「廃棄物」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年7月15日国連大学★★フィードバック数:0社会/政治

世界のe-waste(電子ごみ)が過去最多に、5年で21%増加

世界のe-waste(電子ごみ)が過去最多に、5年で21%増加News 2020年7月3日 Bonn 国連は7月2日、『Global E-waste Monitor 2020(世界のE-wasteモニター2020)』を発表し、世界の電気電子機器廃棄物(e-waste、バッテリーまたはプラグを搭載した廃棄物)の発生量が、2019年に5,360万トンにのぼると明らかにしました。わずか5年間で21%増加し、記録的な数字となりました。2019年のe-waste発生量の内訳では、最も多かった地域がアジア

2014年3月28日国土交通省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

廃棄物等の発生や再資源化についての調査です。

平成24年度建設副産物実態調査

平成24年度建設副産物実態調査結果について ~前回調査より建設廃棄物の再資源化率は2.3ポイント増、建設発生土利用率は9.7ポイント増~ 平成26年3月27日平成24年度に全国の建設工事から排出された建設副産物注1)について、再資源化及び排出量等の調査結果をとりまとめましたので公表いたします。 ・全国の建設工事や再資源化施設等を対象に、建設副産物の発生量、再資源化状況及び最終処分量等の動向に関する実態を把握するための統計調査です。・調査結果は建設リサイクルに関する諸施策の策定及びその効果の進

2013年7月4日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

食品廃棄物2千万トンの再生利用

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs食品廃棄物2千万トンの再生利用 ここから本文です食品廃棄物2千万トンの再生利用サマリー農林水産省では、食品産業における食品廃棄物等の発生量及び食品循環資源の再生利用等実施率を取りまとめており、先ごろ、平成23年度の取りまとめ結果が公表された。これによれば、平成23年度の食品廃棄物等の発生量は約2千万トンとなっており、前年度との比較では4.3%減少している。廃棄物として処分された量も約60万トン減少しており、再生利用等実施率は84%に上昇し

2013年6月30日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

図で見る環境・循環型社会・生物多様性白書

目次平成24年度 環境の状況平成24年度 循環型社会の形成の状況平成24年度 生物の多様性の状況第1部 総合的な施策等に関する報告 第1章 東日本大震災からの復興の先に目指す豊かな地域社会の実現に向けて 第1節 放射性物質に汚染された地域の復興に向けた取組1 東京電力福島第一原子力発電所事故による影響2 事故前の環境を取り戻し、前に進んでいくための取組3 放射線の中長期的な健康影響に対する不安と向き合う取組第2節 災害廃棄物を処理するための取組1 東日本大震災により生じた災害廃棄物の処理2 事故

2013年6月30日環境省★フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

「環境白書」です。

平成25年版環境・循環型社会・生物多様性白書

目次刊行に当たってはしがき平成24年度 環境の状況平成24年度 循環型社会の形成の状況平成24年度 生物の多様性の状況第1部 総合的な施策等に関する報告 はじめに 第1章 東日本大震災からの復興の先に目指す豊かな地域社会の実現に向けて第1節 放射性物質に汚染された地域の復興に向けた取組1 東京電力福島第一原子力発電所事故による影響2 事故前の環境を取り戻し、前に進んでいくための取組3 放射線の中長期的な健康影響に対する不安と向き合う取組第2節 災害廃棄物を処理するための取組1 東日本大震災により

2013年4月12日大和総研フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

化学物質の届出排出量・移動量の動向

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs化学物質の届出排出量・移動量の動向 ここから本文です化学物質の届出排出量・移動量の動向サマリー現在の我々の生活は、さまざまな化学物質から作られた製品を使用することで成り立っているが、その製品や原材料を製造する際や使用する際、また廃棄物として処理する際にさまざまな化学物質が大気、水、土壌などの環境に排出されている。PRTR(Pollutant Release and Transfer Register)制度は、化学物質排出把握管理促進法(化

2012年4月6日マイボイスコムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

マイボイスコム 環境問題(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ環境問題の関心度は7割強。関心がある環境問題は「省エネ」が最も多く、「日常生活で生じるゴミ等の廃棄物」「地球温暖化」「放射能汚染」などが続く 環境問題についての情報源は「テレビ」がトップ、続いて「新聞」「インターネットからの情報」 1年前より環境問題に関心を持つようになった人は4割強、「変わらない」が5割。東北、関東では、関心を持つようになった人が他地域より多くい 環境問題に関心を持つようになったきっかけは「ニュース」が最も多く、「東日本大

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ