調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 市場分析ESG

「市場分析ESG」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月19日大和総研★フィードバック数:0ビジネス

株主総会の日程についてのレポートです。

2015年6月株主総会動向―分散化止まる―

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs2015年6月株主総会動向—分散化止まる— ここから本文です2015年6月株主総会動向—分散化止まる—6月株主総会は、集中日開催が増加サマリー◆2015年6月総会の集中率は、4割を超えた。◆第三集中日までの集中率も大きく増加している。◆株主総会運営の困難化が意識されるようになっているのかもしれない。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない

2014年12月2日大和総研フィードバック数:0ビジネス

ガバナンス・コードによる社外取締役増員

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資ガバナンス・コードによる社外取締役増員 ここから本文ですガバナンス・コードによる社外取締役増員コーポレートガバナンス・コードにより2名以上の選任が求められるサマリー◆コーポレートガバナンス・コードによって、上場企業には独立社外取締役を2名以上選任することが求められる。◆上場企業のすべてが2名以上の独立社外取締役を選任するには、のべ数千人の人材が必要になると思われる。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳

2014年9月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

観光立国と日本の「稼ぐ力」(1)

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資観光立国と日本の「稼ぐ力」① ここから本文です観光立国と日本の「稼ぐ力」①訪日外国人旅行拡大の動きサマリー◆2013年の訪日外国人旅行者数は、前年から約200万人増加して1,000万人を突破した。訪日旅行の拡大により、旅行収支にも大幅な改善がみられており、観光立国の実現により日本の「稼ぐ力」が高まることが期待される。◆前年からの増加率は、タイ、香港、台湾、マレーシア、シンガポールなどのアジアの国・地域で高くなっている。これらの国・地域では、観光・レ

2014年6月9日大和総研フィードバック数:0ビジネス

2014年株主総会の展望とその後

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs2014年株主総会の展望とその後 ここから本文です2014年株主総会の展望とその後機関投資家の議決権行使の活発化が予想されるサマリー◆今年の株主総会集中日は6月27日金曜日となるが、集中日に開催する企業の割合は、過去最も低くなる見通しである。◆昨年に引き続き社外取締役を選任していない企業の経営トップの取締役再任に多くの反対票が出るものと思われる。◆日本版スチュワードシップ・コードによって機関投資家の議決権行使が劇的に変わるわけではないが、

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

検討進む日本版スチュワードシップコード

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs検討進む日本版スチュワードシップコード ここから本文です検討進む日本版スチュワードシップコード~機関投資家に何を期待するか?~『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載サマリー企業の持続的な成長をサポートするために、機関投資家と投資先企業との対話を深めることを促進する機関投資家向け行動原則の策定が進んでいる。これは、英国のスチュワードシップコードを模範とするものである。英国スチュワードシップコードは、適用対象となる機関投資

2013年8月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費者教育におけるネットリテラシー

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs消費者教育におけるネットリテラシー ここから本文です消費者教育におけるネットリテラシー—消費者市民社会の形成に求められるもの—サマリー◆消費者市民社会とは、消費生活が経済社会に大きな影響を与えることを消費者が自覚して、公正かつ持続可能な社会の形成に積極的に参画する社会である。◆高度情報化の進展でネットを利用した取引が大きく増加しており、以前にも増してネットリテラシー・ネットモラルの向上が求められている。◆マルチステークホルダーで構成される

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ