「年金総合」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

劇的な環境変化にさらされる「株式持ち合い」制度-企業行動の解明に一助を

劇的な環境変化にさらされる「株式持ち合い」制度-企業行動の解明に一助を | ニッセイ基礎研究所 劇的な環境変化にさらされる「株式持ち合い」制度-企業行動の解明に一助を 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 近年、持ち合い株式を取り巻く環境は大きく変化しつつある。『コーポレート・

2015年4月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

通貨スワップの市場環境とヘッジコストに与える影響について

通貨スワップの市場環境とヘッジコストに与える影響について | ニッセイ基礎研究所 通貨スワップの市場環境とヘッジコストに与える影響について 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 福本 勇樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米ドルと円を交換する通貨スワップ市場において、スワップ・スプレッドがマイナスの状況が恒常的に続いている。スワップ・スプレッドが

2015年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

取引量の増大によるREIT価格変化率への影響-市場流動性指標としての有用性評価

取引量の増大によるREIT価格変化率への影響-市場流動性指標としての有用性評価 | ニッセイ基礎研究所 取引量の増大によるREIT価格変化率への影響-市場流動性指標としての有用性評価 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 筆者は資産価格の変動性や、資産間の共変動性が観測する時間

内外株価収益率間の相関係数上昇要因

内外株価収益率間の相関係数上昇要因 | ニッセイ基礎研究所 内外株価収益率間の相関係数上昇要因 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 近年の内外株価収益率間の相関係数は、以前と比較して高い水準にある。相関係数の仕組みを理解すると、経済のグローバル化よりも投資のグローバル化による

相関係数を改めて考える-「見方」を変えると答えが変わる

相関係数を改めて考える-「見方」を変えると答えが変わる | ニッセイ基礎研究所 相関係数を改めて考える-「見方」を変えると答えが変わる 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 相関係数は証券投資理論やリスク管理で必要不可欠である。相関係数とは、2資産の価格変動(収益率)がどの程度

2013年度生保決算の概要

2013年度生保決算の概要 | ニッセイ基礎研究所 2013年度生保決算の概要 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 安井 義浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 生命保険会社43社の2014年3月期の決算が5月末に出揃った。資産運用環境が前年度に引き続き株高・円安という良好なものだったことで、収益性、健全性の面では好調なものとなった。特に大手中堅

エマージングリスクの検討状況-昨今の動きと北米での意識調査の概要

エマージングリスクの検討状況-昨今の動きと北米での意識調査の概要 | ニッセイ基礎研究所 エマージングリスクの検討状況-昨今の動きと北米での意識調査の概要 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 安井 義浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら エマージングリスクについては、それを特定し、さらに顕在化した際の対応策を考えるべく、世界規模でいくつかの研究機

年金によるPE投資拡大の期待 ~ 機関投資家が成長資金の供給源となれるか~

年金によるPE投資拡大の期待 ~ 機関投資家が成長資金の供給源となれるか~ | ニッセイ基礎研究所 年金によるPE投資拡大の期待 ~ 機関投資家が成長資金の供給源となれるか~ 金融研究部 研究理事 年金研究部長 兼 年金総合リサーチセンター長 德島 勝幸基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 長期資金である年金の運用対象として、上場株式のような従来の市場性ある有価証券

決算のまとめです。

2012年度生保決算の概要

2012年度生保決算の概要 | ニッセイ基礎研究所 2012年度生保決算の概要 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 安井 義浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 生命保険会社43社の2013年3月期の決算が5月末に出揃った。今回の決算はアベノミクス効果による株高・円安に支えられ、収益性、健全性の両面で好調なものとなった。新契約高は対前年度8.7%

2013年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

愚直にリバランスルールを守るべきか

愚直にリバランスルールを守るべきか | ニッセイ基礎研究所 愚直にリバランスルールを守るべきか 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年秋に株価が反転し、多くの年金基金が年始から年度末にかけてリバランスを実施したようだ。その後も株価の上昇は続いた為、事前に定めたルール通りにリ

オプションのプレミアム情報から何が読み取れるのか?

オプションのプレミアム情報から何が読み取れるのか? | ニッセイ基礎研究所 オプションのプレミアム情報から何が読み取れるのか? 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――はじめに2――オプションに関する基本的事項3――実際のデータから読み取れること4――市場参加者の相場見通し

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

特集データ

お知らせ