「広報活動」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年5月22日本田事務所★★フィードバック数:0マーケティング

コロナの時代の広報術。「広報は変わる」と93%が回答

【調査リリース】 コロナの時代の広報術。「広報は変わる」と93%が回答。 オンライン記者会見や非対面のメディアリレーションズが日常に。株式会社本田事務所(所在地:東京都港区、代表取締役:本田哲也)と、株式会社ベクトル(所在地:東京都港区、代表取締役:西江肇司)が共同で運営する成長型PR人材データベース「SCALE Powered by PR」(以降 SCALE)は、所属する広報人材に対しアンケート調査を行いました。その結果、全体の8割の広報人材がコロナの影響を受けており、9割がコロナ時代の広報は

2018年10月10日共同ピーアール★★フィードバック数:0社会/政治

働く人の「コンプライアンスと内部告発」に関する意識調査

2020年1月31日 12:00PR総研とは広報・PRの価値向上を目的に、SDGs(持続可能な開発目標)を踏まえたCSV(経済的・社会的な共通価値創造)を推進する調査研究機関 2013年設立の当総研は、ビジネス環境の変化が広報活動に与える影響や、広報戦略のあり方など、広報・PR 等に関する総合的な調査・研究を行うシンクタンクです。SDGs(持続可能な開発目標)を踏まえたCSV(経済的・社会的な共通価値創造)を推進しています。 【名称】共同ピーアール株式会社 総合研究所(PR総研)※資料PDFは末

2017年5月15日福岡市フィードバック数:0社会/政治

平成28年度市政アンケート調査

平成28年度市政アンケート調査 結果報告書について  福岡市では、本市の施策や事業の推進の参考とするとともに、市民の市政への関心や理解を深めていただくことを目的に、市政アンケート調査を実施しています。平成28年度も約600人の市民の方に市政アンケート調査員にご就任いただき、計6回の調査を実施しました。今回、調査結果を「平成28年度市政アンケート調査結果報告書」、事業の担当課が調査結果をどのように活用しているのかを「調査結果活用状況」としてまとめています。なお、詳しいデータ等のお問い合わせは、報告

2016年8月4日宣伝会議フィードバック数:0ビジネス

インナーコミュニケーション白書2016

「戦略的社内広報」で社員が変わり、会社が変わる。広報担当者123人に調査「インナーコミュニケーション白書2016」 従業員を対象としたインナーコミュニケーションを重視する企業が増えてきました。ある機関の調査によれば、広報活動における重要なステークホルダーとして「従業員とその家族」のスコアが上昇しているという結果も出ています*1。一方で、日本企業は海外に比べ、社員個人の職場への愛着や働きがい、組織への帰属意識という点では温度差があるという現実も。社内広報の活動が生産性の向上に寄与しているかという

2016年1月27日宣伝会議★フィードバック数:0マーケティング

広報効果測定の指標 「マーケティングへの貢献」導入している企業は11.7%

広報の仕事 大予測2016広報効果測定の指標 「マーケティングへの貢献」導入している企業は11.7%企業の広報・PR活動に関する調査 40.5%の企業が「この1年で効果測定の重要度が上がった」と回答しているほか、自由回答では前年に比べ「広告換算値」への疑問、「売上への貢献」への意欲について言及するコメントが目立っている。新たな測定の取り組み、課題を見ていこう。効果測定の実施状況 7割を超える企業が何らかの効果測定を実施しており、前回調査と比べ「実施している」が4.8ポイント増という結果に。新た

2015年12月2日新卒WATCHフィードバック数:0社会/政治

2017年度新卒採用スケジュール変更に関するアンケート調査

6月選考解禁、73%の企業が「遵守しない」と回答【2017年度新卒採用スケジュール変更に関するアンケート調査】経団連が2017年度新卒採用の選考解禁時期を6月とする方針を発表しました。そこで、今回の方針が各社にどのような影響を与える可能性があるのかを調査し、皆様の採用活動に役立つ情報をご提供するために、「スケジュール変更に関するアンケート調査」を行いました。 (調査期間:2015年11月12日~18日、対象者:2017年度新卒採用実施予定企業の採用担当者179人)―トピックス―■6月選考解禁、7

2015年3月11日経済広報センターフィードバック数:0マーケティング

第12回「企業の広報活動に関する意識実態調査」

第12回「企業の広報活動に関する意識実態調査」

2015年1月21日宣伝会議フィードバック数:0マーケティング

社内広報もデジタルシフト 7割が「イントラで発信」紙媒体を上回る

広報の仕事 大予測2016社内広報もデジタルシフト 7割が「イントラで発信」紙媒体を上回る企業の広報・PR活動に関する調査 リアルの場でのイベントのほか、デジタルシフトがいよいよ本格化しつつある。例年、「社内報制作」の悩みが多く寄せられている領域だが、様相が変わってきた。2015年の成果と手応えは?●PRコンテンツの水平展開PR用のコンテンツを広告や商品付属の素材などに活用いただけるようになってきた。さらに活用方法までを含めたコンテンツや、メディアから読み取れるトレンドなどの共有を図り、事業の

2014年7月8日ディスコ★★フィードバック数:0キャリアとスキル

人事側の調査です。

「2015年度・採用活動に関する企業調査-中間調査」 ~2015年3月卒業予定者の採用活動に関する企業調査~

HOME プレスリリース「2015年度・採用活動に関する企業調査−中間調査」 〜2015年3月卒業予定者の採用活動に関する企業調査〜 プレスリリース 「2015年度・採用活動に関する企業調査−中間調査」 〜2015年3月卒業予定者の採用活動に関する企業調査〜2014年07月08日株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:夏井丈俊)は、全国の主要企業8,749社を対象に、2015年3月卒業予定者および2016年3月卒業予定者の採用活動に関する企業調査を行いました(調査時期:2014年5

2014年6月25日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業側の調査です。

2016年卒採用等に関する企業調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 マイナビ「2016年卒採用等に関する企業調査」を発表インターンシップ実施のピークは8~9月。12~2月の冬期実施も視野に入れる企業は約2割。広報活動開始は「3月1日以降」が約5割で、対応を決めている企業の多くが遵守する姿勢。エントリー受付開始の可能性が最も高い時期は、「3月」予定の企業が約7割株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、新卒採用実績があるま

電通PRの調査です。

上場企業の広報力調査

INDUSTRIES & SECTORS [業界]当社のサービスを業界別にご紹介します。EXPERTISE [専門領域]当社のサービスを専門領域別にご紹介します。デジタル当社が提供するデジタル領域のソリューションについてご紹介します。ヘルスケア・メディカル当社が提供するヘルスケア・メディカル領域のソリューションについてご紹介します。マーケティングコミュニケーションズ当社のマーケティングコミュニケーションズ領域のソリューションについてご紹介します。コーポレートコミュニケーションズ当社のコーポレート

2013年12月6日Yahoo!★フィードバック数:0キャリアとスキル

検索動向から活動の推移を見ています。

4月には「うつ」? 検索でみる就職活動の傾向

4月には「うつ」? 検索でみる就職活動の傾向企業説明会について話している就活生(六本木) 2015年春卒業予定の学生らに向けた採用選考の広報活動が12月1日に解禁されました。就活生は、この日から就活サイトで企業にエントリーしたり、企業の説明会に参加したりできるようになりました。この取り組みがはじまったのは、2011年12月1日。学生が学業に専念する時間を増やすため、経団連は採用選考の広報活動を以前の10月解禁より2カ月遅らるよう定めました。「就職活動」の検索数推移をみると、2010年以前と201

2011年11月29日楽天リサーチ★フィードバック数:5キャリアとスキル

新卒採用についての人事を対象としたアンケートです。

人事担当者に聞く、13年新卒採用に関する調査

人事担当者に聞く、13年新卒採用に関する調査 人事担当者に聞く、13年新卒採用に関する調査 2011年11月29日楽天インサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下「楽天インサイト」)と楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営する「みんなの就職活動日記」は、2013年新卒採用に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、11月9日から11月10日にかけて楽天インサイト登録モニター(約220万人)の中から、全国

2011年9月29日日本経済団体連合会フィードバック数:387キャリアとスキル

新卒採用(2011年3月卒業者)に関するアンケート調査

新卒採用(2011年3月卒業者)に関するアンケート調査結果の概要 2011年9月28日(社)日本経済団体連合会1.調査要領企業の2011年3月大卒等新卒者の採用活動を総括し、 次年度に向けた動向を把握することを目的に1997年度より実施。(社)日本経済団体連合会企業会員のうち1,274社を対象無記名式アンケート(業種・企業規模のみ記入)*製造業 45.0%、非製造業 54.0%*従業員数1000人以上 75.8%、500人以上〜1000人未満 12.8%、500人未満 10.1%(業種・企業規模

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ