「患者調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

高血圧症に関する医師・患者調査

「高血圧症に関する医師・患者調査」 高血圧患者の3割強が、高血圧症と診断された後に「狭心症」や「脳梗塞」などと診断されている -特に30代高血圧患者では5人に1人が「心筋梗塞」と診断- オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲)は、高血圧患者を1ヶ月に10人以上診療している医師300人と、高血圧症で通院している30歳~69歳の男女400人に、「高血圧症に関する医師・患者調査」を行いました。 この結果から、高血圧患者の33.5%が、「心筋梗塞」「狭心症」「

2017年10月16日ジーユーエヌフィードバック数:0ライフスタイル

歯と歯茎の健康に関する調査

検索【歯と歯茎の健康に関する調査】300万人以上いる歯周病患者はケア不足が原因?約9割が大事と分かっていても出来ない歯茎のケア!~歯が健康そうな有名人は東幹久さん~ 株式会社ジーユーエヌは、全国の10~60代の男女600人に、歯と歯茎の健康に関する調査を実施しました。 厚生労働省が3年ごとに実施している最新の「患者調査(平成26年)」※によると、「歯肉炎及び歯周疾患」は、約331万5,000人と前回調査(平成23年)よりも65万人以上増加しています。年々患者が増加する歯周病は歯を失うだけではなく

2015年6月8日ファイザー★フィードバック数:0ライフスタイル

ファイザーのグローバル調査です。

世界の成人関節リウマチ患者さんを対象に調査

現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2015年度 > ファイザー社が世界の成人関節リウマチ患者さんを対象に調査を実施 疾患に関する不安を気軽に話すことのできる患者さんほど健康に対して前向きな考えを持てることが判明 ファイザー社が世界の成人関節リウマチ患者さんを対象に調査を実施疾患に関する不安を気軽に話すことのできる患者さんほど健康に対して前向きな考えを持てることが判明 医療従事者が「話を掘り下げて聞く」ことによって、治療計画に対する患者さんの満足度を向

2013年10月1日QLife★フィードバック数:0ライフスタイル

「QLife痛み」の調査です。

かかりつけ薬局と病歴・薬歴管理についての患者調査

【QLife痛み】かかりつけ薬局と病歴・薬歴管理についての患者調査を実施2013年9月30日 [月] かかりつけの薬局「ある」患者は7割。うち、半数が「1か所」病歴や薬歴を「すべて詳細に履歴を残している」55%、「履歴を残していない」13%薬歴管理が「患者自身に任されている」ことが明らかに首・肩・腰・膝の痛みに関して、病院検索やお薬検索などの様々な情報を提供する「QLife痛み」を運営するQLifeは、「痛みの治療」で整形外科を受診している患者を対象に、「かかりつけ薬局と病歴・薬歴管理について」

2013年10月1日QLife★フィードバック数:0ライフスタイル

「QLife痛み」の調査です。

痛み治療に関する情報提供についての患者調査

私たちは、医療と生活者のコミュニケーションをお手伝いする、日本最大級の総合医療メディアです。 医療と生活者の距離を縮める 総合医療メディア会社 QLifeの疾患啓発QLifeの調査実績その他の調査実績を見るニュースリリースニュースリリース一覧を見る関連リンクサイトマップサービス患者・生活者向け QLife医師向け QLifePro企業・法人向け ソリューション 推奨閲覧環境(対応ブラウザ)※上記ブラウザにて動作確認を行っていますが、完全に動作を保証するものではありません。※上記ブラウ

2013年3月30日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

『抗がん剤の副作用とその軽減方法』に関する大規模患者調査

私たちは、医療と生活者のコミュニケーションをお手伝いする、日本最大級の総合医療メディアです。 医療と生活者の距離を縮める 総合医療メディア会社 QLifeの疾患啓発QLifeの調査実績その他の調査実績を見るニュースリリースニュースリリース一覧を見る関連リンクサイトマップサービス患者・生活者向け QLife医師向け QLifePro企業・法人向け ソリューション 推奨閲覧環境(対応ブラウザ)※上記ブラウザにて動作確認を行っていますが、完全に動作を保証するものではありません。※上記ブラウ

2011年7月12日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

痔の大規模患者調査

痔の大規模患者調査

アルツハイマー型認知症・軽度認知障害(MCI)の治療・診断の現状と今後の方向性

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング「アルツハイマー型認知症・軽度認知障害(MCI)の治療・診断の現状と今後の方向性」 調査結果がまとまりました。◆ アルツハイマー型認知症患者数は高齢化とともに年々増加し、2020年には167万人に達する。◆ 診断技術、治療薬の開発の進展にともない、より早期の患者が治療対象に加わった場合、2025年には220万人に達すると予測される。◆ アルツハイマー型認知症治療薬の市場規模は2020年には2010年比2.7倍の2,900億円にまで拡大する可能性があ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ