調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 当期純利益

「当期純利益」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年8月7日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

10年間で売上高最大も利益面のピークアウト鮮明 2019年3月期決算上場ゼネコン57社 業績動向調査

10年間で売上高最大も利益面のピークアウト鮮明 2019年3月期決算上場ゼネコン57社 業績動向調査 公開日付:2019.08.02 上場ゼネコン57社の単体決算の2019年3月期の売上高合計は12兆8,148億円(前年比6.0%増)で、2009年以降の10年間で最高を記録した。伸び率も2014年(同7.4%増)に次ぐ、2番目の高水準だった。公共事業に加え、都市部の大型再開発や商業施設など民需も活発で、佳境を迎えている東京五輪・パラリンピック関連の工事も寄与した。一方、利益面は高水準を維持したも

2014年12月19日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「ケーキ業界」400社の動向調査

公開日付:2014.12.19 今年もいよいよ「クリスマス」。街ではクリスマス・デコレーションケーキが店頭に並ぶシーズンがやってきた。ケーキ業界にとっても、この時期は一年の書き入れどきだ。最近のケーキ取扱業者の動向調査を行ったところ、ケーキ業界は全体に増収傾向にあり、中小業者の健闘が目立った。大手企業を中心に特別損失計上などにより利益は前期比で減少も見られたが、8割の業者が黒字だった。ケーキ業界は資本金5千万円未満の中小業者が全体の8割以上を占め、材料費高騰など、様々な課題を抱えながらも増収・増

2014年12月18日全国地方銀行協会フィードバック数:0ビジネス

地方銀行平成26年度中間決算の概要

地方銀行の決算の状況 地方銀行2020年度決算の概要(2021年6月16日公表) 【 要旨】※計数は、特にことわりがない限り地方銀行62行の単体ベース。( )、[ ]内は、前年同期比。 1.損益 コア業務純益経費の減少等により、コア業務純益は前年同期比+9.2%(+914億円)の 1兆877億円。業務純益コア業務純益が増加したものの、国債等債券関係損益が損超に転じたことから、業務純益は同▲1.3% (▲127億円)の9,633億円。経常利益業務純益の減少を主因に、経常利益は同▲1.9%(▲16

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ