「後継者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年3月11日エニワンフィードバック数:0社会/政治

【工務店経営者1,017人に聞きました!】事業承継に対して何か準備していますか?

【工務店経営者1,017人に聞きました!】事業承継に対して何か準備していますか?事業承継を円滑に進めるために日頃からしておくべきこととは… ムダな業務を減らし、利益をしっかり残す!工務店向け業務効率化ソフト。 エニワン株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:中澤 秀紀)は、工務店経営者を対象に、事業承継に関する調査を実施しました。 事業承継とは、企業の経営を信頼できる後継者に引き継ぐことをいいます。会社の経営権やブランド、取引先、負債、事業など、単なる相続ではなく会社の存続に関わる重要な問題で

2019年10月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

「後継者難倒産」の動向調査(2019年1~9月累計)

2019/10/10「後継者難倒産」の動向調査(2019年1〜9月累計)後継者難倒産、前年同期比12.8%増〜 事業承継問題の深刻化で、年間最多を更新する勢い 〜はじめに企業経営者の高齢化が進むなか、政府は2021年までの5年間を中小企業の事業承継支援の集中期間と定めている。中小企業庁は昨年10月、中小企業の経営者、後継者、支援機関などを一堂に会した「全国事業承継推進会議」を開催。以降も、今年に入り各地で地方ブロック会議が開催されるなど、より積極的な支援に乗り出している。一方、後継者が不在の企業

2019年1月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計12月報

2018年 12月報倒産件数は627件、2カ月ぶりの前年同月比減少 負債総額は757億3800万円、2000年以降最小 主要ポイント■倒産件数は627件で、前年同月比9.9%の減少となり、2カ月ぶりに前年同月を下回った。負債総額は757億3800万円、前年同月比51.6%の減少と、2カ月連続で前年同月を下回り、2000年以降最小となった■業種別に見ると、7業種中4業種で前年同月を下回った。このうち、建設業(100件、前年同月比17.4%減)は6カ月連続、卸売業(93件、同19.8%減)は3カ月連

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する山梨県内企業の意識調査(2017年)

2017/12/22事業承継に関する山梨県内企業の意識調査(2017年)事業承継、企業の83.5%が「経営上の問題」と認識〜 事業承継実施、企業の4割で5年後の業績にプラス影響 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合もしばしば指摘

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

後継者問題に関する静岡県内企業の実態調査

2017/12/21後継者問題に関する静岡県内企業の実態調査静岡県内企業、後継者不在率59.1%〜 後継者不在業種「建設業」が最多 〜はじめに中小企業の事業承継が、国家的な問題として認識され始めている。経済産業省の推計によれば、後継者問題等による中小企業の廃業が急増することで、2025年頃までの10年間で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性が示唆されている。政府・与党は2018年度の税制改革において、事業承継に関わる税制優遇措置を拡大する方針であるとされ、今後10年近くをかけて

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

後継者問題に関する長野県内企業の実態調査

2017/12/20後継者問題に関する長野県内企業の実態調査県内企業の3分の2近くが後継者不在〜 現社長が同族継承で就任した企業では7割以上に及ぶ 〜はじめに中小企業の事業承継が国家的な問題に浮上している。経済産業省の推計によれば、後継者問題などによる中小企業の廃業が急増することで、2025年頃までの10年間で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性が示唆されている。政府・与党は2018年度の税制改革において、事業承継に関わる税制優遇措置を拡大する方針であるとされ、今後10年近くを

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する京都府企業の意識調査(2017年)

2017/12/12事業承継に関する京都府企業の意識調査(2017年)事業承継、企業の69.9%が「経営上の問題」と認識〜 事業承継実施、企業の3割超で5年後の業績にプラス影響 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合もしばしば指摘

2018年1月16日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 後継者問題に関する沖縄県企業の実態調査

2017/12/82017年 後継者問題に関する沖縄県企業の実態調査企業の後継者不在は8割余り〜 後継者不在率は全国で1位 〜はじめに中小企業の事業承継が、国家的な問題として認識され始めている。経済産業省の推計によれば、後継者問題等による中小企業の廃業が急増することで、2025年頃までの10年間で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性が示唆されている。政府・与党は2018年度の税制改革において、事業承継に関わる税制優遇措置を拡大する方針であるとされ、今後10年近くをかけて、集中的

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する山形県内企業の意識調査(2017年)

2017/12/7事業承継に関する山形県内企業の意識調査(2017年)事業承継、企業の74.4%が「経営上の問題」と認識〜 計画を進めていない/計画がない理由、「後継者が決まっていない」がトップ 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する栃木県内企業の意識調査(2017年)

2017/12/6事業承継に関する栃木県内企業の意識調査(2017年)事業承継が「経営上の問題」、県内企業の72.7%〜 実際に計画を進めている企業は23.6%にとどまる 〜はじめに事業承継が企業経営の大きな課題といわれて久しい。弊社が行った栃木県内企業の「休廃業・解散」動向調査(2016年)によれば、実に1年間で592社もの企業が消滅していたことが確認されている。これは県内企業の2.7%にあたり、その多くを占めるのが「後継者不在」による休廃業であり、決して看過できない状況と捉えられよう。中小企

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

後継者問題に関する九州企業の実態調査

2017/12/5後継者問題に関する九州企業の実態調査九州企業の60.7%が「後継者不在」〜 社長年齢『60歳以上』の後継者不在率は前回調査比1.0pt減の43.8%に 〜はじめに人口減少が現実のものとなり、中小企業の事業承継が社会的な問題として認識されつつあるなか、政府も対策に乗り出し始めた。経済産業省の推計によれば、後継者問題等による中小企業の廃業が急増することで、2025年頃までの10年間累計で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性があるという。政府・与党は2018年度の税

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する九州企業の意識調査

2017/12/5事業承継に関する九州企業の意識調査九州企業の71.8%が事業承継を「経営上の問題」と認識〜 事業承継を進めるための「計画はない」企業が3割にのぼる 〜はじめに中小企業庁は今年7月、今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合もしばしば指摘されている

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する千葉県内企業の意識調査(2017年)

2017/12/4事業承継に関する千葉県内企業の意識調査(2017年)事業承継、約7割が「経営上の問題」と認識〜 回答企業の44.8%で事業承継の計画があるものの、進めているのは25.6% 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合も

2017年12月26日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

事業承継に関する埼玉県企業の意識調査(2017年)

2017/11/28事業承継に関する埼玉県企業の意識調査(2017年)事業承継、企業の75.7%が「経営上の問題」と認識〜 事業承継実施企業の35.3%で5年後の業績にプラス影響 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合もしばしば指

2017年12月26日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

2017年 後継者問題に関する企業の実態調査

2017/11/282017年 後継者問題に関する企業の実態調査企業の後継者不在は3社に2社〜 全国9地域中7地域で不在率高まる 〜はじめに中小企業の事業承継が、国家的な問題として認識され始めている。経済産業省の推計によれば、後継者問題等による中小企業の廃業が急増することで、2025年頃までの10年間で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性が示唆されている。政府・与党は2018年度の税制改革において、事業承継に関わる税制優遇措置を拡大する方針であるとされ、今後10年近くをかけて、

2017年12月26日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

事業承継に関する神奈川県内企業の意識調査

2017/11/28事業承継に関する神奈川県内企業の意識調査事業承継、企業の70.5%が「経営上の問題」と認識〜 事業承継実施、企業の4割で5年後の業績にプラス影響 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合もしばしば指摘されている。

2017年12月25日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する静岡県内企業の意識調査

2017/11/21事業承継に関する静岡県内企業の意識調査事業承継、企業の72.8%が「経営上の問題」と認識〜 事業承継実施、企業の3割が翌年度の業績にプラス影響 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合もしばしば指摘されている。そ

2017年12月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

事業承継に関する企業の意識調査(2017年)

2017/11/15事業承継に関する企業の意識調査(2017年)事業承継、企業の71.1%が「経営上の問題」と認識〜 事業承継実施、企業の3割で5年後の業績にプラス影響 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合もしばしば指摘されてい

2017年10月25日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

「人手不足」関連倒産(9月・年度上半期)

「人手不足」関連倒産(9月・年度上半期) 公開日付:2017.10.10 企業倒産は低水準に推移しているが、中小企業を中心に人手不足が深刻化している。業種別では、特に宿泊・飲食業、運輸業、老人介護事業、建設業などで人手不足感が高い。最近の話題として、均一な低価格を売りにしていた大手居酒屋チェーンが、慢性的な人手不足による人件費高騰と、天候不順による食材費の上昇から28年ぶりの値上げに踏み切ったことがニュースになった。外食産業では、さらにパート・アルバイト従業員の平均時給が高騰しているという。人件

2017年4月18日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

「人手不足」関連倒産(3月・2016年度)

公開日付:2017.04.10 企業倒産の低水準な推移が続くなか、中小企業を中心に人手不足が解消されていない。日本政策金融公庫がまとめた中小零細の飲食業や理容業、ホテル・旅館業などの生活関連サービス業の雇用動向調査では、1年前より従業員が確保しにくくなったと回答した企業が、前回調査より2ポイント高い36.1%にのぼった。また、従業員が不足しているとの回答も5.8ポイント高い38.8%に達した。いずれの回答も過去最高で、最近の中小企業の人手不足感の高まりを物語った。2017年3月の「人手不足」関連

2017年1月27日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

2016年「休廃業・解散企業」動向調査

公開日付:2017.01.19 2016年に休廃業・解散した企業数は2万9,583件(前年比8.2%増)で、調査を開始した2000年以降の最多記録だった2013年の2万9,047件を上回り、過去最多を更新した。2016年の企業倒産は8,446件(前年比4.1%減)と8年連続で減少し、26年ぶりに8,500件を下回った。倒産が沈静化する中で、水面下では倒産の3.5倍の企業が休廃業・解散に追い込まれ、年間4万件近い企業が市場から撤退している。休廃業・解散した企業の代表者の年齢は、60代以上が8割(構

2017年1月18日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

「人手不足」関連倒産(12月)

公開日付:2017.01.13 企業倒産の低水準な推移が続くなか、中小企業を中心に人手不足は解消されていない。財務省が2016年10月25日に発表した「人手不足に関する聞き取り調査」では、人手不足感の強い職種からは「恒常的な人手不足で、収益増加や事業拡大の機会を逸している」、「労働環境の整備が進んでいる業界に人が流れてしまう」などの現場サイドの声が聞かれた。東京商工リサーチでは、これまでも「人手不足」関連倒産を集計してきたが、主に代表者死亡や入院などによる「後継者難」型が中心だった。だが、人手不

2016年12月6日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

全国オーナー企業分析

2016/11/25全国オーナー企業分析7割が後継者不在〜 65歳以上では過半数、事業承継を模索〜はじめにこれまでの日本経済は、主にオーナー企業によって下支えされ、繁栄を続けてきた。カリスマ性を持つオーナーによる迅速な意思決定、一族の数世代にわたる長期的な視点での経営など多数のメリットを持つオーナー企業。一方で、散見される「お家騒動」報道でみられるような、オーナーの独断による判断ミスや誤った経営方針などが取りざたされた場合、企業価値の毀損が避けられず、企業存続の致命傷となる恐れも生じてくる。また

2016年11月28日エヌエヌ生命保険フィードバック数:0ビジネス

中小企業の経営者が考える経営状況予測・意識調査

2016年11月17日エヌエヌ生命保険株式会社「中小企業の経営者が考える経営状況予測・意識調査」を実施2020年までの“明るい”予測から2025年以降は”悲観的“に転じる結果にさらなる高齢化と突然の事業承継のリスク、急がれる対策は“人”と“資金” 日本社会と同様、中小企業経営者の高齢化が進んでおり、2015年における全国の社長の平均年齢は60.8歳、5人に1人が70歳を超えたといわれています*。生命保険を通じて日本の中小企業を応援するエヌエヌ生命保険株式会社(代表取締役社長:サティッシュ・バパッ

2016年7月17日東京商工リサーチ★フィードバック数:0社会/政治

「人手不足」関連倒産(6月、上半期)

公開日付:2016.07.08 全体の企業倒産が低水準の推移が続くなかで、中小企業を中心に人手不足は解消されていない。日本商工会議所が6月29日に発表した、会員中小企業を対象とする「人手不足等への対応に関する調査」では、人員の過不足状況について「不足している」と答えた割合が55.6%にのぼった。前年調査より5.3ポイント上昇し、人手不足感が強まっている。東京商工リサーチでは、これまでも「人手不足」関連倒産を集計してきたが、主に代表者死亡や入院などによる「後継者難」型が中心だった。だが、人手不足感

2016年3月2日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

2016年 後継者問題に関する企業の実態調査

2016/2/292016年 後継者問題に関する企業の実態調査非同族への後継者指名が増加〜 高齢社長の後継者難、同族外承継がカギ 〜はじめに帝国データバンク発表の『2016年社長分析』において、社長の平均年齢は59.2歳となり過去最高を更新した。1990年の調査開始以降一貫して上昇している。また、2月時点の『人口推計(概算値)』では、国内の高齢者(65歳以上)人口は3414万人で、高齢化率は26.9%まで上昇している。社長業においては、60歳ではまだまだ現役とも言われるが、事業承継を蔑ろにしてい

2016年1月27日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

2016年全国社長分析

2016/1/262016年全国社長分析高齢化止まらず過去最高の59.2歳〜 90年以降で5歳進む 〜はじめに内閣府の発表した『2015年版高齢社会白書』によると、65歳以上の高齢者の数は過去最高の3300万人に達し、総人口の26.0%を占めており、日本社会の高齢化の進展がいかに急激に進んでいるのか分かる結果となった。企業の経営者も例外ではなく、平均年齢が年々上昇を続ける中で、60代の経営者の半数以上が後継者不在になっている状況も判明しており(帝国データバンク『後継者問題に関する企業の実態調査』

2016年1月15日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「人手不足」関連倒産 2015年累計は318件

公開日付:2016.01.13 全体の企業倒産が低水準で推移が続くなかで、「人手不足」関連倒産は前年を上回った。中小企業を中心に人手不足は解消していない。東京商工リサーチでは、これまでも「人手不足」関連倒産を集計してきたが、主に代表者死亡や入院などによる「後継者難」型、経営幹部や社員の退職に起因した「従業員退職」型が中心だった。だが、最近は「求人難」型もみられ、人手不足や人件費高騰は中小企業経営の重要課題になっている。2015年12月の「人手不足」関連倒産は27件(前年同月25件)。内訳は、代表

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

広島県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/5/29特別企画 :広島県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は808件、倒産件数の4.1倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割近くに 〜はじめに広島県の2014年度の企業倒産は、2年ぶりに件数が減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で持ち

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

中国地方 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/5/29特別企画 :中国地方 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は1959件、倒産件数の4.7倍に〜 代表者年齢、70歳以上が約4割 〜はじめに中国地方の2014年度の企業倒産は、2年ぶりに件数が減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で持

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

岡山県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/6/2特別企画 : 岡山県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は477件、倒産件数の5.6倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割超 〜はじめに岡山県の2014年度の企業倒産は、件数が3年連続で減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で持ち直し

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

鳥取県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/6/2特別企画 :鳥取県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は170件、倒産件数の10.6倍に〜代表者年齢、60歳以上が3年連続で7割超〜はじめに鳥取県の2014年度の企業倒産は、件数が2年連続で減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で持

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

島根県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/6/2特別企画 : 島根県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は185件、倒産件数の4倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割超 〜はじめに島根県の2014年度の企業倒産は、件数が3年ぶりに上昇したものの、依然として抑制傾向で推移している。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

山口県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/6/2特別企画 : 山口県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は319件、倒産件数の4.3倍に〜 代表者年齢、70歳以上が99件 〜はじめに山口県の2014年度の企業倒産は、件数が2年ぶりに減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で持ち直し

2015年5月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

四国地方 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/5/15特別企画 : 四国地方 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査2014年度の「休廃業・解散」は「倒産」の5.8倍〜 件数は1126件、高水準が続く 〜はじめに中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過、金融庁が継続支援の方向性を示したことにより金融機関の支援姿勢に変化はなく、「倒産の急増」は回避された。アベノミクス効果による景気回復により、大手企業ではリーマン・ショック前の水準まで業績を回復してきている。一方で、借入金の返済猶予を受けてきた企業や代表者が高齢で後継者がいないため

2015年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「人手不足」関連倒産 2014年度は「求人難」型が前年度より2.4倍に増加

「人手不足」関連倒産 2014年度は「求人難」型が前年度より2.4倍に増加 公開日付:2015.04.08 大手企業を中心に業績が好転するなかで、依然として中小企業を中心に人手不足感が解消をみせていない。東京商工リサーチでは、これまでも「人手不足」関連倒産を集計してきたが、主に代表者死亡や入院などによる「後継者難」型、経営幹部や社員の退職に起因した「従業員退職」型が中心だった。だが、最近は「求人難」型の増加が目立つ。2015年3月の「人手不足」関連倒産は24件(前年同月28件)だった。これを受け

2015年2月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

岡山県 2014年 企業の休廃業・解散動向調査

2015/2/13岡山県 2014年 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は479件、倒産件数の5.4倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割超 〜はじめに消費税率8%への引き上げ前の駆け込み需要で始まった2014年。3月までは住宅、自動車、家電製品などの販売が好調に推移し、円安の進行で輸出関連企業や公共投資の増加に支えられた建設業界などで業績が大きく改善した企業が多くみられ、倒産が抑制された状況が続いた。しかし、4月以降の反動減は予想以上に長引き、業績は好転せず、借入金の返済猶予を受けてきた企業

2015年2月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

宮崎県「休廃業・解散」動向調査(2014年)

2015/2/13宮崎県「休廃業・解散」動向調査(2014年)2014年の「休廃業・解散」は「倒産」の8.4倍〜 「休廃業・解散」した企業の57.1%に後継者なし 〜はじめに「債務者が自主廃業を選択する場合の取引先対応等を含めた円滑な処理等への協力」(金融庁『監督指針』、2011年4月)、「2020 年までに開業率が廃業率を定常的に上回る状態にする」(民主党野田政権下『日本再生戦略』、2012年7月)、「開業率が廃業率を上回る状態にし、米国・英国レベルの開・廃業率10%台を目指す」(自民党安倍政

2015年2月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

中国地方 2014年 企業の休廃業・解散動向調査

2015/2/10中国地方 2014年 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は1982件、倒産件数の4.6倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割近くに 〜はじめに消費税率8%への引き上げ前の駆け込み需要で始まった2014年。3月までは住宅、自動車、家電製品などの販売が好調に推移し、円安の進行で輸出関連企業や公共投資の増加に支えられた建設業界などで業績が大きく改善した企業が多くみられ、倒産が抑制された状況が続いた。しかし、4月以降の反動減は予想以上に長引き、業績は好転せず、借入金の返済猶予を受けて

2015年2月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

広島県 2014年 企業の休廃業・解散動向調査

2015/2/12広島県 2014年 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は829件、倒産件数の4.25倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割近くに 〜はじめに消費税率8%への引き上げ前の駆け込み需要で始まった2014年。3月までは住宅、自動車、家電製品などの販売が好調に推移し、円安の進行で輸出関連企業や公共投資の増加に支えられた建設業界などで業績が大きく改善した企業が多くみられ、倒産が抑制された状況が続いた。しかし、4月以降の反動減は予想以上に長引き、業績は好転せず、借入金の返済猶予を受けてき

2015年1月20日東京商工会議所★フィードバック数:0キャリアとスキル

東京商工会議所の調査です。

事業承継の実態に関するアンケート調査

「事業承継の実態に関するアンケート調査」報告書の公表について 2015年1月19日東京商工会議所産業政策第一部 東京商工会議所(三村明夫会頭)の事業承継の実態に関する調査研究会(玉越賢治座長:税理士法人タクトコンサルティング代表社員)では、中小企業の事業承継に関する実態を把握するため標記調査を実施し、このたび報告書を取りまとめましたので、お知らせします。 【後継者(候補)のいる企業は約6割】 ○事業承継の予定について、後継者または後継者候補がいる企業は全体の6割を超えるものの、全体の15%の

2015年1月13日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「人手不足」関連倒産 2014年は合計301件

公開日付:2015.01.13 大手企業を中心に業績が好転し、「人手不足」は幅広い産業に波及している。これに起因した「求人難」による倒産も発生している。東京商工リサーチでは、これまでも「人手不足」関連倒産を集計していたが、主に代表者死亡や入院などによる「後継者難」型、経営幹部や社員の退職に起因した「従業員退職」型が中心だった。だが、最近は「求人難」型も目立ってきた。2014年12月の「人手不足」関連倒産は25件(前年同月18件)。この内訳は、代表者死亡などによる「後継者難」型が23件。「求人難」

2014年12月8日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

「人手不足」関連倒産 1-11月累計276件

公開日付:2014.12.08 建設業をはじめ、小売業、外食産業など、幅広い業種で「人手不足」が及んでいる。大手企業を中心に業績が好転する一方で、「人手不足」は幅広い産業に波及し、「求人難」による倒産も発生している。東京商工リサーチでは、これまでも「人手不足」関連倒産を集計していたが、主に代表者死亡や入院などによる「後継者難」型、経営幹部や社員の退職に起因した「従業員退職」型が中心だった。だが、最近の「人手不足」に伴い「求人難」型もみられるようになった。11月の「人手不足」関連倒産は28件(前年

2014年2月11日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年「休廃業・解散企業動向」調査 年間倒産の2.6倍

2013年「休廃業・解散企業動向」調査 年間倒産の2.6倍 公開日付:2014.02.10 2013年の休廃業・解散件数は2万8,943件で、過去10年で最多を記録した。2013年の倒産件数(1万855件)の2.6倍に達した。2013年の倒産は5年連続で前年を下回り、1991年以来22年ぶりに1万1,000件を割り込んだが、休廃業・解散は年々増加をたどり対照的な動きをみせた。中小企業金融円滑化法で倒産が抑制されている一方で、業績ジリ貧や後継者難などで事業継続を断念する企業が増えていることがわかっ

2013年5月15日大和総研フィードバック数:5ビジネス

計画的な事業承継への準備

トップレポート・コラムコラム計画的な事業承継への準備 ここから本文です計画的な事業承継への準備18万3,958社が抱える共通の課題は何かと聞かれて想像がつくだろうか。それは「後継者問題にかかる事業承継」である。事業承継に関して、帝国データバンクが公表した「第2回全国オーナー企業分析」によると、オーナー企業26万7,255社のうち68.8%(18万3,958社)もの企業が直面しているとのことである。また、年齢別に見ると65歳以上のオーナーでは48.7%が後継者不足であることが判明したほか、事業承継

デジタル・ナレッジによる調査結果です。

【2011年に取り組むべき経営課題に関するアンケート結果】 『人材育成』が経営課題解決のカギ

株式会社デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所は、全国の経営者および経営に携わる役員計103名を対象に、経営課題に関するアンケート調査を実施しました。(有効回答数103) その結果、『顧客満足度の向上』『新事業開発』『後継者の育成』といった経営課題を抱えている経営者および経営に携わる役員が多いことが明らかになりました。さらに、それらの経営課題を解決するうえでもっとも不足しているものを尋ねたところ、圧倒的多数が『人材』と回答。人材採用や社員教育などに頭を悩ませる経営者が多い現状が浮き彫

中小企業の事業承継に関する調査研究

中小企業の事業承継に関する調査研究〜永続的な成長企業であり続けるための事業承継〜1.調査の背景・目的我が国の総人口の減少、少子化・高齢化の進展により、今後の生産年齢人口は大幅に減少することが予想される。それに伴い企業の代表者も高齢化が進んでおり、1985年から2004年で大企業も含めた全代表者の平均年齢は約5.0歳上昇している。特に、規模が小さい企業ほど平均年齢が上昇していることがわかる。(図表1)代表者の高齢化が進む一方で、事業承継の対応はさほど進んでいない。代表者が60代の中小企業でも約半数

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ