「川崎市」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年9月2日アットホームフィードバック数:0大型消費/投資

2017年上半期の首都圏の新築戸建価格動向

2017 年 上半期の首都圏の新築戸建の価格動向■2017 上半期(1~6 月)における首都圏の新築戸建成約価格動向の主な特徴▽成約が最も多いのは3,000 万円台の物件、僅差で2,000 万円台が続く。エリア別では、一部に低価格志向が見られ、ユーザーニーズの分散も目立つ。▽成約物件の平均敷地面積は121.91 ㎡、前期比微減。東京23 区、横浜・川崎市では、購入価格を抑えるため敷地の狭い物件を選択。▽駅からの所要時間は、「徒歩20 分超・バス便」が32.5%で最多。駅近物件の成約が減少、立地を

2017年7月26日健美家フィードバック数:0大型消費/投資

政令指定都市別 2017年上半期 不動産投資利回り

政令指定都市別 2017年上半期 不動産投資利回り「川崎市」... 政令指定都市別 2017年上半期 不動産投資利回り 「川崎市」「福岡市」「京都市」で利回り6%台を記録不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:倉内敬一)では、同サイトに登録された新規物件を集計し、「政令指定都市別2017年上半期利回り比較」の調査結果をまとめましたのでお知らせいたします。半数以上の市で利回り低下2017年1月~6月期に健美家に新規登録

2012年8月31日アットホームフィードバック数:0大型消費/投資

平成24年度7月期首都圏の新築戸建・中古マンション価格

2012 年 7月首都圏の新築戸建・中古マンションの価格動向新築戸建の成約価格、前年同月比 5 か月連続下落。前月比も 4 か月ぶりに下落。 不動産総合情報サービスのアットホーム株式会社 (本社:東京都大田区、社長:松村文衞) の全国不動産情報ネットワークにおける、2012 年 7 月期の新築戸建・中古マンションの登録価格および成約価格についてお知らせします。 ■神奈川県では横浜市・川崎市の成約が好調で 2.1%上昇。7 月の首都圏の新築戸建平均成約価格は、1 戸あたり 3,195 万円で、前年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ