「従業員」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年11月21日Fringe81フィードバック数:0キャリアとスキル

感謝を言われる頻度が高い人は 従業員エンゲージメントも高いことが判明

感謝を言われる頻度が高い人は 従業員エンゲージメントも高いことが判明〜勤労感謝の日を前にビジネスパーソン2000名に調査。役職別の特徴も明らかに〜 「すべてのはたらく人にスポットライトを」をミッションに掲げ、従業員一人ひとりの貢献を可視化し組織課題を解決するサービスを運営するFringe81株式会社の子会社Unipos株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:斉藤知明、以下、Unipos社)は2019年11月、勤労感謝の日に向けて、20~50代の男女ビジネスパーソン2,096名(一般職[20

2019年11月11日ITRフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場2019

ITR Market View:サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場2019本レポートには、セキュリティコンサルティング・プランニングサービス、セキュリティ脆弱性診断・検査サービス、スレットインテリジェンスサービス、SOC/CSIRT構築運用支援サービス、OTセキュリティ構築運用支援サービスなど全9分野を対象に、国内34ベンダーへの調査に基づいた2017~2018年度売上げ実績および2023年度までの売上げ予測を掲載しています。「ITR Market View:ゲートウェイ・セ

2019年11月8日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

ビジネスチャット市場2019

ITR Market View:ビジネスチャット市場2019 本レポートには、ビジネスチャット市場およびチャットボット市場の国内全29ベンダーへの調査に基づいた2017~2018年度売上げ実績および2023年度までの売上げ予測を掲載しています。ビジネスチャット市場:2018年度は上位ベンダーのシェアに大きな変動、2019年度も中位ベンダー以上で激しいシェア争いの様相チャットボット市場:2018年度は市場が活性化し市場規模が倍増、2019年度も高成長を維持 調査ハイライト チャットボット市場の20

2019年9月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向に関する国内CIO調査結果を発表

16 Aug 2019IT投資動向に関する国内CIO調査結果を発表 Japan, 2019年8月16日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内企業および団体1,296社のCIOまたはそれに準ずる人を対象としてIT投資動向に関する調査を行い、その結果を発表しました。2018年度の国内企業のIT予算は全体的に増加傾向でした。特に従業員数1,000人以上の大企業では、

2019年8月9日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2019年3月期決算「役員報酬1億円以上開示企業」調査

2019年3月期決算「役員報酬1億円以上開示企業」調査 公開日付:2019.07.19 上場企業の2019年3月期決算で1億円以上の役員報酬の開示は280社、人数は570人だった。社数は前年同期を40社(前年同期240社)、人数は32人(同538人)それぞれ上回った。この結果、2017年3月期から3年連続で社数・人数の最多記録を更新した。2018年3月期から2年連続で登場した役員は404人。このうち、役員報酬が増えたのは238人(構成比58.9%)で約6割を占めた。初登場は166人だった。役員報

最新の消費者調査の結果により、消費者の3分の2はより優れたサービスを提供するブランドに移行する可能性が常にあることが判明

最新の消費者調査の結果により、消費者の3分の2はより優れたサービスを提供するブランドに移行する可能性が常にあることが判明「Always-on-常時対応」サービス時代に人とテクノロジーによるハイブリッド労働力の活用が顧客の期待に応えるための鍵となる2019年7月23日カスタマーエンゲージメントカンパニーのベリントシステムズ(NASDAQ上場:VRNT、米国ニューヨーク州メルビル)の日本法人、ベリントシステムズジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:古賀 剛、以下 ベリント)は、オピニ

2019年6月20日Linked in★フィードバック数:0キャリアとスキル

リンクトイン調査 「Future of Skills 2019」今、社会人が最も取得したいスキルとは?

【リンクトイン独自調査】今、社会人が最も身に付けたいスキルは?Published on June 19, 2019June 19, 2019 • 54 Likes • 3 Commentsビジネスパーソンが最も身に付けたいスキルは何か――。6億3000万人が利用するビジネス特化ネットワークのリンクトイン(LinkedIn)は6月19日、「Future of Skills 2019」と題した調査結果を発表しました。調査は、日本・オーストラリア・インド・シンガポール4カ国のビジネスパーソン4136人

産業医を設置している265社対象「自社の働き方改革」に関する調査

産業医を設置している265社対象「自社の働き方改革」に関する調査 〜実行にあたり抱える課題は大企業から中小企業まで同じことが判明〜株式会社メンタルヘルステクノロジーズ(所在地:東京都港区、代表取締役:刀禰真之介、https://mh-tec.co.jp/)は、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律(働き方改革関連法)」が2019年4月1日順次施行されたことに伴い、産業医を設置している265社を対象に、自社の働き方改革の進み具合や課題感に関する調査を実施しました。 ■約6割の企業が

2019年5月30日Fringe81★フィードバック数:0キャリアとスキル

「新しい挑戦」に関する実態調査

20~30代男女 約1,000名へ「新しい挑戦」に関する実態調査 “挑戦力“を生み出すのは「職場で認められている実感」!? -20~30代男女 約1,000名へ「新しい挑戦」に関する実態調査- 従業員同士がオープンに贈りあう新しい成果給「ピアボーナス」を実現するサービス「Unipos」を提供するUnipos株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:斉藤知明、親会社:Fringe81株式会社)は、全国の20~30代の上場企業に勤める男女ビジネスパーソン1,030名を対象に「新しい挑戦」に関する

2019年2月28日Great Place to Work★★フィードバック数:0キャリアとスキル

2019年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング 145社

2019年版日本における「働きがいのある会社」ランキングとは?Great Place to Work® Institute Japan(GPTWジャパン)はランキング参加企業のアンケート結果を点数化し、一定レベルを超えた会社を「働きがいのある会社」として発表しています。アンケートは従業員向けと企業向けの2種類で構成されており、GPTWジャパンと外部有識者からなる委員会が精読し点数をつけ、ランキングを決定しています。アンケート項目と評価基準はグローバル共通です。ランキングはエントリー方式で、従業員

2019年2月28日アディッシュ★フィードバック数:0マーケティング

「SNSビジネス活用とソーシャルリスク・炎上対策の実態」に関するインターネット調査

アディッシュがSNSの企業活用とソーシャルリスク対策の実態調査を実施、企業勤務者1051名の回答結果を公開 67%の回答者がソーシャルリスクの研修や対策を実施と回答。リスク対策が広く浸透 アディッシュは、2018年12月14日~12月21日に、自社でSNSを運用している企業勤務者を対象に「SNSビジネス活用とソーシャルリスク・炎上対策の実態」に関するインターネット調査を実施、1051名の回答を公開しました。利用しているSNSの種類や数、社内体制やソーシャルリスクに対する向き合い方などを調査しまと

日系・外資で認識に差!ビジネスにおけるAIとデータ活用の実態 Vol.1

AIの存在感が強まる現代。日系、外資でAIに対する認識に差はあるか?2018年6月、経済産業省は、民間事業者等がデータの利用等に関する契約やAIを活用したソフトウェアの開発・利用に関する契約を結ぶ際の参考として「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」を発表しました。契約上の主な課題・論点や契約条項例などがまとめられており、当事者間の認識や理解のギャップによって生じる課題を解決することが期待されています。技術革新が進み、ビジネスにおけるAIの重要性が増してきたことが当ガイドライン作成の背景と

2019年2月12日マイナビフィードバック数:0ビジネス

中途採用業務の実績調査

マイナビ「中途採用業務の実績調査」を発表 中途採用者の「質」よりも「量」に不満。66.2%の企業で採用担当者自体も不足。外国人を中途採用したい企業は54.3%。従業員300人以上の企業は7割を超える 株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、直近3年間で中途採用の募集実績のある企業を対象とした「中途採用業務の実績調査」の結果を発表しました(回答数:2,665社)。なお、本調査は今回が初の実施となります。 【TOPICS】========================

2019年1月16日Steelcaseフィードバック数:0ビジネス

職場における「創造性」意識調査レポート

職場の「創造性」意識調査レポートSteelcase Creativity at Work レポートは、職場における従業員の「創造性」に対する意識を調査、解説しています。この調査結果は「創造性」に対する意味、個々の創造スキルや志向、そして、創造性への障壁について従業員がどのように感じているかについての独自のインサイトを提供しています。 レポートをダウンロード 職場における「創造性」が注目を集めつつあります。仕事で最も「創造性」を発揮している国は? Open image tooltipイノベ

2018年12月28日チームスピリットフィードバック数:0ビジネス

働き方改革関連法に関する企業の対応実態調査

半数近くの企業が働き方改革関連法対応に未着手 〜 チームスピリット「働き方改革関連法に関する企業の対応実態調査」を発表 2018年6月に成立した「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案(以下、働き方改革関連法)」が2019年4月に施行されるのを控え、株式会社チームスピリット(東京都中央区、代表取締役社長:荻島 浩司、以下 チームスピリット)では、2018年10月に「働き方改革関連法に関する企業の対応実態調査」を実施しました。調査の結果、半数近くの企業が働き方改革関連法への対応が

2018年12月17日マーサージャパンフィードバック数:0ビジネス

新興国メガシティ15都市における従業員と雇用主に関する調査レポート

マーサー、新興国メガシティ15都市における従業員と雇用主に関する調査レポートを発表 新興国メガシティ(人口1,000万以上の巨大都市)の雇用主は、人材を惹きつける重要な要素の理解が不十分である。雇用主と従業員の間に認識の食い違いがある。経済的な成長と機会創出を実現するには両者のギャップをなくすことが極めて重要である。行政は「従業員の声」を都市計画立案のプロセスに取り入れる必要がある。組織・人事分野、資産運用、福利厚生におけるサービスを提供するグローバル・コンサルティング会社であるマーサーは、世界

2018年12月3日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

障がい者雇用実態調査2018

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース障がい者雇用実態調査2018 障がい者雇用率2.2%を達成している従業員数50名以上の企業は、39%に留まる。 2017年に比べ、達成率が低下。 ―人事向け総合情報サイト『人事のミカタ』アンケート― 障がい者雇用実態調査2018―人事向け総合情報サイト『人事のミカタ』― 障がい者雇用率2.2%を達成している従業員数50名以上の企業は、39%に留まる。2017年に比べ、達成率が低

2018年11月20日Qlik Technologies★★フィードバック数:0マーケティング

Qlik、世界初となる「データリテラシー指数(Data Literacy Index)」を発表、データリテラシーが5億ドルの企業価値増につながることが明らかに

Qlik、世界初となる「データリテラシー指数(Data Literacy Index)」を発表、データリテラシーが5億ドルの企業価値増につながることが明らかに Qlikが依頼しウォートン・スクールおよびIHS Markitが調査を実施データリテラシー・スコアの高い組織は企業価値が最大5パーセント高いことが判明データリテラシーの高い従業員の重要性を企業の意思決定者のほとんどが認識しながらも、部下に対してデータスキルを高めるよう奨励している上長は2割弱日本企業のデータリテラシー指数は54.9スコアで

2018年7月27日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年度「賃上げに関するアンケート」調査

公開日付:2018.07.05 政府主導の「官製春闘」が5年目を迎えた。東京商工リサーチのアンケート調査では、2018年春に賃上げを実施した企業は全体の8割(構成比82.2%)にのぼった。賃上げを実施した企業のうち、7割で「従業員のモチベーションが上がった」など、賃上げの効果を実感していることがわかった。賃上げの内容をみると、大企業は「新卒者の初任給の増額」が多く、中小企業は「人材の引き留め」に重点を置いている。企業規模によって賃上げ姿勢の違いが鮮明になった。また、景気の先行き不透明感を背景とし

2018年5月18日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ミック経済研究所、「働き方改革」を支援するリモートアクセス&DaaS市場の中期予測を発表

「働き方改革」を支援するリモートアクセス&DaaS市場の現状と展望【2018年度版】「働き方改革」を支援するリモートアクセス&DaaS市場の現状と展望【2018年度版】~柔軟な働き方に対応することで業務効率の向上、人材確保に貢献~【発 刊】2018年4月27日 【資料体裁・価格】[1]A4版146頁(ハードコピー版) 価格158,000円[2]PDF版+ハードコピー版 価格191,000円[3]CD-ROM版 価格316,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格449,260

2018年5月10日ワークデイフィードバック数:0ビジネス

日本市場の「働き方改革」の現状と課題についての調査結果 

Workday、日本市場の「働き方改革」の現状と課題についての調査結果を発表 ~ 人事業務に関わる管理職の85%が「働き方改革」の効果を認めている一方、49%が従業員の生産性には改善と強化の余地が大いにあると回答 ~ [2018年4月26日 – 東京発] 企業向け財務・人事アプリケーションプロバイダ大手のWorkday, Inc. (NASDAQ: WDAY、以下Workday) は、国内市場における「働き方改革」に関する最新の調査結果を発表しました。 調査結果によると、「働き方改革」に関して

2018年4月10日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年度「賃上げ見通し」、「労働環境の改善」に関するアンケート調査

2018年度「賃上げ見通し」、「労働環境の改善」に関するアンケート調査 公開日付:2018.03.232018年度(2018年4月~2019年3月)に賃上げを予定している中小企業(資本金1億円未満)は85.6%(6,098社中5,222社)だった。これは2017年度に賃上げを実施した中小企業の82.0%を3.6ポイント上回った(注)。賃上げを予定している中小企業の定期昇給とベースアップの中央値の合計額は月6,000円で、大企業(資本金1億円以上)の月5,500円を500円上回った。「従業員のモチ

2018年3月29日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

プレミアムフライデー施行から1年、定着はいかに?

ホーム生活者を知るプレミアムフライデー施行から1年、定着はいかに? プレミアムフライデー施行から1年、定着はいかに? 月末の金曜日に仕事を早く切り上げることで、消費喚起や余暇促進に繋げるとともに、働き方改革やライフスタイルの変革も狙ってスタートした「プレミアムフライデー」。インテージでは、プレミアムフライデーが始まった2017年2月24日(金)の前後にも調査(以下、1年前調査)を行い、その結果を公表いたしました(「浸透するか?プレミアムフライデー」)。今回の調査は、1年前調査と同様、京浜エリア

2018年3月19日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

主要先進国のワークプレースに関する実態調査

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、主要先進国のワークプレースに関する実態調査結果を発表 - 日本の働き方改革に立ちはだかる課題が浮き彫りに IT活用スキルの自己評価、活用デバイスやアプリケーションの新しさ、デジタル・スキル獲得の機会や関心の高さなどで他国に大き

2018年3月15日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、日本国内の企業によるクラウド・アプリケーション開発に関する動向調査の結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、日本国内の企業によるクラウド・アプリケーション開発に関する動向調査の結果を発表 大企業では既に6割がクラウド上でのアプリケーション開発を推進、取り組みに当たっては目的と期待事項の明確化が鍵にガートナー ジャパン株式会社 (所在

2018年2月27日エン・ジャパンフィードバック数:0ビジネス

企業の「メンタルヘルス対策」意識調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース企業の「メンタルヘルス対策」意識調査。58%の企業にメンタル不調者が在籍。有効な対策は?ストレスチェックの実施率は?―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート― 企業の「メンタルヘルス対策」意識調査。58%の企業にメンタル不調者が在籍。有効な対策は?ストレスチェックの実施率は?―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート―人材採

2018年2月15日Great Place to Work★フィードバック数:0キャリアとスキル

2018年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング

2018年版 日本における「働きがいのある会社」ランキングを発表!2018.2.92018年2月9日、Great Place to Work® Institute Japan(東京都品川区、代表:岡元利奈子)は、 2018年版 日本における「働きがいのある会社」ランキングを発表いたしました。 日本での発表は2007年より行われ、今回が第12回目となり、 全135社が日本における「働きがいのある会社」に選出されました。2018年版日本における「働きがいのある会社」ランキング各部門()の第1位~第3

業務システムに関する実態調査

2018年2月8日 株式会社ビーブレイクシステムズ 【業務システムに関する実態調査】 5割強の企業が業務システムの導入効果を「業務効率化」、5割弱の企業が導入している業務システムを「満足」と回答!! 株式会社 ビーブレイクシステムズ(本社:東京都品川区、代表取締役:白岩次郎、東証マザーズ上場:証券コード3986 以下「ビーブレイクシステムズ」)は、「経営者・役員・会社員」の1,103名を対象に「業務システムに関する実態調査」についてインターネットによるアンケート調査(調査期間:2017年11

2018年1月25日IDCフィードバック数:0ビジネス

2017年 従業員が求めるモバイルデバイス調査

2017年 従業員が求めるモバイルデバイス調査結果を発表 自宅残業を行っている37.8%の回答者は、自宅のPCを利用している 30.2%の企業は、今後持出しができるPCを増加させる予定。また大企業がより積極的に考えている 持出しができるPCの増加する主な理由は、「働き方改革」に加えて「暗号化ソフトが安価となった」「OS標準で暗号化できる」などWindows 10による影響が大きい IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13

2018年1月23日東京都フィードバック数:0ビジネス

平成29年「中小企業の賃金事情」調査

ここから本文です。平成29年「中小企業の賃金事情」調査結果について東京都は、中小企業における賃金制度や休暇制度を整備・充実することを目的に、中小企業労使の方々等にご活用いただく資料として、毎年、都内中小企業(従業員数10~299人)における賃金等の実態を調査しています。このたび、毎年調査している「賃金」「賞与」等に、隔年調査項目として「労働時間」「休日・休暇」を加えた平成29年の調査結果がまとまりましたのでお知らせします。調査結果の概要所定時間内賃金は351,957円、所定時間外賃金は34,61

『働き方改革』の推進に関する実態調査 2017

【調査発表】『働き方改革』の推進に関する実態調査 20175割弱の企業が「労働時間減少」に手応えを感じる一方、「労働生産性の向上」の実感は約3割にとどまる『働き方改革』の推進課題は「社外を含めた商習慣を変える難しさ」がトップ2017年12月19日企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:奥本英宏)では、「働き方改革」推進の全体像を把握し、改めて今後の改革推進の方向性を検討すべく、『働き方改革』の推進に関する実態調査」を実施し、結果

2018年1月23日あしたのチームフィードバック数:0ビジネス

従業員からの個別交渉に関する調査

>> 従業員からの個別交渉があったのは「賃金」 従業員からの個別交渉があったのは「賃金」 従業員からの条件交渉・相談・訴えなどの“個別交渉”があったのは「賃金」が56.0%でトップ対策は「目標の合意形成」・「フィードバック」・「評価と報酬の連動」がカギAIを活用した人事評価クラウドで中小企業の働き方改革をサポートする株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高橋恭介、以下「あしたのチーム」)は、「従業員からの個別交渉」に関するインターネット調査を実施いたしました。その結果

2018年1月17日Genpactフィードバック数:0企業情報システム

The workforce: Staying ahead of artificial intelligence(労働者:人工知能の一歩先を行く)

デジタルPRとプレスリリース配信03-4570-3196受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) 前評判とは異なり、人工知能が自分の仕事を脅かすと考えている従業員は少数であることがジェンパクトの最新の調査で明らかに~3回シリーズの調査の第2弾、次世代の従業員が準備する方法について深い懸念~ * 2017年11月14日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。デジタル・トランスフォーメーションを支援するグローバル・プロフェッショナル・サービス企業のジェンパクト(Genpact Limite

2018年1月16日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

役員との年収格差が小さい500社ランキング

役員との年収格差が小さい500社ランキング社員以下の報酬をもらう役員は53社 田中 久貴 : 東洋経済データ事業局データベース営業部 業績不振だけが要因でもない(写真:bee / PIXTA) 11月24日に配信した「社員と役員の年収格差が大きいトップ500社」には、多方面から反響が寄せられた。欧米では高額な役員報酬が社会的な問題として指摘されるが、日本企業の役員報酬も近年は高額化している傾向がある。一方で、上場企業の中には役員と社員の年収格差がないどころか、従業員の給与のほうが高い会社も

2017年12月26日エン・ジャパンフィードバック数:0社会/政治

「改正障害者雇用促進法の理解度」や「障がい者雇用の実態」に関するアンケート調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース障がい者雇用実態調査 「改正障害者雇用促進法」の認知率がもっとも低い変更項目は、対象企業規模の引き下げ。―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート― 障がい者雇用実態調査 「改正障害者雇用促進法」の認知率がもっとも低い変更項目は、対象企業規模の引き下げ。―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート― 人材採用・入社後活躍のエン・

2017年12月12日beBit★フィードバック数:0キャリアとスキル

eNPSは何によって上がるのか ー 16業界eNPS調査結果【後編】

eNPSは何によって上がるのか ー 16業界eNPS調査結果【後編】 2017年11月06日 本コラムの前編では、昨今eNPSが重要になってきていること、また、eNPSには「正当な報酬」・「正当な評価」・「顧客への貢献実感」が影響していることを述べました。 本コラムでは、仕事の役割が見える「部署」を切り口に、eNPSの比較を行い、そこからeNPSを高めていくための方法について考察・ご紹介します。部署別では人事部を始めとした本社機能のeNPSが高い 図12)部署別eNPSeNPS調査を回答者の部署

2017年11月9日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

デジタル技術をテコに効率化と成長を図る企業は、平均60億ドルの時価総額増が可能

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2017年10月26日アクセンチュア最新調査――デジタル技術をテコに効率化と成長を図る企業は、平均60億ドルの時価総額増が可能「インダストリーX.0」の推進が必要である一方、従業員のスキル不足が推進を阻害【ニューヨーク発:2017年9月29日】アクセンチュア(NYSE:ACN)が、12業界にわたって10種類のデジタル技術を評価したところ、新興技術を最適に組み合わせることで、企業は時価総額を平均で60億ド

2017年11月7日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

「日産自動車」グループの下請企業実態調査

2017/10/23「日産自動車」グループの下請企業実態調査日産自動車グループ下請先は1万4651社〜 下請先の従業員数は79万611人 〜はじめに9月18日、国土交通省の指摘により日産自動車グループの検査不備が発覚した。その後、日産自動車は「再発防止策を講じた」としていたが、現場では依然として無資格の補助検査員が検査作業を行っていたことが、大きな問題として各メディアで報道されている。帝国データバンクは、企業概要データベース「COSMOS2」(147万社収録)の中から、日産自動車グループと直接、

2017年11月1日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「神戸製鋼所グループ国内取引状況」調査

公開日付:2017.10.20 国内鉄鋼3位の(株)神戸製鋼所(TSR企業コード:660018152、法人番号:6140001005714、神戸市中央区、東証1部上場)は10月8日、アルミ・銅事業部門(傘下グループ会社を含む)で検査証明書データを偽装していたことを公表した。その後も主力の鉄鋼事業などで次々と偽装が発覚、神戸製鋼所を含む国内7社、海外5社の計12社まで広がっている。東京商工リサーチでは、神戸製鋼所と同グループ企業(以下、神戸製鋼所グループ)の取引状況を調査した。神戸製鋼所グループが

2017年10月30日あしたのチームフィードバック数:0キャリアとスキル

基本給のマイナス査定に関する調査

>> 経営者の半数以上が「基本給のマイナス査定は必要」と回答基本給のマイナス査定を実施したことがあるのは3割未満基本給のマイナス査定の必要性を感じているものの、実施までには至っていない傾向にAIを活用した人事評価クラウドで中小企業の働き方改革をサポートする株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高橋恭介、以下「あしたのチーム」)は、「基本給のマイナス査定」に関するインターネット調査を実施いたしました。その結果、基本給のマイナス査定の実施有無や基本給のマイナス査定をしない理由な

働き方に関する調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2017年8月10日あしたのチームフィードバック数:0ビジネス

事業承継に関する調査

>>> 事業承継前後の変化は「離職者増加」・「待遇悪化」などネガティブな変化が上位 約7割の経営者が事業承継の成功には「人事評価制度の刷新が必要」と回答 人事評価制度の課題は「甘辛評価」が57.3%でトップ ~人事評価制度と事業承継に関する調査~事業承継前後の変化は「離職者増加」・「待遇悪化」などネガティブな変化が上位 約7割の経営者が事業承継の成功には「人事評価制度の刷新が必要」と回答 人事評価制度の課題は「甘辛評価」が57.3%でトップ ~人事評価制度と事業承継に関する調査~人事評価クラウド

2017年7月5日マーサー ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2017年グローバル人材動向調査(GLOBAL TALENT TRENDS STUDY)

マーサー 「2017年グローバル人材動向調査(Global Talent Trends Study)」を発表 | マーサージャパン 本ウェブサイトではご利用者のユーザーエクスペリエンス向上のためにクッキーを使用しております。本ウェブサイトご利用によってクッキー使用の同意をいただいたものとみなします。詳細については「個人情報に関する公表事項について」をご参照下さい。 マーサー 「2017年グローバル人材動向調査(Global Talent Trends Study)」を発表世界各地の経営幹部や人

2017年6月30日ソフトブレーン★フィードバック数:0マーケティング

営業課題に関するアンケート

ページの先頭になります。ページ内を移動するためのリンクです。 ここからヘッダ情報になります。ここから本文になります。企業の抱える営業上の悩み1位は「新規顧客開拓」 労働人口減少、長時間労働抑制のなかでいかに売上を伸ばすかが課題に ~営業課題に関するアンケート結果(2016年4月~2017年3月実施)~ 2017年06月20日 ソフトブレーン株式会社営業課題解決サービスを提供するソフトブレーン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:豊田浩文、以下 ソフトブレーン)は、ビジネスパーソンを対象に

2017年6月27日あしたのチームフィードバック数:0キャリアとスキル

中小企業の転職・辞職に関する調査

>> 従業員の8割以上が人事評価と給与は「連動していない」・「連動しているかわからない」と回答連動していない理由は「年功序列だから」・「固定給だから」という回答が目立つ結果に会社規模30名未満の給与基準は「社長の独断」が52.1%評価と給与に関する調査トピックス人事評価制度■「導入している」という回答が2014年は35.7%に対し、2017年は54.5%と18.8ポイント差で増加傾向■会社経営者の6割以上、人事担当者の4割以上が人事評価について「従業員は満足していると思う」と回答■一方、従業員の

2017年5月28日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ワークスタイル変革で加速するERPフロントソリューション市場の実態と展望2017年度版

ワークスタイル変革で加速するERPフロントソリューション市場の実態と展望2017年度版ワークスタイル変革で加速するERPフロントソリューション市場の実態と展望2017年度版~勤怠・就業,経費精算,出張管理,ワークフロー(勤怠・就業/経費精算)~【発 刊】2017年3月27日 【資料体裁・価格】[1]A4版450頁(ハードコピー版) 価格190,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円[3]CD-ROM版 価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格

2017年5月27日あしたのチームフィードバック数:0キャリアとスキル

中小企業の評価と給与に関する調査

従業員の8割以上が人事評価と給与は「連動していない」・「連動しているかわからない」と回答 連動していない理由は「年功序列だから」・「固定給だから」という回答が目立つ結果に 会社規模30名未満の給与基準は「社長の独断」が52.1% ~中小企業の評価と給与に関する調査~人事評価クラウド型運用おせっかいサービス「ゼッタイ!評価®」を提供する株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高橋恭介、以下「あしたのチーム」)は、評価と給与に関するインターネット調査を実施いたしました。その結果、

2017年5月23日Bizコンパスフィードバック数:0ビジネス

健康経営とは?アンケート調査結果から実態を探る

日本の転換期に訪れた「健康経営」の波!(第1回)健康経営とは?アンケート調査結果から実態を探る 2017.04.28 Fri 従業員の健康管理や健康増進を重要な経営課題として捉える、「健康経営」という考え方に注目が集まっています。大手企業を中心に取り組み事例が増えており、今後は事業規模に関わらず多くの企業で導入が進むことが予想されます。 健康経営が、いま日本の企業にどの程度浸透しているのか、企業はどのような意識を持って取り組んでいるのか、Bizコンパスで独自に実施したアンケート調査の結果をもとに

2017年5月23日厚生労働省フィードバック数:0ビジネス

職場のパワーハラスメントに関する実態調査

平成29年4月28日【照会先】労働基準局 勤労者生活課課 長平嶋 壮州専門官 高橋 嘉寿満(代表電話) 03(5253)1111(内線5306,5379)(直通電話) 03(3502)1589 報道関係者各位「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」の報告書を公表します ~全国の企業・従業員を調査し、パワーハラスメントの発生状況や、予防・解決に向けた取組の主な効果・課題を把握~  厚生労働省では、平成年度以来となる「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」を実施し、このほど、報告書を

2017年5月4日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

国内タクシー業者3385社の経営実態調査

2017/4/24国内タクシー業者3385社の経営実態調査石川、奈良で増収企業が増加〜 インバウンド特需で観光客数増加が追い風に 〜はじめにここ数年でタクシー料金の値上げが続いていたなか、2017年1月30日から東京都23区、武蔵野市、三鷹市で初乗り運賃を約1キロ410円となる値下げに踏み切った。タクシー業界は、「配車アプリ」や「ライドシェア(相乗り)」で世界的にシェアを広げる米Uberなどの新興企業の参入を脅威として顧客獲得に向けた新たな取り組みを模索している。2020年の東京五輪・パラリンピ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ