「建設業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年2月7日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年計分)

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年計分) 平成26年2月7日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約48万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成25年計分の調査結果をまとめたものである。平成25年度4月より新しい推計方法による値

2014年2月7日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年12月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値]

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年12月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値] 平成26年2月7日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約51万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成24年12月分の調査結果を新しい推計方法で

2014年2月7日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年計分)[新しい推計方法を取った場合の試算値]

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年計分)[新しい推計方法を取った場合の試算値] 平成26年2月7日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約51万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成24年計分の調査結果を新しい推計方法でまとめた

2014年2月2日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2014年1月

トップページ > ニュースライン > 業況DIは、一段の改善。先行きはコスト増や駆け込み需要の反動への懸念も(LOBO調査2014年1月結果) ニュースライン業況DIは、一段の改善。先行きはコスト増や駆け込み需要の反動への懸念も(LOBO調査2014年1月結果) 2014年1月31日 14:00日本商工会議所が31日に発表した1月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果によると、1月の全産業合計の業況DIは、▲3.1と、前月から+4.3ポイントの改善。住宅着工などが好調な建設業がけん引したほ

2014年1月17日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

「地域経済四半期動向(12大都市商工会議所)」(2013年10月~12月)

トップページ > ニュースライン > 「地域経済四半期動向(12大都市商工会議所)」(2013年10月~12月)の集計結果を公表 ニュースライン「地域経済四半期動向(12大都市商工会議所)」(2013年10月~12月)の集計結果を公表2014年1月16日 17:00 日本商工会議所は16日、「地域経済四半期動向(12大都市商工会議所)」(2013年10月~12月)の集計結果を公表した。 本調査は、日本商工会議所の正副会頭商工会議所(札幌、仙台、新潟、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高

2014年1月14日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年11月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値]

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年11月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値] 平成26年1月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約51万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成24年11月分の調査結果を新しい推計方法

2014年1月14日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年11月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年11月分・確報) 平成26年1月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約48万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成25年11月分の調査結果をまとめたものである。平成25年度4月より新しい

2014年1月14日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

年間のまとめです。

2013年(平成25年)[1-12月] 全国企業倒産状況

件数が1万855件 22年ぶりに1万1,000件を下回る 倒産抑制が際立つ 2013年(平成25年)の全国企業倒産(負債総額1,000万円以上)は1万855件、負債総額が2兆7,823億4,700万円だった。は、前年比10.4%減。5年連続で前年を下回り、1991年(1万723件)以来、22年ぶりに1万1,000件を下回る低水準。要因としては、金融機関が中小企業のリスケ要請に応じているほか、「中小企業金融円滑化法」の期限切れに伴い実施された中小企業金融モニタリング体制の効果などが挙げられる。は、

2013年12月11日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年10月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値]

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年10月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値] 平成25年12月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約51万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成24年10月分の調査結果を新しい推計方

2013年12月11日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

消費増税で、駆け込み需要がある業種は?

消費増税で、駆け込み需要がある業種は?『会社四季報』2014年新春号調査 『会社四季報』が、上場会社に消費増税の駆け込み需要の状況を調査したところ、34%の会社が、駆け込み需要を想定していることがわかった。同調査は上場会社3530社を対象に、消費増税の駆け込み需要の状況と対応策についてアンケート調査したもので、有効回答数1739社だった。東証33業種別で見ると、駆け込み需要が多いのは高額消費の代表格、自動車関連。中でも自動車向けタイヤを扱う「ゴム製品」は、75%の会社が「駆け込み需要がある」と

2013年12月11日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年10月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年10月分・確報) 平成25年12月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約48万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成25年10月分の調査結果をまとめたものである。平成25年度4月より新し

2013年12月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年11月の全国企業倒産 862件 13カ月連続減少

倒産件数11月度では20年間で最少の862件、連続減少は13カ月連続で過去6番目 2013年(平成25年)11月度の全国企業倒産は、件数(負債額1,000万円以上)が862件、負債総額は1,378億8,400万円だった。 前年同月比10.5%減で、11月度としては1990年(633件)以来の低水準。また、前年同月比の減少期間は13カ月連続に延び、過去6番目の長さになった(過去最長は1985年1月-90年9月の69カ月連続減少、過去5番目は1977年12月-79年4月の17カ月連続減少)。企業倒産

2013年11月13日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

経営者から見たオリンピックです。

経営者アンケート “2020年東京オリンピック開催”

経営者アンケート “2020年東京オリンピック開催” 公開日付:2013.11.12金融・保険業で期待が突出、建設業は悪影響を懸念9月8日、2020年の東京オリンピック開催が決定した。日本の夏季オリンピックでは1964年の東京オリンピック以来56年ぶりの開催で、7年先だが次第にオリンピック景気への期待も広がりつつある。東京商工リサーチでは東京オリンピックの開催が景気と経営にどのような影響をもたらすか、全国の経営者にアンケート調査を実施した。経営者の関心は開催地の東京では「関心がある」と回答した経

2013年11月12日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年9月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年9月分・確報) 平成25年11月11日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約48万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成25年9月分の調査結果をまとめたものである。平成25年度4月より新しい推

2013年11月12日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年9月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値]

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年9月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値] 平成25年11月11日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約51万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成24年9月分の調査結果を新しい推計方法で

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

第2の矢の活用で成長力底上げの基盤づくりを ~積極的労働市場政策などサービス拡充も一案~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:第2の矢の活用で成長力底上げの基盤づくりを発表日:2013年10月30日(水)~積極的労働市場政策などサービス拡充も一案~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)○第 2 の矢による景気押し上げアベノミクス第 2 の矢は機動的な財政政策だ。景気の下支え役として公共事業は 2013 年第 2四半期まで 6 四半期連続で前期比プラスと経済成長率を約 0.2%pt 押し上げた(内閣府『国民経済計算

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2013年9月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本9月雇用統計 ここから本文です9月雇用統計就業者数が大幅に増加サマリー◆2013年9月の完全失業率(季節調整値)は4.0%となり、前月から0.1%pt改善した。失業者数は前月から9万人の減少、非労働力人口は同9万人の減少となった。就業者数は前月から19万人増加した。9月の有効求人倍率(季節調整値)は0.95倍となり前月と同水準であった。内訳を見ると、有効求職者数は4ヶ月ぶりに前月から増加、有効求人数は12ヶ月連続の増加となった。有効求人倍率に先行する新規求人倍率

2013年10月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:7-9月期英国GDP(速報値) ~順調な景気回復とバブルの足音~

EU Indicators欧州経済指標コメント:7-9月期英国GDP(速報値)発表日:2013年10月28日(月)~順調な景気回復とバブルの足音~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 25日に発表された7-9月期の英国の実質GDP成長率の速報値は前期比+0.8%(同年率+3.2%)と3四半期連続のプラス成長を記録(左図)。景気は金融危機以前の水準をまだ回復していないが、ここ数四半期は過去の平均成長率(80年代以降で同+0.6%)をやや上回る順調な回復

雇用関連統計13年9月 ~製造業の回復基調が鮮明に

雇用関連統計13年9月 ~製造業の回復基調が鮮明に | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年9月 ~製造業の回復基調が鮮明に 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は0.1ポイント低下の4.0%・製造業の新規求人数が大幅増加総務省が10月29日に公表した労働力調査によると、13年9月の完全失業率は前月

【建設】特許資産規模ランキング、トップ3は大成建設、鹿島建設、大林組

【建設】特許資産規模ランキング2013、トップ3は大成建設、鹿島建設、大林組※2013年10月26日付 日本経済新聞 朝刊 11面に掲載されました 弊社はこのほど、独自に分類した「建設」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「建設業界 特許資産規模ランキング2013」をまとめました。2012年4月1日から2013年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。このラ

2013年10月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

建設業は19年ぶりの水準、持続性は?

建設業は19年ぶりの水準、持続性は?

2013年10月11日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年8月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年8月分・確報) 平成25年10月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約48万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成25年8月分の調査結果をまとめたものである。平成25年度4月より新しい推

2013年10月11日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年8月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値]

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年8月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値] 平成25年10月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約51万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成24年8月分の調査結果を新しい推計方法で

2013年9月11日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年7月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値]

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年7月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値] 平成25年9月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約51万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成24年7月分の調査結果を新しい推計方法でま

2013年9月11日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年7月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年7月分・確報) 平成25年9月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約48万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成25年7月分の調査結果をまとめたものである。平成25年度4月より新しい推計

福島県における建設業の動向について

福島県における建設業の動向について

2013年8月12日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年6月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年6月分・確報) 平成25年8月9日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約48万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成25年6月分の調査結果をまとめたものである。平成25年度4月より新しい推計方

2013年8月12日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年6月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値]

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年6月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値] 平成25年8月9日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約51万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成24年6月分の調査結果を新しい推計方法でまと

2013年7月11日国土交通省フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年5月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年5月分・確報) 平成25年7月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約48万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成25年5月分の調査結果をまとめたものである。平成25年度4月より新しい推計

2013年7月11日国土交通省フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年5月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値]

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年5月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値] 平成25年7月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約51万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成24年5月分の調査結果を新しい推計方法でま

2013年7月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 雇用情勢は緩やかな改善ペースを維持(13年6月雇用統計) ~余暇サービス関連、小売業、建設業が全体を押し上げ~

米国 雇用情勢は緩やかな改善ペースを維持(13年6月雇用統計) ~余暇サービス関連、小売業、建設業が全体を押し上げ~

2013年7月4日中小企業庁フィードバック数:18社会/政治

第132回中小企業景況調査

第156回中小企業景況調査(2019年4-6月期)の結果を公表しました(令和元年6月27日)以下の「結果の概要」「統計表一覧」からご覧ください。【調査の目的】中小企業庁及び独立行政法人中小企業基盤整備機構では、中小企業の景況を把握し、中小企業施策立案の基礎資料を収集するために、四半期毎に「中小企業景況調査」を実施、集計・公表しています。中小企業景況調査の目的(1)中小企業施策の企画・立案に必要な資料・情報収集(2)都道府県の施策立案、中小企業関係機関の診断指導等のための資料提供(3)中小企業の経

2013年6月11日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年4月分)

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年4月分) 平成25年6月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約48万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成25年4月分の調査結果をまとめたものである。平成25年度4月より新しい推計方法に

2013年6月11日国土交通省フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年4月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値]

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年4月分)[新しい推計方法を取った場合の試算値] 平成25年6月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約51万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成24年4月分の調査結果を新しい推計方法でま

2013年5月27日厚生労働省★フィードバック数:15キャリアとスキル

平成24年のとりまとめです。

平成24年の労働災害発生状況を公表~死亡災害、死傷災害、重大災害が、いずれも増加~

平成25年5月24日労働基準局安全衛生部安全課課長 半田 有通主任中央産業安全専門官 野澤 英児課長補佐 丹羽啓達(代表電話) 03(5253)1111 内線(5481,5513)(直通番号) 03(3595)3225 報道関係者各位~死亡災害、死傷災害、重大災害が、いずれも増加~ 厚生労働省では、このほど平成24年の労働災害の発生状況を取りまとめましたので、公表します。平成24年は、死亡災害、死傷災害、重大災害いずれも増加し、特に、死傷災害と重大災害は、3年連続の増加という極めて憂慮すべ

2013年5月15日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年3月分)

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年3月分) 平成25年5月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約51万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成25年3月分の調査結果をまとめたものである。平成25年3月分の新しい推計方法によ

2013年5月15日国土交通省フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年度分)

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年度分) 平成25年5月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。 本統計調査は、建設業許可業者(約51万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成24年度分の調査結果をまとめたものである。平成24年度分の新しい推計方法による試

2013年5月14日東京商工リサーチフィードバック数:1ビジネス

2013年4月の全国企業倒産 899件

(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)件数が4月度では22年ぶりの900件割れ 負債総額はカブトデコムが押し上げ2013年(平成25年)4月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は899件、負債総額が6,859億8,700万円だった。倒産件数は、前年同月比10.4%減で6カ月連続で前年同月を下回った。4月としては、バブル経済崩壊直後の1991年(836件)以来、22年ぶりに900件を割り込む低水準となった。倒産抑制に絶大な効果を発揮した「中小企業金融円滑化法

2013年5月1日大和総研フィードバック数:1キャリアとスキル

2013年3月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本3月雇用統計 ここから本文です3月雇用統計失業率は改善も、就業者数は減少サマリー◆3月の完全失業率(季節調整値)は4.1%となり、前月から0.2%pt改善した。失業率は前月から改善したものの、その要因は主として非労働力人口の増加による。有効求人倍率(季節調整値)は0.86倍となり前月から+0.01pt改善した。◆就業者数(季節調整値)は、前月差▲1万人と3ヶ月ぶりの減少となった。業種別に見ると、足下での生産の回復を受けて、製造業の就業者数は前月差+14万人となっ

2013年4月11日国土交通省フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年2月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年2月分・確報) 平成25年4月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約51万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成25年2月分の調査結果をまとめたものである。平成25年度2月分の新しい推計

2013年4月4日中小企業庁フィードバック数:19社会/政治

第131回中小企業景況調査の結果

第155回中小企業景況調査(2019年1-3月期)の結果を公表しました(平成31年3月28日)以下の「結果の概要」「統計表一覧」からご覧ください。【調査の目的】中小企業庁及び独立行政法人中小企業基盤整備機構では、中小企業の景況を把握し、中小企業施策立案の基礎資料を収集するために、四半期毎に「中小企業景況調査」を実施、集計・公表しています。中小企業景況調査の目的(1)中小企業施策の企画・立案に必要な資料・情報収集(2)都道府県の施策立案、中小企業関係機関の診断指導等のための資料提供(3)中小企業の

2013年4月1日国土交通省フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

建設工事施工統計調査報告(平成23年度実績)

建設工事施工統計調査報告(平成23年度実績) 平成25年3月29日「建設工事施工統計調査」は、建設業者が1年間に施工した建設工事の完成工事高等を調査し、建設業の実態・建設活動の内容を明らかにすることによって、経済政策、建設行政等に資することを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約48万業者)の中から、約11万業者を抽出して毎年行っている統計調査であり、本報告は、平成23年度分の調査報告をまとめたものです。 お問い合わせ先総合政策局情報政策課建設統計室  TEL:(03)5253-

2013年3月12日国土交通省フィードバック数:8製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年1月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年1月分・確報) 平成25年3月11日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約51万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成25年1月分の調査結果をまとめたものである。平成25年度1月分の新しい推計

2013年3月11日東京商工リサーチフィードバック数:2ビジネス

製造業・建設業向け 四半期別貸出金残高調査 ~ 建設業向け貸出し 約9割の銀行で前年同期より減少 ~

製造業・建設業向け 四半期別貸出金残高調査 ~ 建設業向け貸出し 約9割の銀行で前年同期より減少 ~ 公開日付:2013.03.082012年12月末の地方銀行・第二地銀81行の貸出しは、製造業・建設業ともに前年同期を下回った。ただし、建設業は製造業に比べて減少幅が大きく、貸出金減少行が約9割を占めるなど、業種間で温度差がみられた。本調査は、四半期ごとの業種別貸出状況が確認できた地方銀行・第二地銀81行を対象に2012年12月末時点の連結決算ベースの製造業と建設業向け国内貸出金残高を調べた。地域

2013年3月8日東京商工リサーチフィードバック数:7ビジネス

2012年1-9月に設立された法人 ~ 福島県は前年比68.8%増で被災3県で最高 「福島」を入れた法人名が急増 ~

2012年1-9月に設立された法人 ~ 福島県は前年比68.8%増で被災3県で最高「福島」を入れた法人名が急増 ~ 公開日付:2013.03.072013年3月11日、東日本大震災から2年を迎える。岩手、宮城、福島の被災3県では復興に向けて新しい法人の設立が加速している。2012年1-9月に全国で新しく設立された法人は7万5,265社(前年同期比9.6%増)だった。一方、被災3県では2,807社(同43.5%増)と増加率は全国平均を大きく上回り、なかでも福島は前年同期比68.8%増で全国3位の増

2013年3月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済@貯蓄~投資 明日の産業

経済@貯蓄~投資(けいざい・あっと・ちょちく から とうし へ)NO.45明日の産業有働 洋常務取締役経済調査部長わが国ではおよそ 17%の就業者が製造業で資料1 産業別就業者数(単位:万人)卸・小売業、医療・福祉ほか非製造業の分野で働く人は 80%に達する(資料1)。一方で、過去一年間に決算発表した東証第一部上場企業の金融業, 金融保険業保険業, 1632.6%公務(他に分類されるものを除く), 223働いているが、農業、建設業、運輸・郵便業、サービス業(他に分類されないもの),456複合サー

2013年3月1日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

公共投資と円安だけで賃金は増やせるか ~雇用は増加も賃金上昇には至らず~

経済トレンド公共投資と円安だけで賃金は増やせるか~雇用は増加も賃金上昇には至らず~経済調査部柵山 順子(要旨)○緊急経済対策や足もとまでの円安を背景に多くのシンクタンクで 2013 年度の景気見通しが上方修正された。こうした景気押し上げ効果が今後、雇用増加、賃金上昇に繋がるかどうかが注目される。○産業連関表に基づいて試算すると、補正予算による公共投資の増加と円安による輸出の増加により、78.8 万人分の雇用が創出される。しかし、実際には建設関連での人手不足による制約や製造業や卸売小売業での労働時

2013年2月10日国土交通省フィードバック数:12製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年12月分)

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年12月分・確報) 平成25年2月8日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約51万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成24年12月分の調査結果をまとめたものである。平成24年度12月分の新しい

2013年2月10日国土交通省フィードバック数:10製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年計分)

建設工事受注動態統計調査報告(平成24年計分) 平成25年2月8日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。 本統計調査は、建設業許可業者(約51万業者)の中から、約1万2千業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成24年計分の調査結果をまとめたものである。平成24年計分の新しい推計方法による試算

2013年2月4日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

12月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月雇用統計 ここから本文です12月雇用統計底堅い動きを継続サマリー◆2012年12月の完全失業率(季節調整値)は4.2%となり、前月から0.1%pt悪化した。就業者数の減少に加え、失業者数が増加していることを考慮すると内容は良くない。12月の有効求人倍率(季節調整値)は0.82倍となり前月から0.02pt改善した。雇用関連統計を単月でみると、就業者数の減少と失業者数の増加から、内容は良くなかったと考える。しかし、均してみると、失業率は横ばいで推移しており、底

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ