需要の強さを示す実質国内最終需要は緩やかな拡大基調を維持~

ヘッドラインの数字が示すほど内容は悪くない(14年1-3月期実質GDP:速報) ~国内需要の強さを示す実質国内最終需要は緩やかな拡大基調を維持~

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 14年1QのGDP成長率が年率+1.2%でFRB予想の達成はまた困難に ~悪天候と昨年後半の一時的な押し上げの反動により1QのGDP成長率は大幅に減速する公算~

U.S.Trends米国 14年14年1QのGDP成長率GDP成長率が年率+1.2%でFRB予想FRB予想の達成はまた困難また困難に成長率が年率+予想の達成は困難に~悪天候悪天候とと昨年後半昨年後半のの一時的一時的なな押し上げの反動により11QのGDPGDP成長率成長率はは大幅にげの反動により反動により成長率大幅に減速する減速する公算する公算~公算~発表日:201発表日:20142014年4月25日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-500

2014年4月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年4月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年4月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年4月号)2014年4月15日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻

2014年4月16日浜銀総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

アメリカ市場です。

米国自動車市場(2014年3月)

新入社員教育メニュー4月は、合同研修会ならびにスタートアップ研修を9月は、フォローアップ研修を各種ご用意しています。新入社員の人材育成に、ぜひご活用ください。 Best Partnerデジタルブックのご案内会員限定コンテンツ機関誌「Best Partner」を「デジタルブック」でご覧いただけます。 *原則として全頁を当社ホームページに掲載します。*会員のみが「会員ログイン」のうえ閲覧できます。*「会員ログイン」のための「会員ID・パスワード」を社員の皆さまで共有していただき、一人でも多くの会

2013年10~12月期のGDP(2次速報)結果

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年3月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年3月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年3月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年3月号)2014年3月7日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2014年3月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:リスク要因としての成長率7.5%目標

トップレポート・コラム経済分析中国中国:リスク要因としての成長率7.5%目標 ここから本文です中国:リスク要因としての成長率7.5%目標サマリー◆2014年3月5日から開催されている中国の第12期全国人民代表大会(全人代=日本の国会に相当)第2回会議では、李克強氏が首相に就任して初めての政府活動報告を行い、注目された2014年の実質GDP成長率目標は7.5%前後となった。◆実質GDP成長率目標の7.5%設定は2012年から3年連続であり、潜在成長率の低下が指摘されるなか、マーケットは目標が引き下

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 株高、駆け込みよりも政府機関閉鎖、悪天候の悪影響で大きく成長鈍化(13年10-12月期実質GDP:改定) ~14年1-3月期はさらに減速~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 株高、株高、駆け込み駆け込みよりも政府機関閉鎖政府機関閉鎖、閉鎖、悪天候の悪天候の悪影響が影響が大きく成長鈍化(13年10-10-12月期12月期実質月期実質GDP実質GDP:GDP:改定)改定)発表日:201発表日:20142014年2月28日28日(金)~14年14年1-3月期は月期はさらに減速~減速~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001実質GDP(Gross Domestic

2014年2月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

高輸出依存国で景気の底離れが続く(Asia Weekly (2/17~2/21)) ~タイでは景気対策切れや政情不安が景気の重石に~

1/4ASIA Indicators定例経済指標レポート高輸出依存国で景気の底離れが続く(Asia Weekly (2/17~2/21))~タイでは景気対策切れや政情不安が景気の重石に~発表日:2014 年 2 月 24 日(月)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回▲3.3%▲4.3%+6.0%(タイ)10-12 月期実質GDP(前年比)+0.6%+0.4%+2.7%(フィリピン)12

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.0%)~内需の堅調を外需の悪化が打ち消し、2四半期連続で年率1%成長にとどまる

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.0%)~内需の堅調を外需の悪化が打ち消し、2四半期連続で年率1%成長にとどまる | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 経済 > 日本経済 > QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.0%)~内需の堅調を外需の悪化が打ち消し、2四半期連続で年率1%成長にとどまるQE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.0%)~内需の堅調を外需の悪化が打ち消し、2四半期連続で年率1%成

2014年2月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年2月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年2月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年2月号)2014年2月7日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2014年2月11日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

政権運営の安定と経済の関連を見ています。

政治の安定性の回復は実体経済にどう影響するか?

政治の安定性の回復は実体経済にどう影響するか?一昨年末の政権交代により政権運営の安定性は格段に増した。つまり、政治状況は「決められない政治」から「決められる政治」へと好転した。当時の全国紙は、安定した政治基盤が築かれたことで政府・与党は懸案の政策に取り組むことができるようになったとして、政治の安定性の回復を高く評価した。ところで、経済産業研究所が2011年末から2012年2月にかけておこなった約3400社の企業へのアンケート調査では、それらのうち33%の企業が経営に重大な影響を及ぼす要素として政

2014年2月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2013年10-12月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測

2013年10-12月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2013年10-12月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2/17に内閣府から公表される2013年10-12月期の実質GDPは、前期比0.4%(前期比年率1.8%)と推計される

2014年2月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

2014年の展望―日本の経済 ―4月の消費増税焦点に―

■「中央調査報(No.675)」より ■ 2014年の展望―日本の経済 ―4月の消費増税焦点に―時事通信社 経済部次長 犬飼 優2014年の日本経済のビッグイベントは4月の消費税増税だ。税率の5%から8%への引き上げが経済にどの程度のインパクトを与えるのか。昨年、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の「第1の矢」(金融政策)で円安・株高が実現し、経済は回復軌道に乗り始めたが、消費税率アップは景気を大きく落ち込ませる要因になりかねない。政府は回避策として5.5兆円の景気対策を用意しているが、どこまで

2014年1月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 政府機関の閉鎖や悪天候にもかかわらず前期比年率+3.2%と高成長(13年10-12月期実質GDP:速報) ~個人消費、純輸出がけん引役~

米国 政府機関の閉鎖や悪天候にもかかわらず前期比年率+3.2%と高成長(13年10-12月期実質GDP:速報) ~個人消費、純輸出がけん引役~

関西経済月次分析(2013年12月-2014年1月)

・8月の生産は前月比横ばい。水準は今年の生産のピークである1月と比較すると11%低く、生産の戻りは遅い。 ・8月の完全失業率は前月比横ばい。一方、同月の有効求人倍率は8カ月連続の同悪化。就業地別では0.98倍と2014年4月以来の1倍を割り込む低水準となった。雇用は総じて厳しい状況が続く。 ・7月の関西2府4県の現金給与総額は7カ月連続の前年比減少。就業時間調整やテレワーク推進で所定外労働時間は減少傾向。実質賃金は8カ月連続の同減少。所得環境は悪化が続く。 ・8月の大型小売店販売額は11カ月連続

2014年1月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:1月ユーロ圏PMI指数(速報) ~追加緩和よ、今はさようなら~

EU Indicators欧州経済指標コメント:1月ユーロ圏PMI指数(速報)発表日:2014年1月23日(木)~追加緩和よ、今はさようなら~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 1月のユーロ圏のPMI総合指数(速報値)は53.2と(前月は52.1)、7ヶ月連続で好不況の分岐点を超過。2ヶ月連続で改善モメンタムが加速し、2011年6月以来の水準を記録した。国別・業種別の内訳をみると、ドイツで製造業が2011年5月以来の水準に上昇し、サービス業も前月並

2014年1月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

これからは純輸出もGDPの押し上げ要因に

トップレポート・コラム経済分析米国これからは純輸出もGDPの押し上げ要因に ここから本文ですこれからは純輸出もGDPの押し上げ要因に現れ始めたシェール革命の好影響サマリー◆2013年10-12月期の実質GDP成長率は、コンセンサス予想よりも上振れする可能性がある。理由として、貿易赤字の縮小が挙げられる。◆輸出は海外経済の回復によって拡大し、輸入も国内の成長により拡大したものの、石油輸入の減少が輸入全体の増加を抑え、貿易収支の赤字幅は縮小した。シェール革命の恩恵が現れ始めたと言えるだろう。◆エネル

2014年1月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年1月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年1月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年1月号)2014年1月10日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻

2013~2015年度経済見通し-2013年度中は高成長も、消費増税後に試練

2013~2015年度経済見通し-2013年度中は高成長も、消費増税後に試練 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2013~2015年度経済見通し-2013年度中は高成長も、消費増税後に試練2013~2015年度経済見通し-2013年度中は高成長も、消費増税後に試練 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら

デフレ脱却宣言はいつ出るのか

デフレ脱却宣言はいつ出るのか | ニッセイ基礎研究所 デフレ脱却宣言はいつ出るのか 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 政府は12/24に発表した12月の月例経済報告で、物価の判断を「底堅く推移している」とし、4年2ヵ月ぶりに「デフレ」の文言を削除した。ただし、日本経済がデフレに再び逆戻りするリスクを完全には排除できないことから

2013年12月18日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013・2014年度 日本経済と電力需要の短期予測(2013年12月)

プレスリリース2013・2014年度 日本経済と電力需要の短期予測(2013年12月)− 次年度の販売電力量は4年ぶりに増加の見込み − 一般財団法人電力中央研究所(理事長:各務 正博、本部:東京都千代田区)は、世界経済の動向、原油価格などの情報に基づき、当研究所が独自に開発した「マクロ計量経済モデル※注」を用い、日本経済および販売電力量の短期予測(2013年6月予測の改訂)とシミュレーション分析を実施しました。当研究所では、電気事業に関連する広範な研究活動を通じた社会貢献の一つとして、わが国経

2013年12月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年12月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年12月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年12月号)2013年12月6日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載

2013年12月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 大幅上方改定もQE3縮小を促すほど経済成長は強まっていない(13年7~9月期実質GDP:改定) ~弱い個人消費により実質国内最終需要は前期比年率+1.8%と低成長~

米国 大幅上方改定もQE3縮小を促すほど経済成長は強まっていない(13年7~9月期実質GDP:改定) ~弱い個人消費により実質国内最終需要は前期比年率+1.8%と低成長~

2013年7~9月期のGDP(2次速報)予測

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グロ

2013年12月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

7-9月期法人企業統計と二次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本7-9月期法人企業統計と二次QE予測 ここから本文です7-9月期法人企業統計と二次QE予測経常利益は5四半期ぶりの前期比減少。GDP二次速報は下方修正を予想サマリー◆2013年7-9月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+24.1%と、7四半期連続の増益となった。また、売上高は同+0.8%と6四半期ぶりの増収となった。売上高が増収に転じたことに加え、人件費を中心とする固定費の削減が経常利益を押し上げた。◆2013年7-9月期の全産業の設備投資(ソフ

2100年までの実質GDPと一人当たりGDPの年次推定データベース

2100年までの実質GDPと一人当たりGDPの年次推定データベースを公開2013-11-27 約200の国・地域に関する、2100年までの実質GDPと一人当たりGDPの予測を統計データの新規ページとして公開しました。 この研究成果の研究プロジェクト研究プロジェクト世界の人口と経済に関する超長期データベースの作成 [ 2013年度/アジア太平洋経済展望 ]Abstract/Keywords目的 OECDが発表した2060年までの加盟国の実質GDPに関する予測によれば、中国およびインドは、GD

2013年7~9月期のGDP(1次速報)結果

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2013年11月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年11月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年11月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年11月号)2013年11月11日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転

QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比0.5%(年率1.9%)~減速は一時的の公算

QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比0.5%(年率1.9%)~減速は一時的の公算 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比0.5%(年率1.9%)~減速は一時的の公算 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年7-9月期の実質GDP成長率は、前期比0.5%(前期比年率1.9%)となった(当研究所予

2013年11月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 在庫の押し上げが大きくヘッドラインの数字ほど経済成長は強まっていない(13年7-9月期実質GDP:速報) ~個人消費、設備投資の鈍化により実質国内最終需要は前期比年率+1.7%にとどまった~

米国 在庫の押し上げが大きくヘッドラインの数字ほど経済成長は強まっていない(13年7-9月期実質GDP:速報) ~個人消費、設備投資の鈍化により実質国内最終需要は前期比年率+1.7%にとどまった~

2013年7-9月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測

2013年7-9月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2013年7-9月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 11/14に内閣府から公表される2013年7-9月期の実質GDPは、前期比0.4%(前期比年率1.8%)と推計される。4四半期

貿易統計13年9月~7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに

貿易統計13年9月~7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年9月~7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・大幅な貿易赤字が続く・輸出の伸び悩みが続く・7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに 財務省が1

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

特集データ

新着データ

お知らせ