調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 従業員平均

「従業員平均」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年8月8日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2019年3月期決算上場企業1,841社「従業員平均年齢」調査 公開日付:2019.07.30 2019年3月期決算の上場企業1,841社の平均年齢(中央値)は41.4歳で、前年同期(41.2歳)より0.2歳上昇した。平均年齢の上昇は、調査を開始した2010年3月期以降、9年連続で上昇をたどり、2010年3月期(39.5歳)からの10年間で1.9歳上昇した。企業別では、最高は石炭販売やマンション分譲を行う太平洋興発で58.0歳(従業員数246人、前年同期57.5歳)。2位は不動産開発や賃貸を行う

2018年1月16日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

社員と役員の年収格差が大きいトップ500社1位LINEは165倍!10倍以上は105社 田中 久貴 : 東洋経済データ事業局データベース営業部 ランキング1位はあの有名企業だ(撮影:尾形 文繁) 11月も残りわずか。12月に入ると一気に年の瀬ムードとなる。冬のボーナス(一時金、賞与)をもらい、今年の年収がだいたい確定する時期だ。そんな年収も上場企業の役員となると、ケタ違いになるケースがある。欧米では高額な役員報酬が社会的な問題として指摘されるが、日本企業の役員報酬も近年は高額化している傾向が

2016年4月25日東洋経済新報社フィードバック数:0マーケティング

これが「賞与が多かった」500社ランキングだ1位は年472万円、2015年支給額を独自調査 あなたはいくらもらいましたか?(写真:freeangle / PIXTA) 労働組合が企業に賃上げや労働条件の改善を要求する春闘(春期労使交渉)。昨年に続いて、業績好調な企業では前年よりも賞与(ボーナス、一時金)を増額する回答が相次いでいる。一方、不正会計をきっかけとして経営不振に陥った東芝では昨年と比べて最大50%の賞与をカット。関西電力は夏期賞与について4年連続で支給を見送るなど、企業や業種・業態

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

新着データ

お知らせ