「年賀状」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2010年11月29日MMDLaboフィードバック数:25デジタル家電

2011年の年賀状に関する主婦の実態調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 2011年の年賀状に関する主婦の実態調査 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、メディアインクルーズ株式会社(代表取締役社長・小川昌幸)運営のモバイルメディア「ママイコ」との共同リサーチとして、「2011年の年賀状に関する主婦の実態調査」を実施致しました。 調査対象は10~40代以上の主婦。有効回答数は678件です。【 調査結果

2010年1月26日サイバー・バズフィードバック数:0マーケティング

第5回ブロガートレンド研究所アンケート調査 ~ブロガーの新年の挨拶は「年賀状」と「ブログ」が同率1位、「携帯メール」を上回るという結果に~

ソーシャルメディアマーケティング支援 独自のインフルエンサーネットワークやSNSアカウント運用の知見を活かした、総合的なソーシャルメディアマーケティング支援を展開しています。 「誰とやるか」は 私たちが一番大切にしていること。 会社設立から10年以上が経ち、事業も多角化している中でも、私たちがこだわっていることは、誰と一緒にやるかということ。 人として信頼できる人、そしてこの会社・組織が好きで、いっしょに働きたいと思ってくれる人を何よりも大切にします。 「私たちが成長することで、会社ももっ

2010年1月12日日経BPフィードバック数:0デジタル家電

2010年の年賀状はどうやって送る?

日経クロステック トップPCそこが知りたいアンケート2010年の年賀状はどうやって送る? 2010年の年賀状はどうやって送る?ネットユーザー1000人に聞きました!ライター、gooリサーチと日経パソコンによる共同企画調査  そろそろ年賀状の季節。そこでネットユーザー1000人に、2010年の年賀状について聞いてみた。すると、はがきの年賀状のみを出す人は52.9%なのに対して、メールや携帯電話の年賀状とはがきを併用する人が29.1%だった。メールや携帯のみで、はがきは出さないという人も4.1%

2010年1月12日マクロミルフィードバック数:4大型消費/投資

年末年始の過ごし方に関する調査

2009年12月24日2010年のお正月、9割が「家で過ごす」。年明けの瞬間は「家族と一緒」87%お正月に楽しみなこと、「おせち・お雑煮」45%、「年賀状」37% 年末年始の費用を「減らす」人は、2割。「外食や食費」「初売りなどショッピング」を減らす。2010年の目標は、1位「貯金」47%、2位「ダイエット」34%、3位「資格取得・スキルアップ」25%株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国の20~69才の男女を対象に、「年末年始の過ごし方に関する調査」を実施いたしました。

2009年12月7日マクロミルフィードバック数:0デジタル家電

2010年 年賀状に関する調査

2009年12月01日2010年の年賀状、88%が「送る」と回答。「12月25日までに出す」予定の人が6割。 送り方は「年賀はがき」が9割超。20代の6割、女性の4割は「携帯メール」でも年賀状。 「メールよりも、はがきの年賀状をもらうほうが嬉しい」87%‘まさにトラだ!’と思う寅年生まれの有名人1位「和田アキ子」 2位「室伏広治」 3位「イモトアヤコ」株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国の15~69才の男女を対象に、「年賀状に関する調査」を実施いたしました。調査手法はイ

2009年1月5日日経BP★フィードバック数:0デジタル家電

BPによる年賀状の印刷に関する調査です。

年賀状、自分で印刷する?

[画像のクリックで拡大表示] 年賀状の季節になった。年々、出す人が減っているという話も聞くが、パソコンとプリンターを使って、自分で印刷する人もまだまだ多いと思われる。そこで1000人のネットユーザーに、2009年の年賀状を印刷するかどうか聞いてみた。 すると、ほぼ8割の人が自宅のプリンターで印刷すると回答(市販・注文併用含む)。メール派が増えているとはいえ、今年から印刷派になった人も2%いて、まだまだプリンター購入の一番の目的(77%)であることに変わりはない。 何より「家族一人ひとり、デザイン

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ