「家計調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

家計調査14年6月~駆け込み需要の反動の影響が和らぐ

家計調査14年6月~駆け込み需要の反動の影響が和らぐ | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年6月~駆け込み需要の反動の影響が和らぐ 経済研究部 主席研究員・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出の減少幅が縮小・実質所得の改善が個人消費回復の鍵総務省が7月29日に公表した家計調査によると、14年6月の実質消費支出は前年比▲3

2014年7月1日日本証券経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

新証券税制が家計の株式投資行動に与えた影響の研究-基幹統計『家計調査』の個票データを用いて-

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第86号(2014年6月)新証券税制が家計の株式投資行動に与えた影響の研究 —基幹統計『家計調査』の個票データを用いて—(東洋大学教授) (北九州市立大学教授)〔要 旨〕本稿では『家計調査』貯蓄負債編の,2002年3月〜2003年12月までの月次個票データを用いて,2003年の新証券税制の効果が家計の株式および株式投資信託保有高にどれほどあったのかを探った。具体的には,家計の実質株式・株式

2014年6月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2014年5月) ~期待外れの弱い結果に~

家計調査・商業販売統計(2014年5月) ~期待外れの弱い結果に~

家計調査14年5月~駆け込み需要の反動以上に落ち込む個人消費

家計調査14年5月~駆け込み需要の反動以上に落ち込む個人消費 | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年5月~駆け込み需要の反動以上に落ち込む個人消費 経済研究部 主席研究員・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は市場予想を大きく下回る・個人消費は駆け込み需要の反動以上の落ち込みに総務省が6月27日に公表した家計調査によると

2014年5月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2014年4月) ~反動減は駆け込み需要相応の大きさに~

家計調査・商業販売統計(2014年4月) ~反動減は駆け込み需要相応の大きさに~

2014年5月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本4月消費統計 ここから本文です4月消費統計駆け込み需要の反動で大幅減サマリー◆総務省「家計調査」によると、2014年4月の実質消費支出は季節調整済み前月比▲13.3%と、消費税率引き上げによる駆け込み需要の反動から大幅に減少した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同▲13.8%と大きく減少している。◆4月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比▲13.7%と4ヶ月ぶりに減少した。駆け込み需要の反動減の影響が大きく、すべての業種

家計調査14年4月~駆け込み需要の反動の影響は5月以降も残る可能性

家計調査14年4月~駆け込み需要の反動の影響は5月以降も残る可能性 | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年4月~駆け込み需要の反動の影響は5月以降も残る可能性 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・駆け込み需要とその反動は前回増税時を上回る・5月以降も反動の影響が残る公算総務省が5月30日に公表した家計調査に

2014年5月29日山形県フィードバック数:0社会/政治

山形市の品目別消費ランキング(平成23~25年平均)

「家計調査」における山形市の品目別消費ランキング(平成28年~30年平均) 平成31年3月15日に総務省統計局から公表された「家計調査(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(平成28年~30年平均)」から山形市の状況についてまとめましたのでお知らせします。詳細につきましては、関連ファイルをご覧下さい。 この記事に対するお問い合わせ担当課:統計企画課担当:生活統計担当TEL/FAX:023-630-2177E-Mail:表示するにはJavaScriptを有効にしてく

2014年5月16日総務省フィードバック数:0社会/政治

家計調査報告(貯蓄・負債編)平成25年(2013年)平均結果速報(二人以上の世帯)

報道資料家計調査報告(貯蓄・負債編)平成25年(2013年)平均結果速報(二人以上の世帯)総務省は、家計調査報告(貯蓄・負債編)平成25年(2013年)平均結果速報(二人以上の世帯)を公表しました。内容は、以下、統計局ホームページをご覧ください。 連絡先総務省統計局統計調査部消費統計課 審査発表係 担当:澤木課長補佐、杉田係長 電話:03−5273−1174(直通) FAX:03−5273−1495 法人番号2000012020001 〒100-8926 東京都千代田区霞が関2−1−

2014年5月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2014年3月) ~駆け込み需要を背景に大幅増~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査(2014年3月)発表日:2014年5月2日(金)~駆け込み需要を背景に大幅増~担当第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)合計前年比2013実質可処分所得除く住居等(※)前月比1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月前年比2.41.00.81.85.21.71.5▲ 4.0▲ 1.60.2▲▲ 0.4▲ 1.40.

2014年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

家計調査14年3月~駆け込み需要は前回の増税前を上回る大きさに

家計調査14年3月~駆け込み需要は前回の増税前を上回る大きさに | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年3月~駆け込み需要は前回の増税前を上回る大きさに 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・前回の増税前を上回る伸び・4月の日別消費支出に注目総務省が5月2日に公表した家計調査によると、14年3月の実質消費支出は

2014年4月30日東京都フィードバック数:0社会/政治

平成25年年報「都民のくらしむき」(東京都生計分析調査報告)

平成25年年報「都民のくらしむき」(東京都生計分析調査報告)平成26年4月30日総務局 東京都生計分析調査は、都民の暮らし向きを明らかにすることを目的として、都内に居住する2人以上の世帯を対象に、家計における収入(勤労者世帯・無職世帯)及び支出(全世帯)を調査するものです。家計調査(総務省実施)と合わせて792世帯の結果を分析し、平成25年年報をまとめましたので、お知らせします。《支出の動向》 全世帯の消費支出 333,423円(1世帯当たり年平均1か月間)対前年増加率 名目 3.6%増 実質 

2014年3月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2014年2月) ~大雪による下押しもあり、弱めの結果~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査・商業販売統計(2014年2月)発表日:2014年3月28日(金)~大雪による下押しもあり、弱めの結果~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)実質可処分所得消費性向合計(勤労者世帯)(勤労者世帯)除く住居等(※)前年比前月比前年比1月2.41.02月0.81.83月5.21.74月1.5▲ 4.05月▲ 1.60.2▲6月▲ 0

2014年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2014年1月) ~早めの駆け込みを主因に増加~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査(2014年1月)発表日:2014年2月28日(金)~早めの駆け込みを主因に増加~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)実質可処分所得消費性向合計(勤労者世帯)(勤労者世帯)除く住居等(※)前年比20132014前月比前年比前月比前年比前月比季調値1月2月2.40.81.01.82.20.41.30.7▲ 0.1▲ 1.7▲ 0

2014年1月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2013年12月) ~駆け込みを除いた消費は強くない~

家計調査(2013年12月) ~駆け込みを除いた消費は強くない~

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月消費統計 ここから本文です12月消費統計耐久財中心に堅調な結果。駆け込み需要は徐々に広がりを見せる見込みサマリー◆総務省「家計調査」によると、2013年12月の実質消費支出は季節調整済み前月比▲0.7%と、前月から減少した。ただし、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同+0.5%と2ヶ月連続で増加している。新車販売が引き続き好調であることを踏まえると、12月の個人消費は堅調な増加が見られたと考えてよいだろう。◆経済産業省

家計調査にみるサケとマグロの消費動向

家計調査にみるサケとマグロの消費動向

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2013年11月) ~個人消費は増加基調を維持。駆け込み需要も発生している模様~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査・商業販売統計(2013年11月)発表日:2013年12月27日(金)~個人消費は増加基調を維持。駆け込み需要も発生している模様~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)実質可処分所得消費性向合計(勤労者世帯)(勤労者世帯)除く住居等(※)前年比2013前月比前年比前月比前年比前月比1月2月3月5.22.02.4▲ 0.30.61

家計調査からみた福島市の世帯における消費行動

家計調査からみた福島市の世帯における消費行動

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2013年9月) ~9月個人消費は良好な結果~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査・商業販売統計(2013年9月)発表日:2013年10月29日(火)~9月個人消費は良好な結果~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)実質可処分所得消費性向合計(勤労者世帯)(勤労者世帯)除く住居等(※)前年比2013前月比前年比前月比前年比前月比季調値1月2.41.92.21.8▲ 0.1▲ 0.476.72月0.85.22.

2013年10月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2013年8月) ~実質賃金の低下が懸念材料も個人消費の増加シナリオは変わらず~

家計調査(2013年8月) ~実質賃金の低下が懸念材料も個人消費の増加シナリオは変わらず~

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2013年7月) ~個人消費の増勢鈍化を示唆~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査(2013年7月)発表日:2013年8月30日(金)~個人消費の増勢鈍化を示唆~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)実質可処分所得消費性向合計(勤労者世帯)(勤労者世帯)除く住居等(※)前年比20121月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月201312月1月2月3月4月5月6月7月前月比前年比前月比前年比前月比季調値▲

2013年9月1日総務省★フィードバック数:0社会/政治

家計調査を基にした冊子です。

家計簿からみたファミリーライフ

ここから本文です。家計簿からみたファミリーライフご覧になる皆様へ 家計調査は,世帯の皆様に毎日の家計の収入や支出を家計簿につけていただき,その結果を取りまとめ,国民生活の実態を家計収支の面から明らかにするための調査です。 この調査は,調査世帯の皆様を始め,多くの国民の皆様の協力によって,昭和21年7月から今日まで欠かさず続けられ,国の最も基本的でかつ重要な統計調査の一つとなっています。 また,調査結果は,景気動向の判断指標として不可欠なものとなっていることはもとより,国や地方公共団体の各種施策立

2013年8月8日総務省★★フィードバック数:0社会/政治

日別の消費の傾向を見ています。

家計簿からみた365日~日別集計結果より

ここから本文です。統計Today No.66家計簿からみた365日〜日別集計結果より総務省統計局統計調査部消費統計課長 永島 勝利 総務省統計局では、GDP(国内総生産)全体の約6割を占める家計消費の実態を把握し、国の経済政策・社会政策の立案に必要な基礎資料を 提供することを目的として、家計調査を毎月実施し、その結果(速報)を翌月に公表しています。このため、家計に関する詳細かつ膨大な統計データが 蓄積されており、家計の実態を詳細に分析することが可能となっています。特に、日単位で、品目別に、消費支

2013年7月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2013年6月) ~ヘッドラインほどの悪化ではない~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査(2013年6月)発表日:2013年7月30日(火)~ヘッドラインほどの悪化ではない~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)合計20121月2月3月4月5月6月7月8月20139月10月11月12月1月2月3月4月5月6月実質可処分所得除く住居等(※)前年比▲ 2.32.33.42.6前月比0.00.60.6▲ 0.5前年比▲

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2013年5月) ~天候も追い風となり、5月の個人消費は良好な結果~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査・商業販売統計(2013年5月)発表日:2013年6月28日(金)~天候も追い風となり、5月の個人消費は良好な結果~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)合計除く住居等(※)前年比2012消費性向(勤労者世帯)(勤労者世帯)7月8月1.7前期比▲ 0.8前年比▲ 0.7前期比▲ 0.2前年比▲ 4.0前期比▲ 3.11.81.2

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

株価下落と消費支出 ~5月23日からの株価下落は消費を抑制~

Economic Trends経済関連レポート株価下落と消費支出発表日:2013年6月28日(金)~ 5月23日からの株価下落は消費を抑制~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)5 月の総務省「家計調査」には、株価下落の影響が表れている。日次データを調べると、5 月中旬以降の消費支出はより大きく下落している。株式を保有している割合の多い 55~59 歳、60 歳以上の年代の消費支出は、前年比の伸び率が目立って低下している。品目別には、今のところ、機敏にマイナ

2013年6月5日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

家計調査からみた新潟の家計の収入・支出面の特徴点

家計調査からみた新潟の家計の収入・支出面の特徴点

2013年6月3日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

家計調査(2013年4月) ~4月の個人消費は増加一服~

家計調査(2013年4月) ~4月の個人消費は増加一服~

2013年5月1日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

家計調査・商業販売統計(2013年3月) ~個人消費は良好な天候やマインド改善を背景に底堅く推移~

家計調査・商業販売統計(2013年3月) ~個人消費は良好な天候やマインド改善を背景に底堅く推移~

2013年4月2日国際社会経済研究所フィードバック数:3デジタル家電

ICT統計を創る2「家計調査」

Please note that JavaScript and style sheet are used in this website, Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original. Even in such a case, however, the contents can be used safely.前回に続き

2013年4月1日第一生命保険フィードバック数:3社会/政治

家計調査(2013年2月) ~マインド改善に支えられ、個人消費は予想以上に好調~

家計調査(2013年2月) ~マインド改善に支えられ、個人消費は予想以上に好調~

2013年3月7日大和総研フィードバック数:11社会/政治

地方が活性化しないことへの一考察

トップレポート・コラムコラム地方が活性化しないことへの一考察 ここから本文です地方が活性化しないことへの一考察地方が活性化しないのはなぜか。それは公共事業などに依存して、自律的な好循環が生まれにくい経済構造を持つからである。自律的な好循環には、環境変化に応じた資源の再配分が必要だが、地方では資源の再配分に繋がる分業が都市ほど進んでおらず、所得・雇用の創出機会が限られている。ここでは足元の都市と地方の消費の差異を例にとり、この点について考えてみたい。使うのは総務省が公表する平成24年の家計消費の大

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2013年1月) ~マインド改善を背景に1月の個人消費は好調

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査(2013年1月)発表日2013年3月1日(金)~マインド改善を背景に1月の個人消費は好調~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(%)実質消費支出 (二人以上世帯)合計除く住居等(※)前年比12前年比前期比前年比消費性向(勤労者世帯)前期比季調値前期比1月2月▲ 2.32.30.00.6▲ 1.41.90.70.81.41.80.92.573.772.7▲ 0.4

2012年5月16日総務省フィードバック数:1社会/政治

家計調査報告(貯蓄・負債編)-平成23年平均結果速報-(二人以上の世帯)

報道資料家計調査報告(貯蓄・負債編)−平成23年平均結果速報−(二人以上の世帯)総務省は、家計調査報告(貯蓄・負債編)−平成23年平均結果速報−(二人以上の世帯)を取りまとめましたので、公表します。 詳細は、以下、統計局ホームページをご覧ください。平成23年平均結果速報(二人以上の世帯) 連絡先総務省統計局統計調査部消費統計課 企画指導第二係 担当:田村課長補佐、三浦係長 電話:03-5273-1173(直通) FAX:03-5273-1495 E-mail:w-kikaku2@soumu.g

2012年4月16日内閣府フィードバック数:12社会/政治

政策課題分析シリーズ8 「定額給付金は家計消費にどのような影響を及ぼしたか -「家計調査」の個票データを用いた分析-」

政策課題分析シリーズ8 「定額給付金は家計消費にどのような影響を及ぼしたか -「家計調査」の個票データを用いた分析-」

2012年1月31日総務省フィードバック数:96社会/政治

家計調査報告(二人以上の世帯)平成23年12月分速報

ここから本文です。家計調査報告 ―月・四半期・年―目次(このページ内の該当する箇所へジャンプします)月次結果四半期結果年結果 家計調査(二人以上の世帯)2019年(令和元年)6月分 (2019年8月6日公表)月次(前年同月比,【 】内は前月比(季節調整値) %) 【勤労者世帯】実収入(名目,< >内は実質) 注 調査方法の変更の影響による変動を調整した推計値 消費支出(二人以上の世帯)は, 1世帯当たり 276,882円前年同月比 実質 2.7%の増加 名目 3.5%の増加前月比(季節調整値

2011年12月28日総務省フィードバック数:96社会/政治

家計調査報告(二人以上の世帯)平成23年11月分速報

ここから本文です。家計調査報告 ―月・四半期・年―目次(このページ内の該当する箇所へジャンプします)月次結果四半期結果年結果 家計調査(二人以上の世帯)2019年(令和元年)6月分 (2019年8月6日公表)月次(前年同月比,【 】内は前月比(季節調整値) %) 【勤労者世帯】実収入(名目,< >内は実質) 注 調査方法の変更の影響による変動を調整した推計値 消費支出(二人以上の世帯)は, 1世帯当たり 276,882円前年同月比 実質 2.7%の増加 名目 3.5%の増加前月比(季節調整値

2011年11月29日総務省フィードバック数:96社会/政治

家計調査報告(二人以上の世帯)平成23年10月分速報

ここから本文です。家計調査報告 ―月・四半期・年―目次(このページ内の該当する箇所へジャンプします)月次結果四半期結果年結果 家計調査(二人以上の世帯)2019年(令和元年)6月分 (2019年8月6日公表)月次(前年同月比,【 】内は前月比(季節調整値) %) 【勤労者世帯】実収入(名目,< >内は実質) 注 調査方法の変更の影響による変動を調整した推計値 消費支出(二人以上の世帯)は, 1世帯当たり 276,882円前年同月比 実質 2.7%の増加 名目 3.5%の増加前月比(季節調整値

2011年2月3日総務省フィードバック数:13大型消費/投資

家計調査(貯蓄・負債編) 調査結果

ここから本文です。家計調査(貯蓄・負債編) 調査結果[四半期]2019年(平成31年)1〜3月期平均結果 (2019年7月30日公表)[年]2018年(平成30年)平均結果 (2019年5月17日公表)総務省統計局では,報告書として毎年「家計調査年報(貯蓄・負債編)」を刊行しており,その内容をインターネットでも掲載しております。「家計調査年報(貯蓄・負債編)」では,統計表のほか,調査の概要や用語の解説,結果の概況などもご覧いただけます。※「半期」については2005年(平成17年)7〜12月期結果

2011年2月3日総務省フィードバック数:96大型消費/投資

家計調査報告(二人以上の世帯)―平成22年12月分速報

ここから本文です。家計調査報告 ―月・四半期・年―目次(このページ内の該当する箇所へジャンプします)月次結果四半期結果年結果 家計調査(二人以上の世帯)2019年(令和元年)6月分 (2019年8月6日公表)月次(前年同月比,【 】内は前月比(季節調整値) %) 【勤労者世帯】実収入(名目,< >内は実質) 注 調査方法の変更の影響による変動を調整した推計値 消費支出(二人以上の世帯)は, 1世帯当たり 276,882円前年同月比 実質 2.7%の増加 名目 3.5%の増加前月比(季節調整値

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ