調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 忘年会参加

「忘年会参加」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年12月23日カジナビフィードバック数:0ライフスタイル

2020年の忘年会やる?やらない?昨年は忘年会参加が86%だったのに、今年は…

2020年の忘年会やる?やらない?昨年は忘年会参加が86%だったのに、今年は…カジナビ編集部では世の中の気になる疑問に関するアンケート調査を実施!世の中の人の考えを発信していきます!今回のテーマは「」!全国の男女1062人を対象に、今年の忘年会の実情をアンケートしました。忘年会シーズン間近だけど、今年はいつもと状況が違うからね。 自粛続きの鬱憤と第3波の板挟みで、様々な思いが生まれてそう…! 例年とはまったく違うコロナ禍の中で迎える年末、忘年会に関する実施状況と人々の様々な思いをまとめました!今

忘年会事情を徹底調査

忘年会事情を徹底調査。6割が「忘年会予定なし」も3人に1人が「オンライン忘年会なら出てもいい」。オンライン忘年会で不安なこと「ダラダラと続け終わりづらい」。飲みすぎの原因にも。 未曽有のコロナ禍を受けて、今年はどうなる…?「部屋見せて」「恋人呼んで」…新たな問題「オンラインアルハラ」の実態も。長時間のオンライン忘年会でも飲みすぎないために。キリンが提案する「スロードリンク®」 キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎 功典)は、月に1回以上飲酒する全国の20〜50代の男女500名を対象に「20

2018年1月17日経営者JPフィードバック数:0ビジネス

エグゼクティブの“飲み会・会食”に関する意識調査

志高き経営者・リーダー達が、集い、学び、執行する最高の場を。 エグゼクティブの“飲み会・会食”に関する意識調査「飲ミュニケーション不足」がささやかれる中でも、社内コミュニケーションは重視!社内の忘年会に参加するエグゼクティブは94.4%! 若手時代の人脈開拓こそが「社長になるための条件」!若手時代から、ビジネスにつながる人脈開拓をしていた経営者は61%、一方で部長クラスは77%が社内の人脈構築を行っていた。 エグゼクティブ向けの転職・キャリア支援サービスを展開する株式会社 経営者

2015年11月27日アサヒビールフィードバック数:0大型消費/投資

もしもあなたが幹事なら、今年の忘年会はどうする?

もしもあなたが幹事なら、今年の忘年会はどうする? 今年も忘年会の計画を考える時期になりました。会社やサークルなど参加人数が多い場合はお店探しや予約がなかなか大変。特に幹事さんは、参加者の好みや予算なども考慮するとなると、意外に骨の折れる大仕事といえるでしょう。そこで今回は「もし皆さんが幹事なら」という前提で、今年の忘年会の日取りや参加費、お店探しのポイントなどをアンケートしました。調査概要調査対象:全国の20歳以上の男女有効回答数:1,070人調査方法:インターネット調査調査期間:2015年11

2014年11月24日アサヒビール★フィードバック数:0ライフスタイル

忘年会についての調査です。

今年の忘年会はどうする?

早いもので、今年も忘年会のスケジュールを考える時期となりました。忘年会が集中するのは、12月初旬からクリスマス前までの3週間くらい。グループや大人数で開催する場合、一番苦労するのがお店の予約です。ネットの発達に伴い、年々予約開始の時期が早まる傾向にあり、場所選びに悩む幹事さんもきっと多いことでしょう。そこで今回は「忘年会」をテーマに皆さんのご意見を聞きました。 調査概要調査対象:全国の20歳以上の男女有効回答数:1,889人調査方法:インターネット調査調査期間:2014年11月12日〜11月18

2013年12月16日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

【酒飲みのミカタ12月】「忘年会~景気回復の中で財布は緩む兆しも」

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ12月】 酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ12月】「忘年会~景気回復の中で財布は緩む兆しも」  アベノミクスによる円安・株高の影響で大企業を中心に冬のボーナスの回復が伝えられています。過去数年のデフレ経済下でかなり収縮したと考えられる忘年会事情は好転したのかを聞いてみました。今年の忘年会の参加予定、やってみたい贅沢などはどのようなものでしょうか。(※回答者は「さけ通信」の読者モニター

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

特集データ

お知らせ